FC2ブログ

2012-09

トレイルラン(20120928)


9月某日

カメラの記憶を巻き戻してみると
相も変わらず場末の安酒場に納まっていた

当然のことながら
差し迫った状況など知る由も無く…

20120928_001.jpg

とは親密な付き合いこそ無かったが
どこかで通じ合える匂いはあった


そういえば氏も
場末の安酒場をこよなく愛し
特に天王寺~萩之茶屋界隈の事情には明るかった

そんなドヤ街で
若い時分には燃えるような恋愛も・・・
そんなむず痒いエピソードもご披露してくれたっけ

20120928_002.jpg

氏といえば
勇敢なるエクスプローラーであり
フィジカルエリートでもあった

少々褒め過ぎであろうが
いまは良しとしよう

20120928_003.jpg


ホルモン天でも摘みながら一杯やりたいですね”


ガリガリとしたシロの食感を楽しむと同時に
ジュワッと口内に広がる肉汁を
アルコールで洗浄する酒飲みだけに許される悦楽


軽口や社交辞令を使うタイプじゃないだけに
早期に実現すべきであった・・・

20120928_004.jpg

一介のラヲタには
氏の世界感を引き継ぐことなど出来やしないが
ココに来て故人を偲びつつ
酒を重ねることなら容易に出来る

20120928_005.jpg

穏やかに降り注ぐ初秋の日差しが
氏の御霊を安らかな方向へと導いてくれることでしょう
~合掌~

20120928_006.jpg


=======================================
今日のランニング:≒20km

2012年累計距離:822km

場所:広島南アルプス
(広島市内→JR下祇園駅→武田山→火山→畑峠→大茶臼山→己斐峠→柚木城山→
 315峰→沼田草津道路→鬼ケ城山→鈴峰山東峰→JR新井口駅)



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

【閉店】まるさ商店(中区国泰寺町)


まるさ商店(外観)

ド派手な看板を吊り下げて
店内では本国の料理人が腕を振るう


まるさ商店(豚骨塩らーめん)
(豚骨塩らーめん)


まるさ商店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ベースは豚骨でいくか・鶏ガラでいくか、味は醤油か塩か、
数秒間熟考の末、ツーンと抜ける獣臭と柔らかなエンミを所望してコール。

ビジュアルからは予想通りの透明感があり、
丼の淵には何やら黄色っぽいオイルが溜まっている。
ひとくち含むとダシ感は弱めで、
ショーガの後でガーリックが顔を出すといった想定外の香りっぷり。

麺は特有の臭いを発する多加水系で、
ムニュッとした柔らかな食感を持ち合わせている。

想定外にてんこ盛りの茹でモヤシと、
ショッパくてスッパいチャーシューはこれまた想定外であり、
コチラの名物らしき「ニラそば」に気付いた時には
丼に取り残された萎れたメンマを恨めしくもさえ思えた。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

げんこつ屋(玉野市築港)


げんこつ屋(外観)

お目当ての満腹にフラれるも、
極上のホスポタリティが胃袋を慰めてくれる


げんこつ屋(ラーメン)
(げんこつらーめん)


げんこつ屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
軽い動物系のスープには表面の背油粒子でコクが補完され、
風味の良い魚介エキスと甘味要素とが合わせられている。

特筆すべきは自家製麺であり、
表面のツルツル度合いを高めた口当たりと
メンカタでのコチコチとした食感が麺食いを虜にさせるイケメン系。

トロトロのチャーシューに、輪切りの玉子もが添えられてたったの480万円。
心地良い接客も味の満足度を引き上げる一助になっている。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たなかラーメン(玉野市玉原)


たなかラーメン(外観)

親子息の合った連携プレイは、
カウンター越しに阿吽の呼吸をも感じられる


たなかラーメン(ラーメン)
(ラーメン)


たなかラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
和風要素が満載なスープには、
じっくりと炊き出された滋味系の旨味がジワジワ押し寄せてくる。
動物系が後方支援的な役割りで使われているため、
和風要素を前面に立たせた一風変わった構成になっている。

強靭な張りとコシを備えた棒状の自家製麺は、
スープを弾く程のコチコチ感が特徴的。

丼一面を覆う大判チャーシューはデフォで3枚も入っており、
赤身のしっとり感が際立つ具合に火が入れられている。
中盤以降からは肉汁がスープに溶け出して動物系のコクも加勢される。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20120923)


20120923.jpg


今日のランニング:   5km

2012年累計距離:802km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(20120922)


20120922.jpg


今日のランニング:  12km

2012年累計距離:797km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

歩(西区天満町)


歩(外観)

