FC2ブログ

2009-06

山の田ラーメン(下関市山の田東町)



山の田ラーメン(外観)

下関では著名な老舗店で、現在は二代目が味を引き継ぐ

暖簾が逆さにかかるあたりは老舗ならではのこだわりか!?




山の田ラーメン(ラーメン)
(ラーメン)



山の田ラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
丼から立ち上がる獣臭は久留米系のツンとした直線系ではなく、ややマイルドな傾向。
しっかりとした豚の旨味が摂られており、ワイルドながら後味はどこかスッキリしている。
重い粘度や余計な脂分が少ないせいだろうか。

麺はとんこつには珍しい多加水ストレート。
モッチリ食感はあるのだが、メンカタオーダーでも腰が弱く何か拍子抜けした感じ。
全体のバランスを考えると、やはり低加水のゴツゴツ食感が欲しいところだ。

トッピングのバラチャーシューは、脂身多めの部位でジューシータイプ。
厚みもあって食べ応えアリ。



味の評価:★★★+☆






テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大三元(北九州市門司区老松町)



大三元(外観)

門司港の港湾関係者向けのラーメン屋として開業された老舗店



大三元(ラーメン)
(ラーメン)



大三元(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ツンとした獣臭漂う豚骨スープは、呼び戻し系でありながら意外にもサラリとしている。
はじめはシャバ系っぽくも感じるが、動物系のコクと旨味がキッチリ凝縮されたスープ。
ガーリック・ゴマ油を連想させるやや香りのついたオイルを化調で繋がれているため、
食後は口内ホワホワ状態に。

麺は表面スルスルの中細ストレート。
バリカタオーダーで丁度良い食感だった。

ここの特徴でもあるチャーシューは、ほぐし豚状で強烈にショッパイ。
チャーシューの塩分がスープに溶け出して全体の塩分濃度を引き上げるほどだ。
(上級者になるとレンゲの中にチャーシューを避難させ、プレーンなスープを維持するという手法もあると聞く)

サイドメニューのチャーハンも定評があり、ガッツリ系にも嬉しいお店だ。



味の評価:★★★★☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東洋軒(北九州市小倉北区黄金)




東洋軒(外観)

小倉のガイドブックには毎度登場する有名店




東洋軒(ラーメン)
(ラーメン)




東洋軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
とんこつがベースとなった超濃厚久留米ラーメン。
超濃厚ながら、鶏ガラを上手く合わせることで特有の臭みも少なくまろやかに仕上がっている。
このバランスは多投される化調の仕事のせいかも知れない。
表面の香味油は魚介系を焦がしたような香ばしい風味があり、単調な味の中に程良いアクセントとなっている。

麺はやや太めの低加水ストレート。
メンカタオーダーではゴツゴツとした噛み応えがあり、スープの強さに十分対抗できる存在感を持つ。

トッピングは茹で豚タイプのチャーシューに、紅色の千切り支那竹が珍しい。
これは地元小倉産『合馬たけのこ』という品種であり、意識して食べたせいかシャキシャキ食感が斬新に思えた。

全般的に強烈なインパクトを持つ一杯といえる。


#10杯以上のオーダーをまとめて作られる独特のオペレーションは、何だか流れ作業っぽく映った…



味の評価:★★★★☆








テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

正(安芸区船越南)



正(外観)

トリッキーな立地条件の中、ご夫婦の丁寧な仕事ぶりが伺えるコリアンタイプのお店
手製キムチは水々しいタイプで、持ち帰りも可能




正(ラーメン)
(ラーメン)



正(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ベーススープはサラリと軽い動物系に、昆布ダシ等の和風がブレンドされた明るい茶系スープ。
脂や調味料を抑えたクリアな旨味は、限られた素材だけを忠実に炊き込まれた仕事と思える。
ラーメンとしてのパンチに欠けるものの、雑味の少ないスッキリとした味わいだ。

麺はエッジのある中ストレート。
自家製麺であろうか?小麦がギュッと詰まった感じで特有の食感を持ち合わせている。

チャーシューは脂身の多い部位で、スープで戻すとトロリ柔らか。
並々と注がれた熱々スープに、店主の誠実さを感じてしまう。



味の評価:★★★+☆








テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

柳麺・横川店(西区三篠町)



柳麺(外観)

本店は安佐南区安東にあるそうだが詳細は未定




柳麺(ラーメン)
(ラーメン)



柳麺(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ配分高めの白濁スープに、まろやかな醤油ダレが合わさった広島風醤油豚骨。
動物系のコクがキッチリと摂られており、更に表面の脂と交わせることでパンチが効いたラーメンに仕上がる。

麺はエッジのある弾力系ストレート。
腰の強さとモッチリ感を兼ね備えた食べ応えのある麺といえる。

チャーシューは小ぶりながら厚めにカットされており、コロリふっくらモッチリ感が同居する。
中華屋のラーメンでありながら、あなどれない存在だ。



味の評価:★★★+☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】松風(光市浅江)



