2017-03

隼(安佐南区祇園)


隼(外観)

喫茶店を射抜きに
軽快なBGMが流れる明るい店舗


隼(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


隼(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨を圧力鍋で2時間煮込み、一日寝かせた後に
鶏ガラと共に10時間かけて抽出されるというスープは、
中程度の濃度でシャバくて甘みを帯びたマイルド系。

塩ダレがスープに程良くマッチしているため、
マー油のビターな風味が過剰な演出に感じられる。

地元・三田製麺所のストレート麺は
強いコシを持ってスープを凌駕する存在感。

DK産の厚切りロールチャーシューにはカリカリに炙りが入り、
湯通し程度のキャベツのハリハリ感が斬新で完食の一助となる。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

市川商店(安佐南区西原)


市川商店(外観)

好きが高じて
探究心のまま我流ラーメンを


市川商店(魚介と豚骨の濃厚ダブルスープらぁ麺)
(魚介と豚骨の濃厚ダブルスープらぁ麺)


市川商店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
注文の都度手鍋で温め直されるスープは、
動物系エキスにザラついた魚粉が詰まった所謂マタオマ系。

スープにはコラーゲン状のトロミがあって
三田製麺の中細ストレートに良く絡むが、
マタオマ路線なら慣れ親しんだ多加水太麺を所望する。

炙りが入ったバラチャーシューは甘い味付けで、
太メンマ・青ネギ・白髪葱らのシャキシャキ感が小気味良いアクセント。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

スター&プラチナ(安佐南区祇園)


スター&プラチナ(外観)

塩元帥卒業生は
強烈なジョジョマニア


スター&プラチナ(白金プラチナ)
(白金・プラチナ)


スター&プラチナ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏節という珍しい素材から摂られるスープは、
乾物特有の深みを伴った優しい鶏清湯。
そこにキノコの香味油が乗っかり特有の風味を放っている。

塩ダレは藻塩・岩塩など3種のブレンドで、
スープの旨味を柔らかくサポートしている。

鶴見の細麺は手揉みによって軽いウェーブがつき、
潰し込むと小麦の風味が抜けて行く。

花かつおに似せた極薄切りの鶏節に、
エノキ・青菜・白髪ネギに糸唐辛子らが
丼を華やかに彩っている。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

佐竹家(安佐南区古市)


佐竹家(外観)

大手門の仕事がそのままに
新たなハコで進化を続ける


佐竹家(らーめん)
(らーめん)


佐竹家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
都度手鍋で温め直される均一スープは、
豚骨・鶏ガラをベースに野菜・昆布・鰹節を合わせて
カエシの風味とデフォの胡椒辛さが立ったライトな路線。

合わせる自家製麺は潰れ気味のストレートで、
ダマが残るボソボソ食感は残念なロットを引き当てたよう。

4枚のチャーシューとミンチから肉系エキスが染み出し、
中盤以降からはコクが増して良い塩梅へと進化する。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

玉一(安佐南区西原)


玉一_5(外観)

肝っ玉かあちゃんの店舗運営は
合理化とオイルとを濃く深化させたモノ


玉一_5(中華そば)
(中華そば)


玉一_5(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
休眠中の厨房では非寸胴方式で運営し、
作り置きスープにカエシを合わせた後に
小鍋で沸騰させて提供するブレのない仕様。

表面には深い深いオイルの層を形成し、
重厚な動物出汁に芳ばしい風味が乗っかる。

デフォでカタメの原田は、
低加水ならではのザクッとした切込み具合いと、
プレス後に粉っぽさが残るジャストなコンディション。

フォーメーションの変更と伴に、
イニシエタイプの広島系へと変貌を遂げている。



味の評価:★★★★☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

めんめん(安佐南区高取南)


めんめん_3(外観)

経営母体が一新し
活気溢れる若者が厨房を守る


めんめん_3(ラーメン)
(ラーメン)


