2017-11

丸信ラーメン・駅前店(福島市栄町)


丸信ラーメン(外観)

26時の〆の一杯は
吉牛よろしくコの字カウンターで


丸信ラーメン(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)


丸信ラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ビジュアルこそ澄んだ塩ラーメンそのものであるが、
下層には醤油ダレが潜んだ二段スープ仕様。
最初は鶏ガラの旨味をダイレクトに味わい、
途中から次第に醤油ラーメンへと進化して行く。

自家製の平打ち麺は強い縮れがついた中太タイプで、
麺肌ツルピカの滑り込みとフワフワとしたソフトな弾力を伴っている。
手仕込みチャーシューは、ブロック単位で販売されるほどの人気アイテム。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

牛乳屋食堂(会津若松市大戸町上三寄香塩)


牛乳屋食堂

芦ノ牧温泉も然る事ながら
会津でヲタ的マストの巡礼地


牛乳屋食堂(ラーメン)
(ラーメン)


牛乳屋食堂(麺)
(麺) ※手打ち極太麺



<ひとくちメモ>
ヲタ的経験値でも類を見ない極々太の平打ち麺は、
“少し細めのすいとん”と称されるほどのド級のインパクト麺。
手切り・手揉みによる不揃いな太さとうねりを伴って口内を大暴れし、
不思議なことに僅かの咀嚼で消えてなくなる。

昭和2年から変わらないというスープは“中国人直伝の支那そば”が基本になり、
香味油リッチながら適度な煮干しとカエシの酸味が軽やかさを演出している。

厚切りチャーシューは箸で崩れるほどホロホロに仕上げてあり、
昔ながらに現世のテクがひっそり溶け込んだ老舗の味。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

あべ食堂(喜多方市緑町)


あべ食堂(外観)

7:30から満員の店内には
おばちゃん達の明るい笑顔で溢れている
(朝ラーもできるヨ)


あべ食堂(中華そば)
(中華そば)


あべ食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
意外にもオイリーなスープには厚い豚骨出汁がベースとなり、
そこに煮干エキスが程よく効かされている。
地元醤油業者と共同開発したというカエシは、
特有の風味を放って力強いスープを作り出している。

多加水の熟成平打ち太麺は、潰し込むと強い弾力で跳ね返し、
ツルピカの滑りでもって喉越し良く落ちて行く。

バラチャーシューにもカエシに似た濃い醤油味が染みており、
モモ・バラそれぞれの赤身と脂身部位を味わえる。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

喜一(喜多方市関柴町上高額字境田)


喜一(外観)

一心に努力を惜しまない
喜一郎のDNAが味の決め手


喜一(Sio)
(Sio)


喜一(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
AM6:30にシャッターするも既に30人待ちという不思議な光景…。
洋食界出身だけあって通常の塩ラーメンとは一線を画し、
ネギの一片でも崩れてしまいそうな極めて繊細な上湯。

味付けには裏磐梯の会津山塩が使われ、
上湯の素材エキスを柔らかな丸みで包み込んでいる。

手もみの平打ち太麺は、多加水によるソフトな切り込み感と、
独特なコシと粘りによってモッチリとした潰し込み。

分厚いバラチャーシューはデフォルト5枚乗っかり、
これほどまでの極上スペックでありながら驚愕のワンコイン。
喜一郎を襲名するに恥じない努力の跡が伺える。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たけや(福島市早稲町)


たけや(外観)

横浜・広島あたりを彷徨った後
故郷の地で悲願のオリジナル出店


たけや(らぁめん)
(らぁめん)


たけや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラを6,7時間ほど煮立てて出汁を摂り、
細火で24時間かけて微調整するといった拘りっぷり。

鶏さんの旨味エキスにチー油を絡めて、
無化調ならではのスッキリ感が心地よく余韻に残る。

凡庸な中細クラスのストレート麺を合わせ、
6時間かけて仕込まれるというチャーシューは
草鞋サイズを食いちぎるといった肉肉しいリッチ感に溢れている。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

不二屋食堂(福島県郡山市堂前町)




不二家(外観)

創業60年を誇る老舗食堂店

メニューは丼物、定食、麺類まで30種以上が揃うが、断トツ人気は支那そばらしい



不二家(支那そば)
(支那そば)