松風(外観)

惜しまれつつ閉店した創作系の名店『アジト@田布施』の豚骨ブランド店



松風(合わせ味)
(合わせ味)



松風(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
サラリとした豚骨スープは風味・コクともに軽めで、ややシャバっぽく感じる。
上品で繊細な豚骨スープなのだろうが、”万人ウケするタイプ”といった月並みな感覚だけが残った。
中盤からマー油を混ぜるとガーリックテイストにシフトするが、それでも物足りなさを補えない。
個人的には豚骨特有のパンチが欲しいところだ。

麺は博多風の低加水・細ストレート。
バリカタオーダーでも歯応え弱めのタイプ。

トッピングのバラチャーシューは旨い部位なのだが、味付けが濃過ぎて相当ショッパイ。
水分が抜けた赤身部分はパサパサ感が口内に残る。

途中で辛子味噌を溶かすとキリリと締まったスープになり、
さらに卓上の「辛子もやし」をトッピングすればいろんな味の変化を楽しめる。



味の評価:★★★☆☆







瀬戸内ラーメン大島(山口県光市浅江)



大島ラーメン(外観)

光市の人気魚介系ラーメン店
チャーハン等の定食メニューも充実しており、休日は家族連れなどで賑わう



大島ラーメン(ラーメン)
(ラーメン)



大島ラーメン(麺)
(縮れ麺)



<ひとくちメモ>
黄金色に澄んだスープはイリコダシという事前情報だが、鮮魚系の魚臭が前面でに出ている。
動物系のエキスは軽い鶏ガラ程度しか感じられず、魚のアラで摂った吸い物のような風味だ。

見た目とは異なり塩分はやや強めに効いており、そして何より甘い。
これはみりん系による甘味に近いだろうか?少し過剰に思えた。

麺はストレートと縮れからチョイスでき、前評判に従って初回は縮れ麺を。
序盤はプリプリ弾き返すような弾力があり、中盤以降はスープと馴染んでモチモチ食感にシフトする。
このスープには確かにこちらが合うだろう。

チャーシューはトロリ柔らかな食感で、唯一動物系を感じる具材である。
竹の子のトッピングにより、このラーメンが和食のジャンルであることに改めて気付かされた。



味の評価:★★★☆☆






ランニング(090614)



ランニング6



今日のランニング:10km

09年累計距離:577km



※6月月間走行距離:52km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

きかっちゃん食堂(西区草津新町)



きかっちゃん食堂(外観)


おかずケースの中から好きな小鉢を選んでライスと合わせる食堂スタイル

従業員のTシャツには「木勝食堂」とプリントされており、店名の由来がハッキリした





きかっちゃん食堂(たき肉ラーメン)
(たき肉ラーメン)



きかっちゃん食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
たき肉とはあまり聞き慣れないがここでは牛すじをさしており、
トロリと柔らかく炊き込まれた牛すじ肉がチャーシュー変わりに乗っかる。

きれいに澄み切ったスープは動物系を感じない完全和風出汁で、まるでうどんつゆのよう。
メニューに「たき肉うどん」が並ぶことから同じベーススープが使われているのかも知れない。

麺は細く縮れてやや黄色がかった玉子麺。
トッピングはたき肉と刻みネギと至ってシンプルで、
一杯ワンコインながらそのシンプルさはCP的にスジ違い。



味の評価:★★☆☆☆








テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(090613)



ランニング7


今日のランニング:12km

09年累計距離:567km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

まごころ(呉市本通)




まごころ(外観)

ラーメン以外に、チャーハン・ギョーザ・おでんなどのメニューも充実している
なおランチタイムのチャーハンは2度炒め系



まごころ(ラーメン)
(ラーメン)



まごころ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
煩雑とも思える厨房捌きとは裏腹に、ひとつひとつの丼にお湯を張って温められるといった
まごころある仕事ぶりも垣間見える。
豚骨の濃いエキスと乳化後のコラーゲン質を含んだスープは、表面にトロみがあって濃厚であるものの実はサラリといける。
豚骨特有の臭みがないため、食べやすいスープになっているようだ。

麺は地元秋山製麺所の細ストレート。
柔らか気味だったのは、メンカタオーダーを失念されたせいだろうか?残念な茹で上がりだった。

チャーシューはゆで豚のようなプルプル食感でジューシーな仕上がり。
ボディにズシリとくるパンチの効いた一杯だ。



味の評価:★★★+☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一富士食堂(竹原市中央)



一富士食堂(外観)


時が止まったかのような狭い店内で、穏やかな笑顔を浮かべた大将が
独自のペースを守って接客にあたられる

老練の所作はまさに客商売の鑑といったところ



一富士食堂(中華そば)
(中華そば)



