2018-06

玉一(安佐南区西原)



玉一(外観)

閉店時間
 どこ吹く風の
  おもてなし(ゴチした)


玉一(ラーメン)



<ひとくちメモ>
動物系のコクがしっかり出たスープはドロリとしているが決してしつこくなく
不思議とマイルドな感じ。
表面には乳化膜が蓋をしている状態で、下層のスープと一体化させて成り立つようだ。
このロットには以前に感じた香辛料は消えていた。(バカ舌)

麺は広島では一般的な丸麺・細ストレート。
メンカタオーダーでプツプツとした食感が特徴的。

チャーシューは薄いトロトロ系で、スープを絡めて旨さが引き立っている。
そして店主の笑顔とおもてなしの接客が、何よりの旨みスパイスとなっている。



味の評価:★★★★☆
以前の評価:



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

げんこつ屋・祇園店(安佐南区西原)



げんこつ屋(外観)



げんこつ屋(あっさり醤油煮干しラーメン)
(あっさり醤油煮干しラーメン)



げんこつ屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ライトな動物系スープに軽い魚介・和風が加わったもの。
ガツンと響く旨味・風味はなく、
かえし醤油の特有な香りが丼から立ち上がる。

麺は細いストレートで、表面にはザラリとした抵抗感があってスープ乗りも考慮されている。
特筆すべき内容こそないが、スッキリ食べ進むことができる醤油ラーメンだ。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

玉一(安佐南区西原)


玉一(外観)

しばらく休業中だったが、
お客の熱いリクエストにより営業再開


玉一(ラーメン)
(ラーメン)



玉一(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ビジュアルからは濃い目の広島風醤油豚骨に見えるが、
マッタリくる濃度や雑味のないある意味クリアとさえ思えるスープ。
一杯づつ手鍋で温め直されるスープは、最初の数口まではほんのりショーガも顔を出し
はじめは塩分薄めに感じたスープも次第と馴染んでくる。
スッキリと啜れるスープは、汎用物などに頼らない純粋な手作り感がある。

麺はオーソドックスな中細ストレートで、
メンカタオーダーでは48秒を遵守して注文通りのコンディションで提供される。
ただし湯切りのスキルアップが今後の課題に映った。

多めに盛られた薄切りチャーシューは
ほのかな香辛料が香ったが、それもスープを纏って味が同調した。

メニュー(お品書き)が「おもてなし表」と表現される店内では、
”もやし抜き”の個別オーダーに、”チャーシュー増量”でおもてなしされる程の高いポスピタリティ。
味作りから接客までおもてなしの精神が息づいた確かな一杯といえる。



味の評価:★★★★☆

地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

来縁閣(安佐南区長束)



来縁閣(外観)

オープンまで時間を要したが、満を持して営業開始



来縁閣(ラーメン)
(ラーメン)



来縁閣(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
広島の中華料理店におけるラーメンとしては極めて珍しい白濁系。
ベースになっている豚骨エキスによる白濁で、濃度は弱くサラサラのシャバシャバタイプ。
そこに元ダレによる味付けが濃く効いて、物足りなさを補完しているかのよう。

麺はコシの弱いストレートで、中盤からヘタッて柔麺にシフトする。
トッピングには多めに盛られたモヤシの上に薄いバラチャーシューが乗っており、
とんこつラーメンの感覚とは異なる組み合わせ。
オリジナリティの高い中華料理店といったところか?他のメニューが楽しみ。



味の評価:★★☆☆☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

醍醐(安佐南区西原)



醍醐(外観)

昼食時はサラリーマンからガテン系の方まで、ボリューム満点の定食類目当てに繁盛している



醍醐(ラーメン)
(ラーメン)



醍醐(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
澄んだ醤油ベースのラーメンだが、ヘッドによるものだろうか?独特の香ばしさとバターに似たコクを感じる。
鶏ガラが基調となったスープは、アッサリしながら風味の良い中華屋さんのラーメンである。

麺はスープにマッチした細ストレートで、最後までしっかりとしたコシを保つ。
スルスルと抵抗感なく口の中に吸い込まれて来るようだ。

チャーシューは分厚いブロック状のものが2つ。
ゴツゴツと噛み締めると程好い味付けが口直しになり、思わずスープを所望するスパイラルで完食だ。



味の評価:★★★+☆






テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ひょうたんや(安佐南区祇園)




ひょうたんや(外観)

