FC2ブログ

2012-07

朝の恵み@第3回きんどん夏キャンプ


“朝がイイに決まってる”


深夜にA5
ほう、
それも一興であろう

第3回きんどん夏キャンプ_001


日の出にビー
うーむ、
これこそがツーであろう

第3回きんどん夏キャンプ_010


3度目にして
総勢30名を超える
勇士の面々は

質実の肉塊を貪り
剛健にして美酒を浴び続ける

第3回きんどん夏キャンプ_003


やがて
朝日に照らされて
転がる屍という
非日常と

ここだけ
2度の治外法権が息付く
尋常ではないアトモスフィア…

第3回きんどん夏キャンプ_004


いや、わたくしだって
だてに3年間
辛酸を嘗め続ける訳には行きませぬ

oyajiの説教を回避すべく
この一年間幾夜ものロープレを重ね
この夜のために演じきった“猿芝居”

第3回きんどん夏キャンプ_005


おかげさまで
充分な睡眠を確保し

眼前に広がる
屍の山脈を越えたなら
ドーンと鎮座する
過剰なまでの生樽の在庫

第3回きんどん夏キャンプ_006


日の出から
ここのウッドデッキには
罪悪感の欠片も存在せず

ただ
自然の摂理に応じて

ただただ
本能のままに
日の出の生ビールが許されるという

excellent&superiorな

非日常のひとコマ

第3回きんどん夏キャンプ_007


照りつける朝日を
全身に浴びながら

気の合う仲間と交わす
生ビールの旨いこと旨いこと

第3回きんどん夏キャンプ_008


一杯どころか
お代わり当然

朝酒で一日を潰す代償としては
痛んだレバーに
むしろ善行を処方するかのような
年に一度の臨海治療

第3回きんどん夏キャンプ_009


そこら中に転がっていた屍達も
やがてジョッキの泡音を
目覚まし替わりに
ワラワラと蘇生をはじめ

一同が
それぞれに感じる非日常を
本能のままに味わう
希望の朝

第3回きんどん夏キャンプ_002


朝ですら
己のテントを張れなくなった男の傍らで

試合に負けて勝負に分けた
果敢なタイの戦士に目をやり

“この一年間は引っ張られるな”


ヒャッヒャと耳に焼き付く高笑いに
己の身を案ずるも

“一年後もきっと来るぞ”

と早々に来年の再会を誓い
すっかり止まらなくなったサーバーへと
希望の触手を伸ばすのでした

第3回きんどん夏キャンプ_011




テーマ:日記 - ジャンル:日記

ランニング(20120729)



20120729.jpg


今日のランニング:  15km

2012年累計距離:668km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

一力観音(西区観音新町)


一力観音(外観)

この日の一番客が来たというのに、
BBA、いきなり昼寝かよ(笑)


一力観音(中華そば)
(中華そば)


一力観音(麺)
(麺)


一力観音(食後・・・)



<ひとくちメモ>
小さな寸胴には深く茶濁したスープが張ってあり、
終始ガンガンに煮立てている。

この日のスープには予習先での鮮魚は泳いでおらず、
動物系をベースに椎茸やら昆布やらが煮詰まったような濃い味系。
表面には薄い乳化膜が広がり、更にゼラチン質は満々載。

こちらのBBAには、一定レベル以上の味の均一化という理念は存在せず、
スープが減ったなら裏の魚屋をはじめその時々に調達できる素材をブチ込んで、
呼び戻しならぬ“継ぎ足し製法”によって寸胴が守られている、
と勝手に想定される。

メンカタオーダーにもきっちりと対応して頂け、
#25クラスのゴツゴツとした食感と共に味わうことが出来る。

なお、一番客には100円割引というBBAの感謝が詰まった施策があるので、
ボンビーの懐にも優しく対応して頂ける。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

宗家一条流がんこラーメン十八代目(大阪市中央区難波千日前)


宗家一条流 がんこラーメン十八代目(外観)

がんこ譲りの鬼ショッパ健在


宗家一条流 がんこラーメン十八代目(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


宗家一条流 がんこラーメン十八代目(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
当然のことながら鬼ショッパを地で行くがんこ系。
動物系は遠くで後押しする程度にライトなものであり、
その中にホタテをはじめとする滋味系エキスがギュッと詰まっている。

