FC2ブログ

2012-08

あごちゃん本店(中区薬研堀)


あごちゃん本店(外観)

現場に立ち入る前には
パリッとキメたリーゼントでお清めを


あごちゃん本店(塩中華)
(塩中華)

あごちゃん本店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
早朝から手間隙かけてじっくり炊き出されるというスープは、
イノシン・グルタミン系要素がガッツリ詰まっている。
塩ダレもスープを下支えする程度の優しい塩梅で、
アレかと思いきやバカ舌を煙に巻いて180度ひっくり返したかのような完成度。

柔らかなフワフワ細麺との相性も良く、
塩ラーメンとしての個人的必須の要件をガチで具えている。

厚めにカットされたチャーシューに至っても、
ここが現場と思えぬほどの本格仕様だから驚きモノ。
界隈でハードな仕事の前後には、リピ必須の人情屋台。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

よいち・大芝店(西区大芝)


よいち・大芝店(冷麺_メニュー)

このクソ暑い今年の夏、
母店に続きコチラでも限定モノを提供中


よいち・大芝店(冷麺)
(よいち冷麺)

よいち・大芝店(冷麺_天地返し)
(天地返し)

よいち・大芝店(冷麺_麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
塩ダレとガーリックオイルとが直線的に感じられる味付けは、
複雑な味と風味とがぶつかり合ってアンバラ感を印象付ける。

茹で上がった原田麺をバケツの氷水で〆た後、
最後はテボに移して何度も水切りされるオペを眺めていると、
“湯切りは絶対に平ザルじゃけーねー、コレが一番よう切れるんよ”
と豪語するベテラン女将がフラッシュバックした。

“よく混ぜて”のインフォに天地返しで応えると、
酸味を伴った全ての要素が麺に馴染み、
殊更に麺の旨さだけが強調される。

冷え固まったチャーシューの白い脂身と、
冷やし系に添える冷たいメンマには全く食指が動かない。
おしい限定モノといったところか。



味の評価:★★☆☆☆
(以前の評価:



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

与壱(西区三篠)


与壱(梅塩とんこつ_メニュー)

このクソ暑い今年の夏
3年ぶりに限定モノを提供中


与壱(梅塩とんこつ_初期)
(梅塩とんこつ) ※初期Ver

与壱(梅塩とんこつ_中期)
(梅塩とんこつ) ※中期Ver

与壱(梅塩豚骨_初期_麺)
(麺) ※初期Ver



<ひとくちメモ>
初期(7月)のスペックは、上質な白濁系スープでクリーミーそのもの。
軽いトロミもついており、素材のピュアな旨味がギュッと詰まっている。

一方、中期Ver(現在)では、ビジュアルからも明らかな濁りが覗え、
砂被り席から観覧するに元ダレや梅の使い方など、
初期のソレとは微妙に異なるminor change.

個人的には断然初期派であるが、
後期(9月)にかけての変遷を見届けたいと思う。
こんな薄気味悪いヲタに粘着されて店側も迷惑この上ない話だろうが、
次回もよろしくにゃん。



味の評価:★★★★★(初期Verでの評価)
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

よいち・大芝店(西区大芝)


よいち・大芝店(メニュー)

イノベーションを捨てた戦略転換は
反ヲタ的なコアコンピタンスが鮮明に打ち出されている


よいち・大芝店(よいちラーメン)
(よいちラーメン)

よいち・大芝店(よいちラーメン・麺)
(麺)


<ひとくちメモ>
「鶏ガラ醤油ラーメン」のコンセプト店として産声を上げたが、
試行錯誤の末、母店同様のスタイル(=醤油豚骨)を筆頭メニューへと掲げ直された。

店休の微妙なズレ加減など、
運用如何でセンター化による合理的経営も可能性であろうか。

大きなハコと好立地を手にしたが故に、
複数種のラーと多様なサイドメニューを武器に老若男女をターゲットとし、
ヲタを切ってコマーシャリズムに走るといった至極順当な商業的パラダイムシフト。
ただし、あの感動が味わえなくなったことはヲタ的には少々残念な転換でもある。



