FC2ブログ

2008-08

ランニング(080831)





ランニング15



今日のランニング:15km
場所:太田川

08年累計距離:750km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ランニング(080830)





ランニング3


今日のランニング:12km
場所:ルネサンス

08年累計距離:735km



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

せっかく いっかく(一鶴)@丸亀本店





せっかく 免許持ってるんだから

せっかく 車あるんだから

せっかく 休日なんだから

せっかく 5時に目が覚めたんだから


ドライブ(゚∀゚)行こう!









せっかく 満タンなんだから

せっかく ETC割 刻んだんだから

せっかく 瀬戸大橋渡ったんだから

せっかく 香川来たんだから


いっかく(゚∀゚)行こう!!

一鶴














いっかく 来たんだから

親鳥ガッつこう\(゚▽゚=))/
一鶴(親鳥)








いっかく 来たんだから

雛鳥ガッつこう\((=゚▽゚)/
一鶴(ひな鳥)











せっかく いっかく(一鶴)来たんだから

アップしよう(^^)



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

来々(三原市宮浦)



来々(外観)



来々(ラーメン)
(ラーメン)


来来(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
醤油の強い香りとしょっぱさが全体を支配して、
ベーススープのエキスを感じることが出来ないほど。
表面に少量の背脂が浮かぶが、取り立てて旨味を感じない。

味付けは濃いがベースがアッサリ系だけに、
細く縮れた低加水麺が非常にマッチしている。
ただし、如何せんしょっぱい。



味の評価:★★★☆☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

北京亭(中区千田町)




北京亭(外観)




北京亭(ラーメン)
(ラーメン)


<ひとくちメモ>
コンソメスープを柔らかくして少し生姜の香りを足した感じのスープ。
油分もなく、後味で少し甘みも感じるシンプルな味。

麺は細いストレートで、かん水によって少しプラスチッキーな歯応えもある。

トッピングのもやしは生のまま乗っかるため、スープに臭いが移ってしまうので要注意だ。
ここでは天津飯が看板メニューらしい。



味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一味(中区千田町)





一味(外観)

従業員のTシャツには『一実をMOJIって!一味』とバックプリントされている
”一実”って??






一味(ラーメン)
(ラーメン)



<ひとくちメモ>
スープは動物系主体のアッサリベースで、わずかに生姜が効いている。
突出した味の主張はないが、中華料理店のため全ての料理のベーススープとして使われているのかも知れない。

中細ストレート麺はカンスイが交じっているが、柔らかく茹でられていたため塊り状になってほぐれ難かった。

味付けの弱いチャーシューは、獣臭が鼻についた。。




味の評価:★★☆☆☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

土砂崩れ現場はお宝なり@漁師民宿榎本



ぐわっΣ(゚口゚;



サザエ

どこの土砂崩れ現場ですか(゚д゚lll)ここ!?



サザエ1










聞けば大将、新たな殻剥き技法を開発したらしく
このひと盛りに手際よく約20ものサザエを潰したとか


サザエ2
(サザエの刺身)

こんぶ等の海草を主食としてるだけあって、ゴリゴリ食感を噛み砕くほどに瀬戸の磯の香りが
寄せては引き口内に溢れ返す









刺盛り
(盛り合わせ) 白ソイ(宮津産)、タコ(明石産)、サザエ(広島産)


盛り合わせのメインは、宮津沖・水深150mから水揚げされた「白ソイ(通称:タヌキメバル)」
淡白な白身ながら十分過ぎるサシがマッタリ感を与えて、まさに口内合体作品











2008夏

今年も多くの恵みをありがとう

波

そして大将、こだわり逸品の数々


ゴチっした!



テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

ランニング(080824)




ランニング12



今日のランニング:15km
場所:ルネサンス

08年累計距離:723km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

くい道楽 めん吉(三原市皆実町)




めん吉(外観)

メニューが豊富で飲める中華屋(なんでも屋!?っぽいかも)




めん吉(ラーメン)
(ラーメン大盛り・チャーハンセット)


<ひとくちメモ>
丼からはツンとした動物臭が立ち昇るが、それは劣化した脂によるものでコクは弱い。
しいたけ等の乾物系や野菜のエキスが強く出ており、ラーメンのスープとしてのバランスはNGだ。
数年前に食べた味とは全く別物だった。

麺は低加水・細縮れ麺で、歯応え・香りともとても旨い。
大盛りラーメンは洗面器を上回る丼で圧倒される。

黒っぽいチャーハンは油多めだが、香ばしくて旨い。



味の評価:★★☆☆☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(080823)




ランニング16



今日のランニング:15km
場所:太田川

08年累計距離:708km


テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

【閉店】げん忠(中区千田町)




げん忠(外観)



げん忠(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


<ひとくちメモ>
動物系の荒さがないアッサリスープのためガツン系に欠けるが、
丁寧に取られたダシのエキスはゼラチン質と同化して、じんわり飽きのこない味である。
かえし(塩ダレ)は、塩分以外余分なモノはほとんど調合されていないと思われ、
素材をそのまま活かしたスープになっている。
(何らかの香り付けがあれば更に旨くなると思う)

麺は低加水の細ストレートで一般的に広島ラーメンで使われるタイプだが、
一人づつ好みの茹で加減を聞いて調理してもらえる。

仕込みから接客におけるまで、一杯を通して店主の丁寧な仕事が垣間見える。



味の評価:★★★☆☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

三色丼@二条市場




三色丼


キシャキシャのテーホタ

チプチプのラーイク

ロトロトのンーサモ(苦!) 言わない言わない~








ジャパニーズなら朝メシはシャリだろがっ!



これで800円。広島のつけ麺屋も学んで欲しす(苦!) しつこい~



テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

リアル北の国から@炉ばた富良野




炉ばた

炉ばた

まんま…






作家・倉本聰氏も足しげく通う地元に溶け込んだ居酒屋




炉ばた(サイン)















父さん

ボクはもう酒が飲める歳になったわけで

炉ばた(ほらふき)


それも大量に飲めるレバーに成長したわけで


炉ばた(燗)











肴はと言いますと

定番はこちろんのこと

炉ばた(コマイ)





こんなのや

炉ばた(野菜炒め)


こんなのとか

炉ばた(野菜スティック)



まるでJさんのように”野菜で飲む”身体になってしまったわけで











父さん

炉ばた(店内)


ボクは、ボクは…、

富良野駅



そのうち蛍の病院にブチ込まれるか心配です




テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

三日月食堂(富良野市朝日町)




三日月(外観)

『北の国から』でしばしば登場したお店

注)ホールのおばちゃんは、食事途中の子供の丼を下げるハプニングもなくとても温かい接客だった





三日月(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)


<ひとくちメモ>
かつお等の節系のダシが濃く出ており、そばつゆにも似たスッキリ醤油味のスープ。
それでいて動物系の確かなコクもあり、後口にじんわり甘味も追っかけてくる。
魚介好きならずとも、日本人ならホッとする優しい味だ。

これに合わせる麺は、少し平たく潰れたモチモチ中太麺でスープとよく絡んで旨い。

トッピングの大きめキクラゲには少量のゴマ油がまぶしてあり、
途中のアクセントになってこれは珍しい。

飽きのこないシンプルな味だけに、一気に完食・完飲だ。



味の評価:★★★★☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

成吉思汗だるま本店(札幌市中央区南5西4)




だるま


札幌に星の数ほどあるジンギスカン店において、不動の人気を誇る名店中の名店



だるま本店




肉質に絶対の自信を持つこの店では

ラム(子羊)ではなく下ろしたての生マトンを使用


だるま(生ラム)






炭火で焼かれたジンギスカン鍋に大量のタマネギ+ネギを盛ったら
中央に羊脂を乗せメインの生マトンを投入

ミディアムレアに焼き上げた肉は臭み皆無のスーパーソフトな口溶け

だるま(ジンギスカン鍋)




さらに肉汁で軽く焦げ目をつけたタマネギは、主役を脅かす程の存在に成長

だるま(ジンギスカン鍋2)


このシチュエーション、ルービーなくしては語れないでしょ



#これで735円。 驚愕のCP、是非とも広島のつけ麺屋に見習ってほしい


テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

狼スープ(札幌市中央区南11西1)



狼スープ(外観)

メニューは味噌一本で勝負

店内は壁面から天井に至るまで有名人のサインで覆い尽くされている




狼スープ(味噌ラーメン)
(味噌ラーメン)


