FC2ブログ

2012-11

三郎(名古屋市中区栄)


三郎(外観)

地元のラ本で東海一に輝くラ店は
予想外のキタ●シュラン系


三郎(塩らぅめん)
(塩らぅめん)


三郎(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
地下の窮屈な店舗では、調理から会計・行列捌きまでをお一人で担当されるため、
昼時には文字通り壮絶な戦場と化す。

店側の口上書きによると、スープには鶏ガラ・丸鶏・アサリ・カツオ・3種の煮干しに、
昆布・スルメ・貝柱等々が使われるとあり、
無化調ながら芳醇な旨味エキスを湛えて淡麗系を印象付けるキレもある。

麺は全粒粉による小麦の強い香りと、
乾麺のようなハリの強さがあってこちらのスープには最適なマッチング。

トピは行儀良く別皿に乗って提供され、豚+鶏チャーシュー・アサリ・メンマ・味玉らを
適宜自身のタイミングで投入して消費する。
スープのデキが良いだけに、
まずはプレーンを十分に堪能した後にこれらを仕留めたい。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

日の出らーめん・名駅西口分店(名古屋市中村区椿町)


日の出らーめん(外観)

FC系のまたおまと来れば
もはや言及の余地はないだけに・・・
(朝ラーでもできるよ)


日の出らーめん(朝らーめん)
(朝らーめん)

日の出らーめん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
全体の方向性はをうんとシャバくした感じ。
そこに無料OPとして提供される魚粉を激リッチに投入し
コレでトロミを演出するといった荒業にでてみれば、
それなりに六っぽく感じられるからバカ舌は便利なものだ。

名古屋までやって桜木町発コテコテのFCに飛び込み、
海苔のお舟に乗ってない系の自作の六で十分楽しめてしまうから
我がバカ舌は愛くるしい・・・。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

真砂そば(名古屋市中区金山)


真砂そば(外観)

創業1938年
高山ラーメンの元祖が名古屋の地で暖簾分け


真砂そば(中華そば)
(中華そば)


真砂そば(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
寸胴内で予め味付けされたタイプのスープは
カエシの濃い風味が直線的に抜け、
節系の和風ダシに軽めの鶏ガラがブレンドされている。

高山系は未食ながら予習通りの味の構成で、
醤油の強さの中に広がる甘味と
アッサリながらダシと調味料との融合が濃い旨味を創出している。

チキラー風情の平打ち縮れ麺は、強いうねりを伴った口当たりと
非かん水によるコチコチ感が共存している。
しばらくするとスープを吸って褐色に日焼けし、
艶かしく熟れた頃合いがこちらの麺の旬といえる。

当店ではチャーシュー麺のオーダ率が高いだけあり、
優しい味付けにより柔らかく炊き込まれたしっとりタイプ。

完食を見計らったタイミングでお決まりのおしぼりが提供され、
「お会計650万円です」
「じゃあ1050万円で」
「はい、それでは400万円のお釣りです、ありがとうございました」
こんな会話がリアルにド真面目に成立する老舗店はもう世界遺産クラス。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

勝ちゃん(中区国泰寺町)


勝ちゃん(外観)

元来、豚骨一筋を貫いて来ただけに
このやってもうた感は否めない


勝ちゃん(魚介系黒ラーメン)
(魚介系黒ラーメン)

勝ちゃん(麺_魚介系黒ラーメン)
(麺)



<ひとくちメモ>
丼から立ち昇る醤油臭さと、
黒胡椒の香辛及びピリ辛さが全体を占有し、
品名であるところのお魚さんは微塵も感じられない。

本仕様ではラーメン屋としてあるべきものが存在しない現実や、
課長にまみれた組織構成などヲタ目線ではもう完全にやってもうている。

かん水臭を発するゴワゴワ麺は、
ゴムのように強固なコシを具えてスープを弾く・弾く不一致っぷり。

ピュアなトンコツサプライを経営理念に据えていただけに、
ここに来て規格外の汎用品を並べる意義を問うてみたい。
果たしてこの大胆な戦略転換は吉と出るであろうか。



味の評価:★☆☆☆☆
(以前の評価:



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20121125)


20121125.jpg


今日のランニング: 5km

2012年累計距離:969km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(20121124)


20121124.jpg


今日のランニング: 5km

2012年累計距離:964km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

くいしん坊千両(尾道市西則末町)


くいしん坊千両(外観)

くいしん坊のキミには
最上級のホスピタリティを


くいしん坊千両(中華そば)
(中華そば)

くいしん坊千両(麺)
(麺)


<ひとくちメモ>
鶏ガラが優しく効いたシンプルな醤油ラーメン。
ダシのエキスは薄めながら、微量の背脂と雑味の無いクリアなスープで
“毎日食べても飽きない系”の安心感がある。