深夜営業の焼肉屋兼ラーメン屋 (もつ鍋もあるよ)

カウンターでは常連とおぼしき西洋人が
芋焼酎片手に
ホルモン突っつきながら
大将とコミにふける一幕も・・・



ひょうたんや(ラーメン)
(ラーメン)




ひょうたんや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
濁りのない軽い動物ダシにラードの風味を感じるアッサリスープ。
味付けの基本は醤油ベースで、チャーハンに付いてくるスープのようにサラリとしている。

麺は一見オーソドックスな細ストレートだが、これが意外なほどに腰があり噛み応え十分。
パンチの弱いスープのため、麺の旨さを強調させる組み合わせといったところか。

チャーシュー・メンマ・もやしのトッピングはどれも存在感が薄い。



味の評価:★★☆☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

味大名(安佐南区西原)



味大名(外観)




味大名(ラーメン)
(ラーメン)



味大名(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨が乳化したトロミのあるスープに醤油ベースの元ダレが合わさったもの。
濃厚ながらマイルドなスープは中華屋のラーメンとしては珍しい濁り系。
臭みもなくて食べやすい。

麺はオーソドックスなストレート麺で、スープの粘度が手伝ってよく絡む。
デフォ荒挽きコショウがかかるが、このスープとの相性は不一致に感じた。



味の評価:★★☆☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】ひろしまランメン(安佐南区西原)




広島ランメン(外観)


以前はアクア食堂街で一杯250円のラーメンを提供されていたが、
同じ井辻食産が経営する中華料理店の跡地に新装オープンした




広島ランメン(ラーメン)
(ラーメン)



広島ランメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
サラリとした豚骨ベースに、醤油の元ダレが加わった茶濁スープ。
ベージックな軽い広島風醤油とんこつで、万人受けするタイプといえる。

麺は少し黄色がかったストレート麺で、表面ズワッとした食感で適度な腰がある。

丼の大半を占拠する大判ロールチャーシューはホロホロ柔らか仕様。
崩して食べ進めると、程好い脂が広がってスープにコクが加わるよう。



味の評価:★★★☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】かんかん亭(安佐南区川内)



かんかん亭(外観)

こちらがビニールシートに覆われた正門




かんかん亭(広島醤油ラーメン)
(広島醤油ラーメン)



かんかん亭(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
スープは軽めの豚骨がベースとなった薄い褐色。
動物系のコクを抑え、野菜の旨みが引き出されたライトなスープといえる。
想像したいわゆる醤油ラーメンではなく、塩が味付けの基本に近い醤油ラーメンだ。

麺はオーソドックスな中細ストレート。
スープ乗りは良いが、もうひと工夫欲しいところ。

チャーシューは肉厚で、揉みダレを絡めた炙り加減が香ばしい。
炭火焼のようだが、炭の過剰な香りはスープに移ることなく本来のプレーンさを維持している。
ただし、トッピングの生もやしが入ることでそれも帳消しとなる。



味の評価:★★★☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】かんかん亭(安佐南区川内)



かんかん亭(外壁インフォ)

店のポジショニングは壁書きのとおり

その昔西原・戸坂で名を馳せた名店がここに復活


かんかん亭(外壁インフォ2)


自身はスキー場で営業を続ける一方、
「ざっ喰Barらん@可部(現在閉店)」や「頑固いってつ@小町」にスープのみ提供するスタイルを取っておられた

この地に永住できる物件を確保できたことから、ノマディックな営業体制に終止符を打つという
(女将談:間違っていればご指摘下さい)


かんかん亭(こたつ席)


ビニールで覆われた半屋外にはこたつ席が設置され、
春には眼前の「せせらぎ公園」の桜が楽しめるというベストビュー
桜フェチとしては早速予約をば…



かんかん亭(広島豚骨しょうゆ)
(広島豚骨しょうゆラーメン)



<ひとくちメモ>
濃厚ながらクセの少ないとんこつベースに、多めのゼラチンが溶け出した動物系中心のスープ。
ゼラチン質が表面に蓋をしてスープはアツアツ状態を維持し、さらにトロミが拍車をかける。
非常にマイルドなとんこつスープだ。

