FC2ブログ

2010-07

ランニング(100731)



0731.jpg



今日のランニング:15km

10年累計距離:645km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

魚一(釧路市幸町・くしろ丹頂市場内)



魚一(外観)

パーソナル
オレ的魚がしのれん巡り



魚一(魚醤ラーメン)
(魚醤ラーメン・あっさり) ※あっさり・こってりから選択



魚一(麺)
(麺・細麺) ※細麺・太麺から選択




<ひとくちメモ>
15キロの秋刀魚から6,7キロの魚醤ができ、250食分の魚醤ラーメンが出来上がる。
ちなみに魚醤の完成までには1.5ヶ月を要するという。

丼からは魚醤の香りがほんのりと立ち込め、
麺を啜ると更に魚のいい風味が抜けて行く。
魚醤のショッパさが気になるところだが、
インパクト系ではなく優しいマイルドな魚介系といった印象。

麺は透明感のある細い縮れ麺で、スープをしっかりと拾い上げてくる。
アオサも盛られているが危惧した磯の風味は抑えられており、
麺と絡まり合う役割を果たして異なる2つの食感と、更なるスープを拾ってくる。

手作りの燻製チャーシューはかなり分厚いのだが、ふっくら柔らかで食べ易い。
ただしこちらも塩分濃度は高め。

フレッシュなアサリも加わり、丼の中に海の恵みがふんだんに織り込まれている。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

洛二神(大阪市北区浪花町)



絡二神(外観)

パーソナル
オレ的魚がしのれん巡り



絡二神(魚濃いつけ麺)
(魚濃いつけ麺)




絡二神(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
メニューの注意書きに『魚が苦手な方御遠慮下さい』とインフォされてある通り、
つけ汁は強烈な魚介風味に占有されている。
また魚ダシのエキスだけでなく、微塵切り状にフレークされた青魚の個体まで溶け込んおり
まさに魚介満載な一杯。
しかしスープからは魚特有の青臭さなど一切なく、魚介の強い旨味エキスだけがスープに
フィードバックされているといったデキ上がり。

麺はモッチリパンパンの極太ストレートで、つけ麺の王道とも言えるマッチング。
つけ汁は表層の香味油によって高温が維持されていて、終盤まで麺の温度に左右されることなく
アツアツ状態での旨さをキープしている。

動物系の濃度に頼ることなく、魚介本来の旨味をピュアに引き出した
魚好きにはたまらない圧巻のつけ麺だ。



味の評価:S
以前の評価:



地図はこちら




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

いだてん(大田区山王)



いだてん(外観)

パーソナル
オレ的魚がしのれん巡り


いだてん(魚プラス)




いだてん(ラーメン・魚プラス)
(ラーメン・魚プラス)



いだてん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
表面を覆う凶暴な泡立ちが濃厚なスープを想起させる。
動物ダシ及びオイルとで本来は相当な濃度を覚えるところだろうが、
全ての要素を凌駕するほどの鬼・魚介によりスッキリ感すら残るから不思議だ。

それもそのはず、「魚プラス」仕様では高特濃の魚介エキスに加えて
細かな”魚の身”自体も織り込まれてまさに魚介一色の味わい。

麺はエッジのある太麺で、モチモチ感があって食べ応えは十分。
そこに大判チャーシュー、厚切りメンマ、泡立つ油膜を合わせたなら
25時の〆にはダメージが強過ぎる。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

きみはん(台東区根岸)



きみはん(外観)

パーソナル
オレ的煮干しのれん巡り



きみはん(醤油)
(江戸前煮干中華そば・醤油)




きみはん(麺)
(麺)




<ひとくちメモ>
ひとくち含むと、淡麗な煮干しの香りに包まれる。
アジやイワシなど4種の煮干しを通常の5倍も使って作られるというスープは
魚介の旨味がじわりと沸き上がってくるような上品な使い方。
ベースの鶏ガラと煮干しを絶妙なバランスで掛け合わせてあり、
遠くでユズの柑橘系も見え隠れする。

そして表面には厚い油層が蓋をしており、煮干しの風味とスープの温度を封じ込めている。
このオイリー感はオサーンには少々割引なところ。

村上朝日製麺特注の麺は、ツルツルでモチモチ食感で喉越しの良さは一級品。
コシと粘りも強くしなやかさも兼ね備えている。

トッピングは小ぶりなバラチャーシューが3枚にナルト、カイワレ、多めのネギは凡庸で、
細く刻まれた大量のメンマがアクセントとなって良い。

最後のひとくちで店側インフォのとおりホワイトペッパーを振りかけてみたが、、、
これは最後にして正解であった。

焼き石のNEXTブランドとしては上々のデキ。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(100725)



0725.jpg



今日のランニング:15km

10年累計距離:630km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

遊(台東区根岸)



遊(外観)

パーソナル
オレ的煮干しのれん巡り


遊(中華そば)
(中華そば)



遊(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ひとくち含むと、激烈な煮干しの香りに包まれる。
煮干し特有の臭み・苦みまでもが濃厚に織り込まれて鼻腔をツンツンと刺激し、
表面には粉塵がキラキラと輝きを放つ特濃な煮干しダシ。
動物系では丸鶏が使われているようだが、
煮干し以外の味を感知出来ないほどの濃厚さ。