不二家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨と鶏ガラを丁寧に炊き出されたベーススープに、濃口・薄口2種類の醤油をブレンドした漆黒のかえしが合わさって『郡山ブラック』が完成となる。
一見ショッパく思えるが、蕎麦つゆを彷彿させる芳醇な動物系と
甘味を含んだ滋味深い和風スープが合わさって、和の旨味に溢れたブラックスープ。

麺はゆるいウェーブがかかったプラスチッキータイプで、プリプリと強い弾力がある。
漆黒のスープを絡めて褐色に変化している。

チャーシューはミディアム加減のジューシーな肉汁に溢れ、しっとり柔らか。
これにメンマ・ナルト・ホーレン草がトッピングされ、漆黒の中に色彩と栄養バランスを取り込んだ老舗の配慮を感じた。

別皿で漬け物がついてくるのはご当地ならではのサービスか。



味の評価:★★★★☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

源来軒(福島県喜多方市字一本木上)



源来軒(外観)


大正末期に中国からやって来た藩欽星氏が、この地でラーメンを広めたとされる元祖老舗店

風光明媚な蔵の街でルーツに触れた〆の一杯



源来軒(ラーメン)



源来軒(麺)



<ひとくちメモ>
スープは鶏ガラが中心となり、軽めの魚介とほんのり生姜の風味を感じる。
コクを抑えてややシャバシャバっぽく感じるが、野菜エキスによるスッキリ感だろうか?
シンプルに見せかけて実は幾重にもアッサリ系の旨味が重なる昔ながらの醤油ラーメンだ。

麺は少し縮れた極太麺で、多加水ながらかなり硬めに上げられていることから
ゴムのように力強いムニュムニュ感と強靭なコシを持ち合わせている。

チャーシューは至って凡庸であり、ナルトがいかにもイニシエ系の風情を演出している。
食後には化調が表れ、口内をふんわり占有した。



味の評価:★★★+☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

坂内食堂(福島県喜多方市字細田)



坂内食堂(外観)


『喜多方老麺会』に属する人気店

平日、
朝、
7:50!!

朝ラーにまみれた至高の食生活・・・

そんな私的パラダイスがここにありました



坂内食堂(支那そば)
(支那そば)



坂内食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
軽めの動物ダシに薄味のかえしが加わった白湯スープのような味わい。
素材の角が取れて非常にマイルドな仕上がりだ。
これに絶品チャーシューから抜け出した肉汁の旨味が合わさることで動物系のコクを補完し、
芳醇なスープへと変化する。

麺は超多加水ならではのモチモチ感と、太麺の噛み応え、縮れの乱暴さが渾然一体となって
圧倒的な存在感を持つ。

ここの特徴でもあるバラチャーシューは、厚みがあって噛み応えあるジューシータイプ。
デフォルトでもリッチに4枚入りだが、『肉入り』をオーダーするとスープが見えないほど丼一面にチャーシューが敷かれる。

スープ・麺・トッピングそれぞれが最大限にその特徴を発揮できる条件を備えた仕様になってるようだ。



味の評価:S







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

まこと食堂(福島県喜多方市字小田付道下)




まこと食堂(外観)

『喜多方のれん会』に属する人気店

平日、
朝、
7:30!!
石を投げれば朝ラーにブチ当たる・・・

そんな私的パラダイスがここにありました



まこと食堂(ラーメン)
(中華そば)



まこと食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
意外にも鶏ガラでなく豚骨がベースとなったスープは、サラリとしながらもコク深い味わい。
表面には脂層があり、これは時代を意識したカスタマイズなのか。。
口に入れるとふんわり煮干しが押し寄せ、香りが引き上げるとエグみが鼻に残る。
そして口内には醤油のショッパさが後を引いてしまうのも残念。

麺は強く縮れた多加水・極太麺。
プルプルと口の中で弾む感覚が満足感を高めてくれる。

バラ・モモ2種類からなるチャーシューは透けて見えるほどの薄っぺらで、ここでもスタンダードの喜多方を裏切られた気分。

完食後の丼に当たりマークが出ると景品が貰える。
そんな茶目っ気施策は嬉しくもあり、これもトレンドへの適合なのか。。



味の評価:★★★★☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-