めんめん_3(麺)
(麺)  ※細麺



<ひとくちメモ>
スープには以前のような獣臭は存在せず、
正攻法で摂ったダシに川中醤油のかえしを合わせ、
オイルをアドオンしてコクと香りが補完されたデキ。

#28の細麺をメンカタコールした特注麺は、
強力粉を練り込んで食感を強め、
ホシを排除して色相を出すといった独自の拘りにて
「最高級の中華麺」とインフォされる。

従前のワイルド感は影を潜めたが、
広島風醤油豚骨の王道的な路線でリニューアル。



味の評価:★★★+☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【再開】めんめん(安佐南区高取南)


めんめん(外観_2)

ココには33年間蓄積され続けた
“快美な獣臭”がある


めんめん(ラーメン_2)
(ラーメン)


めんめん(麺_2)
(麺)



<ひとくちメモ>
明るい茶濁色を一面に湛えた丼には、
33年間に渡って磨かれた技術が詰め込まれている。

カウンター越しに見て取れるその勇壮な鍋振りスキル…、
幼児から年寄りまで包み込む溢れんばかりのホスピタリティ…、
獣臭を伴うシャバくて確かなダシ感にパキパキ状のメンカタ…。

ラス前に入れてに当たりだった。
ラス前に記憶に刻んで正解だった。
おそらくラストになるであろう一杯に、身もココロも満たされました。

ラストの日まであと少し頑張って走り抜いて下さい。



味の評価:★★★★☆
(以前の評価:



地図はこちら



めんめん(閉店)




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

明明 中国北方小吃(安佐南区緑井)


明明_002(外観)

街の中華屋シリーズ20
(たまには半チャンも入れるヨ)


明明_002(ラーメン)
(ラーメン)


明明_002(麺)
(麺)


明明_002(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
もっちり&しっとりタイプの半チャンは、
まるで全チャンクラスのサービス盛りで提供される。
本国ノリの心意気は嬉しいものの連食どころか
晩酌のスペースまでをもチャンによって浸食されてしまう。

しかしこのしっとり系半チャンは、お米本来のモチモチ感が活かされており、
つい熱々を口一杯にほうばってしまう程の魅力を持ち合わせている。

ラーメンのスープは無化調の香草系であることから、
口一杯にブチ込んだ半チャンを
漢方成分によって爽やかに溜飲させてくれる。
セットで生まれてこそ輝きを放つ魅惑の半チャンセット。



味の評価:★★★★☆
(以前の評価:



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

木鶏製麺所(安佐南区大町西)


木鶏製麺所(外観)

新店ハケーン!
ていつの話やねん


木鶏製麺所(拉麺)
(拉麺)


木鶏製麺所(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
週末の貯蓄と自身のイチモツに関しては“馬”の恩恵を強く受けているが、
こちらの拉麺には馬骨エキスがメインに使われているという。
老鶏もが配合されているらしいが、表面の背脂によって全てがマスキングされ、
馬並みのバカ舌を持つ身にとっては馬の耳に念仏。

店舗訴求の自家製麺はエッジのあるストレートで、
モソモソとした麺肌といった印象を強く植え付ける。
ソモソモ古いキャッシュを頼りに脆弱なCPUを起こすにはもう限界。。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋愛0028(安佐南区緑井)

麺屋愛0028(外観)

オレ様風に掛け合わせるならば、
“麺屋 無0050”てな具合に収まるのだろうか


麺屋愛0028(らー麺)
(らー麺) ※海苔はオープン記念品


麺屋愛0028(天地返し)


麺屋愛0028(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ビジュアル及び構成はソレに近付けてあるが、
“魂”という最も肝要なスパイスが欠落している。

名古屋でのOJTがそうであったのか、
12時間煮込んだにしては丼も寸胴も若大将までも
サラリとしていてクセもなければガツンも希薄。

非オーション及び非カネシで構築される小山に、
100万円をも強要されるヤサイのOPは明らかな亜流路線。
この地この箱このスタイルにて永続的な奮起を見守りたい。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

くら寿司・広島祇園店(安佐南区祇園)


くら寿司(外観)

いやはや、
回転寿司屋にやって来てまでラーとは・・・


くら寿司(着丼)

