FC2ブログ

2011-09

一龍(府中市中須町)


一龍(外観)

おひとりで調理からホール・会計までをこなされるため
ランチタイムは、キャットのハンドもレンタルしたい程の鬼繁忙っぷり


一龍(ラーメン)
(ラーメン)


一龍(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
軽い鶏ガラだしの効いた醤油スープに
表面の脂層が香ばしい風味を与えている。
プレーンな部分のスープも確かなダシ感と醤油のキレがあって
爽やかとも思える仕上がり。

麺は純白はせべの平打ちが合わされ、
背脂塊こそないものの、尾道スタイルに似た味の方向性。

ある種の雑さが解消されれば、
もっともっと素晴らしいラーメンに進化すると思われる。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

老躯とは遣る瀬無いもの@福万


今年は例年以上に
多くのお別れに
直面してしまいます・・・


まぁ、傘寿も過ぎる頃には
ある意味、免疫も高まるのでしょうが

まだまだ青二才のわたくしには
この湧き上がる”遣る瀬無マインド”を
コントロール出来やしないのです


福万_001(外観)


そう、
本年一発目に選らんだラ店
今月末で閉店しちゃうという
ヲタには凶夢たる厳しい現実・・・


もう、あのラードの海原で
カリッカリにコーティングされた
ネギにまみれたアイツや

福万_002(餃子)


ホルモンヌの産みの親、、
と言ったらもちろん過言であろう
ビジュアル度外視なコイツや

福万_003(ホルモン盛合わせ)


鈍痛に堪えつつ
中華鍋で軽く揺すられ
驚くほど本場寄りなヤツも何もかも

福万_004(焼きビーフン)


誰にも
継承されることはないのですね・・・


創業五十余年を経てこそ
醸し出すことが出来る店側のリズムがあり

それに同調する
ふたクセも
みクセもあろうかという常連達も
”来月から難民化”といった
大惨事に見舞われるのですね・・・

福万_005(紹興酒&おばちゃん)


更に、
ヨッパの腰休めには
”新天地公園か福万か”
という苦渋の選択も

もう、
味わえなくなってしまうのですね・・・


福万_006(ラーメン)

あぁ、
弱齢ヲタには
最後の最後まで遣る瀬無かった・・・

”メンカタコールも毎度ヤワヤワ・トロトロな平打ち”

福万_007(麺)


そんな些細なコトなど
傘寿を向かえる頃にはきっと
柔軟に迎合できるのでしょうね


それまで
ずっと、きっと、いやたぶん
忘れませんから



Good Bye & Good Luck (*^∇^)ノ"FUKUMAN!!

福万_001(外観)



悠々自適なオーナーライフを
ご満喫下さい♪



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

来山閣(安芸区船越南)


来山閣(外観)


某スキモノ議員氏によると、
デフォのメーランにザギョーがINされているとか・・・


来山閣(ラーメン)
(ラーメン)


来山閣(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ギョーザの「キ」の字も見当たらないラーメンは、
オールドチックなスープの中に動物系のコクが詰まっている。
表面には薄い乳化層が蓋をして中身を熱々状態に保ち、
後味で酸味が広がるのは狙ったものか?それともオールドストレージたる所以か・・・
それらの要素を課長さんがキッチリ丸め込んでいる。

デフォで柔らかめの中細麺は、
モチモチとした麺の柔らかさがイニシエ感を訴求してくる。

チャーシューにメンマ・ゆで卵までが添付されて450万円とは、
ギョーザが存在しなくても十分満足できるデキ。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ランニング(110925)


20110925.jpg


今日のランニング:15km

2011年累計距離:807km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

【移転】海里(南区松原町)


海里(魚豚骨)
(魚豚骨らーめん)


海里(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
然るべき冠の下で
然るべき教育を受けて育成されたからには
一層の進化を期待されるのが常ってもんですが

小手先のオイルでもって
全てを円滑な方向へと潤滑しようったって
そんな滑りのよろしい世界なんて
存在しないんじゃないでしょうか

腰振りよりも鍋振りに
ナニのテクとスピードを求めたって
いいんじゃないでしょうか

いくら掏れたヲタであっても
そこに煮えたぎる寸胴と情熱のひとつを求めたって
いいんじゃないでしょうか

薄まっていくダシ感が
期待の灯火を先細させる中、
納まりのつかない近未来ビジョンを打破すべく
然るべき教育者の台頭を望んだって・・・



味の評価:★★★☆☆
(以前の評価:


地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(110923)


20110923.jpg


今日のランニング:15km

2011年累計距離:792km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

のと(世羅郡世羅町大字小世良)


のと(外観)

当時は自宅の目と鼻の先にあった『セアブラ醤油スープ』を
文字通り、母乳代わりとして腹に蓄え
文字通り、ヲタなオヤジへと成長させて頂きました(感謝、感謝)


のと(ラーメン)
(ラーメン)


のと(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
偶然にも十数年ぶりの再会を果たしたご夫婦と、
尾道系醤油ラーメンは従前変わらず特上のデキ。

動物&和風要素の旨味エキスをかえし醤油がキリッと束ね、
良質な背脂が全てを柔らかく・濃厚に包み込んでいる。

麺はうねりを伴った扁平タイプであり、
これは広島時代とは大きく仕様を変えてある。
パンチの強いスープに対しては、これくらいのハリがあって
強靭な仕様の方がバランス的には均衡が取れていると思われる。

上下を経てようやく再会できたからには、
尾道系の個人的殿堂入りとして今後も継続的に逢瀬し、
将来に渡って大切に啜らせて頂きたい。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

秋田屋@リアル浜田さん⑤


そうか、
そのテがあったのか


いくら京急シンパなわたくし
であっても

酒&モツを
天秤に掛けられたなら
そこはトークは別


秋田屋_001

”やっちまったよ(*T▽T*)浜田さん”


モノレールに切り替えれば
10分程度の節約に繋がるハズが

名物の『タタキ』は
こともあろうに
口開け直後・16時には消えるとあって・・・

秋田屋_002

わたくしの脆弱な指令野が
導き出した解は

”業務を圧縮する”

といった
選択肢しか存在せず・・・


泣く泣く
クライアントを泣かせ
最上級のプライオリティでもって
着座一番コイツをコール

秋田屋_003


なんでもね、
芝浦での落としたてだけを使い
喉ナンコツを加えて
手製によって叩かれるタタキは


”正直、ヌケてますよ”

秋田屋_004

聖書で予習済みの

”1頭から2串分だけ”
”一人・一本だけ”

といった
モツ屋における鬼ルールが
酒飲みのオヤジのプレミア感をくすぐり上げ

秋田屋_005

特大のシロ及びカシラを
敢えての”塩”でコールすれば

高清水も
即座に氾濫するほどの
肉汁が作り出す
”極上オアシス” (聖書から引用)

秋田屋_006


あぁ、
浜松町でコレを
覚えてしまったからには

レバーと
持株とクライアントとの
複雑たるプラオリティを
修正せざるを得ない・・・、かも


秋田屋_007
(酒手での失脚に怯えながら)


『秋田屋』
所在地:港区浜松町2-1-2
アクセス:大門駅から浜松町方面へ徒歩1分。浜松町駅から徒歩3分。
営業時間:平日15:30-21:30
     土曜15:30-20:30
休日:日曜祝日、第3土曜日
おすすめ:たたき(220円)、シロ(180円)、カシラ(180円)、高清水(550円)
※もつは味の統一により1本単位での注文可



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【閉店】自由軒(三原市宮浦)


自由軒(ラーメン)
(ラーメン)


自由軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
乙女心と秋の空と自由軒のスープとは、
同種の概則に基づいて不規則なブレを生じさせるものだが、
本ロットにおいてはまさに上限値にヒットしたデキ。

動物系の芳醇な旨味エキスがギュギュッと濃縮され、
それでいてサラリと啜れるフレッシュ感が共生している。

麺はエッジを残した状態で固めで上げられ、
低加水のコツコツ感と、平打ちによる滑らかな口当たりを作り出している。

ロールチャーシューもプルプルとした脂身のジュースィ~さに溢れており、
バラ肉本来の旨みを最大限に引き出されたもの。

全てのパーツが最良のブレに振れた当ロットのみに該当する一級品。
これがあるから痛みを忘れてまたもや通ってしまう。(ドM)



