2017-05

うめ田(西区中広町)


うめ田(外観)

美人鍋からの業態変更と瀟洒なスペックに
擦れヲタ的にはコンサル臭がプンプン


うめ田(げんこつラーメン)
(げんこつラーメン)


うめ田(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
小洒落た純白切立丼に手鍋からスープを注ぎ、
乳化層の蓋の上に大判ロールチャーシューが鎮座する。
少量のスープは適度なコクがあるのに香りは微弱で、
甘めの味付けが後味にまったり余韻を残す。

カタの細ストレート麺は低加水のザクザク裁断が小気味よく、
青ネギがたっぷり絡んでフレッシュに啜らせる。

大判ロールチャーシューは箸で崩れるほどのホロホロ加減で、
小洒落た一体感についコンサル仕事を邪推してしまう。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たかふじ(西区南観音)


たかふじ(外観)

カウンターの大皿を肴に
一献から〆までを一気通貫


たかふじ(中華そば)
(中華そば)


たかふじ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
作り置きスープを都度手鍋で温め直して砂掛けBBAし、
お食事処でありながら本格手造りラーメンが提供される。
鶏ガラ主体のブイヨンスープを丼内で元ダレと合わせ、
豊かな風味と共に仄かな酸味でキレを効かせてある。

平ザルを使った本格的な麺上げスタイルは擦れヲタを魅了し、
エッジが立ってコシの残ったコンディションにて上げられた麺は、
一本一本が伸びと粘りを保ったジャストな仕様。

デフォで3枚のチャーシューが乗って450万円とは、
ご夫婦の心意気が反映されたあんしん設定。
近所にあったら根城にすること間違いなしの良心店舗。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

華味(西区楠木)


華味(外観)

飲みホに食いホに
柔軟対応可能な中華店


華味(1コインラーメン)
(1コインラーメン)


華味(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
安いからってケチることなく6枚入りのチャーシューに、
モヤシのタワーと2束のチンゲン菜が入る豪華盛り。

八角が香る中華スープは地元北京の名残りがあり、
ザクザクの極細麺を掛け合わせるあたりは日本寄りか。
あっさり滋味系だが、中盤以降からはチャーシューの肉汁がスープに移り、
程良いコクを伴って完食させる。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

餃子センター・三篠店(西区三篠町)


餃子センター・三篠店(外観)

オーナー夫婦と常連酔客らで
大盛り上がりの店内にポツンと擦れヲタ


餃子センター・三篠店(ラーメン)
(ラーメン)


餃子センター・三篠店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
平ザルを巧みに使って麺上げを行う背中は
まさに年季の入った熟練工。
ただしヤワヤワに茹でられたソフト麺のため、
コレではせっかく身に付けたスキルもトレジャーの持ち腐れ。

出汁感のない醤油風味のザ・中華屋スープは、
幾度も味見を重ねたうえでサーブされるが、
やたらと甘いチャーシューによって着丼後の味変は計算されていない。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

黄龍(西区上天満町)


黄龍(外観)

着座するやいなや
ノレンを取り込みーの、ガチャンと置き去りーの、
さっさと帰ーれの、かな (´Д`;)


黄龍(ラーメン)
(ラーメン)


黄龍(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ビジュアルこそは茶濁の広島風に思えるが、
サラッサラのシャバッシャバで明らかに出ていない。

エッジのあるストレート麺は存外加水率が高く、
潰し込みはモッチリ食感。
焼き目の入ったモモチャーシューはサッパリ軽めで、
全般的にライトな仕様で統一されている。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

来るくる茶屋(西区己斐中)


来るくる茶屋(外観)

弁当屋で提供される
“昔ながらの中華そば”


来るくる茶屋(昔ながらの中華そば)
(昔ながらの中華そば)


来るくる茶屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
着丼後、即刻大量モヤシを駆除してプレーンをキープ。
スープは注文の都度手鍋で温め直して提供され、
茶濁のオイルOFF仕様にはフレッシュな肉汁エキスが詰まっている。

麺はザラつきのある麺肌でスープを拾い、
しっかりとしたコシが最後まで残る。
昔ながらを謳うだけありデフォ砂掛けBBA状態で、
控えめな各パーツがイニシエ風情と共にしっくり馴染む。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大芝食堂(西区楠木町)


大芝食堂(外観)

本格大衆食堂で味わえる
本格中華そばの極み


大芝食堂(中華そば)
(中華そば)


大芝食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
想定外の明るい濁りを湛えたスープには、
厚みのある動物出汁に魚介の要素が合わされたもの。
表面に浮かぶ天然由来のオイルは芳ばしく、
風味とコクがアドオンされている。