くら寿司(魚介醤油らーめん)
(魚介醤油らーめん)


くら寿司(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
回転寿司屋の多彩な変りダネに混じって
無添加ラーメンがレーンを走る現代。

パウチツールによると「無添加」を筆頭に、
「10年の開発期間」、「7種の魚介出汁」、「魚を扱うプロが毎朝摂る」、
といったヲタ的景表法はグレーに触れる自称Wスープ仕様。

使う香味油は「秘伝の煮干油」によって風味を乗せるといった構成で、
価格設定に至ってはにぎり八貫分より安めの350万円也。
講釈だけ聞くと専門店をも凌駕する内容だが、
その実態はバカ舌クラスでは到底理解に及ぶはずもない。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

さんや(安佐南区緑井)


さんや(メニュー)

この夏、渾身の冷やし系 ④
(賞味期限内ダヨ)


さんや(つけ麺)
(つけ麺・5辛)


さんや(麺_つけ麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
辛さの範囲は1~5倍で、当然のように5倍をコールすると
逆に店側から身体を案じて頂けるという不気味な逸品。

真紅に染まったつけダレは「危険」とインフォされる通り、
脳天を突き刺すが如く狂った刺激に満ちている。

つけダレにはドロリとした粘度があるため
手繰る麺にも辛味要素がたっぷりと絡み付き、
終始逃げ場のない刺激に圧倒されることになる。

このクラスになると食べてる最中から痛みと共に発汗効果があり、
食後は欲したツーケーに着火して、この夏、熱く燃える男を演じたい。
(賞味期限切れ)



味の評価:★★★★☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天下一品・中筋店(安佐南区中筋)


天下一品(メニュー)

この夏、渾身の冷やし系 ③
(賞味期限切れダヨ)


天下一品(昆布醤油の冷やしラーメン)
(昆布醤油の冷やしラーメン)


天下一品(麺_昆布醤油の冷やしラーメン)
(麺)



<ひとくちメモ>
「昆布」が味の決め手と謳われるが、
自身のグルタミンより胡椒が前面に立っており、
更にはダシのエキスをエンミに占有されたかのような構成。

麺は冷たい水によってキュッと締められ、
シコシコとした固さでダシを弾き返すような無機質感がある。

肝心要の決め手が精細を欠く中、
グルタミン酸を注入して精気を取り戻し、この夏、ついにcherry boyとおさらばだ。
(賞味期限切れ)



味の評価:★★☆☆☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

柳麺(安佐南区安東)


柳麺_安東(外観)

街の中華屋シリーズ6
(たまには半チャンも入れるヨ)


柳麺_安東(ラーメン)
(ラーメン)


柳麺_安東(麺)
(麺)


柳麺_安東(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
中華屋と思えないほど和風に寄った味付けで、
ラーメンは昆布や節系が効いたライトなもの。
オイル・調味料などもほとんど感じられず、
その分手作り感に溢れている。

半チャンの味付けも同様の路線で
家庭料理の延長的な焼き飯チャーハンは
胃袋にも優しく安心して食べることが出来る。

トレンドに染まった胃袋が物足りなさを感じてしまうところなど、
郷愁を誘う半チャンセットといえるだろう。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【移転後】さんや(安佐南区緑井)


さんや(info)

中途半端を脱却し、
これまた中途半端な路地裏へ...


さんや(しじみらーめん)
(しじみらーめん・しお) ※期間限定


さんや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
宍道湖産の大振りなシジミが5つ投入されており、
澄んだ滋味系スープを期待するも
アオサやニンニクの風味が強く効いているため
シジミのプレーンなエキスを感知するに至らない。

エッジの立った麺はダシ感弱めのスープに融合せず、
麺の強さだけが引き立って感じられる。

一定のオルニチンを注入したという事実だけで
おそらくはレバーのケアに至ったであろう充足感を胸に、
翌日から一層の飲酒へと勤しむのでありました。



味の評価:★★★+☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

おいで、家(安佐南区大町西)


おいで家(外観)