味の評価:★★★+☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20120825)


20120825.jpg


今日のランニング:  12km

2012年累計距離:738km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

辛路・西平塚店(中区西平塚町)


辛路・西平塚店(外観)

ラヲタとヤンキーて
何一つ共通項がないんですよねー


辛路・西平塚店(つけ麺)
(つけ麺・10倍)

辛路・西平塚店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
預かり店舗は元ヤン風の店主&バイトで運営され、
カウンター越しに聞こえて来る会話の程度からも
ヲタ的には調理スキル及び成果物に恐怖感すら覚えてしまう。

辛さのレベルはMAX10倍までの範囲指定で、
和風ベースのショッパイつけダレにドロリとした辛味要素が混入される。

センターキッチンを忠実に再現化されるだけあってバランスの良いつけ麺だが、
店内オペレーションにおいてもマニュアル化を考慮すべきところか。

勘定を済ませて立ち去る間際、
いきなりヤンシャ 高級車両が歩道に放置 駐車され、
な・なんと現89へと昇格したお友達が来臨されたのでした。
カッケェー!!



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【移転後】さんや(安佐南区緑井)


さんや(info)

中途半端を脱却し、
これまた中途半端な路地裏へ...


さんや(しじみらーめん)
(しじみらーめん・しお) ※期間限定


さんや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
宍道湖産の大振りなシジミが5つ投入されており、
澄んだ滋味系スープを期待するも
アオサやニンニクの風味が強く効いているため
シジミのプレーンなエキスを感知するに至らない。

エッジの立った麺はダシ感弱めのスープに融合せず、
麺の強さだけが引き立って感じられる。

一定のオルニチンを注入したという事実だけで
おそらくはレバーのケアに至ったであろう充足感を胸に、
翌日から一層の飲酒へと勤しむのでありました。



味の評価:★★★+☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

氷見ラーメン本店


氷見ラーメン(外観)

氷見の地に惚れ込んだ店主が
氷見への恩返しを込めて開業された


氷見ラーメン(氷見ラーメン・塩)
(氷見ラーメン・塩)

氷見ラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ラーメンには基本的に地元食材が使われるが、地産地消への強いこだわりが故に、
地元の刺身醤油を使った元ダレや、塩にインパクトを持たせるべく
シソの葉とネギを使った「シソネギ」なども開発されたと聞く。

スープは国産豚骨を10時間炊き込んで作られ、
シャバくて軽く感じられるのにコクは十分。
換言するならば、スガキヤから節系を抜いたのような方向性。

麺はベチャついた玉子麺で、デフォ柔らかめで提供される。
塩味に自動添付されるネギシソをヤワ麺に絡めてかき込むと、
口内で異なる食感が楽めた後に、爽やかな風味が抜けて行く。
地元の大谷蒲鉾もしみじみ旨い。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

利助(射水市殿村)


利助(外観)

孝行息子が作り出す渾身の一杯


利助(和じょうゆ)
(和じょうゆ)


利助(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
動物系には豚ゲンコツとひね鳥(=親鳥)が使われており、
そこに濃く抽出された魚介系がブレンドされてある。
丼へとスープを注ぎ込む際には、菜箸を使ってきっちりと均一化が確保され、
一杯に使う背脂の分量においても緻密な管理が施されている。

また、チャーシューには直前に軽い炙りを入れられるなど、
随所に丁寧なひと手間が加えられていく。

麺は小麦の密度が高い仕様であり、プチンと撥ね返す弾力が強い。
丁寧な湯切りの効果もあって、最適なコンディションで提供して頂ける。

ドライブンから派生した超本格派であるだけに、
ここに来たなら軒続きの店舗より是非砂被り席で対峙したい。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20120819)


20120819.jpg


今日のランニング:  10km

2012年累計距離:726km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

柳の下 末弘軒本店(富山市総曲輪)


柳の下末弘軒(外観)