麺は表面に少しのザラつきがある中細ストレート。
九州とんこつに引けを取らないスープなだけに、完全に博多系にシフトしてしまった方が良いかも知れない。

チャーシューは揉みダレを絡めて炙られており、ちょっと甘めな味の中に香ばしさもある。
”メインは炭火焼肉”と謳うだけあって、厚切りの肉質とタレの調和がバツグンだ。

トッピングのモヤシはほぼ生状態のため臭いがスープに移ってしまうことから、個人的には不要に感じた。

かつての「かばちや@猿猴橋町」を彷彿させる重厚な味わいで、ブレイクの予感を感じた。



味の評価:★★★★☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

博多屋・古市店(安佐南区中須)



博多屋(外観)

広島市内でFC展開される博多ラーメン専門店

八木のスープ工場で全拠点のスープを製造し配送されるため、
どの店舗でも均一の味が保証される


博多屋(ラーメン)
(ラーメン)



替え玉
(麺・替え玉)



<ひとくちメモ>
豚骨のみ48時間炊き出されるというスープは決して濃厚ではなく、むしろサラリとした仕上がり。
無化調且つ脂分に頼っていないスープのため、安心して飲むことができる。

麺は低加水細ストレートの博多仕様。
バリカタオーダーでは、ザクザクとした歯応えが楽しめるがかなり粉っぽい。
(ハリガネオーダーが存在しないのは、粉の調合の事情があるのかも知れない)

チェーシューはトロける柔らかさだが、透けて見えるほど極薄のため食べた感覚がしない。
これならむしろ1枚で分厚い方が良いと感じる。

なお、どの店舗でも曜日によって「替え玉無料サービスDAY」が設定されている。



味の評価:★★★☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東海飯店(安佐南区祇園)



東海飯店(外観)

タウン誌のクーポン企画により、750→375円にプライスダウン


ローカル番組で度々取り上げられるという創業50年の老舗中華料理店
メリさん家@小町とご兄弟にあたる




東海飯店(牛すじ肉ラーメン)
(牛すじ肉ラーメン)



東海飯店(麺)
(麺)



東海飯店(チャーハン)
(チャーハン)



<ひとくちメモ>
最初に口に運んだ段階では味の薄さを覚えるが、後味じんわり肉の風味が広がる。
牛すじの煮ダレが加わっているため、まさに肉スープといった印象。
表面のコラーゲン質・油分が、肉のコクと香りを与えている。

麺は腰の弱い細麺のため、食べ始める段階で既にかなり柔らかめ。
そして表面が溶けて団子状に固まっており、せっかくの透明スープを濁している。これは残念だ。

トッピングの牛すじは適度な柔らかさに炊き込まれて、肉の旨みも十分。
刻みノリが入ることで一気に和風テイストに変わってしまうため、このスープへのトッピングとしてはアンマッチといえる。
中央に添えられた真っ赤な香辛料は、中盤以降で溶かすとキリッと締まったスープに変化し、さらに半熟玉子がマイルド感を与える。

プレーンのスープから、数種の味の変化を楽しめる中華料理だ。


#メニューの注釈にローカルTV番組名がつくチャーハンはかなりの秀品



味の評価:★★★+☆








テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】しまい(安佐南区大町西)



しまい(外観)

広島ラーメンの発祥とされる
ガンソ老舗店


しまい(中華そば)
(中華そば)


しまい(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ビジュアルからは典型的な広島ラーメンを見て取れる。
ベーススープはしっかりめな動物系エキスが出ており、
コクはあるがオイルの要素が少ないためサラリと食べ進めることが出来る。
元ダレの醤油風味と仄かな甘味も広島風だ。

麺は細ストレートだが小麦以外の要素により強い腰が出ており、
原田とは一線を画するタイプ。
カエシのもろみ成分からは、しっかり”味噌”を感じた。



味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【移転】魚料理やまね(安佐南区山本)



やまね(外観)


店名のとおり、鮮魚を中心とした和食料理店


やまね(メニュー) やまね(メニュー2)

魚好きにはたまらない品々





やまね(中華そば)
(中華そば)



<ひとくちメモ>
ビジュアル的には『たちばなや@大島』を連想させるが、こちらは動物中心の仕上がり。
透明度の高いスープは、鶏をベースにじっくり丁寧に炊き出された味わいが広がる。
スモーキーな香りが丼から立ち込めてくるが、これはスープ自体によるものではなく表面のチー油に燻製鶏が使われているせいかも知れない。(未確認)
繊細な旨味を持つスープだけに、スモーキーな香りが過ぎるように感じた。