コシの強いクネクネの細麺は、
表面がツルツルで口へと滑り込む感覚が心地良い。

厚切りネギが清涼感を与えようと頑張っているのだが、
如何せんショッパイ。
兎に角、ショッパイ。
あぁ、鬼ショッパ。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

金久右衛門・道頓堀店(大阪市中央区道頓堀)


金久右衛門・道頓堀店(外観)

高級官僚の大胆不敵な挑戦やで
ええか、ホンマもんやで


金久右衛門・道頓堀店(大阪ブラック)
(大阪ブラック)


金久右衛門・道頓堀店(麺)太麺
(麺) ※太麺



<ひとくちメモ>
関西ノリのキワモノかと思いながらも、
泥酔時にはむしろこういった系列を欲してしまうドMの嵯峨。

店側インフォによると、黒醤油を味のベースとして
なんとイカのワタ・海老などの海産物で深みを加えている様子。
バカ舌&ヨッパの身では個々の素材を感知することは出来ないが、
黒醤油に絡まる深いコクと風味は絶妙のバランス。

チョイスした太麺は極太の平打ちで、
あえてのヤワで行かせて頂くと、うどんに似たモッチリ感がたまらない。
更に卓上の黒胡椒を振りかけると、
醤油スープとの相乗効果で益々箸が進んで行く。

分厚いメンマもキッリチとトレンドを押さえ、
ふっくらとした食感が箸休めにもなっている。

かえし醤油と甘味あるチャーシューの煮汁を合わせたような、
ハコに反して家庭的で安心できる味といえる。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

豚吉・本店(大阪市城東区中央)


豚吉・蒲生本店(外観)

一日の始まりは朝ごはんにあり!
深くて厚い豚さんの背脂層にあり!!
(朝ラーもできるよ)


豚吉・蒲生本店(こってりしょうゆラーメン)
(こってりしょうゆラーメン)


豚吉・蒲生本店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
新鮮・安心・安全をモットーに掲げるFC店。
乳化の進んだ豚骨に背脂をMIXして、
背脂のコク・背脂の甘味・背脂の風味、
背脂マジックに大半を依存しているとも思えるセアブラー。

張りのある丸麺は無機質な感覚でコシは強く、
背脂をたっぷり絡めて背脂で潤滑しながら入ってくる。

朝からこんなにコテコテにも関わらず、
6枚も確認できたチャーシューは実に関西らしいサービス盛り。
大将、ここいらへんでの一日のはじまりはアブラのラやね、正味の話。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】くまごり(中区大手町)


くまごり_003(外観)

ここだけのオリジナリティを持ち
修行先をも凌駕する新星実力店


くまごり_003(しろごりラーメン)
(しろごりラーメン)


くまごり_003(麺)
(麺)※細麺



<ひとくちメモ>
スープを含んだ瞬間、幾羽もの鳥さん達が口内を飛び回るほど
旨味エキスが凝縮された鶏白湯系。
ブイヨンのような洋風感覚と、香味野菜やらのコンソメ的な風味が重なって
“優しいだけじゃない”コクと風味が補完されている。

メンカタコールでもコシの弱い細麺は、
白湯スープの輪郭を引き立てるが如くひっそり目立たない存在。

大判のチャーシューは“ガツン”とした存在感があり、
見た目にも美しい糸唐辛子も“キチン”と仕事をこなしている。
いやはや、実に見事なオリジナル品ですた。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】まる喜(南区猿猴橋町)


まる喜(外観)

駅前横町の入り口にある
飲めるタイプのつけ麺屋


まる喜(辛つけ麺)
(辛つけ麺・うんと辛め)


まる喜(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
辛さの度合いは“うんと辛め”をコールしたが、
スープの直接的なショッパさが勝ってしまうほどに
辛味の要素は欲したツーケーの期待を裏切るレベル感。

原田製麺の中細ストレート麺は
冷水に潜らせて強いコシが生まれているが、
不十分な洗い・水切り加減によりヌメリが残ったまま。

このクラスの組み合わせでは、
熟れたツーケーをまるく喜ばせるには至らない。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

冷めん家(中区十日市町)


冷めん家(外観)

最低限の愛想を備えるだけで
こうも違った店になるのですね


冷めん家(普通)
(普通)


冷めん家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
“デフォでも相当辛い”という店側インフォがあったが、
開発済みのツーケーを喜ばせるには程遠い微弱な刺激。
ならばとカウンター越しに大量の辛味ダレを追加投入して頂いたことで、
一気に引き締まったつけ汁へと変貌を遂げる。

