FC2ブログ

2013-07

ランニング(20130730)


20130730.jpg


今日のランニング:10km

2013年累計距離:589km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(20130729)


20130729.jpg


今日のランニング:10km

2013年累計距離:579km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

【閉店】誠屋(竹原市中央)


誠家(外観)

シャッター街の一等地に
女・子供・老人、ヲタをも引き寄せる新進系


誠家(誠らぁーめん・白)
(誠らぁーめん・白)


誠家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
表面には分厚いコラーゲン質が層を成し、
軽いトロミも出ていてコクも十分。
下層の熱々スープには揚げネギの芳ばしい風味が乗っかり、
濃厚一辺倒に偏ることなくキラリと輝くセンスが見え隠れする。

自家製の麺はメンカタ指定でパッツンパッツンの張りがあり、
表層のコラーゲンをくぐって浮上することにより
たっぷりとスープが絡まって来る。

チャーシューには直前で焙りが入ることによって芳ばしさが加わり、
甘い味付けが重たさを感じさせる。
新店系を相対的に俯瞰してみるに、ココではトレンドに振れることなく、
手探りで自身の着地点を模索しているようで潔い。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20130727)


20130727.jpg


今日のランニング:10km

2013年累計距離:569km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

来々軒(呉市広本町)


来々軒・広(外観)

外観→店内→従業員と続く絶景にもう
ノスタルジックなレバーはノックアウト寸前


来々軒・広(中華そば)
(中華そば)


来々軒・広(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
丼の表面には薄い乳化層と灰汁とが張り、
スープをひとくち含むと幾羽もの鶏さん達が口内を飛び回る。
ガラのエキス・コク・香りとも芳醇に広がり、
故郷の懐かしい母乳を思い巡らせる郷愁系。

メンカタ指定でコチコチの低加水麺は、
噛み潰す食感と共に丸麺の口当たりが心地良い。

味の沁みた赤身チャーシューにもレトロ感が乗っかり、
歴史といぶし銀の仕事が詰まった丼に故郷を重ねて啜らせる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

餐休・泉田本店(岡山市南区泉田)


餐休(外観)


餐休(支那そば)
(支那そば)


餐休(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
黄金色の輝きを放つ澄んだスープには、
キリッと魚介が効かされた淡麗系路線の支那そば。
後口には爽やかにショーガが香って、まさに往年の七福を彷彿させる。

冨士麺ず工房特注の細麺は、
カタメ指定で滑らかな麺肌とコツコツとした潰し感を持つ極上品。
濃い味が染みた厚切りチャーシューは、
繊細なスープのラインを崩しつつあるが、単体でその旨さを発揮している。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山口山(呉市本町)


山口山(外観)

豊富なラインナップを揃えつつも、
チャンポン&皿うどん長崎ツートップ戦略と思いきや、
“博多風もつ鍋”もが推奨される九州スリートップ系


山口山(ラーメン)
(ラーメン)


山口山(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
筆頭メニューはチュワンポン ヲタの遠征で仕留めて頂くこととし、
シャッターしてまでまさかの店舗想定外&戦略外品をコール。

中華鍋に店内共通の豚骨スープを流し込み、
カエシは使わず塩・課長をはじめとする
複数種の顆粒によって味付けされる。

プレーンな豚骨ダシは弱くてシャバくてお湯っぽくて、
やはり炒めた野菜類と合わせてこそ完成する仕様になっている。

麺は意外にも多加水且つ#25あたりの細系が合わせられ、
口当たりや歯応えからはソーメンを連想させる。
筆頭メニューを外した結果は火を見るより明らかだが、
分かっちゃいるけどコールせずにいられないんだよねー、冒険好きなんだよねー。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20130721)


20130721.jpg


今日のランニング: 5km

2013年累計距離:559km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(20130720)


20130720.jpg


今日のランニング: 5km

2013年累計距離:554km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

華桜璃・KARORI(呉市安浦町大字中切)


華桜璃(外観)

瀟洒な洋館で味わう
洋食チックな滋味派中華そば


華桜璃(中華そば)
(中華そば)


