FC2ブログ

2011-12

ランニング(111230)


20111230.jpg


今日のランニング:12km

2011年累計走行距離:1,085km
(対前年:▲48km)



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

2011年末のご挨拶@年越しそばらーめん風まぐろだし



2011卯年は
天変地異が各地で飛び跳ねた
文字通り激動の一年でありました

皆様の暮らしにおいても
深い悲しみに包まれた一年であったことと思います



御多分に洩れず
当方の身辺においても
実に多くのオワカレに直面した一年になりましたが

如何なる時であっても
歴史は一定のリズムで進み行くから逞しいものです


年越しそばらーめん風まぐろだし


一方で広島ラーメン界に目を転じると
新たな 彗星の誕生
消え去った 伝統など
コチラ側にも
一定の変化がもたらされた訳でありますが

歴史が示す通り
破壊と蘇生を繰り返す日常があってこそ
新たなアルゴリズムが開発され
一段のスペックアップを促進するものであり

一定の変化とは
迎合すべきファクターであるとも感じます


年越しそばらーめん風(麺)


年の瀬に
某Developerが開発した
『年越しそばらーめん風』なんぞを啜りつつ

当地のラーメン界に
世の縮図を重ねたりして
過ぎ行く卯年を偲ぶ
弱小ラヲタのアイドルタイム


次なる辰年へ馳せる想いは
激動に揺らぐことの無い
ピンと一本筋の通ったラーメン店と
平穏な社会の台頭だったりして・・・

そんな骨太な世間が醸成されることを
熱く熱く期待しております


2011お疲れちゃん♪


来たる2012辰年が
皆様にとりまして幸せな一年になりますように



~2011.12吉日 sin~



ランニング(111229)


20111229.jpg


今日のランニング:10km

2011年累計距離:1,073km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

一白(安佐南区長束)


一白(外観)_003

横川の雑踏を抜けて
激戦の旧街道へと移転


一白(塩ラーメン)_003
(塩ラーメン)


一白(麺)_003
(麺)



<ひとくちメモ>
干し貝柱・干し海老が使われるスープには、
芳ばしくも磯のエキスに溢れており
粟国の塩による甘味が柔らかい塩スープを形成している。

ビジュアル的には意外にも茶濁しているが、
動物系の要素は弱くスッキリとしていて雑味は残らない。

メンカタオーダーの細麺は、序盤はスープを弾くような張りがあり
しんなりと馴染んだ程度が最良のコンディションと思える。

コンセプトに反してチャーシューには強い香辛料で味付けされているため、
繊細なスープを汚しているようであり、こちらに関してはアンバラ感を覚えた。



味の評価:★★★+☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

北京(南区皆実町)


北京(外観)

店内はキレイに清掃が行き届き、
ランチタイムにはチャの炒め置きがスタンバっている


北京(ラーメン)
(ラーメン)


北京(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
八角等の香草類が香る中華スープに、
ショッパめの元ダレで味付けされている。
軽いダシ感程度の軽いスープを、課長の仕事によって纏められている。

麺は風味のない中細ストレートで、
表面のツルツル感と強いハリが特徴的。

いわゆる中華屋ラーメンの王道的な味わい。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

波止場(南区宇品海岸)


波止場(外観)

焼肉をメインに据えられるが、
お好み焼き・居酒屋メニューに加えて”ラ”までも揃うマルチっぷり


波止場(ラーメン)
(ラーメン)


波止場(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
牛骨がブレンドされるというスープはクリアなもので、
味醂による甘みと醤油の香ばしさが直線的に感じられる。
ダシ感より、元ダレの強さを際立たせたバランス感。

麺は汎用タイプのものがデフォで固めに上げられており、
ダマになった部分もチラホラといったご愛嬌も。。

チャーシューは手作り感満載で獣臭が残っており、
乱暴な切り口と相まってワイルド感が漂う。
表面には細いネギが大量に降りかかっているが、
乾燥気味のためフレッシュな青臭さが失われていた。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(111225)


20111225.jpg


今日のランニング:12km

2011年累計距離:1,063km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(111224)


