FC2ブログ

2020-09

朝の恵み@第3回きんどん夏キャンプ


“朝がイイに決まってる”


深夜にA5
ほう、
それも一興であろう

第3回きんどん夏キャンプ_001


日の出にビー
うーむ、
これこそがツーであろう

第3回きんどん夏キャンプ_010


3度目にして
総勢30名を超える
勇士の面々は

質実の肉塊を貪り
剛健にして美酒を浴び続ける

第3回きんどん夏キャンプ_003


やがて
朝日に照らされて
転がる屍という
非日常と

ここだけ
2度の治外法権が息付く
尋常ではないアトモスフィア…

第3回きんどん夏キャンプ_004


いや、わたくしだって
だてに3年間
辛酸を嘗め続ける訳には行きませぬ

oyajiの説教を回避すべく
この一年間幾夜ものロープレを重ね
この夜のために演じきった“猿芝居”

第3回きんどん夏キャンプ_005


おかげさまで
充分な睡眠を確保し

眼前に広がる
屍の山脈を越えたなら
ドーンと鎮座する
過剰なまでの生樽の在庫

第3回きんどん夏キャンプ_006


日の出から
ここのウッドデッキには
罪悪感の欠片も存在せず

ただ
自然の摂理に応じて

ただただ
本能のままに
日の出の生ビールが許されるという

excellent&superiorな

非日常のひとコマ

第3回きんどん夏キャンプ_007


照りつける朝日を
全身に浴びながら

気の合う仲間と交わす
生ビールの旨いこと旨いこと

第3回きんどん夏キャンプ_008


一杯どころか
お代わり当然

朝酒で一日を潰す代償としては
痛んだレバーに
むしろ善行を処方するかのような
年に一度の臨海治療

第3回きんどん夏キャンプ_009


そこら中に転がっていた屍達も
やがてジョッキの泡音を
目覚まし替わりに
ワラワラと蘇生をはじめ

一同が
それぞれに感じる非日常を
本能のままに味わう
希望の朝

第3回きんどん夏キャンプ_002


朝ですら
己のテントを張れなくなった男の傍らで

試合に負けて勝負に分けた
果敢なタイの戦士に目をやり

“この一年間は引っ張られるな”


ヒャッヒャと耳に焼き付く高笑いに
己の身を案ずるも

“一年後もきっと来るぞ”

と早々に来年の再会を誓い
すっかり止まらなくなったサーバーへと
希望の触手を伸ばすのでした

第3回きんどん夏キャンプ_011




テーマ:日記 - ジャンル:日記

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-