街の中華屋シリーズ10
(たまには半チャンも入れるヨ)


歩(ラーメン)
(ラーメン)


歩(麺)
(麺)


歩(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
クリアな清湯系の中華スープは、
所望したとおりの軽いダシでスッキリそのもの。

安っぽくも張りのある麺は特筆すべき要素こそないが、
半チャンセットとしての相棒には相応しい控えめ感。

ランチタイムのチャーハンは残念なことに作り置きであったが、
それが故に米の芯にまで油が浸透してしっかり味が沁みている。
ラードに依存した風味付けで、あっさりラーメンとの組み合わせによって
双方の脆弱加減を補完し合っている。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山水苑(西区三篠町)


山水苑(外観)

街の中華屋シリーズ9
(たまには半チャンも入れるヨ)


山水苑(ラーメン)
(ラーメン)


山水苑(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
油分の無いスッキリ醤油味の中華系スープに、
分厚くカットされたチャーシューから染み出した甘味が
食べ進める過程で徐々に全体へと浸透して行く。

甘味があってコクは無く、且つ温めのスープにキレは無く、
まったり感すら漂ってくるところにデフォ・大量の胡椒と
細麺のコチッとしたシャープな加減がメリハリを利かせている。

終業前にも関わらず、忙しなく岡持ちが出動するところなど、
地元への密着っぷりが窺える。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東園(南区東本浦町)


東園(外観)

街の中華屋シリーズ8
(たまには半チャンも入れるヨ)


東園(ラーメン)
(ラーメン)


東園(麺)
(麺)


東園(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
ラーメンのスープはいかにも中華屋らしいライトなダシ感と、
元ダレの控え目な味付けとが融合して柔らかな味を構築している。

麺はミドルからヤワに移行しかけた頃合いで提供され、
フワフワとしたソフトな食感が更なる食指を動かせる。

厨房からはカンカンカンとリズミカルに中華鍋を打ち付けるサウンドが響き渡り、
米の一粒に至るまでの火の入り具合・オイルのコーティング及び
塩っけを帯びた味付けが万遍なく馴染ませてある。

ラー&チャンが互いの脆弱さを補完し合うと共に、
ノーマルな要素が相乗効果となってプラスに転じており、
セットで生きてこそ最高のパフォーマンスを発揮するゴールデンコンビといえる。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】周園(中区富士見町)


周園(外観)

街の中華屋シリーズ7
(たまには半チャンも入れるヨ)


周園(田舎風手打ちラーメン)
(田舎風手打ちラーメン)


周園(麺)
(麺)


周園(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
ここでattention.
オレ的半チャンセットにおける必須の要件を定義しておきたい↓

1.スープは基本クリアな清湯系(漢方・香草類は歓迎)
2.ラーはあくまで裏方に徹し、半チャンと出会ってはじめて完成物となる
3.半チャンはしっとり/パラパラいずれに拘るべからず
4.メシの量は茶碗に換算して6割程度、全チャンに至ってはむしろありがた迷惑
5.麺・チャン・スープの三角食べを前提としたエンミの塩梅であること
6.どちらが先に果てることなく、両者同時に終焉を向かえるテクが必要


そんなオレ的半チャン定義を嘲笑うが如く
大連直伝の半チャンセットは↓

1.スープはフルあんかけ
2.ラーはド級の極太麺
3.チャンはドス黒
4.全チャンである
5.即刻、猛烈な渇きに見舞われる
6.絶対量が故の不発…

たったの+50万円で全チャンがセットになる点においては
本場料理人の心意気・本気度が感じられるのだが、
オレ的半チャン定義の対極をいく逸品でもある。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

柳麺(安佐南区安東)


柳麺_安東(外観)

街の中華屋シリーズ6
(たまには半チャンも入れるヨ)


柳麺_安東(ラーメン)
(ラーメン)


柳麺_安東(麺)
(麺)


柳麺_安東(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
中華屋と思えないほど和風に寄った味付けで、
ラーメンは昆布や節系が効いたライトなもの。
オイル・調味料などもほとんど感じられず、
その分手作り感に溢れている。

半チャンの味付けも同様の路線で
家庭料理の延長的な焼き飯チャーハンは
胃袋にも優しく安心して食べることが出来る。

トレンドに染まった胃袋が物足りなさを感じてしまうところなど、
郷愁を誘う半チャンセットといえるだろう。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20120917)


20120917.jpg


今日のランニング:   5km

2012年累計距離:785km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(20120915)


20120915.jpg


今日のランニング:  12km

2012年累計距離:780km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ゆうき亭(中区胡町)


ゆうき亭(外観)