<ひとくちメモ>
中華鍋で野菜とスープを合わせるのだが、注文を4,5人前程度まとめて調理し、
野菜が炒まってないうちからスープを投入していたので、野菜の香ばしさ・シャキシャキ感がない。

スープは天然水を使用し、動物系の他にじゃがいも(北あかり)やゴマ・山椒・唐辛子等の
香辛料が隠し味に使われている。
決して濃厚ではなく、臭みのないスッキリとしたベーススープだ。

中太の黄色い玉子麺は、強めのウェーブがスープを持ち上げ
ムニムニと食感も良くてまさに味噌ラーメンにベストマッチの麺だ。

前評判では「力強い味噌ラーメン」と聞いていたが、味噌のしょっぱさが際立ち
脂も少なくコクの薄い味だった(ファーストロットのせいか?)
期待とは裏腹に特別な印象は残らなかった。



味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

五丈原(札幌市中央区南7西8)



五丈源(外観)

8年前の味の記憶を求めて再訪




五丈源(味噌ラーメン)
(味噌ラーメン) ※提供時には海苔がセンターに被さっている


<ひとくちメモ>
昨今のサッポロ味噌ラーメンにありがちなラードたっぷり系ではなく、豚骨ベースながら
サッパリとシンプルな味噌ラーメン。
それゆえに突出した特長は見当たらないが、正統派味噌ラーメンといった印象だ。
(個人的には「こんなに薄かったっけ?」と自問した)

麺は一般的な札幌系より細く、手もみ風のウェーブが特徴的。
チャーシューは箸で持てないほどのホロホロで、これはこれで旨いが肉を食べてる気がしない。

この店では「とんしお(とんこつ塩味)ラーメン」と「チャーシューおにぎり(特大)」が人気だ。

ああ、8年の歳月は互いに変化をもたらす…



味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ビアガーデン巡り@札幌大通り




キリン
(キリンビール)
新鮮な「一番搾り」は雑味のない岩清水の如くアッサリ






アサヒ
(アサヒビール)
4社の中で最も質素な造りではあるが、木陰を最大限に活用したオープンスペースは
老若男女に配慮したセンスが光る






サントリー
(サントリー)
プレミアムモルツ色で統一されたスペースは、プレモルの本気度がうかがえる
気持ちはジョッキだがタイムアップ






サッポロ
(サッポロビール)
体調次第ではキリンを凌駕するスーパーサブは、地元で飲むと更に旨さ倍増
コク・キレ・苦味ともバツグンの配合






〆は芝生でゴロンと昼寝~
大通り公園


テーマ: - ジャンル:グルメ

みすゞ(帯広市西2条南8丁目)




みすず(外観)

帯広市民から絶大な支持を受ける人気店


みすず(ラーメン)
(醤油ラーメン)


<ひとくちメモ>
スッキリ澄みきったアッサリ醤油ラーメン。
豚・鶏といった動物系も使われているそうだが、醤油の風味が勝ってほとんど感じなかった。

少し太めな麺はモチモチ感十分で、なぜだかスープと交互に食べ進んでしまった。
特大チャーシューは味付けはないものの、ホロホロな食感でこれまたスープと交互に完食。

アッサリスープに全てが同調して完成された一杯だ。


味の評価:★★★+☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

聚楽(帯広市西1条南9丁目)




じゅらく(外観)


夫婦2人で切り盛りする老舗店。
地元では爆盛で有名のよう。


じゅらく(ラーメン)
(醤油ラーメン)


<ひとくちメモ>
中華鍋で野菜を炒め、スープを注ぎ込むスタイルだ。
油を多めに使ってあるだけあって見た目はコテコテだが、砂糖と化調が調合されているため
甘くて不思議な味に仕上がっている。
ベーススープは乳化途中のツブツブが表面を覆い、動物系のコクは弱い。

