FC2ブログ

2008-01

麺鮮醤油房 周一(安佐南区大塚西)




周一(外観)

松山の人気店「周平」の姉妹店。
店名のとおり「醤油」には特別のこだわりを持たれており、愛媛の「生揚げ醤油※」を使用している。
その他食材は無化調、丼は砥部(とべ)焼き、と随所にこだわりを持ったお店だ。

※「生揚げ醤油(きあげしょうゆ)」:一般に生醤油とも言われ、高級な醤油とされています。






周一(ラーメン)
(ラーメン)


<ひとくちメモ>
鶏ガラベースのスープに、多めの魚粉を投入して芳醇な香りを引き出している。
魚介の強さは、レンゲの底に魚粉のザラザラが残るほど。
仕上げにたっぷりの鶏油が注がれるため、香りは良いが相当オイリーでもある。

中細ストレート麺は最後までしっかり腰を保っていてGOOD。
直前で炙って出されるチャーシュー・甘めの半熟煮玉子・確かな食感のメンマ、どれをとっても丁寧な仕事ぶりが伺える。








周一(つけ麺)
(つけ麺)


<ひとくちメモ>
鶏ガラ・醤油ベースのつけ汁は単体でのインパクトは弱いものの、多めの魚粉&鶏油が交わることで風味とキレを併せ持ったつけ汁になる。
ウェーブ状の太麺はつけ汁との絡みも良く、ツルツル・モチモチ食感をガッツリ味わうことができる。
甘味を押さえたやや酸味強めのつけ汁のため、大量の麺もスルスルと完食してしまう。
特盛り(500g)まで均一価格なので、大食いの懐にも優しいぞ!


味の評価:★★★+☆




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

十八番・本店(福山市三吉町)




十八番(外観)





十八番(中華そば)
(中華そば)



<ひとくちメモ>
表面を覆うラード層は指第一関節近くあろうか!? 事前情報とは異なり、見るからにギトギト系だ。
ベースのスープは鶏ガラメイン&とんこつ少量でかなりアッサリであるが、ラード層と交わることによって完成されるようだ。

弾力の強い少し縮れた細麺を、ラードを絡めたスープで食べてみると風味が良くて旨い。
しかしオイリー。度が過ぎるぞ。。
元が十分旨いだけに、この過剰な油は余計だ。

デフォルトで量が少ないせいか、大半の男性客は大盛りを注文されていた。
中華丼などサイドメニューも充実しているのも嬉しい。


注)厨房に某親父がいない時は、本来の十八番の味じゃないらしい(後日調べ) そりゃないゼ…。




味の評価:★★★+☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】七福(福山市東桜町)




七福(外観)

すでに取り壊しが決まっている「繊維ビル」の中にある福山の名店だ。




七福(ラーメン)
(ラーメン)






七福(塩)
(塩ラーメン)




七福(おにぎり)
(おにぎり)



<ひとくちメモ>
大将の実直さの通りピンッと張った「はせべ」のストレート麺に、おばちゃんの温もりが詰まったボリューミーなチャーシューとおにぎり。
そしてお二人の愛情と歴史が積み重ねたどこまでも奥深く後味柔らかな香りのいいスープはもう絶品だ。

移転先が決まっていないため、08.2末までの営業ということだが、この味が絶えてしまうのは残念で仕方ない。
お二人ならきっとどこかでこのスタイルを守って下さると信じているぞ!



味の評価:★★★★★



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一蘭・キャナルシティ博多店(福岡市博多区住吉)




一蘭(外観)





一蘭(重箱)

重箱:佐賀県有田町の窯元特注



一蘭(ラーメン)
(ラーメン・キャナルシティ店限定「重箱どんぶり」)



<ひとくちメモ>
小倉や上野や六本木で食べてきた一蘭は一体何だったんでしょう。 やはり聖地・博多にはエース級がいました。

とんこつのワイルドなガツン系と、ポタージュのように滑らかな上品さをガーリックオイルと「秘伝のたれ」がギュッと束ねて一層旨味を高めている。
厚くてトロトロのチャーシュー、白くて半熟の玉子、バリカタ小麦ザクザクの極細麺、どれをとってもバツグンの旨さだ。


味の評価:★★★★★


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

十割亭・安部山公園(北九州市小倉南区湯川)




十割亭(外観)


そば屋よろしく豚骨十割の「十割ラーメン」と、鶏2:豚骨8でブレンドされた「二八ラーメン」が楽しめる。
ひっきりなしに訪れるお客さんに、ご夫婦の流れるような息の合ったオペレーションは見ているだけで気持ちいい。
質・量・接客ともサービスレベルが高く、これからも益々繁盛されることだろう。