深酒によるフリをつけて
ゆうきを持って広島風スタンドの扉を叩いたものの。。


ゆうき亭(つけ麺)
(つけ麺・小)


ゆうき亭(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
当店での辛さの上限である10倍をオーダーしたが、
さほどの刺激は感じられず即刻追加の辛味をコール。
ドロリとした辛味粘液を追加して頂きどうにかホットに近付いたが、
それでもショッパさの方が勝ってしまう程のレベル感。

中太の低加水麺は、コチコチとした歯応えが強いタイプ。
デュエットの一曲も歌っていないのに小で950万円の大枚をはたくには、
泥酔により緩んだ財布と欲しがるツーケーが成せる所作である。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とくとく(南区松原町)


とくとく(外観)

昼から飲めるオープン店舗で
チョーお手軽に本格派が味わえる


とくとく(広島ラーメン)
(広島ラーメン)


とくとく(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
業態を考慮するといわゆるナニのアレであろうが、
そのビジュアルは意外にも本格派を想起させる風貌。

いや、
ナニのアレであるが故に容易に本格派を再現出来るのであろうが、
ナニのアレをベースとしてフレッシュな背脂と香りの良いオイルとがブレンドされ、
ナニのアレがそこいらへんの本格自家製をも凌ぐデキへと化けている。

ナニのアレに少しのオリジナルを加えるだけで
ナニのアレは泥酔したバカ舌をすっかり本格派と認識させ、
ナニのアレのデキに十分満足できてしまう。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】なかむらや(東区光町)


なかむらや(外観)

ノスタルジックなカネロニに
後ろ髪を引かれつつも気が付けばラ…


なかむらや(中華そば)
(中華そば)


なかむらや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
濃い目の動物ダシが抽出されたスタンダードな広島風醤油豚骨。
表面には風味の良いオイルも広がり、
ベースの動物系に更なるコクがアドオンされている。

麺はモッチリとした中細ストレートで、
ほどよくスープを吸い込んだあたりが頃合いだろうか。

トッピング類は凡庸ながら
全ての要素が均整のとれた広島風~を実現している。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

直ちゃん本店(中区西平塚町)


直ちゃん本店(外観)

広島で現場現場した真の現場といえば、
弥生町のほかにないと思うんですよねー


直ちゃん本店(中華そば)
(中華そば)


直ちゃん本店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
大きめの鉢に並々と張られたスープには、
灰汁とオイルとにまみれたワイルド感溢れるな盛りっぷり。
意外にもコンソメのような軽さがあってクセはないが、
デフォで大量に降り掛けられた胡椒がヒリヒリと舌を刺激する。

やや潰れ気味の麺はモチモチ感があって、
オイルが絡まることによってその食感はとてもソフトに感じられる。
デフォでの麺量もかなりのものだ。

やたらボリューミーなロールチャーシューが3枚も沈んでいるため、
飲んだ〆で使うにはエライ目に合うことになる。(自虐)



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20120908)


20120908.jpg


今日のランニング:  15km

2012年累計距離:768km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

福の神食堂(千代田区外神田)


福の神食堂(外観)

一風堂の各々店長を歴任後、
鳥居塾を卒業といった高学歴を誇る実力店


福の神食堂(つけ麺)
(つけ麺)


福の神食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
大山地鶏をベースに、げんこつ・背ガラ等の動物系に、
鰹節・サバ節・イワシ・煮干由来の魚介系と
昆布・香味野菜らを合わせてじっくり弱火で抽出されたベーススープ。

かえしはには、小豆島・九州産の異なる醤油をブレンドし、
軽い甘味要素も加えられている。

麺は北海道産の小麦を使って打たれ、
噛みしめると高密度のわりにモッチリ感が強く出ていて
全粒粉ならではの豊かな風味が抜けて行く。

ドロリとした粘度の高いつけ汁は麺との絡みも良く、
またおま系の鏡とも言える極めてハイクオリティなまたおま。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ほりうち(新宿区西新宿)


ほりうち(外観)

数多のスキャンダルの果てに
現在のスタイルがある


ほりうち(らあめん)
(らあめん)


ほりうち(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
透明度の高いスープには鶏ガラエキスが強く感じられ、
魚介系と生姜の風味とが柔らかに抜けて行く。
表面に薄く張られたオイルは芳ばしい風味を放ち、
アッサリながら懐古の旨味が感じられる構成。

麺は平打ち状の太麺でスープ乗りも良く、
表面のツルツル感と小麦のモチモチ感が絶妙な食感を作り出している。

大判のチャーシューも高次のレベルで完成されており、
全ての素材が一体となって極上の醤油ラーメンが構築されている。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桂花・新宿ふあんてん(新宿区新宿)