ここでは麺類より、チャーハンやギョーザ(ともに爆盛)の方がオススメのようだった。


味の評価:★☆☆☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

高山植物たち




ちっぽけな縁起かついで 右足から家を出る

1.jpg

電車はいつもの街へ 疲れた身体を運ぶ

2.jpg

昨日と違う世界あったっていいのに 僕も欲しいのに

3.jpg

簡単そうに見えてややこしく 困難そうに見えてたやすい

4.jpg

そんなラララ そんなラララ 探してる

5.jpg

探してる








”ぶどう酒が身体にいいぞ”と並ぶ週刊誌の見出し

6.jpg

長生きはしたくもないけど 何気に酒屋をのぞく

7.jpg

いろんな情報が行き交う 要りもしないのに手を出してみたり

8.jpg

参考書よりも正しく マンガ本よりも楽しい

9.jpg

そんなラララ そんなラララ 探してる

10.jpg

探して

11.jpg

lalalalalalalalalalalalalalalalala…

14.jpg











ニュースは連日のように 崖っぷちの時代を写す

12.jpg

悲しみ怒り憎しみ 無造作に切り替えて行く

13.jpg

明日を生きる子供に 何を与えりゃいい? 僕に出来るだろうか?

15.jpg

太陽系より果てしなく コンビニより身近な

16.jpg

そんなラララ そんなラララ 探してる

17.jpg

探してる








無くてはならぬものなど あんまり見当たらないけど

18.jpg

愛する人も同じように 今日も元気で暮らしてる

19.jpg

一人じゃない喜び 何はなくともそれで良しとしようか

20.jpg

簡単そうに見えてややこしく 困難そうに思えてたやすい

21.jpg

そんなラララ そんなラララ 探してる

22.jpg

探してる

23.jpg



赤い夕日が燃えて沈んで 長い夜を越えて昇る

24.jpg

今日もラララ

25.jpg

明日もラララ

26.jpg

探してく

27.jpg

探してく


~JASRAC 063-8104-9~


前夜祭はジャパンで泥酔コース@しれとこ(旭川)



大酒飲みのsinがぁ~

雪国の人情居酒屋でぇ~

しびれる珍味に 出会ったあ~ (アトム談)







付き出しから ニーウーとな!

一見のバカ舌観光客相手とはいえ、
そこはさすが北の居酒屋、本気度が違いますなあ

ウニ



ならば
ジャパンで応戦は至極当然のセオリーで

日本酒メニュー

翌日からの身を削るようなハードスケジュールもそっちのけで

泥酔街道に踏み込んでしまったわけですよ





なになに? 本州では聞きなれない珍味じゃないですか

メフン解説


メフン
(メフン)

オスのサケの中骨に沿って付いている腎臓を使って作る塩辛である。
色は黒く、食感にとろみがあり、主に酒の肴として珍重されているほか、
ストレスを回復させる栄養素であるビタミンB12が豊富に含まれているため、
健康食品としても注目されている。
名称の語源はアイヌ語の「腎臓」からと言われている。(wiki抜粋)



まあ何だかんだ言っても旨モンは旨いわけですよ

もうジャパンが止まりませんがな・・・






なになに? 貴重なメニュー構成の1面ブチ抜きお店自慢の訴求商品

参ったにしん


ほぉ~、チャラけたネーミングながら硬派なヤツじゃないですか


にしん
(参ったにしん)

脂の乗ったホクホクの身で1杯~♪

大ぶりなプリプリ卵で1杯~♪

中骨眺めて一杯、
 オイッ ヾ(゜д゜*)




さんま
(新サンマ)

根室に水揚げされた新物のサンマは

更なるジャパンを要求し





宗八カレイ
(宗八カレイ)

ホクホクの干物に口内水分を吸い取られては

更なるジャパンで潤し




はい、ヨッパの出来上がり~♪





飯塚の藤本さん、ヨッパの観光客同士楽しくすごさせて頂きました
お世話になった分、私なりのプロモーションでお返しを

福岡の飯塚で飲むならここ↓ とっても愉快なおかみさんが待ってるよ~(こんなのでいい?)
『うまいもんや・ふじ家』



テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

一蔵(旭川市三条通7)




一蔵(外観)





一蔵(ラーメン)
(醤油ラーメン)


<ひとくちメモ>
豚骨をベースに、野菜を加えて12時間じっくり煮込んで作られるスープは
グラグラ炊き出していないため透明度が高いアッサリ味だ。
旭川の特徴である魚介とラードはほとんど感じなかった。

道産小麦100%の自家製麺は無添加で丹念に練り込まれており、
確かに旨いのだがその具材を感知するに至らなかった。(悲・バカ舌)

総じて普通だった。


味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺皇(中区紙屋町)




麺皇(外観)