一富士食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
薄い動物系のエキスに、少しの醤油ダレとわずかの化調で味が整えられている。
最初の一口目ではスープの薄さ・弱さを感じるが、以降旨味がじんわり広がっていく。
雑味が無いというより、ごく限られた材料だけで作られている感じ。

麺はオーソドックスな細ストレート。
トッピングのチャーシューはペロンとしてズワッとした口当たり。

昨今の材料をふんだんに使った創作系と対極にある昔ながらのラーメンだ。



味の評価:★★★☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

トレイルラン(090607)



鈴ケ峯山@090607



今日のランニング:≒18km

09年累計距離:555km

場所:広島南アルプス
(JR下祇園駅→武田山→火山→畑峠→大茶臼山→己斐峠→柚木城山→315峰→
 沼田草津道路→鬼ケ城山→鈴峰山東峰→鈴峰山西峰→美鈴が丘BS)



ほんてん(福山市三吉町南)



ほんてん(外観)

表の看板に尾道ラーメンを称するフクヤマイズされた人気ラーメン店




ほんてん(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)
※画像は『福山のラーメン』より
 S.ISHIIさん、多謝多謝!!



ほんてん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
店内には強烈な獣臭が満ちてるものの、ベーススープは透明感があり決して濃くはない。
ただしかえし醤油が強烈に効いているため、ダシの旨みを味わう前にショッパさが押し寄せる。
表面には油で揚げた背脂が浮かぶが、カリカリ状態にフライドされて自体の風味は油に移っている。

はせべの平打ち細ストレート麺は、ハリガネ状態で提供されるのでゴツゴツした歯応えが特徴的。
量は少なめだがこれで450円とは驚きだ。

#客の大半はニンニクと唐辛子入りの野菜炒めがトッピングされる『ほんてんラーメン』を注文されていた



味の評価:★★★+☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(090606)



ランニング6


今日のランニング:12km

09年累計距離:537km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

三平(宇部市松島町)




三平(外観)

宇部ラーメン界のシンボル的な”専門店”

店内は気忙に働く女性パワーに満ちている




三平(ラーメン)
(ラーメン)



三平(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
純度の高い豚骨スープは乳化したコラーゲンをたっぷり含んで濃厚。
豚骨の臭みはなく粘度も手伝ってトロリまろやかなコッテリスープに仕上がっている。
ただし元ダレの塩分がツンツンする程強く効いているのがアンマッチ。

麺は地元木嶋製麺のものが使われており、博多あたりより加水が高くバリカタオーダーでもザクザク食感は弱い。
そして茹で汁を長く使い続けているせいか・浸透圧を織り込まれた結果のせいか
の釜のお湯はド黄色く濁っていた。

トッピングのシャーシューは味付けの弱い茹で豚っぽいタイプ。
細切りメンマが麺と同調して食べやすい。



味の評価:★★★+☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

侍(山口市仁保中郷)




侍(外観)

『とら食堂@福島』出身のお店

古民家を改造した店内で本格白河ラーメンを味わえる
さらに常連になると、オリジナルメニューも提供されるようだ



侍(手打ち中華そば)
(手打ち中華そば)



侍(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
白河ラーメンは未体験だが、東北・福島地域のラーメンということで
醤油味のスッキリラーメンを想像していた。
出て来たラーメンはその通りのビジュアルで、スープは動物系のコクやパンチは抑えられ
後口じんわりと滋味が沁みてくるタイプ。
無化調だろうか?旨味成分・香りも希薄であることから、ぼんやりとした味で少々水っぽさをも感じてしまった。

ここの特徴である自家製麺は、多加水・幅広の太縮れで表面はフワフワの口当たり且つモッチリ食感。
佐野の青竹打ちとは違って麺に厚みと適度な腰があり、ツルリとした喉越しがたまらない。
この麺なら是非つけ麺でいただきたいところだ。

チャーシューは表面を丁寧に炙られてあり、スープに炭の香りが移らない絶妙な加減。
トッピングのかいわれ・海苔は、特別な効果を与えていないと感じた。



味の評価:★★★+☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

むろつのてんぷら@上関町



酒の肴を求めて
陽光を浴びてキラキラ輝く海岸線を一路上関町へ


むろつのてんぷら


上関町室津にある原田水産さん『名物むろつのてんぷら』

目移りするほど種類は豊富です

てんぷら


その中からまずは基本の『じゃこ天』をば

てんぷら断面


宇和島の青物を使ったじゃこ天と違い、断面は白っぽいんですね~
材料にはタラ・タチ・エソ等が使われていて、馬鈴薯のデンプン質が加わってモッチモチ
味付けは少々甘めかな

これは酒なしには語れません・・・





(おまけ)
ここから少し足を伸ばして上盛山展望台へ

上盛山展望台


頂上からはこの眺め

瀬戸内海view


春の霞と心地よい海風が、瀬戸内のうららかな日和を演出してくれます



«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-