創業昭和六年
柳の下の屋台から始まったとされる老舗店


末弘軒(ラーメン)
(ラーメン)


末弘軒(麺)
(麺)


~プロローグ~
末弘軒の始まりは、昭和六年、初代夫婦の名もない屋台の支那そば屋からでした。
そのころ富山市には約三十台ほどの屋台が商売をしていたそうです。
十銭、中華そばの最初の値段でした。
富山城から不二越あたりまで屋台をおしても、一晩に九杯しか売れないこともあったそうです。
「支那そば」という懐かしく味わいある呼び名も、当時は「日本人の食べるものではない」
という差別的な意味合いもあったとのこと。
しかし昭和十一年に現在の大手通りにお店を構えた頃から支那そばも市民権を得て、
当時柳の下通りと呼ばれるほどの柳並木の下に店があったことから
“柳の下”という愛称を頂き、今日まで多くの皆様に愛され続けております。


<ひとくちメモ>
ワンタンか?それともプレーンか?
前夜から寝付けることも出来ないほど激しく悩むも、
ブラックのダメージによりあっさりとプレーンを選択。

澄んだスープを含むと、口内一斉に鶏さんが飛び回り、
煮干しの風味もチラリと顔を覗かせる。
口内にはじんわりと滋味系が広がり、シンプルで素朴な支那そばといったところ。

こちらの自家製麺は縮れのある中細麺で、
不揃いな形状と空気の織り込み具合いから、佐野に似た食感で溶けていく。

優しいスープと柔らかな麺との組み合わせは、
ホッとあんしん出来きて相性もバツグン。



味の評価:★★★★☆


~エピローグ~
ブラックとは一線を画する
富山の非労働者的な伝統だっちゃ。



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大喜・富山駅前店(富山市新富町)


大喜・富山駅前店(外観)

創業昭和二十二年
富山ブラックの元祖へチャレンジ


大喜(中華そば・小)
(中華そば小・並)


大喜(麺)
(麺)

~プロローグ~
半世紀以上前、ドカ弁やおにぎりを持った労働者のために、
オヤッさんは濃い味付けでチャーシューたっぷり入った
「よく噛んで」食べるおかずの中華そばを考え出した。
昭和二十二年、終戦後のことである。
噂に噂を呼び、富山祭りには千人もの行列を作ったこともあった。
じいちゃんから、とうちゃんへ、孫へと今や三代に渡り親しまれている大喜。
富山県民なら知らない者はいない。
これも流行に左右されないこだわりの味を頑固に守って来たからだと自負している。