20121224_001.jpg


20121224_002.jpg


今日のランニング:10km

2011年累計距離:1,051km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

【閉店】太平楽(福山市東深津町)


太平楽(外観)

仲睦まじい初老のご夫婦が営む店舗には、
清潔感と幸せオーラに溢れている


太平楽(ラーメン)
(ラーメン)


太平楽(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
スープを吸い込むと、口内には良質な背脂の香りがプ~ンと広がり、
薄口醤油を使った元ダレと最適な塩梅で融合している。
濁りは無いが、動物系・小魚系のダシもしっかりと抽出されており、
直感的に優しい味わいだと感じさせてくれる。

麺は尾道スタイルよろしく、はせべの平打ちが使われ、
しっとりとした幅広麺を噛み潰す食感も上々。

赤身主体のチャーシューはサッパリとしていて、
このスタイルにしっくり納まっている。
派手さはないものの、キッチリと作られた尾道ラーメンの王道的な味わい。
ぼかぁー、こういうの好きだなぁー。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



【閉店】田吾・駅前店(福山市三之丸町)


田吾(外観)

コの字状の砂被り席からは、
キレイなおねいさんによる
流れるようなオペレーションが観覧できる


田吾(ラーメン)
(正油ラーメン)


田吾(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
動物・魚介系エキスが広がるベーススープに、
かえしのショッパさと元ダレに含まれる甘味成分とで味が構成されている。
そこに背脂塊と油膜とが層を成すことで、
動物系のコクと香り良い風味とが被せられている。

自家製の平打ちストレート麺は意外なほど細く、
しっとり・しなやかな口当たりと
ザクザクッとした小麦を潰す歯応えが最良だ。
更に細かな背脂が麺にたっぷりと絡み付き、
穀物に動物系要素が合わさることで相乗的にその旨さを増して行く。

チャーシュー・メンマに至っても標準以上のレベルにあり、
これで一杯390万円とは全く驚きモノである。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(111223)


20121223.jpg


今日のランニング:12km

2011年累計距離:1,041km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

千両(福山市伏見町)


千両(外観)

エキチカ、多彩なメニューで飲めるラーメン店
ご主人、ムリせず続けて下さい


千両(ラーメン)
(ラーメン)


千両(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
丼一面に広がる青ネギの下層には、
意外にも透明感あるスープが張っている。
その配色に反して動物系のしっかりとした厚みがあり、
元ダレと共に丼の中で合わされる背脂塊がコクと風味を加えている。
塩分濃度も最適で、口内へ柔らかく浸透していくよう。

地元・松岡製麺の極細ストレート麺は、
メンカタオーダーでものの一分程度で茹で上がる。
しっとりとした麺にシャキシャキの青ネギがたっぷりと絡み、
両者の異なる食感が食欲を増進させる。

また一定の時間が経過すると青ネギがしんなりと馴染み、
ネギの甘味がスープへと溶け込んでこれまた違った味へとシフトしていく。

柔らかさの中に、しっかりと旨味エキスの詰まった一杯だ。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

自由軒(福山市元町)


自由軒_福山(外観)

おでんから洋食、ラまで…
をも引き寄せる大衆食堂兼朝から酒場

自由軒_福山(ラーメン)
(ラーメン)


自由軒_福山(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ラーメンというより、うどんつゆに近い和風寄りで、
味醂による甘~い味付けが強く効いている。
おそらくは共通的に使われているであろう基本ダシに、
中華のトピ的要素をアドオンしたもの?てな印象を受ける。

麺は至って普通の汎用系のようであるが、
意外なほどしっかりとコシを残して上げられている。

朝飲みの大将が夕刻には潰れ、
御大が常連客への粘着&略奪を進める定番空気が感じられる中、
汎用麺の強さだけがビシッと一本筋を通している。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

刺身のチョイ盛り@きんどん②

(デジカメ貯蔵の一気出し②)  その①



ココでの肴のコールは
決まって

”刺身のチョイ盛り”