麺は低加水の中太で、デフォ堅めの茹で上がりではブツブツとした小麦の食感がある。
思わずガツガツ啜ってしまいたい衝動に駆られる麺だ。

具はチャーシューというより大きな肉片とネギのみといった
至ってシンプルな組み合わせ。

父親のDNAを色濃く受け継いだド級の煮干しラーメン。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(100724)



0724.jpg


今日のランニング:12km

10年累計距離:615km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

凪(新宿区歌舞伎町)



凪(外観)

パーソナル
オレ的煮干しのれん巡り



凪(限定塩ラーメン)
(塩ラーメン)※限定品



凪(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ひとくち含むと、鮮烈な煮干しの香りに包まれる。
一杯に50g以上もの煮干しを消費するとされるスープは、
当初その鮮烈な煮干し臭に圧倒されるが
塩ダレによる味付けによってマイルドな方向へとまとめ上げられている。

刀削麺を思わせる極広の平打ち麺は手作り感あるルックスに
表面フワフワ・中身はモッチリとした食感が最高にマッチしている。
質・量共に極ニボに負けない圧倒的な存在感だ。

ザク切り状のチャーシューは、
オーダーの都度フライパンで表面をパリッと香ばしく炙られて、
こちらもド級の旨さと存在感を誇る。

それぞれの具材が突出した旨さで存在を発揮し、
全てが高いレベルでまとまりを見せている極ニボな一杯。



味の評価:★★★★★
以前の評価:



地図はこちら




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

つし馬(台東区浅草)


つし馬(外観)

パーソナル
オレ的煮干しのれん巡り


つし馬(中華そば)
(中華そば)


つし馬(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ひとくち含むと、芳醇な煮干しの香りに包まれる。
ほぼ動物系の存在を感じさせない純和風ベースのスープに、
かえし醤油のキリッとした味付けと、煮干しのガツンとした風味が重なり合う。
極ニボ系の泡立ちすら出る芳醇スープであるが、
エグみや濁りなどもなく極めて上品に仕上がっている。

麺は丸い極太ストレートで、小麦のコチコチッとした力強さが特徴的。
サラリと澄み切ったスープとの相性はいまひとつと思えるが、
麺自体の存在感と胃袋への満足感という意味においては
東北地域の”ひっつみ”を想起させる津軽の煮干中華そば。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(100717)



0717.jpg


今日のランニング:12km

10年累計距離:603km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

共楽(中央区銀座)



共楽(外観)

パーソナル
オレ的老舗のれん巡り
(共楽:1956年)


共楽(中華そば)
(中華そば)



共楽(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
以前より背脂とラード層が多めに感じられたが、
動物&節系スープにかえし醤油がキリリと立った由緒正しい東京の醤油ラーメン。

多加水でゆるいウェーブがかかる麺は、少し柔らかめに茹でられて
スープと一体化して大人しめの印象。

”竹の子”と称されるメンマは濃い味付けの千切り状で、
大半の常連客は券売機を素通りして「竹の子ラーメン」をコールしていく。

濃厚民族になりつつある現代社会において、
原点回帰を思わせるベーシックな醤油の世界が味わえる。



味の評価:★★★★☆
以前の評価:


地図はこちら




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

永楽(品川区東大井町)



永楽(外観)

パーソナル
オレ的老舗のれん巡り
(創業:1956年)



永楽(ラーメン)
(ラーメン)




永楽(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
『喜楽@渋谷』と同じ製法と揶揄される通りビジュアル面では酷似しており、
スープを比較するならばこちらが動物系ライトな感じで
下層のプレーンな部分では極めてアッサリ上品なダシ汁。

漆黒のかえし醤油の風味と焦がしネギ特有の香りがコクと風味を強く与えている。
特に焦がしネギの使い方は特徴的であり、こちらの味の生命線とも言えるオリジナル。

麺は表面がツルツルで、
メンカタでワシワシとした食感を持つ太平打ち麺。
ただし薄っぺらな分、メンカタ仕様でも中盤からは一気にソフト麺へとシフトする。

麺量の多さに加えて極厚チャーシューに大量もやし、
そして真っ黒に燻された玉子のトッピングはまさにボリューム満点。
古今東西老若男女の胃袋を満たし続けてきた老舗の一杯だ。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

伊峡(千代田区神田神保町)



伊峡(外観)

パーソナル
オレ的老舗のれん巡り
(創業:1966年)



伊峡(ラーメン)
(ラーメン)



伊峡(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
濃い鶏ガラの旨味エキスに、節系の香りと昆布などの芳醇な和風ダシが合わさり
全ての要素をかえし醤油がきれにまとめ上げている。
表面にはほのかな鶏油の風味も加わって、実にストレートな醤油ラーメンといえる。

巨大な中華鍋で茹でられる麺は少し縮れた黄色い玉子麺で
非常に優しい口当たり。

きれいな四角形に揃えられたチャーシューは醤油味が沁みており、
真っ茶色に煮詰められたシナチクもそれぞれがしっかり存在感を持っている。

430円で”由緒正しいガラ風味”を楽しめる貴重な老舗店だ。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(100711)