合わせる細麺はデフォでもかなり固めに上げられて、
麺肌の滑りにオイルを纏ってスルスル入り込んで来る。

デフォで砂掛けBBA仕様もさほど影響はなく、
一杯420万円を考慮すればヲタ的至極のクオリティに思える。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山ちゃん(西区山手町)


山ちゃん(外観)

 →
山ちゃん(入口)

シャッターする薄気味悪いヲタに対しても
笑顔で迎え入れてくれる優しき女将


山ちゃん(ラーメン)
(ラーメン)


山ちゃん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
お好み焼きとの二毛作営業のため、
ラーメンに関しては作り置きスープを温め直して提供される。
スープからは動物系の濃いダシ感と共に生姜の風味が現れ、
甘味の要素も取り入れた完全手作り品。

升萬の袋から取り出される麺玉は、
切り刃#26クラスの極細系で強い張りを伴っている。

お好み焼き用の鉄板で炙りを入れたバラチャーシューは、
厚みがあって肉々しくワンコインながらデフォ3枚入りのボリュームも嬉しい。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

うれしや(西区三篠町)


うれしや(外観)

トキさんの鬼ツマミで酔いしれたら
〆のラーはマストの方向で


うれしや(ラーメン)
(ラーメン)


うれしや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
冷蔵庫から取り出す汎用系をベースとし、
トキさんの確かな調理スキルによって
和風テイストへとカスタマイズが加えられている。

卵麺のフワッとした素軽さが啜り上げ易く、
泥酔ヲタの〆としては最適なスペック。

デフォ3枚乗せチャーシューとたっぷりメンマは、
〆なのに更なる酒を呼び込むツマミとしても利活用できる。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

与壱(西区三篠)


与壱_7(外観)

天然素材のみ使った
夜限定期間限定メニュー


与壱(完全無添加の開放らーめん)
(完全無添加の開放らーめん)


与壱_7(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
使う天然素材は以下のとおり↓

・大分産:しいたけ
・北海道産:羅臼昆布
・熊本産:もろみ
・長崎産:うるめいわし
・大分産:かつお節
・広島産:醤油
・保存料OFFの自家製麺

ゼラチン質を帯びた出汁感満載のベーススープに、
カエシの強さと甘味の要素もが織り込まれている。
メンカタ指定ながらコシの弱い自家製麺は頼りなく、
若干無理矢理感の漂うアンバラ設計は否めない。

トッピングには豚・鶏2種のチャーシューを添え、
青ネギ・短冊ネギ・モヤシがフレッシュに映える。
完飲後の丼底には、リッチな骨粉とモロミ殻が見送ってくれる。


味の評価:★★★★☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

丘の(西区観音新町)


丘の(外観)

広島にくまごり系という
新たなジャンルが誕生①


丘の(塩らーめん)
(塩らーめん)


丘の(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
工場生産によるスープをベースとし、
オイルとゴマ&フライドガーリックが芳ばしく香り立つ。
ライトなスープであるが故、炙りが香ばしいバラチャーシューと
テール状のほぐし肉系によって動物系要素がアドオンされた構成。

地元原田の細ストレート麺はメンカタ指定でベタナマ感が残り、
地産地消の観音ネギを絡めて啜るとGood。
ただし半タマを乗せて690万円は"Goodwill"を考慮した非ご当地設定。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

はせ川(西区東観音町)


はせ川(外観)

広島から福岡北海道が乱立する
ココはもうヲタ的パラダイスロードや~


はせ川(みそらーめん)
(みそらーめん)


はせ川(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
青葉出身の実力店主がひむろ分店の味を再現化。
注文の都度、鉄鍋で挽肉・野菜を炒め、
15時間煮込んだ濃厚スープをジュッと合わせる本場仕様。

味付けの味噌は3種の白味噌とゴマを独自ブレンドし、
豚骨・挽肉のコク・野菜の芳ばしさを融合させるマイルド風味。

北海道直送の小林麺は強く縮れた玉子麺で、
味噌ラーメンと王道のマッチングを誇る。

極厚メンマと大判チャーシューは食べ応えがあり、
山のように築かれた白ネギがシャキシャキッとフレッシュ感を吹き込む。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

グリルみき(西区横川町)


グリルみき(外観)

洋食屋で提供される
本格派手作り中華そば


グリルみき(中華そば)
(中華そば)


グリルみき(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
キレイに澄み渡ったスープは洋食名残りのブイヨン系。
あっさりながら芳醇な鶏エキスとチー油の風味が軽やかで、
デフォルトで振りかかる胡椒が実にマッチしている。