麺はご当地村上製麺所の平打ちで、
キリッと立ったエッジ感と適度なコシ、
そして表面の滑らか加減がアッサリ感に拍車をかける。

派手さやインパクトを求めるよりも、
出身先で培った丁寧な仕事とホスピタリティを備えて
滋味系尾道ラーメンの味が守られている。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20121123)


20121123.jpg


今日のランニング:20km

2012年累計距離:959km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

華蓮(三原市城町)

華蓮(外観_2)

飲んだら使っちゃうよねー
選択の余地ないもんねー


華蓮(ラーメン_2)
(ラーメン)

華蓮(麺_2)
(麺)



<ひとくちメモ>
閉店間際に訪れた当ロットのデキは、
ショーガこそココでの通常レベルに抜けるが、
背脂と油層とが通常以上リッチに配合されている。
(このロットをアブラーの大将に入れてほしい)
その分動物系のコクとオイルの風味が強く振れており、
泥酔状態なうえにビールで中和させるという暴挙は当然の所作。

すっかり静まり返ったメインロードでもココだけヨッパで異常な賑わいをみせており、
深夜の繁忙時でもキッチリとカタで上げて頂ける線の細い縮れ麺は
深い郷愁を伴って啜らせるオレ的満足仕様。

翌朝は重たいオツムとレバーを引きずりながら
せっせとジョグに出掛けるM的所業もセットで味わえる。



味の評価:★★★★☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

五苑(呉市安浦町安登西)


五苑(外観)

昼時にはどこからともなく客が押し寄せ
広い駐車場は常に満車状態に


五苑(五苑ラーメン)
(ラーメン)

五苑(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
カウンターの隅に置かれたドス黒いおでん鍋が
期待と不安を抱かせるが、出てきたソレは前者のビジュアルを湛えている。
スープは軽めの動物系がベースになっており、
元ダレの醤油の香りに加えてほんのりとした甘味も伴っている。

メンカタでコールした麺はハリガネクラスで提供され、
この加減だとスープ乗りが弱い仕様であるためノーコールがオススメ。

シンプルでクラシカルな構成ながら、
軽さの中に余韻を残す後引き感がリピーターを引き込む要因であろう。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

みちまる(東区光町)


みちまる(外観)

ロイヤリティゼロ!
味分け、経営指導・技術指導アリだって


みちまる(みちまるラーメン)
(みちまるラーメン)

みちまる(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
以前のような分厚い油層は存在せず、
コクと風味を補完する程度に使われている。
豚骨スープにしては深い薄茶色の濁りを伴っており、
多種の材料がブチ使われていそうな複雑な旨味が溶け込んでいる。

コナオトシにも対応して頂ける生麺は、
ナマ特有の箸から暴れるダマ加減とベタ付き感があって、
決して旨いコンディションと言えないのだが思わずコールしてしまう。。

麺こそ博多仕様なれど、
複数の文化が溶け込んだスープやトレンドチャーシューなところに、
商業的スパイスをも汲み取った仕様を嗅ぎ取るのでした。まあ食ってみらんね!



味の評価:★★★+☆
(以前の評価:



地図はこちら(移転後)



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20121118)


20121118.jpg


今日のランニング: 2km(胡椒中)

2012年累計距離:939km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(20121117)


20121117.jpg


今日のランニング: 2km(胡椒中)

2012年累計距離:937km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

纏(焼津市柳新屋)


纏(外観)

“行ってらっしゃ~い”
この地には夢のような出勤スタイルが根付いている
(朝ラーもできるよ)


纏(並)
(並)

纏(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
非動物系を思わせる完全和風寄りなスープは、
カツオ出汁とキレのあるかえしが効いた超淡麗仕様。
油の要素はチャーシューだけという身体に優しいアッサリ路線は、
志太系が作り出した朝ラー文化の極み。

麺はコシが強く出たにゅうめん状で、
ツルツルとした滑らかな口当たりと共に
朝葱の絡みによるシャキシャキ食感が小気味良い。

卑しくも朝ラーをブチ込み、
まさかラーメン屋のオヤジに送り出して頂けるという非日常を経て
ヲタ的希望の一日が始まりを告げる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

和味亭(焼津市栄町)


知味苑(外観)

駅前で泥酔したあとに
即ヨッパを引き込む好立地


知味苑(ラーメン)
(ラーメン)


知味苑(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
表のポップに釣られて入店するも、
メニューにはソレらしき記載はなく筆頭メニューのプレーンをコール。
出て来たソレは中華屋風情のビジュアルで、
澄んだ醤油系スープがヨッパのレバーにタウリンの如く浸透して行く。