目測2,3分のディレイを置いて同じ茹で釜にブチ込まれた麺は、
前後の違いを認識できず、所詮バカ舌のレベル感を再認識させられた形に。。

広島風つけ麺に有りがちな低加水のコチコチ食感と、
他より若干太めなストレートのスタイルが
激辛と化したつけ汁を持ち上げてしっくりと嵌っている。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】元気21ラーメン(南区松原町)


元気21ラーメン(外観_002)

ダメヨダメヨも好きのうちⅡ


元気21ラーメン(つけ麺_002)
(つけ麺)


元気21ラーメン(麺_002)
(麺)



<ひとくちメモ>
シンプルなつけダレは、ダシ・コク・風味3拍子揃って乏しく、
辛味より“甘味”が勝ったもの。
その上に乗っかる辛味油が特有の香りを放ち、
初めて出合うタイプの不思議な構成となっている。

ひや麦のようなツルツル麺はサラサラのつけ汁を弾き返し、
広島風つけ麺とは完全に異なる独自路線。

このスタイルにメンマがこれほどまでに合わないものだと
改めて認識させて頂いた貴重なオリジナル品。



味の評価:★☆☆☆☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20120717)


20120717.jpg


今日のランニング:   5km

2012年累計距離:653km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

韓味家(中区大手町)


韓味家(外観)

本国の兄弟による
家庭の延長上にある韓国料理店


韓味家(冷麺)
(冷麺)


韓味家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
黒っぽい極細麺には蕎麦粉を合わせて打たれたゴム麺であるが、
事前にハサミが入れられているのと#30クラスが作用して
程好い咀嚼で落ちるように考慮されている。

スッパ甘い塩味ベースの冷製スープには取り立てた特徴はないが、
添付の唐辛子・白菜キムチ・カクテキを投入することで
辛さが引き立ってキリッと締まる。

800万円の大枚をはたくには
ボンビーなヲタの懐に重くのしかかるが、
慢性的二日酔いがもたらす胃袋の再起動には変えがたい。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20120714)


20120714.jpg


今日のランニング:  15km

2012年累計距離:648km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

Sabai Thailand2(中区薬研掘)


SabaiThailand2(外観)

朋友ピーウァンご用達の
母国の味に最も近い店


SabaiThailand2(クァイティアオ・ナーム・カイ)
(クァイティアオ・ナーム・カイ)


SabaiThailand2(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
その日あり合わせの食材を使って作られる一夜限りのオリジナル品は、
この日たまたま冷蔵庫に眠っていた鶏肉を使って動物系のダシを摂り、
味の決め手となる本国直送の香辛料が次から次へと重ねられていく。

現地スタッフにより本国スタンダードのままに作られるため、
デフォでも尻に火が付くほどの直線的な辛さがベースにあり、
そこに本国ならではの複雑な辛味・甘味・酸味の要素もブレンドされている。

赤子のピーウァンが母乳代わりにしゃぶっていたというパクチーが
激辛の中に爽やかな風味を加え、米麺を啜る度にあらゆる香辛料が一体となって抜けて行く。

本場まんまの凶暴な刺激は軟弱な消化器系を即刻破壊し、
当夜のうちにリーゲーと化してツーケーを大炎上させたのでした。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

辛路・銀山店(中区銀山町)


辛路・銀山店(外観)

杏仁豆腐を断ち切って
飲み屋街へ2店舗同時出店という成長戦略


辛路・銀山店(つけ麺)
(つけ麺・30倍)


辛路・銀山店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
辛味の主体は辣油で構成されており、
和風ベースのダシの上に30倍相当の辣油が層を成す。
思った程の刺激はなく、これではツーケー・ターイーを楽しむには程遠い。

麺は広島風つけ麺定番の中細ストレートで、
冷水でしっかり締められてコツコツとしたコシが立ったもの。
デフォでの麺量はたっぷりと盛られ、他店との差別化が図られている。

茹でキャベツ、細切りキューリ・ネギのトッピング類も多めに盛られ、
“ガッツリ食べられる系の広島風つけ麺店”としては貴重な存在だ。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

団欒亭一(中区薬研堀)


団欒亭ー_003(外観)

ホンモノの刺激を注入するにはコチラへ


団欒亭ー(麻辣牛肉麺)
(麻辣牛肉麺)