なわたくし↓

201109_001.jpg

201109_002.jpg

201110_001.jpg

201110_002.jpg

201110_003.jpg

201111_001.jpg


コチラの御店主ときたら、

ジャパンで泥酔すると
だらしないエロ顔さげて
執拗に絡み着いて来るのですが・・・


たれ目のサングラスをかけさせると
渡哲也より大門似の
凛としたドライバーに変身するのです




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ジャパンのカラメ@きんどん②

(デジカメ貯蔵の一気出し②) その①



ココでの酒のコールは
決まって

”ジャパンのカラメ”

なわたくし↓

日高見@石巻市清水町

飛露喜@福島県河沼郡会津坂下町市中二番

益荒男@加賀市八日市町

七本槍@長浜市木之本町木之本

土佐しらぎく@安芸郡芸西村

南@安芸郡安田町安田

久礼@高知県高岡郡中土佐町久礼

加茂金秀@東広島市黒瀬町

宝剣@呉市仁方本町

雨後の月@呉市仁方本町

獺祭@岩国市周東町獺越

雁木@岩国市今津町

貴@宇部市車地

七田@佐賀県小城市小城町岩蔵


コチラの御店主ときたら、

女性と牝馬の扱いにおいては
極めて鈍感且つ不器用なエロオヤジなのですが・・・


使う素材と調理へのこだわりにおいては
一級の目利きを持ち合わせた料理人なのです




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ランニング(111218)


20111218.jpg


今日のランニング:12km

2011年累計距離:1,029km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(111217)



20111217.jpg


今日のランニング:18km

2011年累計距離:1,017km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

平の家(佐伯区美の里)


平の家(外観)

ラ店が跳んだあとに入って来る系の新進系


平の家(豚骨さかな系らーめん )
(豚骨さかな系らーめん)


平の家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
注文の都度小鍋で温め直されるスープは、
予め寸胴の中で動物&魚介系がブレンドされたもの。
丼からは節系の直線的な風味と共に、苦味・エグ味までもが織り込まれており、
そこに数種のオイルが合わせられることによって複雑な方向へと振れている。

全粒粉が使われるという太麺は、保存状態の影響であろうか
このテの麺の特徴ともいえるモチモチ感が乏しく、噛み締めると粉ぽさが口に残る。

東京ではドッグも歩けばスティックにヒットする程スタンダードなタイプであるが、
当地においては話題先行感を拭えない。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

牛テールラーメン蹴(中区流川町)


蹴(外観)

現場の外れにオープンした夜専の新店


蹴(煮込みラーメン)
(煮込みラーメン・小)


蹴(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
牛スジの煮込みがメインに据えられており、
牛肉特有のコクと甘~い味付けが特徴的。
ただし濃厚な味付けが故に、
牛テール由来の滋味系エキスをマスキングしている。

添えられる牛スジはガリガリとした食感で、
ラーメンのトッピングというより酒の肴が相応しいか。

スルスルと入る口当たりの良い細麺は、
スープを吸い込んでしっとり馴染んだ頃合いが鍋の〆を思わせる。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

面館・府中店(安芸郡府中町)


面館・府中店_(外観)

平日金曜日&1日10食限定て・・・
自由職の身で良かったね、オレ(泣)


面館・府中店(鯛ラーメン)
(鯛ラーメン)


面館・府中店(麺onおかしら)
(麺)



<ひとくちメモ>
某媒体の企画により実現したスペシャルな一杯は、
まさにラ本に写る画像まんまの”おかしら入り”。

この天然鯛も大海原を泳いでいた頃には
まさか自分がラーメン鉢なんぞにブチ込まれるとは思いもせず、
まさかラヲタの手によって、まさか ”おかしらの上で麺上げ”
てな屈辱を喰らわされるとは想像だにしかなったであろうて。

そんな不憫な天然鯛を慮り、980万円の香典を供え、
骨の髄までしゃぶり上げて成仏させてやったのでした。

あ、肝心なお味は
”お吸い物やね”(バカ舌)



味の評価:★★★+☆
(以前の評価:



地図はこちら



面館・府中店(おかしら) 

                 ↓

面館・府中店(おかしらの骨)




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

面館・府中店(安芸郡府中町)


大手町

↑こっちでフラれて

↓こっちにやって来ますた

面館・府中店(外観)