華桜璃(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
キレの良い鶏ガラがベースになったスープからは
まるでチキラーに似たブイヨンがKAORI、
後にショーガの風味が抜けて行くKARORI控え目なライト感。

メンカタでオーダーした麺は
終始バサバサとした食感のストレートで、
カタ故か小麦のKAORIは昇って来ない。

チャーシューはトロける程柔らかく仕上げてあり、
これだけ取ってもその道のスキルの高さが見て取れる。
ポテンシャルを秘めた純真たる滋味系であるだけに、
KARORIそのままで塩ダレあたりを開発してソフトに調教して欲しい。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とみ吉(岡山市北区表町)


とみ吉(外観)


とみ吉(長浜ら~めん)
(長浜ら~めん)


とみ吉(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
店内に充満する獣臭に期待は高まるが、
出て来たソレはダシ感ライトなシャバ系で、
ショーガがふわりと香るもの。

コナでコールしたが、カタ程度まで火が入り、
本場のベタナマ感とは大きく異なる。
小さなチャーシューには臭いが残っていたのが残念。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

旭軒(岡山市北区奉還町)


旭軒(外観)


旭軒(支那そば)
(支那そば)


旭軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
しっかりと厚みのある動物系に、
ご当地特有のキリリとしたカエシが効かされている。
ただし、甘味の要素はなく、淡麗とは異なるドライな岡山仕様。

バリバリの低加水細麺は、
スープのドライ感にジャストフィットしており、
奥歯のすり潰し加減が心地よい。

カリカリの焼き目が付けられたチャーシューは、
焦げた芳ばしい風味と脂身のジューシー感は一級品。
ご当地特有の甘辛メンマも高品質を誇っている。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

金八ラーメン(岡山市北区中山下)


金八ラーメン(外観)


金八ラーメン(金八ラーメン)
(金八ラーメン)


金八ラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
濃い動物系にシイタケや野菜類とおぼしきエキスとが合わさり、
地域特有の甘辛なカエシがマタ~リ感を演出している。
表層には粒子状の背脂が浮かぶが、
特段の仕事はしていない。

ドス黒いメンマとチャーシューには濃い甘辛味が沁みており、
トッピングからも重たさのレベルを押し上げる。

カタでエッジが残る細麺のフレッシュ感と
コーンやネギで甘辛を薄めようったって及ばない。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山がさ(岡山市北区下石井)


山がさ(外観)


山がさ(長浜ラーメン)
(長浜ラーメン)


山がさ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
シャバさ加減と常駐する課長頭数だけは長浜だが、
ダシ感とコクの弱さはエセ浜仕様。

バリカタ指定もちっとも粉っぽくない麺は残念であるが、
薄くてクチャクチャなコマ切れチャーシューはキッチリ長浜系
まっ、解りきっちゃいるけどね。。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

三徳@リアル浜田さん⑪


いやぁ、オジーさん
実にイイ所にお住まいじゃないですか

どこか祖国のスメル漂うドヤ感といい
どこか祖国の酒池肉的なイキフンといい

三徳_001

特にコッチの方面においては
正と負、光と闇、構築と崩壊、
的なアンテナが
ビンビン反応しちゃいますね~
ほら↓

三徳_002


普段は世界屈指の治安国に身を置きながら
お好み通りの好物件を探し当てるとは

さすがは“プロの審査員”ですね

三徳_003


しかし
いくらデカくてフレッシュで自慢の息子だからって
仮にもここは法治国家

公衆の面前に晒すには
随分とハレンチなのではないでしょうか


三徳_004



”やっちまったよ(*T▽T*)浜田さん”


義務教育では
“ナマは男のロマン”
と叩き込まれて育ちましたが

この蒼い初体験・・・、

己の息子がムズ痒く感じたのは
本能のままに守護の回路が働いた結果でしょうか

三徳_005

しかしその鮮度たるはバツグン!!