原田の縁者が経営されるという居酒屋
兼つけ麺屋


おいで家(広島つけ麺)
(広島つけ麺)


おいで家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
広島風つけ麺としては珍しいコク系のつけ汁。
一般的な和風ベースにブレンドさた動物系のコクが厚みを加え、
そこに辛味要素を絡めて原田麺を啜らせる。

個人的嗜好の真ん中を突いているだけに、
”泥酔”といったハンディキャップさえなければ
旨さも倍増したことであろうて(虐)



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一白(安佐南区長束)


一白(外観)_003

横川の雑踏を抜けて
激戦の旧街道へと移転


一白(塩ラーメン)_003
(塩ラーメン)


一白(麺)_003
(麺)



<ひとくちメモ>
干し貝柱・干し海老が使われるスープには、
芳ばしくも磯のエキスに溢れており
粟国の塩による甘味が柔らかい塩スープを形成している。

ビジュアル的には意外にも茶濁しているが、
動物系の要素は弱くスッキリとしていて雑味は残らない。

メンカタオーダーの細麺は、序盤はスープを弾くような張りがあり
しんなりと馴染んだ程度が最良のコンディションと思える。

コンセプトに反してチャーシューには強い香辛料で味付けされているため、
繊細なスープを汚しているようであり、こちらに関してはアンバラ感を覚えた。



味の評価:★★★+☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

楽(安佐南区長束)


楽(外観)

前客4、後客1
サーブまで40分・・・、ッスカ!!

楽(つけ麺)
(つけ麺)


楽(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ヲタナラキチャダメ トイワレタラ
ドMナヲタナラ ヨロコビイサンデキチャウヨネ

ヲタデナクトモキチャダメ トハイワンケド
キット ホット モット
コノスキル
コウカイシチャウヨ

イライライライラ
ムカムカムカムカムカーッ!!

アジジャナイノ・・・
メニウツルママゴトガ ヲタヲハゲシククルシメルノデス
モウドMノイキヲコエテルノデス

800マンエン
ナイテルノデス・・・
タチノミイッケン
イケテルノデス・・・



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

津香飯店(安佐南区八木)


津香飯店(外観)

天津地域の料理が揃う
本場御家族による本格中華料理店、
の本格ラーメン


津香飯店(ラーメン)
(ラーメン)


津香飯店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
中華料理店のラーメンとしては珍しく深い濁りがあり、
獣臭を伴った動物系のコクが厚みある味を作り出している。
そこに野菜類の和風テイストが程好く効かされてあり、
それぞれの濃い素材感によりバランスが保たれてある。

本場の方に対してもメンカタコールのちに通訳にて、
エッジと芯の残る個人的最適なコンディションで味わうコチコチ麺は
スープに負けない強さを発揮している。

本格中華料理のみならず、ラーメンにおいても専門店さながらの
本格豚骨醤油が提供される。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

玉一(安佐南区西原)



玉一(外観_4)

以前と変わらぬ暖簾に
ホッとひと安心も…


玉一(中華そば_4)
(中華そば)


玉一(麺_4)
(麺)



<ひとくちメモ>
ハコとレシピは継承したものの、
動物由来のコクや乳化の度合い・カゼインの張りなど
赤みを帯びたソレ自体は再現性に程遠いデキ。

麺は従前と変わらぬ仕様で期待通りの旨さであったが、
チャはプロト版かと感じてしまう程にハッテン途上な仕上がり。

今後の進化を期待をしつつも、
ヲタに開花の予測を実感させてくれないところなど、リカバリへの道のりは遠い。



味の評価:★★★☆☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

めんめん(安佐南区高取南)



めんめん(外観)

めんめんで
めん入れたなら
めんこいサーブを受けるでしょう


めんめん(ラーメン)
(ラーメン)


めんめん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
初見ではスタンダードな広島風醤油豚骨に映るが、
ひとくち含むと軽い呼び戻しを思わせる獣臭が抜けて行き、口内ワイルド感に包まれる。
次の瞬間、野菜類のスッキリエキスがスーッと広がり、飲み口の良さを与えている。