期待と不安が下半身を締め付ける中、
満を持しての出店です


面館・府中店(らーめん)
(らーめん)


面館・府中店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
母店まんまのビジュアルに安堵を覚えつつスープを含むと、
豚さんのマッタリとした香りが口内一杯に広がる。
無添加・無化調を掲げるだけあって、不純物を含まない素材の旨味だけが
このスープに凝縮されている。

ただし母店よりも元ダレが多めに投入されており、
これならば卓上の「追加ダレ」はかえ玉以外での出番はなさそう。

チョイスした細麺は、母店と同様のザクザク感があり、
チャーシューに至っても同等のクオリティを再現している。

年の瀬に入り新店ラッシュが続く中、
久々の金星の誕生に下半身までもが小躍りしたヲタなのでした。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(111211)


20111211.jpg


今日のランニング:12km

2011年累計距離:999km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(111210)


20111210.jpg


今日のランニング:15km

2011年累計距離:987km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ゴーヒーのニークーでサシバーとか@羊、吠える



僕らの現状に
取り立てた変化はない

いいこと49 嫌なこと51の比率


あまり多くの期待を
もう自分によせていない

ときどき褒めてくれる
人に出会う それで十分


サシバーのチョンチョン@舟徳

服着た犬は鏡の前
何を思うのだろうか?

ここ2,3日は
そんなこと考えている

ガミタテ@舟徳


狼の血筋じゃないから
いっそ羊の声で吠える

馬鹿みたいと笑う君に 気付かぬ振りしながら


サシバー@舟徳


僕らの信条は
50/50だったよね

でもいつしか
僕の愛情だけが膨らんでた


シースー@舟徳

絡めた指に力はない
それを分かってても

自らほどく 勇気もないまま過ごしている

ニーウー@舟徳


殴られたなら
もう片一方の頬を差し出すように

潔く生きれたら どんなにか素敵だろう


プラテン@舟徳


誰かが空けた扉
閉まらぬそのうちに 通り抜ける

こんないやらしい習性に 頭を掻きながら
少し憎みながら


舟徳@肥後の国


殴られたなら
もう片一方の頬を差し出すように

潔く生きれたら どんなにか素敵だろう


バーレーのチョンチョン@舟徳


狼の血筋じゃないから
今日も羊の声で吠える

馬鹿みたいと笑う君に 気付かぬ振りしながら


バーレーのシーサー@舟徳


少し憎みながら
深く愛しながら






JASRAC:144-7485-9

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

本家大黒屋本舗(江戸川区平井)


大黒屋本舗(外観)

富田氏プロデュースによる
昼はとみ田系、夜は角ふじ系の二毛作型


大黒屋本舗(中華そば)
(中華そば)


大黒屋本舗(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨魚介エキス満載のドロドロのスープには、
ビジュアルから感じ取れるインパクト重視型の濃厚一辺倒ではなく、
計算された繊細っぽさをも含んだ迎合感を持ち合わせている。

豚骨・魚介それぞれの風味と、それに被さる甘味とが一体化して
重厚なスープを構築し、そこにしっかりと絡んでくるネギの清涼感が
単一なストロング系に振れないようバランスが配慮されている。

麺は最近になって富田氏の承認のうえマイナーチェンジされたようであり、
全粒粉による濃い茶色が特徴的。
口に運ぶと一本一本が力強さを持っており、
極太の噛み応えと、一定の咀嚼の後にモチモチ感も表れてくる。

脂身の多い厚切りバラチャーシューと、
黄身がトロトロ状の味玉がマッタリとした路線へとバカ舌を示唆するが、
大量のメンマによるアクセントが再度フレッシュな方向へと是正してくれた。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋武蔵 鷹虎(新宿区高田馬場)


麺屋武蔵 鷹虎(外観)

往時には日本一の名を欲しいままにしたかの名店
ついに”最強の虎”を出しちゃいました


麺屋武蔵 鷹虎(つけ麺・普通)
(つけ麺)濃度:普通


麺屋武蔵 鷹虎(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
まったりとした甘味が前面に出たつけ汁からは、
動物系・魚介系エキスが中程度に抽出されている。
コールした「普通」では前評判ほどの濃さはなく、存外サラリと啜れる。