麺は純白のストレートで、程好いモッチリ加減が心地いい。
チャーシューはいわゆる煮豚で、とてもアッサリしているのでこの一杯に調和している。

全体のデキがいいだけに、燻製の強弱と魚介系がブレンドされれば大化けの可能性を秘めている。



味の評価:★★★★☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

華龍(安佐南区祇園)




華龍(外観)

街の中華屋さんのラーメン



華龍(ラーメン)
(ラーメン)



<ひとくちメモ>
少し茶濁しているのは、ベーススープにとんこつが使われているためだろうか。
しかしスープからはダシの旨味が感じられず、醤油味の後にほんのり生姜が香るだけ。

デフォルトでコショウが振られるオールドスタイルだ。



味の評価:★★☆☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】黄龍(安佐南区祇園)





黄龍(外観)


三次で29年間中華料理店を営まれていたが、立ち退きがきっかけとなりこの地に移転された

使用される野菜は自家製有機野菜、そして各種調味料も可能な限り自家製らしい





黄龍(塩ラーメン1)
(塩ラーメン)



<ひとくちメモ>
鶏ガラの上品な旨味が凝縮されたスープ。
表面には少量の脂が浮き、微量のニンニク微塵切りが加わる。
パンチこそ皆無だが、滋味深い味わいの透明スープだ。

毎朝4時間かけて作られる自家製麺は、幾度もローラーにかけることで細い平打ちながら乾麺のようなしっかりした腰が備わっている。
このアッサリスープとの組合せによって、どこまでも飽きのこない味に仕上がっている。

更なる清涼感を演出する梅干しは溶かして食べるようにとのインフォだが、せっかくの風味が壊れてしまうため初回はプレーンで味わいたい。
トッピングの水菜も最適。






黄龍(ギョーザ)
(ギョーザ)
大ぶりギョーザの餡は水々しく味付けもバツグン。
これを包み込む自家製皮はもちろん文句なし旨い。
ここに来たら必食アイテムだ。



味の評価:味の評価:★★★★☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

せせらぎ(安佐南区八木)




せせらぎ(外観)

すじ肉+ビール=せせらぎ   車さえなければ鉄板メニューだろう





せせらぎ(ラーメン)
(ラーメン)



<ひとくちメモ>
丼からはとんこつベースの豚のイイ香りが立ち込めている。
トロミの強いとんこつスープはコラーゲンたっぷりで濃厚な味わいだ。
(この濃厚さは すじ肉によるものなのかも知れない)

麺は多加水ストレート麺で、柔らかめのうえにトロミが被さることから、ベチャッとした口当たりで相性は悪い。
博多ラーメンに近いスープだけに、低加水の細麺ハリガネで合わせたい。


味の評価:★★★☆☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

明明・みんみん 中国北方小吃(安佐南区緑井)




明明(外観)


中国北方小吃とは、”中国北部の小さなお店”という意味になるらしい

遼寧省(旧満州)出身の御夫婦が広島弁訛り?の温かい接客で迎えてくれる





明明(ラーメン)
(ラーメン)


明明(麺)
(麺)


<ひとくちメモ>
漢方を連想させる香草・香辛料の効いたスッキリ醤油スープ。
このスープがこの店でのあらゆる料理のベーススープになっている。

店主こだわりのもっちり中太麺は単体でも十分に旨いデキで、このスッキリスープを乗せることで
更に旨さが加速する。

食べても食べても減らない爆盛りもやしや茹で玉子、大きめチャーシューのトッピングはこの一杯の中に栄養のバランスを考えての構成らしい。
これぞ中華料理の真髄だ。

無化調で余計な油や過剰な味付けもない軽いスープなだけに、ゴクゴク安心して飲めて気付けば完飲。



味の評価:★★★☆☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】ばくだん屋(安佐南区緑井)




ばくだん屋(外観)


店舗拡大路線の一途をたどり、ついには台湾までも進出された

ここは駅に接した好立地




ばくだん屋
(つけ麺・5辛)



<ひとくちメモ>
和風ベースのつけ汁だが、節系のエキスは弱くみりんによる甘みが強い。
唐辛子の辛み成分は少々脂っぽく感じた。

麺はかんすい含有のため黄色帯びており、パキパキ系の食感でスープ乗りはいまいち。
一部ダンゴ状に絡み合っていたのは水洗い不足の証拠。バイトといえどもマニュアルは徹底して欲しい。