サクサクと歯切れ良い食感で
大将が発する講釈の通り

己の息子も精気を増強し
益々巨大化したものと自負しております

三徳_006

そんな悶絶のさなか
常連とおぼしきお隣さんから
“純レバうめぇから食ってきな”

待ってましたの“純レバ”

予習では
鶏モツをモツ焼きのタレで炊き込み
刻みネギをたっぷりトッピングしたもの

三徳_007

有り余るレバのコクに
甘辛の味付けが沁みに沁みて
酒飲みを虜にする強烈求心力

噛み締める都度
みるみる酒が無くなるサケドロボー

三徳_008

新鮮モツに次ぐ
当店ツートップ的位置付けは明白であり
初訪でいきなり出会えたことへの感謝、歓喜、拍手喝采

三徳_009

この安さ
この心地よさ
この住みやすさ

住みたい街ランキングにおいては
吉祥寺・自由が丘あたりを凌駕し
オレ的アド街上位ランク決定

三徳_010

オジーさん、
ココは宝物の坩堝だね

なーんて
酩酊の奈落に滑落しつつも
いつの日かピーウァンと共に凱旋する夜を思い
〆のラナビに従うのでした


三徳_011
(オジーさん、また海の日に)


==============================
『三徳』
所在地:江東区常盤2-11-1
アクセス:森下駅A7出口を出て右に進み、
 常盤・高橋信号交差点を右折した先、右手。
営業時間:12:00-13:00 17:00-24:00
休日:第1・3・5日曜(奇数の日曜)
おすすめ:タマサシ(500円)、純レバ(500円)



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

しんのすけ(岡山市北区清輝橋)


しんのすけ(外観)


しんのすけ(支那そば)
(支那そば)


しんのすけ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
濃厚な動物系に魚介と和風要素を織り込み、
ご当地的甘味の強い醤油ダレで味付けされている。

表面には乳化膜がびっしりと層を成し、
エッジのある細麺にまったり纏わり着く。

厚切りメンマと焼き目の付けられたチャーシューも極上のデキで、
つい連食を断念してでもコールしてしまう替え玉には、
なんとデフォでチャーシューが乗っかりるサービスっぷり。
味だけでなく、サービス・接客のどれもが一級品。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天神そば(岡山市北区天神町)


天神そば(外観)


天神そば(1番・天神そば)
(1番・天神そば)


天神そば(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
1杯に数羽の鶏さん達が飛び回るスープは、
鶏ガラの芳醇な旨味エキスに満ちており、
厚めのチー油がまったり且つ芳ばしい風味を補完している。

ほのかに甘味の残るご当地醤油ダレもガラスープにマッチしており、
オイルの層を潜って持ち上げる麺は、しっとり感を持ちつつ
中心に芯を残したコツコツ加減は冨士製麺技術の賜物。

デフォ4枚入りのチャーシューにはしっかり味が沁みて、
中心にかまぼこを据えるところは老舗スタイル。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

おお田(岡山市北区下石井)


おお田(外観)


おお田(しょうゆ・三方らーめん)
(しょうゆ・三方らーめん)


おお田(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
“朝取り”と称される鶏ガラスープに、
魚介エキスと岡山産醤油の甘い風味が加わる。
チー油に依存した弱いダシ感は、滋味系とは路線が異なる弱々しさで、
昔ながらを謳うにしてはやたら手の込んだテクだらけ。

スープが乗って来ない短い麺は、
小麦の風味もが立ち上がって来ない凡庸なもの。

ファーストロットで飛び込むも、
実食まで実に15分をも要するオペは、
ランチタイムのリーマン殺しに他ならない。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

だるま食堂(呉市安浦町中央)


だるま食堂(外観)

仕込み役が変わった今でも
味の良さと愛想の良さは健在である


だるま食堂(中華そば)
(中華そば)


だるま食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
濃くもなければ薄くもなく、
先代からの教えに基づいて絶妙なダシの配合が保たれ、
レトロな店舗同様に味にも老舗特有の落ち着きが見て取れる。

課長は若干名常駐するも、まとめ役程度の最小限に留められ、
イリコ・昆布によるイノシン&グルタミンが旨味の余韻を残していく。

今は亡きリューオーのソフト麺とは異なり、
しっとり質感を持つ玉子麺はスープを乗せて風味良く抜けて行き、
完璧なまでのマッチングをみせている。
昭和の味と心とが凝縮された守り続けるべき丼がここにある。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20130707)