メンカタ指定での原田麺は、
平ザルできっちり湯切りされたザクザク状。
麺のポテンシャルが余すことなく引き出されている。

こだわりの手作りチャーシューには
洋食仕込みのスキルが反映された絶品、であるがショッパい。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

おかん(西区横川町)


おかん(外観)

擦れたBBAによる
擦れヲタ退治の汎用アタック


おかん(ラーメン)
(ラーメン)


おかん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
作り置きのスープを都度手鍋で温める方式で、
茹で上がった麺玉の上から熱々スープが流し込まれる製法。

甘~い醤油豚骨スープに厚~いオイルが合わさり、
重たさだけが後味に尾を引く汎用らしいスペック。

BBA独自の麺上げ作法によって上げられた麺玉は、
凡庸らしさがスープと良くマッチングしている。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺一本店(西区草津港・広島中央卸売市場内)


麺一(外観)

数多のメニューとカープの装飾で
市場の胃袋を熱くサポートしている
(朝ラーもできるヨ)


麺一(広島ラーメン)
(広島ラーメン)


麺一(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
黒田の去就を案じながらふと加盟店募集のツールが目に入り、
禁断の“清湯&豚骨”併存もが被さって一層の不安を掻き立てる。

明るい茶濁のスープはライトな動物系に魚貝を合わせ、
微量のガーリックオイルで風味付けされたもの。

博多クラスの極細麺はカタでベタナマ感が残り、
チャーシューは大判カットのパサパサ仕様。
市場でワンコインとくれば許容のスペックとして妥協できる。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

百八堂(西区中広町)


百八堂(外観)

信頼筋のたまり場で
偶然拾った高評価に釣られまくって・・・


百八堂(野菜ラーメン)
(野菜ラーメン)


百八堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
本国スタッフに「濃厚ラーメン」をコールするも、
現在のところ「野菜ラーメン」一択という想定外の変貌っぷり。

出てきた巨大な洗面鉢には炒めた野菜がどっさり盛られ、
芳ばしい風味が立ち昇ってくる。
下層のプレーンなスープは完全和風寄りのシンプルなもので、
探し求めた八角の姿は皆無。

予習のとおりメンカタ指定した細麺は、
パキッパキのハリがあって単体では旨いがココではアンマッチ。

推定マル業を絶って完全オリジナルへの進化は迎合だが、
もはや経過観察は不要に思える変貌っぷり。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

めじろ(西区東観音町)


めじろ(外観)

伝統と商業のあいだ ②


めじろ(中華そば)
(中華そば)


めじろ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
すずめの居抜きという時点で多くの話題を集めるが、
僅か2か月の修行で居抜かせてもらえるという伝承と、
呉海自カレーのFC展開という肩書に、
擦れたヲタの邪推と警戒心はMAXに振れる。

確かにビジュアル&味の構成とも高い再現性を誇るが、
うがった分析を入れるならゲンコツ・モミジ・カワとも以前とは弱め。
ただしスープは生き物である以上、今後の羽ばたきを静観したい。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

停さん(西区中広町)


停さん(外観_1)

停さん(外観_2)

数多のメニューが存在する
基本焼肉屋の〆専ラー


停さん(ラーメン)
(ラーメン)


停さん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ダシの薄いシャバシャバ系スープは、
レトロな汎用品を想起させるシンプル白濁湯。
豚骨のコク・香り共に稀薄で、拍子抜けするほどに出ていない。

合わせる麺は加水率高めのツルピカで、
豚骨系との組み合わせではアンバラ感も否めない。
ジャンル上、焼肉の〆として開発された汎用スペックと想定される。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

長春飯店(西区中広町)


長春飯店(外観)

盛りっぷりだけじゃないよ
ロープライスだよ


長春飯店(ラーメン)
(ラーメン)


長春飯店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
中華系の清湯スープには素材のダシ感が下支えし、
八角やらの香料が複雑な風味を吹き込んでいる。
そこにフレッシュなオイルを散らすことで、
コクを伴ったラ的なスープへと一気に昇華させる。

柔らかめの細麺にはスープと小口ネギがたっぷりと絡み付き、
小麦を潰すソフトな感覚とネギのシャキシャキ食感が小気味良い。

チャーシューにも香草類の香り付けが施され、
中華料理のスキルが色濃く反映された中華屋ラーメンの秀逸品。
擦れヲタ好みの番外品。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

がんぼ(西区草津新町)


がんぼ(外観)

5回もフラレ続けた末に
ついに出会えたはんつ氏オヌヌメの“広島中華そば”


がんぼ(昔ながらの中華そば)
(昔ながらの中華そば)