桂花・新宿ふあんてん(外観)

くまモンに先んじて
ラヲタ中に熊本を訴求したアンテナショップ
(朝ラーもできるよ)


桂花(純麺・朝ラーメン)
(純麺・朝ラーメン)


桂花(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
重たくてショッパなシャバ系豚骨をベースに、
熊本よろしくマー油によってニンニキーなフレーバーが加わっている。
マー油自体に少々エグみがあり、
様々な濃い味の要素が朝っぱらから二日酔いの胃袋に重く圧し掛かる。

麺は熊本らしい太めのストレートで、
メンカタで小麦の粉っぽさがダイレクトに感じられるもの。
キャベツとターローを抜いたら、至って凡庸な熊本系なのでした。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

かづ屋・五反田店(品川区西五反田)


かづ屋(外観)

各所に門下生は拡散するが、
直系では浜田山の伝統が息づいている


かづ屋(支那ソバ)
(支那ソバ)


かづ屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ・ゲンコツの旨味エキスがキッチリ抽出さえれた動物系に、
サバ節や煮干しをグッと効かせた魚介系が配合された濁りのない金色スープ。
じんわりと滋味系の奥深さが広がる程に
支那ソバとしての要件をパーフェクトに満たしている。

麺は均等な折り目をつけて美しく盛られ、
口に含むとモチッとした食感とツルツルとした肌触りが
丼の中でエレガントな雰囲気すら醸し出している。
和と中華が融合した、まさに宝玉の支那ソバといえる。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

紬麦(千代田区神田平河町)


紬麦(外観)

ラとは対極にあるヲタクの聖地にて
驚くほど本格的な拘り品が味わえる


紬麦(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


紬麦(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
コチラで使う素材は天然・無化調を基本とし、
丸鳥・ゲンコツ・鶏ガラの動物系要素に
香り高い節系がブレンドされている。
表面にはチー油に香り付けされたオイルが薄く張られ、
幾重にも広がる優しい風味がセンスの良さを醸し出している。

こだわりの自家製麺は、香川産新種「さぬきの夢」を使い、
小麦の香りと共にうどんに似たモチモチ感とツルリとした喉越しが出ている。
平打ち状に打たれており、特有の食感とスープ乗りが考慮された優れもの。

トッピングにはホーレン草と二種の焙りチャーシューが添えられ、
味のみならず見た目もボリュームも満足できる高次のクオリティ。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

武蔵家(品川区東大井)


武蔵家(外観)

一日の始まりは朝ごはんにあり!
そう、水と油が融合した深い深い乳化層にあり!!
(朝ラーもできるよ)

武蔵家(朝ラ~・ほうれん草)
(朝ラ~) ※カタ・コイ・スク・ホウレン草・玉子


武蔵家(麺)
(麺)

武蔵屋(メニュー)



<ひとくちメモ>
家系ならではのド乳化スープは豚さんの香りも良く、
そこにゼラチン成分が乗っかってトロ~リ・マイルドな仕上がり。

ただでさえ1千キロを超えようかというハイカロリアスな家系に
いやしくも無料の玉子を重ね合わせ、
全ての免罪符としてコールしたホウレン草が
逆にスープの温度を低下させるという食べ辛さの中、
家系お馴染み酒井の太麺がパンチ力をリカバリしてくれる。

二郎に近ずきつつある重厚な丼に恐怖感すら覚えつつ、
朝から進んでハードな調教を味わうドMの極み。
いつもは処遇に苦慮する海苔がフレッシュな磯の香りを吹き込み、
この時だけは思わぬ助け船となって完食へといざなってくれたのでした。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20120901)


20120901.jpg


今日のランニング:  15km

2012年累計距離:753km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

【閉店】ザボン(中区新天地)


ザボン(外観)

鹿児島を謳うより、
海老名あたりの商業的豚骨臭が漂う


ザボン(ラーメン)
(ラーメン)


ザボン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
サラリとしながら厚いオイルを纏ったスープは、
マニュアルを実行したクセのない仕上がり。
肝要のマニュアルには幾人も課長が常勤しているため、
旨味要素は強いものの食後のモワモワ感が後を引く。

メンカタオーダーでの細麺は
これといった特徴を持たない凡庸なものであり、
オイルを絡めて運び入れる単調作業によってヲタのイチモツは萎え気味に。

ハコの変遷を見て来ただけに、
ハンチャンで勝ち逃げ出来るかロンで和了か。
いずれにしても、擦れたヲタには南入の気力はない。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-