FC2ブログ

2009-11

支え合ってこそ@福岡



そりゃね、
人生の折り返し地点にも立つと悩みは尽きないものです


薬院六つ角


6本の選択肢があって
ラな実力店がひしめき合って
同業を迎合するかのチキンなフレーバーまでもがあって

酷とも思えるヲタな環境の中
迷って悩んで徘徊し続けるマイ・チキンハート

そんなときB級KINGの支えがあってなんとか予習を完了
そう、支え合ってこそ…

当たり前の如くやり過ごしている日常の営みの中

”探してたものは こんなシンプルなものだったんだ”


雛皮


時代は混乱し続け その代償を探す
人はつじつまを合わす様に 形にはまってく
誰の真似もすんな 君は君でいい
生きる為のレシピなんてない ないさ

息を切らしてさ 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ
ただ未来へと夢を乗せて

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
きっときっとって 君を動かしてる
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしよう
もっと素晴らしいはずの自分を探して

胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように
いつも今日だって僕らは動いてる
嫌な事ばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう
もっと大きなはずの自分を探す終わりなき旅
終わりなき旅

~JASRAC:061-3189-1~


supermarket fantasy


容赦なき強行スケジュールの福岡入り
気付きと感動に溢れた実り多き福岡の旅

もれなく
雛皮と焼酎と豚骨に溢れた終わりなき欲望の旅
でもありました


テーマ:日記 - ジャンル:日記

ランニング(091129)



ランニング22


今日のランニング:10km

09年累計距離:1,138km




テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

【閉店】田平屋(南区出汐)



田平屋(外観)

昼間はカキエキスを使ったこだわりのラーメン屋として営業し、

田平屋(インフォ)

夜には居酒屋として二毛作




田平屋(ラーメン定食)
(ラーメン) ※ラーメン定食



田平屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚げんこつ、鶏ガラ・もみじから一日炊き出されるというスープは、まだ若さを感じるほどにライトな傾向。
動物系の臭みや調味料による雑味もなく、スッキリ安心できるスープだ。
後味じんわり甘みに包まれるのは、使用されるカキエキスや元ダレのせいだろうか。
ややマッタリ感が口に残る。
そして香味油にはヘッドの風味を感じ取ることができなかった。(バカ舌ですみまそ)

麺打ちには名水が使われており、適度な張りとコシがあってこのスープには合っている。
店側インフォによると、チャーシュー・メンマ・青ネギ等随所にこだわりがあるのだが、
そのどれもがバカ舌が故に判別できなかった。(重ね重ねすみまそ)

昼間の定食には、磯の芳醇な香を放つ海苔巻きおにぎりと、手作り小鉢・漬物が添付される。
ラーメンを含めどれもが非常に丁寧に作られたことが伺える品々だ。



味の評価:★★★+☆






テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

与壱(西区三篠町)




”木曜日の22時はシャバイ”


メニュー(22時)


ショッパイ体験から
そんなポジショニングに追いやっていましたが


与壱(醤油ラーメン)


今回の22時も
ソレはソレで変わらずシャバイのだけれど

鶏さんがキッチリとフロントで活躍し、
アッサリながら強い旨みエキスがバックヤードで援護射撃


与壱(麺)


木曜日のこのコンディションで
”金曜日の22時”を想像すると…

これからは
チー油で股間を濡らす木曜日が増えてしまいそうです



味の評価:★★★★☆
以前の評価:




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

小次郎(佐伯区坪井)



小次郎(外観)

表向きは焼肉屋だが、ランチタイムには「ラーメンセット」の張り紙が掲出される


小次郎(ラーメン)
(ラーメン)


小次郎(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
乳化したとんこつエキスがスープの基調となり、柔らかな醤油ベースの元ダレが合わさることで
広島風醤油豚骨のスタイルが完成される。
豚骨特有の匂いや調味料の雑味はなく、豚の甘味までもがきっちり溶け込んで厚みのある醤油豚骨といった感じ。

麺は広島では定番の細いストレート麺。
キッチリ湯切りされて、上々のコンディションで提供される。

チャーシューは口に含んだ瞬間、甘めの味付けに覆われる。
個人的にはこれは少々割引としたいところか。

焼肉屋のはずだが丼には「中華そば」と刻印されており、
その名に違わず専門店並みに丁寧な仕事ぶりが伺える一杯だ。



味の評価:★★★+☆






テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

トレイルラン(091123)



基調な休暇の
貴重な晴れ間の中


トレラン091123@武田山


勤労できる身体に感謝しつつ
勤労してきた身体を過剰にケア



大瓶片手に、
”シロ3、レンコン・タマネギ1・1、あと塩ちょーだい”

トレラン091123@くりはら


界隈での呪文も饒舌になり
ここに来れば例外なく癒される訳で

ここに来たからこそ
明日からの勤労意欲を静かに呼び戻してもらえるのでした



==============================

今日のランニング:≒17km

09年累計距離:1,128km

場所:広島南アルプス
(JR下祇園駅→武田山→火山→畑峠→大茶臼山→己斐峠→柚木城山→315峰→
 沼田草津道路→鬼ケ城山→鈴峰山東峰→JR新井口駅)



