2017-12

富田食堂(松戸市松戸)


富田食堂(外観)

直営4号店は
駅近の大箱へとリニューアル


富田食堂(濃厚つけめん)
(濃厚つけ麺)


富田食堂(麺)
(麺)※あつもり



<ひとくちメモ>
厳選素材を駆使して提供されるスペックは、
国産地鶏のドロエキスに魚介と羅臼昆布特三のグルタミン酸を合わせ、
2種熟成木桶生醤油のカエシで旨味が融合されている。

自家製・心の味食品ブランドの極太麺は、
道産・九州産の特等粉をブレンドした褐色のビジュアル。
うどんクラスの麺幅であつでもガチムチ強固なコシを持ち、
臼歯で潰すとムッチリとした多加水の弾力を伴って落ちて行く。

アンデス高原豚の大判バラロールチャーシューは箸でも崩れる仕様で、
レンガのメンマはシャクシャクとしたソフトな繊維感覚。
どれもが高品質な素材達を高次のテクでまとめ上げた秀逸品。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

健勝軒(習志野市津田沼)


健勝軒(外観)

山岸氏のDNAを受け継ぎつつ
こうじグループで夢と事業を拡大中


健勝軒(つけめん)
(つけめん)


健勝軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
大勝軒シャバさを求めて飛び込むも、
意外にも高粘度ドロドロ状の濃厚豚骨魚介醤油味。
甘味も強く効いており、ヘビーな重たさが残る。

麺は大勝軒らしく純白の中太ストレートだが、
デフォでアルデンテ仕様での提供のため、
多加水のモチモチ度が掻き消された喉越し重視タイプ。

つけ汁には短冊チャーシューにメンマ・柚子・ネギが沈み、
湖面には海苔のお舟に魚粉が乗っかりナルトが映える。
中盤で魚粉をドロ汁に転覆させると、魚介が鮮烈にアップする仕様。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

梅乃家(富津市竹岡)


梅乃家(外観)

房総に竹岡式ありとして
全国にその名を轟かせる老舗店


梅乃家(ラーメン)
(ラーメン)


梅乃家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
漆黒のカエシをお湯で割っただけスープには、
チャーシューの煮汁によるジューシーな肉のエキスが満載で、
ドス黒いルックスとは異なるまろやか路線。
更に刻み玉ネギが醤油臭さを中和して、驚くほど好相性をみせるマスト品。

竹岡式で使用される乾麺は現在でも炭火で茹でられ、
漆黒スープをたっぷりと吸い込んでふっくらとした噛み心地と、
強い縮れで口内をうねりながら口溶けの良く消えて行く都一麺。

デフォ4枚入りの極厚チャーシューは
バラ肉の脂身にまで醤油味が染みに染みており、
ぷる~んとした柔らかな弾力を伴った極上品。
半世紀以上に渡り、ご当地で愛され続ける個性だらけの文化遺産。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

まるき(松戸市小根本)


まるき(外観)

とにかく、入れたら
とにかく、次ぎ次ぎ


まるき(中華そば・煮干しだし醤油ラーメン)
(中華そば・煮干だし醤油ラーメン)


まるき(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
永福町の流れを汲む純ニボ系大勝軒スペックは、
豚骨・豚背脂・豚スネ肉から摂られた動物系要素の中に
産地の異なる煮干しの群れを複数類泳がせ
最上級のカメリアラードで蓋をした極上スペック。

草村商店の中太を啜るたび煮干しの大群が押し寄せ、
無添加&非保存料がもたらすナマの小麦感が芳ばしさを放ちつつ、
ゴツゴツと奥歯で潰す反発が実に心地良い。

上質ロースチャーシューとほうれん草のトピがしっくり嵌り、
食後に訪れる唇ピトピト感が、しばらくの間、永福町の余韻を楽しませてくれる。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

兎に角(松戸市根本)


兎に角(外観)

立石出たら、とにかく京成乗れと
京成乗ったら、とにかく松戸で〆ろと


兎に角(つけ麺)
(つけ麺)


兎に角(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
大釜に都度麺を継ぎ足し、すっかり糊化した茹で湯によって
独特の潤滑を帯びた自家製の極太麺が提供される。
全てをワンオペで掃かせるあたりにコンディションを杞憂するも、
全くアンバラを感じさせないところは魔訶不思議なギミックの賜物。

その極太には小麦が高密度に詰まり、ヌルリとした擦過とモチモチ度に加え、
グルテンによる高反発感でもって口内を狂暴に駆け回る。

合わせるつけ汁は表面に乳化層とゼラチン質が膜を張り、
重厚な動物系のボディに節系と煮干しの魚介がガツンと効く。
更にはスルメのスメル的な鮮烈風味もアドオンされ、
極太を凌駕するに十分なインパクトを持ち合わせている。
とにかく、パない食べ応えと充足感が得られる松戸の雄。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とみ田(千葉県松戸市松戸)



とみ田(外観)

国内ラーメン界において名実ともに最高峰に君臨する人気店

いつの時間帯でもその行列は半端じゃない・・・


とみ田(つけ麺)
(つけ麺)



とみ田(麺)
(麺)



とみ田(スープ割り)
(スープ割)



<ひとくちメモ>
超特濃なつけ汁は、豚骨・鶏ガラを入念に炊き込んで骨から搾りに搾って旨味を出し
そこに煮干し・サバ節等の魚介が加わるという。
何かが過度に立つことなくマイルドなダシの掛け合わせ。
そして驚くべきドロドロ状態の粘度は、(一部で語られている情報によると)野菜を溶かすという技法が使われているらしく、意識して食べたせいか?事実動物系のしつこさはさほどやって来ない。

これに合わせる自家製麺は、小麦の香りが強い褐色の全粒粉・極太タイプで、ド級の力強さとモチモチ感がある。
麺につけ汁がドロリと絡みつき、ジャンクでありながら繊細さをも感じる不思議な旨さが襲って来る。

茹で豚は麺釜の蒸気を使って熱々状態に保たれるいった工夫が嬉しい。
スープ割はベースをアッサリ・コッテリから選択し、さらに刻みチャーシューとネギの無料トッピングも選べる。
柚が多めに入ることで清涼感が出るのだが、香りが強過ぎて個人的には不要に感じた。

いやはや、ラーメンという我が国の食文化は凄まじい勢いで新化し続けている。



味の評価:S






テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-