がんぼ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
巨大な寸胴型の圧力鍋で丸2日間炊き込まれるスープは、
豚さんの濃いエキスと甘味までもが抽出されており、
かえしの濃口醤油がシャープさとカドを感じさせる広島醤油豚骨系。
表層にはオイルが張り、仄かにガーリック臭も昇って来る。

メンカタ指定での原田麺は、小気味良い千切り感と
小麦粉の潰し込み感が同時に楽しめるコンディション。

たっぷりの細モヤシと青ネギにしっとりチャーシューなど、
昔ながらの広島風情が色濃く反映されている。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ぐっち(西区西観音町)


ぐっち(外観)

中休み前の昼下がりには
チャンネー渾身のOJT作品に出会える


ぐっち(らーめん)
(らーめん)


ぐっち(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
“現代風昔ながらの広島醤油豚骨”をコンセプトに掲げ、
独自研究の末に完成したオリジナル品は
鶏ガラOFFによる豚骨一本での濃いエキスに、
鶏ミンチを配合した厚いラード層を重ねたヲタ的現代路線。

メンカタ指定のOJT品はジャストな茹で加減による合格品で、
啜ると小麦が抜ける中細ストレート。

濃いスープに合わせるデフォ3枚乗せチャーシューは、
勇壮な和太鼓の力強さが具現化されたぐっち流。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

廣徳樓(西区井口明神)


廣徳樓(外観)

街の中華屋シリーズ13
(たまには半チャンも入れるヨ)


廣徳樓(メニュー)


廣徳樓(チャーシュー麺)
(得々麺セット:チャーシュー麺)


廣徳樓(麺)
(麺)



廣徳樓(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
ホール広ろー
キャク少なー
遊んでるー

ダシ出てなー
スープ温るー
チャー小さー

チャン少なー
具も少なー
セット高かー

泣いただろー
萎えただろー
折れただろー

ショショショショショショッ
ショーコーだー
ヒロコシだー
ムダメンだー

いつ入れたー
覚えてなー
もう書けなーい



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

陽気・横川店(西区横川新町)


陽気横川(外観_2)

世代交代が進む中
広島風醤油豚骨の原点を啜った(と思う)


陽気横川(中華そば_2)
(中華そば)


陽気横川(麺_2)
(麺)



<ひとくちメモ>
歴代からの伝統製法によって作られるスープは、
余計な要素に頼ることなく素材が持つピュアな旨味が詰まっている。
薄くもなければ濃くもない・・・、
最適なエンミと共に抜けるカエシの香りなど
全体として非の打ち所がない均整が保たれている。

原田の丸麺は、こういったスープと合わせる為が如く存在し、
胡椒を乗せたスタイルがこれほどに合うラーメンは他では数少ない。

チャーシューは昨今のトレンドを吹き込んで若干改良されており、
新旧共存した文化遺産はいつでも静かに君臨し、
定点観測がマストであることを改めて痛感させるのでした。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

華味(西区楠木町)


華味(外観)

華味(メニュー)

オープン当日、
溢れる客に慌てふためく現地スタッフら


華味(沢山チャーシューラーメン)
(沢山チャーシューラーメン)


華味(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
そこまで盛るか!と言わんばかりに
チャーシューがてんこ盛り状に乗っかり、
泥酔者の胃袋にはズシリと重く圧し掛かる。

肝要のチャーシューはふっくらホロホロ状に仕上げてあり、
軽快に食べ進めることが出来るのは酒の魔力であろうか。

プレーンのスープは軽い香草類が効いた中華スープだか、
7枚のチャーシューから肉汁が染み出て
中盤からはすっかり肉系のスープへとシフトする。

更にはバターに似た重たい風味もが感じられるため、
泥酔時には手を出さない方が懸命であろう。
いや、泥酔者なら誰も手を出さないであろうて。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

与壱(西区三篠)


与壱(メニュー_ゆずしお)

懸命のリカバリ作業も及ばずまだ秋口…
これが年内最後のラ更新

与壱(メニュー_ゆずしお2)

せめて最後こそはリアルに
前日(12/27)にdebutした限定モノで〆てみたい


与壱(ゆずしおラーメン)
(ゆずしお/ゆずしおラーメン/ゆずしおとんこつ)


与壱(麺_ゆずしおラーメン)
(麺)



<ひとくちメモ>
スープは特濃コラーゲン系の動物ダシに
柚子が添えられるという対極の合わせ技。

“手作りの柚唐辛子”は迎合だが、
フレッシュなヤツは柑橘ヤリ過ぎ感と
要所要所で口の中に残って厄介な存在に。

この“長崎産の塩”を使って強烈に所望するは、
余計な 柚子は無い方向の“プレーンな塩豚骨”。
そう、柚子が乗っからないタイプの“プレーンな塩豚骨”。
ソイツをいつかは頼んます。 ~粘着系ヲタより~