麺は細いストレートで、デフォ柔らかめに上げられており、
ヨッパの鈍った咀嚼を考慮されたかのような店側のホスピタリティ。

ナルトとホウレン草のトピに東寄りな風を感じ、
ご当地系が存在しないところと朝葱じゃないところに
駅前だけど焼津じゃない風を感じさせる仕様でもある。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

竹乃や(焼津市一色)


竹乃や(外観)

焼津で味わうことができる
志太系の流れを汲むマルナカ系
(朝ラーもできるよ)


竹乃や(冷やし)
(冷やし)

竹乃や(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ガラスの丼に入って提供される「冷やし」は、
丼一杯に淀みのないスープを湛えている。

クリアに広がるスープは鰹エキスが強く効いた純和風で、
甘~い味付けが特徴的。
デフォでベニショが乗っかり、
丼中央のワサビを溶かしながら啜らせるというご当地の文化遺産的仕様。

こちらの自家製麺は中細の平打ちで、
キリッとしたエッジが立ってモチモチ度も十分。
その柔らかな麺肌はシルクのような滑りがあり、
そこに絡まる朝葱がフレッシュ感を吹き込んでいる。

序盤こそは甘さとマッタリ感に面食らうものの、
中盤では薬味の効果、そして終盤にはお酢の投入により
気付けばスッキリ・サッパリ完食してしまっていた。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20121110)


20121110.jpg


今日のランニング: 5km(胡椒中)

2012年累計距離:935km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

あかとんぼ(中区竹屋町)


あかとんぼ(外観)

この夏、渾身の冷やし系 ⑤
(賞味期限内ダヨ)


あかとんぼ(豚冷しつけ麺)
(豚冷しつけ麺・大辛)

あかとんぼ(麺)
(麺)

あかとんぼ(〆)

あかとんぼ(即席おじや)
(即席おじや)



<ひとくちメモ>
「大辛」をコールするなり“辛いの大丈夫ですか?”と心配されるが、
出て来たソレは拍子抜けする程辛さが伝わって来ない。
こんなことではツーケへのご褒美もお預けだ。

トッピング類は長い別皿に盛られて提供され、
セルフで配合するお上品なしくみ。

つけ汁は純和風ベースのサラサラ状であり、
これにツルピカの麺を持ってくるところなど
麺へのスープ乗り及び絡みなど度外視されたセンシティブ。

萎れたチャーシューの姿に850万円という大枚を後悔させる中、
〆に提供されるシャリに残ったつけ汁をブッかけるという
「即席おじや」の指南を受けるが、これがまたMZIことMZIこと。

ココロもツーケーもすっかり冷え切ったところで
この夏のリカバリ作業が終わりを告げる。 かな。。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

さんや(安佐南区緑井)


さんや(メニュー)

この夏、渾身の冷やし系 ④
(賞味期限内ダヨ)


さんや(つけ麺)
(つけ麺・5辛)


さんや(麺_つけ麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
辛さの範囲は1~5倍で、当然のように5倍をコールすると
逆に店側から身体を案じて頂けるという不気味な逸品。

真紅に染まったつけダレは「危険」とインフォされる通り、
脳天を突き刺すが如く狂った刺激に満ちている。

つけダレにはドロリとした粘度があるため
手繰る麺にも辛味要素がたっぷりと絡み付き、
終始逃げ場のない刺激に圧倒されることになる。

このクラスになると食べてる最中から痛みと共に発汗効果があり、
食後は欲したツーケーに着火して、この夏、熱く燃える男を演じたい。
(賞味期限切れ)



味の評価:★★★★☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天下一品・中筋店(安佐南区中筋)


天下一品(メニュー)

この夏、渾身の冷やし系 ③
(賞味期限切れダヨ)


天下一品(昆布醤油の冷やしラーメン)
(昆布醤油の冷やしラーメン)


天下一品(麺_昆布醤油の冷やしラーメン)
(麺)



<ひとくちメモ>
「昆布」が味の決め手と謳われるが、
自身のグルタミンより胡椒が前面に立っており、
更にはダシのエキスをエンミに占有されたかのような構成。

麺は冷たい水によってキュッと締められ、
シコシコとした固さでダシを弾き返すような無機質感がある。

肝心要の決め手が精細を欠く中、
グルタミン酸を注入して精気を取り戻し、この夏、ついにcherry boyとおさらばだ。
(賞味期限切れ)



味の評価:★★☆☆☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】一優(中区河原町)


一優(外観_移転後)

一優(メニュー)

この夏、渾身の冷やし系 ②
(賞味期限切れダヨ)


一優(冷しラーメン)
(冷しラーメン)


一優(麺_冷しラーメン)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏・牛骨・野菜・煮干し等からダシを抽出し、
夏向け路線を強く意識したサッパリ系。
白濁したお出汁に葱オイルが香り、
添付のレモン・お酢を投入することで盛夏の胃袋が再起する。