麺はコシの強い潰れたストレートで、表面の滑らかさとコチコチとした食感は
バツグンの旨さを発揮する。

厚くカットされたチャーシューは、スープで戻すとホクホクとした肉質で、
味付けを抑えられた分強く主張せず邪魔にならない存在。

温めのスープにやや難アリだが、全体がキッチリまとまった完成度の高い一杯。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】我楽多(安佐南区古市)



我楽多(外観)

オールドスタイルのサテンで、
ヒーコーに並ぶ主力商品のメーラン


我楽多(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)


我楽多(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
濃い茶濁のスープは広島風醤油豚骨に映るが、
汎用物にオリジナル要素を加えたような味わい。

麺は事前インフォによると賛否に分かれるようだが、
取るに足らない凡庸なストレート麺。

ペラペラの薄いチャにおいても、汎用的な要素を感じてしまう。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天下一品・中筋店(安佐南区中筋)



天下一品(メニュー)

対決祭り企画による期間限定メニュー

『ニンニク入れますか?』
広島で聞く涙チョチョ切れるコールに、
自動的に首を縦に振りましたとさ


天下一品(味噌ラーメン)
(味噌ラーメン)


天下一品(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
かの天一特厚スープを牛乳で割ったというキワモノ系のスープに、
味噌のマターリした味付けで厚みを出している。
更にバターで炒めたタマネギ・キノコ類の香ばしくもマターリな風味も被さり、
濃厚な中にマイルド感を加えられている。
ただし炒め物は作り置きのため、熱々・シャキシャキ感が損なわれているのが残念。

麺は扁平な太麺でしっかりとしたコシがあり、濃い目のスープと合わせても
十分な存在感を発揮している。
表面がボソボソッとした具合でしっかりとスープを持ち上げ、
固めのコンディションとも程好くマッチしている。

こちらには炙りが入った鶏肉チャーシューがトッピングされるが、
味付け・肉質の食感などひと捻り欲しいところだ。



味の評価:★★★+☆
以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

玉一(安佐南区西原)



長かった一週間、 のうちの二日間…
ま、とりあえずおつかれちゃん♪

玉一(チャンジャ)

店側の心のこもったお尺 お酌のおもてなしに
昇天で応えるweekend




玉一(中華そば)
(中華そば)


玉一(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
本日のスープは動物系が荒々しく感じる程濃く出ていて、
更に表面には多めのゼラチン層が膜を張る。
そしてバランスを維持するためか、確かな生姜の風味も感じた。

メンカタオーダーするも、他のロットと混同されたようで
茹で上がりはデフォと同一。
個人的にはコチコチ状態が好みのところ。

トロトロチャーシューもカットの仕様が変わっており、
毎度違う表情を見せてくれるワイルドな一杯に
微笑ましさすら感じるストレスフリーのweekend。



味の評価:★★★★☆
以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

玉一(安佐南区西原)



玉一(外観)

閉店時間
 どこ吹く風の
  おもてなし(ゴチした)


玉一(ラーメン)



<ひとくちメモ>
動物系のコクがしっかり出たスープはドロリとしているが決してしつこくなく
不思議とマイルドな感じ。
表面には乳化膜が蓋をしている状態で、下層のスープと一体化させて成り立つようだ。
このロットには以前に感じた香辛料は消えていた。(バカ舌)

麺は広島では一般的な丸麺・細ストレート。
メンカタオーダーでプツプツとした食感が特徴的。

チャーシューは薄いトロトロ系で、スープを絡めて旨さが引き立っている。
そして店主の笑顔とおもてなしの接客が、何よりの旨みスパイスとなっている。



味の評価:★★★★☆
以前の評価:



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

げんこつ屋・祇園店(安佐南区西原)



げんこつ屋(外観)



げんこつ屋(あっさり醤油煮干しラーメン)
(あっさり醤油煮干しラーメン)



げんこつ屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ライトな動物系スープに軽い魚介・和風が加わったもの。
ガツンと響く旨味・風味はなく、
かえし醤油の特有な香りが丼から立ち上がる。