<ひとくちメモ>
多方面から入念な予習をしていたものの、
いざ目の当たりにすると感動と同時に常軌を失った鬼ショッパにより
全身の細胞が一斉に悲鳴を上げる。

スープのみならず、メンマやチャーシューに至っても同様、いやソレ異常以上であり、
鬼畜のショッパさを誇る衝撃的なエンミの嵐。

免罪符としての極太麺は「小」でも通常以上の麺量で、
この先の連食をブロックするが如く
ブラックから逃れるために大量の白ネギを絡めてワシワシと啜らせる。

更に追い討ちをかけるかのように
デフォでも相当量の黒胡椒がかけられているため、
違った角度からの辛味もじわりと押し寄せる実に戦略的な一杯。



味の評価:★★★☆☆

~エピローグ~
そこら へんで見かける企画モノとは次元の異なる
富山が誇るjunkie soul foodっちゃ。



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

さらば!!バーレー・シーサー@「蘇生」


二車線の国道を
またぐように架かる虹を
自分のものにしようとして
カメラ向けた

光ってて大きくて
透けてる三色の虹に
ピントが上手く合わずに
やがて虹は消えた

胸を揺さぶる憧れや理想は
やっと手にした瞬間に その姿消すんだ

20120816_001.jpg

でも何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行く
そしていつか君と見た夢の続きを

暗闇から僕を呼ぶ
昨日の声に耳を澄ませる
そうだ 心に架けた虹がある

20120816_002.jpg


カーテンが風を受け
大きくたなびいている
そこに見え隠れしている
テレビに目をやる

アジアの極東で
僕がかけられていた魔法は
誰かが見破ってしまった
トリックに解け出した

君は誰だ? そして僕は何処?
誰も知らない景色を探す
旅へと出ようか

20120816_003.jpg

そう何度でも 何度でも
君は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを

ノートには 消し去れはしない
昨日がページを汚し続けても
まだ描き続けたい未来がある

20120816_004.jpg


叶いもしない夢を見るのは
もう止めにすることにしたんだから

今度はこの冴えない現実を
夢みたいに塗り替えればいいさ

そう思ってんだ
変えて行くんだ
きっと出来るんだ

20120816_005.jpg


そう何度でも 何度でも
君は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを

暗闇から僕を呼ぶ
昨日の声に耳を澄ませる
今も心に虹があるんだ

20120816_006.jpg


何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行ける
そうだ まだやりかけの未来がある

20120816_007.jpg




JASRAC:100-6007-3

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ランニング(20120812)


20120812.jpg


今日のランニング:  12km

2012年累計距離:716km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(20120808)


20120808.jpg


今日のランニング:  12km

2012年累計距離:704km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

鎮魂(2012夏)



20120806.jpg


世界中の隅々にまで
平和の光が差し込みますように







テーマ:日記 - ジャンル:日記

ランニング(20120805)


20120805.jpg


今日のランニング:  12km

2012年累計距離:692km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

東海飯店・広島アッセ店(南区松原町)


東海飯店広島アッセ店(外観)

薬研堀で生まれたかの老舗系が
広島駅ビルへとハッテン系


東海飯店広島アッセ店(中華そば)
(中華そば)


東海飯店広島アッセ店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
老舗の飯店系に清湯系を求めるも、
ビジュアルからは意外にも茶濁した広島系そのもの。

動物系の臭みが消えていない系のシャバ系であり、
魚介系やオイル系による風味付けがない単一系。

メンカタオーダーでの麺は、博多系の粉っぽさがあり、
最後までカタの状態を維持し続けていて
サクサクと食べ進めれる系のライトな一杯。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20120804)


20120804.jpg


今日のランニング:  12km

2012年累計距離:680km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

活龍(つくば市竹園)


活龍(外観)

トリッキーな店舗での
ナニのデキは一級品


活龍(つけめん)
(つけめん)


活龍(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
茹で時間だけで8分少々費やされる麺は、
極々太が故に、わたくしと同じ悩みを背負ったヘビー級。

うどんと同等クラスの極々太麺は、
パンパンに張りつめた膨張力とソフトな口当たりを具えており、
わたくしと同様に窒息覚悟での食べ応えがある。

つけ汁もこれまたわたくし同様の濃いドロドロ状であり、
動物系と魚介系が絶妙の配分で交わり
丼の底からは魚粉と僅かの柚子が現認できる。

幅広のメンマは他に類をみない柔らかさとサクサク食感を持ち、
ブロック状にカットされたゴロチャーシューに至っても
わたくしのナニと同様に鋭利で強靭な逸物にすら思えてくる。
つくばからド級の衝撃を放つ正にわたくしクラスのつけ麺だ。(願望...)



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大成軒・学園店(つくば市天久保)


大成軒(外観)

TXの先に広がるゴーストタウンを抜けると、
突如現れる大行列が目印に...


大成軒(ラーメン)
(ラーメン)


大成軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ご当地の特徴が色濃く反映された一杯は、
クリアな中華系スープがベースとなった中に
ショーガの爽やかな香りが図太く抜けて行く。

こちらで使われる卵麺は、メンカタ状態で驚くほどのコシがあり、
ショーガに負けない程のインパクトを持っている。

大半のお客がオーダする「肉そば」・「タンメン」は、
デフォで3玉も使われるという爆盛系。
学術・研究で痛んだ胃袋を修復し、地元で愛され続ける老舗店。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-