十割亭(二八)
(二八ラーメン) ※鶏ガラ2:とんこつ8


<ひとくちメモ>
ベースの豚骨スープ8割と、薄褐色の鶏ガラスープ2割が丼の中で交わり合う。
とんこつエキスが強過ぎて鶏ガラの風味を感じることはできないが、十割に比べると随分マイルドになりバランスが保たれて食べやすい。
とは言っても一般的には濃厚の部類だ。







十割亭(十割ラーメン)
(十割ラーメン) ※とんこつ100%


<ひとくちメモ>
トロミを含んだとんこつスープはかなり濃厚で、鼻を抜けるまろやかな香りと濃厚な旨みをダイレクトに味わえる。
溶かしラード多めだが、このスープのデキならむしろ不要に感じる。



味の評価:★★★★☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

魁龍・小倉魚町店(北九州市小倉北区魚町)




魁龍(外観)




魁龍
(ラーメン)



<ひとくちメモ>
創業以来毎日注ぎ足されるという「呼び戻しスープ」は久留米ラーメンの特徴だが、意外にもここは小倉に本店を置く。
骨が砕けるまで炊き込まれたザラザラ超濃厚スープと、鼻の嗅覚を失ってしまうほどの獣臭はまさに「どトンコツ」のネーミングにふさわしい。
余計な味付けは行わず、ドとんこつの旨みだけが尋常じゃないほど濃縮された一杯だ。

味のない細切りメンマと、あまりにもオーソドックスに感じてしまう中細麺はひと工夫欲しい。

アテにならない舌のせいか、数年前ラ博(横浜)で出会った時より圧倒的に食べやすくなっている。
少しだけ万人嗜好に傾いたかな…。



味の評価:★★★★☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

TAIZO(福岡市博多区住吉)




TAIZO(外観)




TAIZO(ラーメン)
(とんこつラーメン)



<ひとくちメモ>
昼はギョーザやおにぎりの定食から、夜は酒も楽しめるメニューになる。

見た目とは違い意外とサッパリ系で塩分が強い。ちょっと薄っぺらく感じた。
(隣の方の「黒ラーメン」は表面にたっぷりのマー油がかかり、とっても濃厚そうだった)

麺はバリカタで食べ進めても、終盤ヘタれてしまうのが残念。

ここのチャーシューはとっても旨いので、もう少し分厚く切ってもらえるとありがたい。




味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鈴木商店(福岡市中央区赤坂)


鈴木商店(外観)

福岡では珍しい無化調・Wスープが特徴

麺は中・縮れで、これまた福岡ではめったにないタイプ





鈴木商店(博多塩そば)
(博多塩そば)



<ひとくちメモ>
鶏がらスープと煮干が効いた和風ダシを丼で合わせる動物系Wスープ。
揚げネギが加わることで、サッパリの中にほんのり甘味も感じられる。
ここの麺は、とんこつではなくこっちのスープに向いてると思う。



味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

丸太小屋みどりちゃん(高知市大手筋)


みどりちゃん(外観)




みどりちゃん(中華そば)
(中華そば)



<ひとくちメモ>
きれいな黄金色に澄み渡った鶏ガラ100%のスープに少量の醤油&塩味が加わり、鶏の旨味とサッパリ感がドンドン食欲を増進する。

麺は平打ち・細ストレートであまり見かけないタイプだが、このスープには実に良くマッチしている。
高知の街でしこたま飲んだ夜は、ここの屋台で〆るのが最適だな。



味の評価:★★☆☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

八千代(三好市池田町)




八千代(外観)


八千代
(中華そば)



<ひとくちメモ>
ラーメン屋さんというより、カレーやカツ丼・そば・うどんまで揃う大衆食堂だ。
店内は高校生からお年寄りまで幅広い層で埋まっており、
大半の方が「中華そば」を注文されている。

スープは鶏がらベースのアッサリ味で、
なるほどどの世代からも受け入れられる家庭的な味だ。
取り立ててインパクトはないが、昔よく家で食べてたラーメンを思い出した。



味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】来頼亭(佐伯区五日市駅前)




来頼亭五日市(外観)


店主は来頼亭@宇品で12年間勤めた後に、7年前にこの地で独立たれた


来頼亭五日市名刺




来頼亭五日市
(中華そば定食) ※ラーメン+チャーハン小+サラダ



<ひとくちメモ>
錦糸卵だけは宇品と同じだが、スープはツーンと刺さる動物系+ラード・ゼラチン質、そして塩分もかなり強い。
味・香りとも濃厚な一杯に仕上がっている。
個人的にはこのスープでの「塩とんこつ」を食べてみたい。

ここは無添加麺だが、普通に食べるなら「メンカタ」がオススメだ。

コッテリスープと、ほんのりウスターソースが効いた薄味チャーハンとのコンビネーションはGOOD。

#一杯づつお湯を張って丼を温めるなど、ご夫婦の息の合った丁寧な仕事ぶりは何よりのスパイスである。



味の評価:★★★+☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

まひる屋(佐伯区八幡東)