麺は細いストレートで、表面にはザラリとした抵抗感があってスープ乗りも考慮されている。
特筆すべき内容こそないが、スッキリ食べ進むことができる醤油ラーメンだ。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

玉一(安佐南区西原)


玉一(外観)

しばらく休業中だったが、
お客の熱いリクエストにより営業再開


玉一(ラーメン)
(ラーメン)



玉一(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ビジュアルからは濃い目の広島風醤油豚骨に見えるが、
マッタリくる濃度や雑味のないある意味クリアとさえ思えるスープ。
一杯づつ手鍋で温め直されるスープは、最初の数口まではほんのりショーガも顔を出し
はじめは塩分薄めに感じたスープも次第と馴染んでくる。
スッキリと啜れるスープは、汎用物などに頼らない純粋な手作り感がある。

麺はオーソドックスな中細ストレートで、
メンカタオーダーでは48秒を遵守して注文通りのコンディションで提供される。
ただし湯切りのスキルアップが今後の課題に映った。

多めに盛られた薄切りチャーシューは
ほのかな香辛料が香ったが、それもスープを纏って味が同調した。

メニュー(お品書き)が「おもてなし表」と表現される店内では、
”もやし抜き”の個別オーダーに、”チャーシュー増量”でおもてなしされる程の高いポスピタリティ。
味作りから接客までおもてなしの精神が息づいた確かな一杯といえる。



味の評価:★★★★☆

地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

来縁閣(安佐南区長束)



来縁閣(外観)

オープンまで時間を要したが、満を持して営業開始



来縁閣(ラーメン)
(ラーメン)



来縁閣(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
広島の中華料理店におけるラーメンとしては極めて珍しい白濁系。
ベースになっている豚骨エキスによる白濁で、濃度は弱くサラサラのシャバシャバタイプ。
そこに元ダレによる味付けが濃く効いて、物足りなさを補完しているかのよう。

麺はコシの弱いストレートで、中盤からヘタッて柔麺にシフトする。
トッピングには多めに盛られたモヤシの上に薄いバラチャーシューが乗っており、
とんこつラーメンの感覚とは異なる組み合わせ。
オリジナリティの高い中華料理店といったところか?他のメニューが楽しみ。



味の評価:★★☆☆☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

醍醐(安佐南区西原)



醍醐(外観)

昼食時はサラリーマンからガテン系の方まで、ボリューム満点の定食類目当てに繁盛している



醍醐(ラーメン)
(ラーメン)



醍醐(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
澄んだ醤油ベースのラーメンだが、ヘッドによるものだろうか?独特の香ばしさとバターに似たコクを感じる。
鶏ガラが基調となったスープは、アッサリしながら風味の良い中華屋さんのラーメンである。

麺はスープにマッチした細ストレートで、最後までしっかりとしたコシを保つ。
スルスルと抵抗感なく口の中に吸い込まれて来るようだ。

チャーシューは分厚いブロック状のものが2つ。
ゴツゴツと噛み締めると程好い味付けが口直しになり、思わずスープを所望するスパイラルで完食だ。



味の評価:★★★+☆






テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ひょうたんや(安佐南区祇園)




ひょうたんや(外観)

深夜営業の焼肉屋兼ラーメン屋 (もつ鍋もあるよ)

カウンターでは常連とおぼしき西洋人が
芋焼酎片手に
ホルモン突っつきながら
大将とコミにふける一幕も・・・



ひょうたんや(ラーメン)
(ラーメン)




ひょうたんや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
濁りのない軽い動物ダシにラードの風味を感じるアッサリスープ。
味付けの基本は醤油ベースで、チャーハンに付いてくるスープのようにサラリとしている。

麺は一見オーソドックスな細ストレートだが、これが意外なほどに腰があり噛み応え十分。
パンチの弱いスープのため、麺の旨さを強調させる組み合わせといったところか。

チャーシュー・メンマ・もやしのトッピングはどれも存在感が薄い。



味の評価:★★☆☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-