チャーシューは冷えた状態でもホロホロに溶けるほど、蒸し上げられたような仕上がりだ。
資本の味を感じる一杯だった。。


味の評価:★★☆☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

金龍飯店(安佐南区西原)




金龍(外観)








金龍(ラーメン)
(ラーメン)



<ひとくちメモ>
中華料理屋だけにスッキリ醤油ベースのラーメンを想像していたが、濁りのあるタイプだった。
スープは動物系中心だが、コクが弱く豚骨・ガラの生臭さがスープに移っている。
おそらく具材の下処理の問題だろう。
香味の生姜も効いているが、スープが薄っぺらいだけにバランスの悪い方向に作用している。

大陸的なオペレーションのため、完成からサーブまでに麺が伸びてしまっていた。
日本の蕎麦に対する所作とリズムが異なるようだ。

#ランチタイムにはリーズナブルなメニューが充実している



味の評価:★☆☆☆☆





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】駅(安佐南区祇園)



駅(外観)

とある宿題を抱えて夜のstationへと


駅(ラーメン)
(ラーメン)


<ひとくちメモ>
見た目はオーソドックスな醤油とんこつ・広島ラーメン。
和食出身の店主が作るラーメンは、コク弱めの動物系をベーススープとしており、
醤油の香りが強過ぎて酸味に近いエグを感じる程のかえし醤油が特徴的だ。
特別なダシの要素は感じない。

麺は原田のツルツル系とは違い、若干モサッと感じるストレート麺。
かん水の分量かな??

トッピングの豚バラチャーシューは、カットが薄過ぎのため肉の旨味が逃げてる。
このタイプなら、枚数を減らしてでも厚み重視の方が良いだろう。

#強力な換気扇のおかげでスープの香りは厨房で遮断されているが、
 宿題の解は”シロ”だろうて、Yさん。


味の評価:★★★☆☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】熊本ラーメン大門(安佐南区長束 ※仮設店舗)




大門(外観)



仮設店舗で全国各地をジプシー営業しながら


大門(看板)



6月9日まで広島に来ている


大門(メニュー)
(メニュー)


「白ラーメン」:基本のとんこつ
「赤ラーメン」:白に唐辛子をブレンドしたもの
「黒ラーメン」:白にマー油をブレンドしたもの
「赤黒ラーメン」:白に唐辛子+マー油をブレンド(お店のオススメ)







大門(白)
(白ラーメン)


<ひとくちメモ>
メニューには「濃口とんこつスープ」とあるが、動物系の臭い・コクともライトな系統だ。
デフォルトでもにんにく臭が香る。
保存が効くタイプに似たサラサラスープの表面には
乳化しきっていない小さな脂のつぶが点々と浮いていた。

熊本ということもあり、麺はやや太めの低加水ストレートを想像していたが、
ここでは中細・加水ストレートだった。
若干黄ばんでいるのは、かんすいのためだろうか。








大門(黒)
(黒ラーメン)


<ひとくちメモ>
マー油は香りが弱く、(にんにく焦がし過ぎなのかな?)
強い苦味がスープの味を占有していた。



味の評価:★★☆☆☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天下一品・中筋店(安佐南区中筋)




天一(外観)


ヨッパなときを除いて入店することのないFC系
そして数年ぶりの天一
マジこんなに旨かったっけ!?

#広島地域では「茹で玉子」食べ放題





天一(ラーメン)
(あっさりラーメン)


<ひとくちメモ>
肉の旨味がギュッと凝縮された動物系中心のスープ。

控えめな醤油味はスープの旨味を最大限に引き出しており、
やや縮れた細麺との相性も良くバランスの取れた一杯だ。
珍しく完飲しちゃいますた。。


味の評価:★★★+☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

孫悟空(安佐南区上安)





孫悟空(外観)
(店主の車:推定)






孫悟空(ラーメン)
(ラーメン)




孫悟空(チャーハン)
(セットのチャーハン)


<ひとくちメモ>
ほんのり甘みのあるスッキリ醤油のダシ汁に、ラードが層をなして包み込んでいる。
そのためスープはヤケドするほどアツアツだ。
そしてラードの風味により、サッパリ傾向でありながら動物系のコクも与えている。

ここのウリである「自家製」は、加水多めの極細麺。
細いうえにアツアツスープとの組合せのため、中盤からふやけ気味になってしまう。

セットのチャーハンは単品並みの量があり、コショウの風味がアクセントになっている。

#他の定食類も種類豊富で、どれもかなりのボリュームがある。




味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

チャイニーズ居酒屋 大八・た~れん(安佐南区緑井)