団欒亭ー(激辛チャーハン)
(激辛炒飯)


団欒亭ー_003(麺)
(麺)


団欒亭ー(激辛チャーハンクッパ)
(即席クッパ)



<ひとくちメモ>
こちらで使われる香辛料は全て本国直送品であるが故、
ホンモノの刺激を味わうことが出来る。
真紅に染まった鬼辛スープには
ゴロゴロと沈んでいる牛肉が厚みあるコクを出しており、
香辛料の複雑な風味が全ての具材をまとめ上げている。

太めの縮れ麺にもたっぷりと香辛料が絡み付き、
終始逃げ場のない痛み刺激を与え続けてくれる。

更にはOP品の鬼辛炒飯で即席クッパを開発することで
スープまで完飲という容赦ない刺激の坩堝へと誘ってくれる。

翌朝には重度のツーケー・ターイーが確定しているため、
遠足前夜の童心に戻った一夜をも楽むことが出来る(ドM)



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ひまわり(中区八丁堀)


ひまわり(外観)

コチラには最強を誇るプロ野球チームの選手達が訪れるようで、
まこと入店した瞬間勇ましい浜風を感じられる


ひまわり(ラーメン)
(ラーメン)


ひまわり(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
広島風醤油豚骨がベースとなり、表面のゴマ油によって
ほんのり風味付けも施されてある。
ダシのエキスが弱い分、元ダレのショッパさが際立って感じられる。

麺は凡庸の域を出ないものであるが、
分厚い赤身チャーシューが4切れも沈んでおり、
虎の攻撃を彷彿させる豪快且つダイナミックな盛り。

店内でのオペレーションは高度なホスピタリティを発揮されており、
これならば手負いの虎も瞬時に傷が癒え、常勝へと変貌する様が容易に想像出来る。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20120707)


20120707.jpg


今日のランニング:   5km

2012年累計距離:633km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

赤見屋 本店(佐野市久保町)


赤見屋本店(外観)

1952年創業、佐野での準老舗店


赤見屋本店(ラーメン)
(ラーメン)


赤見屋本店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
褐色かかった青竹打ちの自家製麺は
純白とブラウンの小麦粉とを合わせて調合され、
更に太い竹と細い竹を使って生地を薄く延ばしていくという
当店独自の製法を編み出された麺の名店。

6時間もかけて作られる麺は、
ほんの10秒程度釜でくぐらせただけで茹で上がるほど繊細なもの。
佐野お馴染みの不揃な幅の麺の集合体で、
少しの咀嚼でスーと消えてなくなる。

こちらのスープは鶏ガラを主体に
豚・魚介を加えてバランスを整え、
表面には泡立ちが出来るほどコクも満載。
麺・スープ共に最上級のデキを誇る佐野ブランドだ。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

亀嘉(佐野市富岡町)


亀嘉(外観)

陽気な大将とピッタリ息の合ったスタッフ陣
こんなストレスフリーな環境が裏山しす


亀嘉(ラーメン)
(ラーメン)


亀嘉(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
前食の老舗と比べて、鶏ガラエキスが濃い目に出ており
何より生姜がパッキーンと効いている。
油分もそれなりに投入されていて、
元ダレの味付けもしっかりとした輪郭を出している。

麺は佐野系・青竹打ちの自家製麺で、
敢えてのメンカタコールで行かせて頂けば
暫しコチコチッとしたハリを楽しめたが、
すぐに元来のフワフワとした佐野食感へと仕上がる。

店内の活気と同様に、
透明感を持ちながらハッキリと主張してくる佐野系ブランド。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

宝来軒(佐野市浅沼町)


宝来軒(外観)

1930年創業・親子3代に渡る老舗店
明るい店内には、数多くの著名人達のサインが並ぶ


宝来軒(ラーメン)
(ラーメン)


宝来軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
佐野を代表する青竹手打ち麺には、
青竹打ちこそが成せる空気の織り込みが
口に入れた瞬間の生地のフワフワ食感を作り出している。

麺は強く縮れてコシもあり、不揃いな太さの麺が合わさって
口内でそれぞれに異なる食感を与えている。

澄んだ鶏ガラとショーガ畑に泳ぐフワフワ麺は、
これ以上ない見事なマッチングを見せており、
生涯3度目の佐野入りでようやくこの味を受け入れることが出来た。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(20120701)


20120701.jpg


今日のランニング:  10km

2012年累計距離:628km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-