2017-09

次念序(鴻巣市滝馬室)


次念序(外観)

言わずと知れた
直系の遺伝子が冴え渡る


次念序(つけ麺)
(つけ麺)


次念序(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
良質な動物系エキスは濃厚なれどしつこくはなく、
魚介がビシッと効いて香ばしさを醸し出す。
甘み要素は微弱で、特製の七味を加えるとシャープに締まる。

毎朝打つ自家製麺は、純度の高い国産小麦と全粒粉が使われ、
茶褐色の極太麺を噛み締めると半端ないハードな弾力と、
全粒をすり潰した粉感覚がダイレクトに押し寄せる。

つけ汁にはバラ肉ロールチャーシューが2枚沈んでおり、
スープに馴染んで脂身はトロトロ状。
ブーメラン方式のスープ割りでサッパリ〆れば、
を凌駕する高品質な余韻と充足感に満たされる。
食後の丼底からは、お約束の骨粉&魚粉が見送ってくれる。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

呉田(さいたま市浦和区常盤)


呉田(外観)

JAZZが流れるスタイリッシュ空間で
ちゃぶ屋のスキルと探究心がスマートに融合


呉田(ざるつけ麺)
(ざるつけ麺)


呉田(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
平ザルを巧みに操って湯切りされた自家製麺は、
粉の褐色が浮き出てもはや蕎麦に近い秀作。
四角いエッジと滑らかな麺肌によってシャープな啜り心地を実現し、
細麺ながら強い弾力と潰し込むと小麦の風味が抜けて行く。

鶏豚魚介による清湯出汁は滋味系の旨味に満ちており、
醤油ベースの元ダレによって淡麗系に仕上げてある。

麺と同じ細さに揃えた固いメンマがアクセントになり、
一体で啜り込むとオイルのふくよかな風味に全てが包み込まれる。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

蕾・本家(さいたま市大宮区宮町)


蕾(外観)

個体差の異なる鰯から
その日一番ラーメンに合う煮干しを厳選調達


蕾(つけ麺)
(濃厚煮干しつけ麺)


蕾(麺)
(麺_あつもり)



<ひとくちメモ>
あつでオーダーした三河屋の太麺は、
表面パンパンの弾力と切り込みソフトな歯入れ感があって、
ふっくらとした麺のポテンシャルを楽しめる。

都度手鍋で沸騰させるつけ汁は、
ドロドロのトロミがついた濃厚エキスに、
片口イワシがメインとなった煮干出汁がブレンドされた構成。
予習ほどのニボニボ感はなく、重たいまったり感が占有するが、
お酢の投入によりキレが戻って全体のリバランスが図られる。

角切りキューブチャーシューはホロホロ状に柔らかく、
デフォ大量投入されていることから連食泣かせの満足感が得られる。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大咲(入間市野田)


大咲(外観)

メンに釣られて入間くんだりへ・・・
せめてアウトレットでモト取らなきゃ


大咲(中華そば)
(中華そば)


大咲(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
非元ダレ系の予め味付けされたスープには、
強烈に香る鰹節に加えて煮干し・宗太節・鯖節といった
数多の魚介系が複雑過多に折り重なる。
節系のエグミ・酸味全てが抽出されており、寝かせた醤油と丸く馴染んでいる。

デフォでも十分な麺量のある中太縮麺は、
ソフトな口当たりとモチモチ食感を持ち合わせ、
スープをしっかりと絡めて入って来る。

赤身のモモチャーシューは厚切りが故にモソモソとした肉の食感が残り、
半玉・海苔・ナルトのトピが永福町の名残りを想わせる。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

頑者(川越市新富町)


頑者(外観)

実家は製麺所、弟は二毛作運用中という
両血DNAで培養された業界きってのサラブレッド


頑者(つけめん_2)
(つけめん)


頑者(麺_2)
(麺)



<ひとくちメモ>
ゲンコツ・鶏ガラ・もみじ等による動物系と、
煮干や数種の節系を使って強烈な魚介系が合わせられている。
更にザラつくほどの魚粉も投入されており、
節系がもたらす苦味すら感じる程の強い魚介テイスト。
ただし、動物系の厚みがしっかりと下支えしているため、
両者が見事なまでの均整を保っている。

うどんクラスの極太麺は毎朝打たれる自家製であり、
強いコシと滑らかな喉越しが共存したもの。
口の中でしばらくの間咀嚼させるのだが、
スープをキッチリ連れて来ているため
麺が一人ぼっちになってしまう心配もない。

つけ汁の底には煮豚っぽいチャーシューに
柔らかなメンマが沈んでおり、共に上々のクオリティ。

コレが味わえるなら、
店舗提唱の「総入替え制」にだって黙って服従出来てしまう。



味の評価:S
(以前の評価:



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

笑堂(川越市久保町)


笑堂(外観)

“二律背反と融合”とを経営理念に据え、
さらなる高みを目指し続ける精励店


笑堂(豚そば)
(豚そば)


笑堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
スーパーゴールデンポーク&ゴールデンポークの豚骨ダシに
魚介と野菜の滋養系要素が織り込まれたコラーゲン質たっぷりスープには
思わず笑みがこぼれてしまう位の完成度。

ド乳化の蓋をそっと掻き分け、素材のエキスが詰まった下層のスープには、
なんとご当地名産のさつま芋を使うことで柔らかみが補完されている。

博多直送の極細麺は、コナオトシの上位レイヤーである「湯気通し」が提供可能であり、
ベタナマ感と共に小麦の香りをダイレクトに感じ取ることが出来る。

麺とスープにザク切りの「特級博多ネギ」が絡まり、
三位一体となって相乗効果を発揮している。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

吉泉(川口市並木)




吉泉
(野菜つけ麺・醤油)



<ひとくちメモ>
コク・脂とも少なめのサッパリつけ麺だ。その分スルスルいける。
自家製麺だけあって、麺の茹で上げには相当なこだわりを持っておられる。
しかしとにかく待たされる。。



味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大勝軒・蕨(埼玉県蕨市)




大勝軒・蕨
(もりそば)



<ひとくちメモ>
大勝軒系列店では最も好みの味だ。
つけ汁は甘味・酸味を抑えて、十分なコクが感じられる。

麺も大勝軒ならではのしっかりとした太麺でモチモチ感も十分だ。
おまけに行列もないのが嬉しい。駅から遠いがしっかり歩いてガッつこう。



味の評価:★★★★☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

頑者(川越市新富町)


頑者
(つけ麺)


<ひとくちメモ>
濃厚なコクと魚介風味が強烈に効いている。
油も大量に使われているが、意外にしつこさは無い。
自家製の太麺は、プリプリした食感でつけ麺には最適。
入店時は総入替え制のため、文庫本持参は必須だ。



味の評価:★★★★★



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-