味の評価:★★★+☆
(以前の評価:



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

与壱(西区三篠)


梅塩とんこつ_終期Ver
(梅塩とんこつ) ※終期Ver


梅塩とんこつ_終期Ver麺
(麺)



<ひとくちメモ>
9月でお別れしたはずなのに、
卑しくも10月に入ってまで求め続ける粘着ヲタ。

秋風が肌寒さを与える中、
ヌルめの茶濁プースーにメーウーの酸味が
最後まで初夏の純白に戻ることなかった現実を叩き付ける。

在庫の状況如何であろうが、
もしかすると終期Verは本日まで楽しめるかも知れない。



味の評価:★★★★★(初期Verでの評価)
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

歩(西区天満町)


歩(外観)

街の中華屋シリーズ10
(たまには半チャンも入れるヨ)


歩(ラーメン)
(ラーメン)


歩(麺)
(麺)


歩(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
クリアな清湯系の中華スープは、
所望したとおりの軽いダシでスッキリそのもの。

安っぽくも張りのある麺は特筆すべき要素こそないが、
半チャンセットとしての相棒には相応しい控えめ感。

ランチタイムのチャーハンは残念なことに作り置きであったが、
それが故に米の芯にまで油が浸透してしっかり味が沁みている。
ラードに依存した風味付けで、あっさりラーメンとの組み合わせによって
双方の脆弱加減を補完し合っている。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山水苑(西区三篠町)


山水苑(外観)

街の中華屋シリーズ9
(たまには半チャンも入れるヨ)


山水苑(ラーメン)
(ラーメン)


山水苑(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
油分の無いスッキリ醤油味の中華系スープに、
分厚くカットされたチャーシューから染み出した甘味が
食べ進める過程で徐々に全体へと浸透して行く。

甘味があってコクは無く、且つ温めのスープにキレは無く、
まったり感すら漂ってくるところにデフォ・大量の胡椒と
細麺のコチッとしたシャープな加減がメリハリを利かせている。

終業前にも関わらず、忙しなく岡持ちが出動するところなど、
地元への密着っぷりが窺える。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

よいち・大芝店(西区大芝)


よいち・大芝店(冷麺_メニュー)

このクソ暑い今年の夏、
母店に続きコチラでも限定モノを提供中


よいち・大芝店(冷麺)
(よいち冷麺)

よいち・大芝店(冷麺_天地返し)
(天地返し)

よいち・大芝店(冷麺_麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
塩ダレとガーリックオイルとが直線的に感じられる味付けは、
複雑な味と風味とがぶつかり合ってアンバラ感を印象付ける。

茹で上がった原田麺をバケツの氷水で〆た後、
最後はテボに移して何度も水切りされるオペを眺めていると、
“湯切りは絶対に平ザルじゃけーねー、コレが一番よう切れるんよ”
と豪語するベテラン女将がフラッシュバックした。

“よく混ぜて”のインフォに天地返しで応えると、
酸味を伴った全ての要素が麺に馴染み、
殊更に麺の旨さだけが強調される。

冷え固まったチャーシューの白い脂身と、
冷やし系に添える冷たいメンマには全く食指が動かない。
おしい限定モノといったところか。



味の評価:★★☆☆☆
(以前の評価:



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

与壱(西区三篠)


与壱(梅塩とんこつ_メニュー)

このクソ暑い今年の夏
3年ぶりに限定モノを提供中


与壱(梅塩とんこつ_初期)
(梅塩とんこつ) ※初期Ver

与壱(梅塩とんこつ_中期)
(梅塩とんこつ) ※中期Ver

与壱(梅塩豚骨_初期_麺)
(麺) ※初期Ver



<ひとくちメモ>
初期(7月)のスペックは、上質な白濁系スープでクリーミーそのもの。
軽いトロミもついており、素材のピュアな旨味がギュッと詰まっている。

一方、中期Ver(現在)では、ビジュアルからも明らかな濁りが覗え、
砂被り席から観覧するに元ダレや梅の使い方など、
初期のソレとは微妙に異なるminor change.

個人的には断然初期派であるが、
後期(9月)にかけての変遷を見届けたいと思う。
こんな薄気味悪いヲタに粘着されて店側も迷惑この上ない話だろうが、
次回もよろしくにゃん。



味の評価:★★★★★(初期Verでの評価)
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-