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(110919)


20110919.jpg


今日のランニング:15km

2011年累計距離:777km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(110918)


20110918.jpg


今日のランニング:12km

2011年累計距離:762km




テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

こばやし(福山市延広町)


こばやし(外観)

福山屈指の激戦区において
台湾なスタイルを所望するも
とりまデフォで (パクっちゃったよ、Jさん)


こばやし(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)


こばやし(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
一見では尾道スタイルを疑う余地はないが、
ひとくち啜ると香辛料の香りとヒリリとした刺激がつきまとう。
素材のダシ感が弱いため、その他の要素がフォーカスされた感じ。

緩いウェーブの細麺はモソモソとした食感で、
スープを吸い込んで次第に抵抗感をも強めていく。

丼の底にはカリカリ状の揚げミンチが多く沈んでいるが、
所詮バカ舌を働かせたところで無味無臭が意図する先を見出せない。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

長いち(福山市宝町)


長いち(外観)

客のわがままを
聞いて下さるのですね

長いち(店主からひとこと)

ズバリ言ってもいいかしら…


きっとカウンターのみんなは、
”この暑さ”に
わがままを言いたいハズよ(雅子)

長いち(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン・ウスメ・アブラスクナメ)


長いち(麺)
(麺)


長いち(マカロニサラダ)
(マカロニサラダ)



<ひとくちメモ>
アブラ少な目でも表面にはタップリのネギオイルが層を成し、
丼から湧き上がるネギの芳ばしい香りに食欲を掻き立てられる。
下層の醤油ベースのスープは主張を控えたクリアなタイプで、
やや過剰と思える程に甘味が強く効いている。

中太ストレート麺はデフォ固めで提供され、
低加水のコツコツ感と小麦の風味が合わさってオイルに負けない存在感を持つ。

終盤に差し掛かると、
絶妙なタイミングでもってマカロニサラダがサーブされ、
炭水化物とオイルとを重ねて〆て500万円。

カウンターに陣取ったなら、
猛暑と共に独特のペースで流れる接客にも目が離せない。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

光蘭(東区光町)


光蘭(外観)

平日のランチタイムには
繁忙を極める中華料理店


光蘭(ラーメン)
(ラーメン)


光蘭(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
『鶏ガラ・豚骨・昆布・小魚を4時間以上煮込んだ自家製本格スープ』、
とプロモートされるスープからは、それぞれの素材のエキスがじわりと押し寄せる。
余計な調味料を感じさせない所謂滋味系スープの王道。

こちらで使われる麺は、なんと当地では極めて珍しい太麺。
パンパンに張りつめた一本一本からは、
意外にもソフト麺を思わせる表面フワリとした食感。
そして咀嚼と共に玉子の香りが抜けて行く。

チャーシューは金華ハムのような脱水感と硬さがあり、
噛み締める程にじわりと肉汁が溢れ出る。
特別な要素は持たないが、飾り気のない昔ながらのスタイルが味わえる。

※アンマッチながら、食後には甘いヒーコーのサービスが嬉しい。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たつや@リアル浜田さん④


かつての都内一
いや、日本一

おそらくは
ラな文化の創成期に
最も濃厚に貢献したであろう
かつての激戦区
BS

たつや(レバ突出し)

思いを馳せれば
当時は盛のついた中ボー時代

連日通って通って、痛い程通い詰めても
果てることない
膨張力が後押しする
熱烈消費力

たつや(ガツ刺)

成長期には
表層の油分を根こそぎ浚い
チャッチャ系はカーボに残さずリフトさせ
過度に動物系の免疫を高めたなら
FATなラヲタの出来上がり・・・

そんな
正当たるヲタへのガイドラインを
創設してくれた発祥の街
ビーエス


たつや(37周年)

”やっちまったよ(*T▽T*)浜田さん”


今年で37年になるのですね

当時は年端も行かぬ
聖書に出会う前・・・

コチラ側には
見向きもしなかった
正当たるピーホツの世界とは

古式三冷式を脱却し
ナマへと琴線の矛先を切り替える絶倫っぷり

たつや(生ホッピー)