大八(外観)

「チャイニーズ居酒屋」て
「頭痛が痛い」に似ていてどこかインスパイア




大八(ラーメンセット)
(ラーメンチャーハンセット)



大八(焼きそば)
(焼きそば)



<ひとくちメモ>
動物系のダシと濃い味付けのスープを、ショウガの香りでまとめられている。
継ぎ足しで煮込まれているであろうスープは、中華屋のラーメンにしては珍しく濃いめの傾向だ。

店名のとおり中華料理を肴に一杯やれる呑兵衛には嬉しいお店♪



味の評価:★★☆☆☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】りょう花(安佐南区祇園)





りょう花(外観)


愛媛県松山市に本店を置くFC店






りょう花(塩)
(塩ラーメン)



<ひとくちメモ>
鶏ガラと昆布・野菜から取られたスープは、後口じんわりと旨みが伝わってくる。
味付けのベースに「備前海塩」が使われているようだが、
食べ進めると中盤から塩分を強めに感じ、食後は強烈に塩っ辛い!
このロットはブレの範疇なのかも知れないが、塩分が強過ぎて繊細なスープが活きてこない。。

麺はモーツアルトの楽曲を聴かせながら5日間寝かせるという細ストレートで
8層生地になっているらしいのだが、果たしてこのこだわりに気付く御仁はいかほどいるのだろうか?

チャーシューは表面を油で揚げた後に煮込まれるため、トロトロ&ジューシーでかなり旨い。

以上のうんちくが価格に反映されているわけで、、、
違いが分かる食通方にとってはリピート対象なのだろう。




味の評価:★★★+☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

げんこつ屋(安佐南区西原)




げんこつ屋(外観)



げんこつ屋(ラーメン)
(げんこつラーメン)



<ひとくちメモ>
とんこつの強烈な臭いの割にはコク弱め。
想像と異なっていただけに、薄っぺらさをも感じた。
オーソドックスな低加水細麺はとんこつによく合うタイプ。

スープが「ぬるい」と感じたのは酔っ払いのバカ舌のせいだろうか!?



味の評価:★★☆☆☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺鮮醤油房 周一(安佐南区大塚西)




周一(外観)

松山の人気店「周平」の姉妹店。
店名のとおり「醤油」には特別のこだわりを持たれており、愛媛の「生揚げ醤油※」を使用している。
その他食材は無化調、丼は砥部(とべ)焼き、と随所にこだわりを持ったお店だ。

※「生揚げ醤油(きあげしょうゆ)」:一般に生醤油とも言われ、高級な醤油とされています。






周一(ラーメン)
(ラーメン)


<ひとくちメモ>
鶏ガラベースのスープに、多めの魚粉を投入して芳醇な香りを引き出している。
魚介の強さは、レンゲの底に魚粉のザラザラが残るほど。
仕上げにたっぷりの鶏油が注がれるため、香りは良いが相当オイリーでもある。

中細ストレート麺は最後までしっかり腰を保っていてGOOD。
直前で炙って出されるチャーシュー・甘めの半熟煮玉子・確かな食感のメンマ、どれをとっても丁寧な仕事ぶりが伺える。








周一(つけ麺)
(つけ麺)


<ひとくちメモ>
鶏ガラ・醤油ベースのつけ汁は単体でのインパクトは弱いものの、多めの魚粉&鶏油が交わることで風味とキレを併せ持ったつけ汁になる。
ウェーブ状の太麺はつけ汁との絡みも良く、ツルツル・モチモチ食感をガッツリ味わうことができる。
甘味を押さえたやや酸味強めのつけ汁のため、大量の麺もスルスルと完食してしまう。
特盛り(500g)まで均一価格なので、大食いの懐にも優しいぞ!


味の評価:★★★+☆




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【移転前】さんや(安佐南区川内)




さんや(外観)


「身体に優しいスープ」を
目指しておられるそうな



さんや(塩)
(塩ラーメン)





さんや(醤油)
(醤油ラーメン)



<ひとくちメモ>
醤油:トッピングの焦がしネギエキスと良く合う。
塩:ホタテやアサリの魚介が生きている。 ※どちらも塩分強め

麺はどちらも細ストレートで、チャーシューは柔らかくて旨い。


#yahooクーポンで煮玉子サービスだ



味の評価:★★★☆☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-