20130707.jpg


今日のランニング:12km

2013年累計距離:549km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(20130706)


20130706.jpg


今日のランニング:12km

2013年累計距離:537km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

森田食堂(呉市中央)


森田食堂(外観)

駅に隣接した完全和風寄りな食堂系で
100年来愛され続ける老舗食堂系


森田食堂(中華そば)
(中華そば)


森田食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
うどんだし和風ベースのスープで豚の三枚肉を茹で、
白醤油で味付けしただけのようなシンプルな構成。
肉汁がスープに溶けて脂が広がり、
鮮肉がこのスープで唯一の動物系要素と思われる。

コチコチとした食感の中華麺は和風には馴染まず、
うどんよろしく一味を投下することで一気に据わりがよろしくなる。
基本、立ち食いうどんの中華麺Verと表現した方が理解が早い。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

寿食堂(呉市中通)


寿食堂(外観)

セルフ方式の食堂系で
朝酒もが楽しめる食堂系


寿食堂(中華そば)
(中華そば)


寿食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
課長の姿は伺えるものの、
汎用の姿は感じさせない手作り路線。

鶏ガラから抽出されたチー油が控えめに香り、
軽めのダシを補完するように実にイイ仕事をしている。
塩分濃度も最適で、古いタイプの優しいラーメンは
擦れたヲタに安堵を与えてくれる。

ホールのおば(あ)ちゃんに大きな声でメンカタコールを浴びせ、
ジャストな茹で上がりで提供される細麺は注文通りのコンディション。

チャーシューには軽い獣臭が残っているが、
逆に非業務という動かぬ証拠となって微笑ましくも思える。
使われる素材がキッチリと己の仕事をまっとうし、
それぞれの集合体が組織パワーとなって驚くほど旨い成果物となっている。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

西口やきとん@リアル浜田さん⑩


ニシもヒガシも
怒号の嵐が吹き荒れ
緊急動議の連発の末に
否決の雨霰…


慎重そうに見えて
実はスキだらけだったりする
キレイな議論の収束は
”ネアゲ”という選択肢が
最も収まりがよろしいところでしょうか

もしそれが
我が身に降りかかろうものなら
わたくし、諸手を挙げて賛成致します


西口やきとん_001


アソコで朋友が頑張っているからって訳じゃなく
アソコの紙切れを持っているからって訳じゃなく
当然サイフがジャブジャブだからって訳でもなく

つまりは、
日々の飲み単価を
1千万円程度まで圧縮すればペイできるって訳なのです


西口やきとん_002


たったの150万円で
豪快に盛られた『皿ナンコツ』の
なんとも潔いことよ~

ガリガリとした噛み砕き感に加え
味が染みに染みたスルメ感

しばらく続く悦楽の咀嚼後
~簡単には飲み降ろしたくない~


西口やきとん_003


全身全霊で抵抗するも
280万円の下町・鬼炭酸ボールで
ジュッと流し込むSの所業


西口やきとん_004


たとえ修羅の世界が訪れようとも
場末の立飲みで下衆に染まってこそ
格安な至高品の数々と遭遇でき

場末の立飲みに粛清してこそ
オサイフへのecoがもたらされるのです



西口やきとん_005


”やっちまったよ(*T▽T*)浜田さん”


聖書のお導きに従って
日々酒場を巡礼するだけで
真のecoってヤツが実践できるのです


西口やきとん_006


ただし、
レバーの廃炉が前倒しとなる訳ですが・・・


==============================
『西口やきとん』
所在地:台東区浅草橋4-10-2
アクセス:浅草橋駅西口を左に出て左折し、
 総武線のガードに沿って秋葉原方向に歩き
 次の信号交差点を道路の向こう側に渡って右折。
営業時間:17:00-23:00
休日:日曜祝日
おすすめ:ボール(280円)、皿ナンコツ(150円)、カシラ(100円)



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-