運用面では
コチラ側の世界に優しい
21時間制を採用し

天満に肩を並べる
正当たる営業スタイル

たつや(ポッピー・ハラミ)


一日100キロもの潰したてを
その日のうちに
全て消化するといった

”モツヲタ泣かせのフレッシュネス”


たつや(豚ハラミ)

エキチカ徒歩2分

幾年の時間が経っても
正当な流れはいつも恵比寿から

たつや(外観)



『たつや』
所在地:渋谷区恵比寿南1-8-16
アクセス:JR恵比寿駅・西口から徒歩2分。
営業時間:1階は8:00-翌朝5:00
     地下は平日17:00-1:30(金曜と祝前日は朝5:00まで)
休日:1階は年中無休、地下は日祝休
おすすめ:生ホッピー(450円)、がつ刺し(360円)、豚ハラミ塩(170円)



集来(港区芝大門)


集来(外観)

東京タワーの麓に
ひっそり構える手打麺の評判店


集来(手打ちラーメン)
(ラーメン・手打ち)


集来(麺)
(手打ち麺)



<ひとくちメモ>
スープをひとくち含むと、魚介や生姜といった爽やか要素の風味が抜け、
淡麗系の締まりある醤油スープを遠くで課長さんが見送る感じ。
使う素材それぞれがキッチリと役割を果たしており、
バランス良くじんわりと旨味が広がる正統派・東京醤油ラーメン。

特筆すべきは麺・麺・麺。
手打ちの扁平系で、高松のコシと佐野のフックラを共生させた
ここだけのオリジナル品。
表面の滑りとウネウネ感と臼歯で潰す感覚はまさに絶品であり、
これを知らずして麺を語るなかれ、との降臨がフラッシュしたほど。

たった+30万円で「手打ち」へとVer.UP可能なお手軽感も嬉しい。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

凪・新宿ゴールデン街店(新宿区歌舞伎町)


凪_02(外観)

一日10食限定で作られる月変わりメニュー


凪_02(鯵煮干しラーメン)
(鰺煮干しラーメン)


凪_02(麺)
(麺)


凪_02(いったんもめん)
(いったんもめん)



<ひとくちメモ>
店内に入るやいなや魚介のエアーに包み込まれる。
アジの煮干しが使われるスープからは煮干し濃度を極限まで引き上げた
”魚より濃い魚介出汁”に強烈なパンチを見舞われる。

更に、煮干しと背脂から丹念に抽出したという”秘伝のキラ油”が
動物系の要素を高めて厚みを補完している。

加水率45%以上というゴワゴワの極太縮れ麺と、
幅広のいったんもめんもスープをたっぷり含んでフワフワな食感。

これ一杯で、身体の芯から煮干しのエキスに浸れる。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(110911)


20110911.jpg


今日のランニング:12km

2011年累計距離:750km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

呑龍(港区東新橋)


呑龍(外観)

長浜の屋台がコンセプトになった
居酒屋兼本格長浜系


呑龍(長浜ラーメン)
(長浜ラーメン)


呑龍(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
軽い獣臭を伴うスープは、豚の髄まで煮付めたコクと
旨味エキスがギュッと詰まっている。
長浜特有のシャバ系ではなく、僅かの間にカゼイン膜も張るほど
濃厚であるがクドさはない。

博多直送の細麺は、ハリガネコールではコツコツとした粉感が楽しめ、
しっかりとした小麦の香りも残っている。

課長の存在がやや気になるものの、
本場以外で味わう豚骨としては十分満足なデキ。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(110910)


20110910.jpg


今日のランニング:10km

2011年累計距離:738km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

桜花(横浜市神奈川区浦島町)


めん創桜花(外観)

手間を惜しまない
時間を、材料を、知恵を
そして心を

立派な経営理念です


めん創桜花(つけ麺)
(つけそば)


めん創桜花(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
人間国宝を祖先に持つという店主がこだわり抜いた麺は、
無添加・無カンスイにより小麦本来の香りと味を強く求めたもの。

うどんを思わせる白さと透明感ある極太麺からは
風味の良さは伝わってくるものの、一本一本があまりに強靭過ぎて
箸で持ち上げるのもやっとのこと。。
バカ舌を持ってしまったが故に、目立ったプラス要素を拾い取ることが出来ない。