登板必須の辛酢&一味
麺皇(玉子)
そして茹で玉子はフリー提供





麺皇(呉冷麺)
(呉冷麺・大盛り)



<ひとくちメモ>
呉の老舗店「呉龍」を想像していた通り酷似した傾向だ。
デフォルトで甘さが強く引き立っており、店のインフォによると2口目以降に「辛酢」を投入して
自分の好みの味に仕上げるという。
甘みが野菜等のエキスでなく、砂糖・みりんによるものなので、
相当マッタリして酢・一味なしでは完食が厳しい。

ここでの特徴は何と言っても食感のイイ平打ち麺だ。
トッピングがシンプルだけに、麺の旨さをストレートに味わえる。
ただし、少ない具材と単調な味付けのため食べ進めるうちに飽き気味になる。

オープン間もないこともあり厨房内のオペレーションは覚束なく、
大盛りと隣席の並み盛りとの違いを感じられなかった。また、盛りの雑な部分が窺えた。

この具材で大盛り850円というCPはこれまた呉龍スタイルに近いが、
ご当地以外の環境でどこまで許容されるだろうか。

#この味、、小さい頃食べてた「リューオー食品の冷麺」がフラッシュバックした・・・



味の評価:★★☆☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

自由軒(三原市宮浦)



自由軒(外観)



自由軒(ラーメン)
(ラーメン)


<ひとくちメモ>
豚・鶏の動物系ダシはしっかりと出ているのだが、
いつものチー油の香りが消えている。
そして化調が強く効いてるだけあって、スープの旨味を感じるより後味が悪い。

麺はメンカタ指定の通り、平打ちがザクザク歯切れ良くて旨い。

以前の完成度を知ってるだけあって今回の一杯はブレの範疇であって欲しいが、
前述のチー油といい、麺の量が減ったこと、そしてチャーシューが薄っぺらになっていたのは気になる。
物価高騰による原材料の調整だろうか??

(今回単発での評価↓)


味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(080811)



ランニング13


今日のランニング:12km
場所:太田川

08年累計距離:693km


トレッキング(080809)




1姿見
(姿見)



2旭岳
(旭岳)



3白雲岳
(白雲岳眺望)




4忠別岳
(忠別岳)




5レンズ雲
(レンズ雲)




ヒサゴ沼
(ヒサゴ沼)




7雪渓
(大雪渓)




8ロックガーデン
(ロックガーデン)




9トムラウシ山
(トムラウシ山)




10十勝岳(雲中)
(十勝岳・雲中)




11十勝岳(雲境界)
(十勝岳・雲境)




12日暮れ
(日暮れ)








おつかれちゃん♪

お疲れ

プワァ~~(^◇^)/






縦走距離:≒60km
場所:旭岳・間宮岳・松田岳・北海岳・白雲岳・高根ケ原・忠別岳・五色岳・
化雲岳・ヒサゴ沼・トムラウシ山・十勝岳・美瑛岳

08年累計距離:681km


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ



鎮 魂







8-6 1





8-6 2





8-6 4





8-6 3

 

 




天山(中区西白島町)




天山(外観)


広島の中華界で著名な木村昌義氏プロデュースのお店
(現在はここの厨房にはいない)

自称?他称?”油使いの達人”らしい




天山(ねぎそば)
(ねぎそばセット) ※ねぎそば+シューマイ+ウーロン茶




天山(デザート)
(なぜかデザートのメロン)


<ひとくちメモ>
”皇帝スープ”と称される黄金色に澄み切ったスープは
鶏ガラ系を中心とした滋味溢れる柔らかい味わい。

トッピングはネギオンリーで、油通しされているため”ネギ油”のような
特有の香ばしさがスープに移って調和している。

麺は細い平打ち麺で、生麺を一夜干ししたかのような独特の弾力と
ザクザク食感がとても斬新だ。
よーく見ると麺の中に黒い斑点が練り込まれている。(なんだろう??)
この麺と白髪ねぎとの相性はバツグンだ。

セットのシューマイは香辛料の下処理が弱いため、肉の臭みが出てNG。
そして従業員の止め処のない私語とオペレーションのマズさは課題だ。



味の評価:★★★+☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング(080803)




ランニング16



今日のランニング:15km
場所:大田川

08年累計距離:621km


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-