トレラン091123@もみじ


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(091122)



ランニング3



今日のランニング:12km

09年累計距離:1,111km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

フレンド(尾道市尾崎本町)



フレンド(外観)

宇宙一とプロモーションするラーメンは、
店を切り盛りする女傑陣によって
味の相対性原理が受け継がれていく…


フレンド(ラーメン)
(ラーメン)



フレンド(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
やわらかな動物系のコクの中に、魚介のフワリとした風味が広がる。
表面には炊き出された背脂がコク深い油膜を作り、
ベーススープと絡まることで旨味に深みが増す。
元ダレの塩分濃度も適当で、ベーススープの旨さがクリアに伝わってくる。

これに合わせる麺は、はせべの平打ちストレート。
このロットは(本日厨房デビューされた女丈夫のせいか)柔らかめで提供された。
凡ミスかも知れないが、メンカタコールが無難であろう。

オーダーの都度カットされるチャーシューは、
赤身の部位が中心でふっくら食感に仕上げてある。

宇宙一のインパクトはないものの、キッチリ丁寧な仕事が光る一杯だ。



味の評価:★★★★☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(091121)



ランニング21


今日のランニング:12km

09年累計距離:1,099km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(091119)



ランニング20



今日のランニング:5km

09年累計距離:1087km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

みやち(尾道市土堂)



みやち(外観)

尾道ラーメン界において、その歴史を最も強く感じる老舗食堂
オープン前から年季の入った常連客(=おばあちゃん達)が談笑しながら日々の行列を作る


みやち(中華そば)
(中華そば)



みやち(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
軽い動物系エキスの中に、上品なイリコがプ~ンと香る。
基本食堂のため、うどん・そばも根強い人気がありスープは共用されているのかと思える程に和風寄り。
元ダレのかえし醤油と微量の油によって、ラーメンのダシとして成立させている。

麺はゆるいウェーブがかかる細麺で、メンカタオーダーで十分なコシを保つ。
スルスルと入ってくる細麺の食感は、この和風イリコスープに程好くマッチしている。

チャーシューは赤身パサパサ系で軽い塩分を感じる程度。
これも昔ながらといったところか。

イリコの風味を強く引き出すその手法は、まさに熟練の技が光る老舗の味だ。



味の評価:★★★+☆






テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(091115)



ランニング17

雑多に染まった細胞を
チープなアルコールに浸して
妖風のドライヤーにさらす再生術

ランニング18

仕上げは
つかの間の休暇を麺で縛ってレバーに右ムチ一本

さて今週はどれだけカインドリーな案件にまみれるのでしょう


///////////////////////////

今日のランニング:5km

09年累計距離:1082km



麺空海(東広島市西条土与丸)



麺空海(大将ラーメン)
(大将ラーメン)


麺空海(大将ラーメン麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラと豚骨が交ざった動物系スープをベースに、魚介・野菜等の和風ダシがブレンドされている。
スープ自体はややライトなため、背脂によって全体にコクが与えられている。
そして大将ラーメンにはニンニク・コショウが投入されることで、
元のダシの風味が消えるほどスパイシーな一杯にシフトする。

ここではラーメンの種類に応じて丸麺・平麺・曲麺・たまご麺からチョイスできるが、
大将ラーメンには曲麺がデフォルトになっている。
ゆるいウェーブと適度なコシを持った麺で、組み合わせの相性は判断できず。。

チャーシューはロースとバラ炙りタイプの2種類から成り、どちらも大判で食べ応え十分。
ワイルド感溢れる大将(=店主)を反映したラーメンだ。



味の評価:★★★☆☆
(以前の評価:






テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(091114)



ランニング16



今日のランニング:15km

09年累計距離:1077km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

圭順(福岡県北九州市門司区黄金町)



圭順(外観)

一竜軒@現唐津市に惚れ込み、脱サラの末独学で開業された
どこまでも謙虚に味の探究は続いて行く


圭順(ラーメン)
(ラーメン)


圭順(麺)
(麺)




<ひとくちメモ>
店内には呼び戻し系ならではのツーンと鼻を刺す豚骨臭に満ちている。
寸胴から掬い上げられた灰濁の呼び戻しスープは、豚骨やその他の具材を柄杓でグリグリ濾しながら
髄の旨味まで余すことなくスープに反映させられている。
小ぶりな丼に並々と張られたスープは、表層の脂膜と高濃度なとんこつスープが混ざり合いワイルドで重厚そのもの。
炊き込まれた骨髄の粉塵が溶け込んでザラリと濃度を加速させるが、
元ダレにキレがあることから不思議とスープを掬う手が止まらない。

麺は九州ではやや太めのストレートで、メンカタオーダーでもモッチリした食感がある。
スープが濃厚なだけに麺への絡みも良く、啜ると同時に鼻を抜けて行く獣風味がたまらない。