0711.jpg



今日のランニング:10km

10年累計距離:591km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

栄屋ミルクホール(千代田区神田多町)



栄屋ミルクホール(外観)

パーソナル
オレ的老舗のれん巡り
(創業:1945年)


栄屋ミルクホール(ラーメン)
(ラーメン)


栄屋ミルクホール(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
並々と注がれたアツアツのスープには、鶏ガラと野菜・昆布の旨みが溶け込み
微量の香味油も効かせてある。
元ダレの醤油によるキレ味と、最後に味醂によるほのかな甘味もやって来て
雑味のない正統派醤油ラーメンを印象付ける。

クリアなスープに泳ぐ麺は、食感より喉越しを重要視したかのようなハリがあり
スルスルと口内に滑り込んでくる。
デフォ柔らかめに提供されるところなど、昔ながらのスタイルを感じてしまう。

トッピングには肩ロースのチャーシュー、シナチク、小松菜が添えられてあり、
そのどれもが薄味で決してラーメンの味を邪魔しないさりげない配慮も。(私見)

派手さはないが全ての要素をキッチリとまとめ上げた老舗の技が味わえる。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(100710)



0710.jpg


今日のランニング:12km

10年累計距離:581km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

岐阜屋(新宿区西新宿)



岐阜屋(外観)

パーソナル
オレ的朝ラーのれん巡り



岐阜屋(ラーメン)
(ラーメン)




岐阜屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
クリアなスープには、弱い動物系が基軸となった中華屋の万能スープで、
かえし醤油の風味とほんのりと生姜の風味も感じ取ることが出来る。
また、遠くで魚介が響いている気もしなくではないが気のせいかも知れない。。

麺はツルツルの平打ちでスープとのマッチングはいまひとつだが、
ウェーブ感・噛み締める感覚といい単独で十分にその旨さを発揮している。

味付けのない乾いたチャーシューと、ドッサリ盛られたメンマ、
そして何の風味もない海苔らが場末で味わう朝ラーにベストマッチッング。

縮れた平打ちとしょんべん横丁の雰囲気さえあれば、
朝からどんなスープだろうがいくらだって啜れてしまう。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

井上(中央区築地)



井上(外観)

パーソナル
オレ的朝ラーのれん巡り



井上(中華そば)
(中華そば)



井上(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
一口含むと課長の強烈なゲキに襲われ、
口内感覚が麻痺してしまう程にフワフワの浮遊状態に見舞われる。
スープのベースにはモミジと和風系の組み合わせにより、
慢性二日酔いの胃袋であってもスッキリ・サッパリ啜ることが出来る。

これに合わさる細縮れ麺は、澄んだスープを纏い
口内で軽く暴れる食感が心地良い。

モモ肉チャーシューは分厚い大判で、塩分以外の余計な味付けはない。
パサッとしているようで実はしっとり感があり、こちらのスープに良く馴染んでいる。
そしてネギと合わせてカッティングされたカイワレが
朝の胃袋にはフレッシュに溶け込んでいくようだ。


味の評価:★★★+☆




地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

六厘舎TOKYO(千代田区丸の内)



六厘舎TOKYO(外観)

パーソナル
オレ的朝ラーのれん巡り


六厘舎(朝つけ)
(朝つけ)



六厘舎(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
モーニング仕様だけあって、通常の六とはコンセプトを変えて
サラリとしたつけ汁に仕上げてある。
スープに粘度こそないが、動物系の旨味エキスはキッチリと出ており、
そこに通常より強めに効かされた魚介がブレンドされている。
デフォ六の印象を割り引けば、十分に満足感のあるつけ麺だ。

麺は浅草開花桜特注の太麺。
こちらもモーニング仕様となっており、
表面のツルツル感と喉越しを考慮された極ではない程度の太麺仕様。

早朝から少々行列したってそこは六、
朝からガッツリと啜るには持って来いだ。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(100704)



0704.jpg


今日のランニング:12km

10年累計距離:569km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

おしらせ



東京での生活が続くと
MYコンデ痔には
麺と酒と女の画像が
積滞するってものです

TOKYO.jpg

しばらくの間こちらでは
溜まりにタマッた
東京方面のお店を巡ることとします


テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

ランニング(100703)



0703.jpg


今日のランニング:8km

10年累計距離:557km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

味八(三原市皆実)



味八(外観)

こちらのホールでは大変素晴らしい接客を味わいました
それとラーメンも味わいました



味八(ラーメン)
(ラーメン)



味八(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
広島風醤油豚骨が基本となったスープに濃い昆布ダシが効いていて
和風ラーメンを彷彿させるよう。
塩分濃度が高くマッタリするかと思いきや
後口に酸味が広がることでサッパリ感のあるスープに仕上がっている。

麺は地元はせべの四角いキューブ状。
細麺ながら強いコシがあって、最後までベストな状態を維持している。

赤身のチャーシューには塩分が強く効いており、肉質は固め。
細くカットされたメンマはコリコリ食感が上手く引き出されていて食べ易い。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-