2017-10

修ちゃんラーメン(山形市香澄町)


修ちゃん(外観)

ケンミンSHOWでもお馴染み
駅前で飲んだら〆の修ちゃんいぐべ


修ちゃん(中華そば)
(中華そば)


修ちゃん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
肩ロースのチャーシューにナルト・海苔らで構成されるビジュアルは
みちのくに咲いたノスタルジック路線。

くどき上手で酷使したレバーにショッパめのエンミが浸透し、
鶏ガラの清湯系旨味エキスで優しく修復してくれる。

地元アダチフーズの特注麺は茹で前250gクラスもあるが、
多加水で膨れ上がった麺量もツルピカの滑り込みでもって
ワシワシと嚥下がススムススム。
深夜にすこだまんめぇ正統派が味わえる貴重な老舗店。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

金ちゃんラーメン(長井市舟場)


金ちゃん(外観)

老若男女が列を成す
地元民御用達のラ店


金ちゃん(ラーメン)
(ラーメン)


金ちゃん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラの清湯系に濃い醤油風味のカエシを合わせて
シンプルながら芳醇な醤油スープに仕立ててある。

自家製の手揉み麺は麺肌ふんわりで、
潰し込むとお餅のような粘りを伴ったモチモチ食感。
縮れ具合いも口当り良く、スープをしっかりと拾い上げる。

モモ肉チャーシューには醤油の味が染み染みで、
咀嚼と共にジューシーな肉汁との融合が楽しめる。
漬物が添付されての500万円はラーメン県ならではの優しい仕様。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鈴木そば(鶴岡市日出)


鈴木そば(外観)

本遠征最大の目的地は
今は亡きケンチャン魂が息付く取材拒否店


鈴木そば(こてっすず)
(こてっすず・小)


鈴木そば(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
煮干しが効いたライトな無化調スープの上に、
麺上げ用の平ザルと柄杓のプレスによって
コテな背脂が庄内に降り積もる雪の如く深々と注入される。

鬼ショッパなエンミと小でも200gの麺量は、
庄内では標準の組み合わせであり、
ゴワゴワのノコギリ麺は粉雪の如くサラリと溶けて消えていく。

庄内桜美豚の固く肉々しい赤身チャーシューに、
手裂きによる極細メンマのシャキシャキ感など、
それぞれが異なる食感と役割を担ってコテでもアッサリ完食。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

川柳(酒田市中町)


川柳(外観)

1948年創業以来地域密着型の
岡持ち系めん類専門店


川柳(ワンタンメン)
(ワンタンメン)


川柳(麺)
(麺)


川柳(ワンタン)
(ワンタン)



<ひとくちメモ>
めん類専門店を謳うだけあって、
実に40種ものメンメニューの中から
大半の客がオーダーするワンタンメン。

そのワンタンは箸で直立できるほどしっかりとした羽衣で、
そこそこの厚みもあってコシの強さが特徴的。

澄んだ動物ダシに魚介を加えた滋味系スープは、
かえしが全面に出てダシ感は控え目。

デフォでも大量の麺は、ワンタン同様に強いコシがあり、
うねりでスープを乗せようとするスペックだが
ハリの強さによって弾かれる感じ。

ソフトな黄金ダシにハードな羽衣メンの組み合わせは、
創業以来ご当地系を守り続けている手作りの味。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

満月(酒田市東中の口町)


満月(外観)

1960年創業以来日々研鑽&精進も
“ワンタンづくりにゴールなし”


満月(ワンタンメン)
(ワンタンメン)


満月(麺)
(麺)


満月(ワンタン)
(ワンタン)



<ひとくちメモ>
豚骨・鶏ガラの動物系清湯をベースに、
複数種の煮干しと節系のエグみをも織り込んだ
そばつゆを彷彿させる淡麗醤油味。

4種の小麦粉それぞれにカンスイと塩を練り込み、
その後4層に貼り合わせるという独自製法の自家製麺は、
シルクの配合によるツルツルとした滑りと
プリプリのコシの強さと千切り感が心地よい。

新聞が透けて見えるほど極薄のワンタンは、
トロけるほどソフトな口当りながらも
箸で持ち上げ可能な粘り強さも持っている。

時間の経過と共に羽衣がスープを吸い込み、
更には餡の肉汁がスープに移り出て
刻々とした味変により深みと楽しみが増していく。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

喜久家(米沢市大町)




喜久家(外観)

創業50年の歴史を持つ
米沢屈指の老舗店



喜久家(中華そば)
(中華そば)



喜久家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ダシに米沢牛が使われており、甘めの味付けのスープはどこか下松系を連想させる。
しかし牛骨自体のコクが弱く、全体としてライトな仕上がり。
甘さが効いてるだけあって、醤油のシャープなキレが消えてマッタリ感が広がるスープだ。

麺は米沢特有のウェーブがかかっておりデフォ柔らかめでの提供。
麺の表面が溶け気味で、本来のポテンシャルが薄れていたように感じた。

チャーシューは赤身の部位とバラ・ロールタイプの2種類で、ホロリと崩れるほど柔らかい。
現代の味に適応した老舗米沢ラーメンに思えた。



味の評価:★★★+☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

きよえ食堂(米沢市大町)



きよえ食堂(外観)

天地人を求めて
そんぴんの地へ・・・


きよえ食堂(中華そば)
(中華そば)




きよえ食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
丼からはフワリと煮干しの香りが立ち昇り、脂分のない澄んだ醤油ベースの和風味が
ホッと心地好い。
鶏ガラを基本としたスッキリしたスープと煮干しの掛け合わせが実にマッチしている。

自家製の極細縮れ麺は、多加水で麺に僅かな空気を織込み、縮れた口当たりとゴツゴツ・モチモチ・フワフワ食感がたまらない。
佐野の青竹打ちに、コシと表面ツルツル仕様を加えたバツグンの旨さを持つ麺だ。

俗に言う毎日食べても飽きないスッキリ醤油味で、個人的には好みのド真ん中。



味の評価:★★★★☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

佐々木(飽海郡遊佐町吹浦)




佐々木吹浦(070805)
(ラーメン)



<ひとくちメモ>
魚介の効いたスッキリ上品なスープ。
鳥海山から下山したら、ここで至福を味わえる。



味の評価:★★★☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-