チャーシューは細長で特徴的な形をしており、赤身でしっとり感が残るタイプ。
これくらいアッサリしたチャーシューだと、肉であるはずが箸休めにすら思えてくる。

ドとんこつを象徴する風味とコクとパンチの中に、キレと柔らかさがキチンと織り込まれた(均整の取れた)逸品だ。



味の評価:S







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(091108)



リベンジの出走に出遅れること13:30登山口…

時間稼ぎを企む直登チョイスは

阿武山1

火にスケベ油を注ぎ込む滝汗苦行

阿武山2


下り坂はウッドチップを駆って
しまい11秒前半の鬼脚炸裂


阿武山3


当然ゴール地点では



阿武山4

おつかれ(*゚∀゚)ノちゃん♪






阿武山5


日常生活に大量のニンジンは欠かせません





///////////////////////////

今日のランニング:10km

09年累計距離:1062km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ぎょらん亭(福岡県北九州市小倉北区三郎丸)



ぎょらん亭(外観)

ベースとなるスープを、十割(純粋豚骨)と二八(鶏ガラ:豚骨=2:8)からチョイスし、
白(プレーン)・黒(マー油)・赤(辛味噌)を掛け合わせてオーダーするしくみ


ぎょらん亭(白_十割)
(白・十割)



ぎょらん亭(麺)
(麺)




<ひとくちメモ>
サラリとした純白スープは予習とはイメージが異なるものの決してシャバ系ではなく、
とんこつの深いコクと豚の甘味エキスさえ溶け出しているよう。
とんこつ特有のクセや臭みもなく、脂分も控えめなためライトな傾向といえる。

そして東洋軒@小倉でも感じた鼻腔を抜ける”焦がし風味”は、強く効いたかえし醤油の成分だろうか。
それとも香味油によるものなのか判別不能。

田中中華麺特注の中細ストレート麺は、メンカタでありながら表面ねっとりしたヌメリがあり、
それにスープが絡むことによって粘度も向上するような仕様。
中身は高密度な小麦の食感で不思議な旨さを持つ。

チャーシューは注文の都度カットされ、大判・肉厚で口に入れると柔らかくほぐれる。
濃厚であるはずの豚骨十割を、旨味成分だけをライトにまとめ上げたような上品ささえ感じるとんこつラーメンだ。



味の評価:★★★★☆








テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(091107)



ランニング14


今日のランニング:15km

09年累計距離:1052km






くりはら
おつかれ(*゚∀゚)ノちゃん♪


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

清陽軒・三郎丸店(福岡県北九州市小倉北区三郎丸)



清陽軒(外観)

その昔、大砲ラーメン@久留米と兄弟店であったとされる屋台出身の老舗店

オープン前にも関わらず快く啜らせて頂ける接客は、
屋台で培ったフェイスtoフェイスの親切心が息づいているのかも(感激)



清陽軒(ラーメン)
(ラーメン)



清陽軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
表面の乳化層の下には濃いめに摂られたとんこつエキスで満ちている。
クリーム色のベーススープが茶濁して見える程、元ダレの醤油濃度が濃い配分だ。
久留米系ということだが獣臭や骨の髄が交ざるタイプではなく、
マイルドなとんこつエキスが支配してややトロミもついている。

自家製麺は加水率の低い中細ストレートで、メンカタでは一本一本に張りと力強さを持つ。
終盤までしっかりとしたコシが残る粉配合のようだ。

バラ肉チャーシューはロール状とプレーンタイプが交ざり、表面には香ばしい焦げ目がついて脂身はジュワッと瑞々しい。
輪切りのゆで卵までトッピングされ、一杯で食べ応えも十分。



味の評価:★★★+☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(091103)




ランニング15


今日のランニング:12km

09年累計距離:1037km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

【閉店】元気21ラーメン(南区松原町)



元気21(外観)


~自分を安く売っちゃダメ~
脳天から降り注ぐヲタな声に

~250円なら100倍は積める~
シラフなオヤジを以ってすれば、そんなリアルな回答のひとつも寄越すところですが


元気21(メニュー)


~ダメヨ・ダメヨも好きのうち~
勢いのまま、意を決することなく入店・・・ byヨッパ


元気21(元気ラーメン)
(元気ラーメン)




元気21(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
軽い鶏ガラベースのスッキリ醤油ベースのラーメン。
表面に細かく浮かぶ脂によってラーメンとしてのコクを与えられている。

トッピングには甘めの味付けがされたチャーシュー半枚に、メンマが1/3にネギ少々。。
プライス的には妥当なところか。

特筆すべきは、ゆるい手もみウェーブがかかる麺。
メンカタオーダーで低加水のゴツゴツ感と強固なコシが特徴的。
高密度な小麦をダイレクトに味わえる。

ここでは驚きのプライスとゴツゴツ麺の旨さがあるからこそ、意を決することなく入店できる。(ハズ)



味の評価:★★★☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-