まひる屋(外観)






まひる屋
(道ラーメン) ※「道」=「尾道」




まひる屋(チャーハン)
(チャーハン)



<ひとくちメモ>
醤油の香り・甘味が引き立った尾道ラーメンだ。
醤油が先に立ち過ぎて、ベースであるスープの味が伝わってこない。イイ線行ってるだけに残念だ。。

麺は定番の「はせべ・平打ち」のため、メンカタで小麦の香りと食感を味わうに限るな。

チャーハンは、ゴマ油と玉ネギの香りを抑えるともっと旨いと思う。
「小」でも満足のボリュームは嬉しい。



味の評価:★★★+☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【移転】海風堂(中区紙屋町)



移転します




海風堂(外観)


スープは適度な濃度のとんこつ系で、動物系のコクは十分だ。
チャーシューは炭火で炙って出されるため脂身もアツアツで旨いのだが、スープに炭の香りが移ってしまうのがもったいない。
(チャーシュー麺にすると、スープ全体が炭の香りに化ける)


海風堂(しお)
(とんこつ塩)


<ひとくちメモ>
口当たりがマイルドで、とんこつの風味をダイレクトに感じることが出来る。
麺は博多系極細麺で限りなくとんこつラーメンに近い。






海風堂(しょうゆ1)
(とんこつ醤油+チャーシュー増量)


<ひとくちメモ>
香りのいい醤油ダレが効いて、ひとくち目で食欲をそそる味だ。
腰の強い黄味がかったツルツル麺もよく合っている。

#画像悪くてすみません。。



味の評価:★★★+☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

幸来軒(三原市明神町)




幸来軒(外観)




幸来軒
(ラーメン)



<ひとくちメモ>
移転前は脂ギッシュなラーだったが、今回は意外にアッサリ。
スープは動物系と野菜が中心だと思うがどんな特徴があるのだろう??と考えているうちに完食。
結局最後まで分からないままだった。

ただ言えることは、以前と味の路線が変わってピントが定まらないこと。
そういえば、寡黙な店主の姿が見えなかったなあ。



味の評価:★★☆☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

喰海(尾道市土堂町)




喰海(外観)

窓際のすぐそこには尾道水道が広がる絶好のビューポイントinメーラン

使用する食材は、「地産・安全・安心」を掲げたお店




喰海
(尾道ラーメン)




喰海(チャーハン)
(チャーハン)



<ひとくちメモ>
魚介の風味は感じなかったが、説明によると動物系とのWスープとのこと。
アッサリスープに背脂のマッチングが良い。

県内産の小麦を使った麺は、尾道系(平打ち)とは異なる細麺で旨い。
ただし、スープの上層・下層で塩分濃度が違うこと、相方のラーとチャーシューの枚数・元ダレ配分が異なる点においては改善の余地アリだ。

そしてチャーハンはフレッシュさがない。。
「地産食材」を活かした丁寧な仕事こそが顧客への「安全・安心」をリターンする。
繁忙期であったからこそ店主のこだわりを発揮して欲しかった。



味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

太平楽(島根県松江市朝日町)




太平楽(松江市朝日町)
(ら~めん)



<ひとくちメモ>
松江ラーメンの老舗中の老舗店。
朝早くからオープンしており、お昼のピーク帯には早々にスープ切れ(閉店)のこともしばしば。
スープは濃厚な鶏ガラ塩味がまろやかで旨い。ただし化調が多いなあ。。

中太麺は柔らかめで提供されるので、普通で食べるにはメンカタ必須だ。

※ご高齢の店主のご活躍を願って止まない


味の評価:★★★★☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

陽気・横川店(西区横川新町)


陽気横川(外観)

広島ラーメンの名店・陽気(江波)の姉妹店


陽気横川(中華そば)
(中華そば)


陽気横川(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ配分多めで滑らかなスープは味のバランスも良く、
マイルドでとても丁寧に作られた一杯だ。
本店より若干脂分多めで、デフォルトでもにんにくが香る。
原田のツルツル細麺はこれにピッタリマッチする。



味の評価:★★★★☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

吉村家(横浜市西区南幸)




吉村家
(ラーメン)



<ひとくちメモ>
デフォルトでほうれん草・のりが乗っかるのは、「家系」の特徴。
大量のとんこつ・鶏ガラを炊き上げて作るスープはまさにド・濃厚。
醤油辛い&大量脂でギトギトのため、他に類を見ないド級のインパクトを誇る。

極太麺はワシワシがっつく感じで、空腹時にはもって来い。
これこそが正に家系の象徴である。



味の評価:★★★★★



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-