原田麺はキーンと冷やして締められてあり、
その分、細麺にも関わらず強いコシが生まれている。

蒸し鶏・トマト・レタス・胡瓜・水菜といった清涼感を吹き込むトピが乗っかり、
この夏、狂った猛暑を乗り切るには適切なアイテムといえる。
(賞味期限切れ)



味の評価:★★★☆☆
(以前の評価:



地図はこちら(移転後)



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

二代目もんごい(南区松原町)


二代目もんごい(メニュー_マグロ醤油の冷やしらーめん)

この夏、渾身の冷やし系 ①
(賞味期限切れダヨ)


二代目もんごい(マグロ醤油の冷やしらーめん)
(マグロ醤油の冷やしらーめん)


二代目もんごい(麺_マグロ醤油の冷やしらーめん)
(麺)



<ひとくちメモ>
魚介が強く効かされたスープをベースとし、
エビオイルの芳ばしい風味と
ナッツ類を練り込んだ味噌のコクが加わっている。

その他に干しエビやフライドガーリックなどもブレンドされており、
風味豊かな構成と共に元ダレの塩分濃度も柔らかく効かされている。

トッピング類には海老エキスが沁みた味玉に、
鳥チャーシュー、キャベツ、トマトといったサッパリ要素に、
2種の揚げネギ・白髪ネギが清涼感と直線的な風味を醸し出している。

モチモチ食感の麺を啜る度に、魚介にアドオンされた各々の香りが抜け、
猛暑の胃袋にスルスルと進んで行く。
780万円の原資があったなら、この夏、広島風つけ麺に走るより断然コッチだね。
(賞味期限切れ)



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20121104)


20121104.jpg


今日のランニング: 5km(胡椒中)

2012年累計距離:930km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(20121103)


20121103.jpg


今日のランニング:12km

2012年累計距離:925km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

まかない屋 河庄(東広島市八本松東)


河庄(外観)

想像もつかぬ母体が
想像以上の賄いホンカク系を。。
(朝ラーもできるよ)


河庄(醤油王道The「河庄」)
(醤油王道The「河庄」)

河庄(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
軽めの動物系と複数種の魚介が融合した柔らかな醤油ラーメン。
丼からは生姜の香りも立ち昇り、後口にほんのり甘味の要素も顔を出す。
塩分濃度も抑え気味で、オイル類の風味に頼ることなく
素材勝負といった潔さを感じさせる構成。

メンカタでオーダーしたストレート麺は、
スープを吸い込んだ頃合でしっとりとした食感にシフトし、
時間の経過と共に腰が据わって行く感じ。

デフォ3枚乗せのチャーシューは手作り感満載で、
味が沁みてるのに黄身はゼリー状の味玉にもひと手間仕事が伺える。

オペレーションは終始バタつき加減だが、
界隈でのGの前にはキッチリ丁寧に作られたホンモノを味わえる貴重な朝ラー店。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺宗祐気(長門市西深川)


麺宗祐気(外観)

7日間集中コースでまたおま系を習得し、
偶然にも旅はソフィスティケイトな終着となったのですた


麺宗祐気(らーめん)
(らーめん)


麺宗祐気(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
中央界隈でまたおま的に出会えるタイプだが、
フレッシュでバランスの良い動物・魚介系のブレンドと、
軽めの塩分濃度が瞬時に好感を抱かせてくれる。

表面には背脂粒子とガーリッキーな香味オイルが層を成し、
後口には甘味の要素もが広がっていく。

モソモソとした中細ストレート麺は
新鮮な小葱を絡め取ってアクセントも感じられ、
巷に転がるまたおまとは一線を画する地元産オリジナル路線。

ホロホロのチャーシューやトロトロ状の味玉も
きっちりとトレンドのツボを押さえてあり、
各パーツのデキからもソフィスティケイト感を訴求してくる。

店内はホスピタリティ溢れる接客で、
食後は“合掌”によるご利益をも頂くことが出来る。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

宝来軒本店(中津市日ノ出町)


宝来軒(外観)

創業昭和33年
トリッキーな系譜を抱き
トリッキーな路地裏に佇む中津の老舗店


宝来権(ラーメン)
(ラーメン)

宝来権(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
表の看板には「醤油豚骨」と謳われるが、
優しいタイプの豚骨ダシを主体とし、
若干の鶏ガラも配合されて広島のソレとは異なる大分路線。

表面に浮かぶ油層と豚さん由来の香りが良く、
軽いようでいて十分な厚みも受け止められる。

#30クラスの極細麺は、メンカタオーダーで低加水の歯応えが良く、
豚骨系スープとの相性も最適。

2種のチャーシューもこのスタイルにしっくりと嵌っており、
確かな伝統技が息付く老舗の一杯。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-