麺はさすが店名と丼に”虎”を謳うだけあって、まさに”最強クラス”の強麺。
ただし、つけ汁に対してあまりに虎、麺が強過ぎるため、
咀嚼後も強い虎、麺だけが口内で常勝し続けるといった感じ。

トッピングには、縦じまにカットされたチャーシューに水菜・海苔らが添えられるが、
これらは最強の虎、麺に反して凡庸の域を出ないオーソドックスなもの。

いやはや、Gの聖地において、
名実共に日本一の虎、麺に出会えるとは思ってもみなかった。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

やきとん元気@リアル浜田さん⑦



漢たるもの

逃げちゃダメ
楽しちゃダメ
馴れ合っちゃダメ



かごっまの養豚場を約40件

平身低頭 懇願して
頼み倒して

”少量だけなら・・・”

と希少部位をも
調達出来ることだってあっとです


元気(テッポウ_豚バラ)


そんな苦労や苦悩を知らずして
コマーシャリズムだけを溺愛し
のんべんだらりと呟きっ放しの
オマイさん

同種のメンタリティからも
飽きられ
呆れられてしまう前に

アキナイ
諦めた方がよろし


元気(外観)-1

踵を擦り減らして
かごっままで日参し
ようやく手にした
靴ベラもどきの希少部位


元気(ナンナン)


豚2頭からようやく1串て・・・

それがナ・ナンと1本150万円という
難々・ナンナンたる経営努力こそ

漢の仕事ってもんですばぁい


元気(モヤシ)


”やっちまったよ(*T▽T*)浜田さん”



己の頭脳と弁舌を駆使して
朝挽きのカシラとタンをも串にして

コイツに至っても
豚2頭からようやく1串・・・


元気(コリコリ)


でた、
驚愕の1本100万円!!


こんな
漢の中の漢たる
ガチムチ美し過ぎるクオリティを

聖書の思し召しにより
アキバなんぞで
見せつけられた日には


元気(ホイスハイ)


悪酔を承知のうえで
ホイスなんぞブチ込んで

悪酔に身を委ね
オタ芸のひとつも
打ってみたくなっとです


元気(メニュー)


そう、ココに来れば
欲で萎れたオマイさんのイチモツだって
ピクリと反応すっとです



漢の仕事とは
全てのお客に対して
真の感動と元気を与えてくれっとです


元気


==============================
『やきとん元気』
所在地:千代田区神田佐久間町3-37-30
アクセス:JR秋葉原駅昭和通り口を出て昭和通りを渡り、
 総武線の右側ガード下を浅草方面に約3分(150mほど)進み、
 左手ガード下に立ち飲み処「しょっとおかめ」があるところを右折した先、左手。
営業時間:16:00-23:30(土は~22:30)
休日:日曜日祝日
おすすめ:テッポウ(100円)、ナンナン(150円)、コリコリ(100円)、ホイスハイ(300円)



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ランニング(111204)


20111204.jpg


今日のランニング: 2km

2011年累計距離:972km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

麺屋 廣島弐番(中区本川町)


廣島弐番(外観)

塩&味噌の2味で勝負する
肝っ玉女将の新店


廣島弐番(塩らーめん)
(塩らーめん)


廣島弐番(麺)
(麺) ※細麺(太・中・細から選択)



<ひとくちメモ>
透明度の高い清湯スープは、鶏ガラが基調になった(であろう)薄々味。
哀しいかな我がバカ舌クラスになると高次な分析はおろか、
ネギ・ゴマ・ユズといった「薬味」だけを強く感知してしまうといった駄舌っぷり。

汚客の訪問により、浮かばれない作り手に心の中で陳謝しながら啜る麺は、
白い・細い・長いといったこれまたビジュアルまんまの感覚以外に
上品過ぎるラインを咀嚼する言語力をも持ち合わせていない。

600万円の勘定を済ませ、すぐにも消えそな薄々インプレッションを仕舞い込むも、
容赦ない夜風に根こそぎ持って行かれ、
2度に渡る訪問も「薬味だけ」しか感知できない汚客なのですた。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-