無化調のつけ汁は、魚介風味で甘味・酸味が強いタイプ。
麺との絡みは弱く、つけとして敢えてのシャバ感は麺をフォーカスしたものか。

チャーシュー代わりのつくね状のボールにはスパイシーな香辛料が効いており、
つけダレを汚す肉汁感はバカ舌クラスには理解が及ばない。
おまけに撮影難度の高い照明環境とくれば、理念の欠片もないヲタには敷居が高過ぎた。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

下前商店(横浜市中区元町)


下前商店(外観)

外人墓地の麓に広がる閑静な路地裏では
BGMと店主とヲタも波乗り状態に・・・

下前商店(ラーメン)
(ラーメン)


下前商店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ビジュアルからは懐かしさを感じさせるイニシエ臭がプンプン。
鶏ガラ・魚介ベースの無化調スープからは、醤油と生姜の風味が広がり、
見た目通りアッサリしているが確かな旨味エキスがギュッと詰まっている。

ウェーブのかかった細麺はカンスイ臭を強く発し、
口内に滑り込む感覚とゴワゴワとうねる抵抗感が小気味良い。

ハムのような焼豚タイプのチャーシューはほんのり赤色掛かり、
歯応えの強い肉片を噛み締めるほどに甘い味付けが溢れ出る。

使われる素材のどれもが的確な持ち味を発揮し、
実に丁寧に仕込まれた一杯といえる。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

よいち・大芝店(西区大芝)


よいち(ベースのインフォ)

安定したオペと小気味よい厨房捌きは
カウンター越しに微笑ましく映ります


よいち_2(屋台ラーメン)
(屋台ラーメン)


よいち_2(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
注文の都度、個別に手鍋で温め直されるスープは、
鶏ガラエキスと昆布等の和風ダシが爽やかに効いているのだが、
元ダレに含まれる醤油のカドと酸味が主張し過ぎており
スープ本来の風味を半減させている。

更に少量の背脂塊により動物系のコクが補完されるが、
本スペックのコンセプトを考慮するとやや違和感を覚える。

「脱脂胚芽」がブレンドされる原田の新商品は、
張りが強くて細麺でも十分なコシが備わっている。
泥酔状態のヲタには小麦に対する高尚な感覚は欠落しているが、
”アッサリ系のラーメンに適合する”といったフレコミ通り相性は良い。

味の方向性を模索中のようだが、
更なる研鑽を重ねてオリジナルの進化を期待するばかりだ。



味の評価:★★★☆☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(110903)


20110903.jpg


今日のランニング:10km

2011年累計距離:728km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

仁多屋・本店(中区大手町)


仁多屋(外観)

女子組8割・残りはカッポー
という属性分布の中に
コンマレベルの分布率で現れたまさかのラヲタは

”禿げ面にランニングスーツ”

といった場違い極まりない
ミクロレベルの分布率

仁多屋(外観_01)

さらに
ジョグ後の玉の汗を拭い
一万円札での食券精算とくれば

ランチタイムに繁忙を極める飲食店にとっては
ナノレベルで遭遇してしまった
店側泣かせの汚客に違いなし

仁多屋(つけ麺)

一方で
店内の環境といえば
・落ち着かない
・啜りにくい
・撮りにくい

まるでラヲタを寄せ付けない
まるでラヲタに出禁
の二文字を突き付けるよな店舗戦略

仁多屋(インフォ)

”牡蛎と仁多米がブチ込まれる”
といった半ば強引な広島仕様のソレは

仁多屋(麺)

パッと見、
・オサレ
・高い
・少ない

これまたラヲタの血糖をエレクトさせる仕様であると共に
ラヲタとは絶対的な一線を画する
”女子組ユニバーサル仕様”

仁多屋(麺_01)

さて、
肝要たるお味と言えば
・モッチリ感を高めた平打ちの米粉麺に
・トロピカルでスパイシーなつけダレがリフトし
・最後にキッチリ牡蛎さんが顔を覗かせる
といったヲタな解説もが成り立つ本格ラヲタ仕様

うん、これなら擦れたヲタにだって
大変美味しゅう頂けました(詫)



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-