2017-05

喜楽(松江市東朝日町)


喜楽(外観)

セットメニューが豊富な
近隣リーマンご用達店


喜楽(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


喜楽(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
松江らしく筆頭メニューであるところの塩ラーメンは、
弱い動物出汁をショッパいエンミで掛け合わせ、
多くの課長達によって丸く抑え込まれたクラシカルなデキ。

デフォでヤワの縮れた中太麺はふっくらとした切り込みで、
玉子麺特有の甘い香りも登ってくる。
分厚いチャーシューに半玉・メンマにモヤシを添えて、
お値段もクラシカルなままの450万円也。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

為セバ成ル。KAKERU。(松江市朝日町)


為セバ成ル。(外観)

資本の力が提唱する
スタイリッシュなエキナカ・ダイニング


為セバ成ル。(成ル麺。基味)
(成ル麺。基味)


為セバ成ル。(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
クセの無い軽やかなシャバ系豚骨スープをベースとし、
沖縄天然塩の塩ダレを掛け合わせた塩豚骨系。
遠くから甲殻類のような魚介風味も香るが、
表層に降り積もった背脂粒子の粉雪が甘味の要素も吹き込む。

バリカタでコールした麺は、意外にも多加水の中細麺縮れで、
ザクザクを捨ててプリプリを重視した弾力麺。

丼内に鎮座する巨大なバラチャーシューは脂身がトロけ、
食後のカリカリ梅で口内がリセットされる仕組み。
全般的に山頭火から牙を抜いたようなアッサリ構成。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

古志原ラーメン あっ!らーめん(松江市古志原)


古志原ラーメン あっ!ラーメン(外観)

ランチタイムの大混雑も
端整な親子鷹によって円滑に捌かれる


古志原ラーメン あっ!ラーメン(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


古志原ラーメン あっ!ラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
よく出た鶏ガラエキスに塩ダレが柔らかく融合し、
まるで殿堂店から若干名の課長を更迭した所謂松江系の象徴。

クネクネの中太麺は口当たりふっくら柔らかく、
潰し込むともっちりとした食感と共に小麦が鼻孔を抜けて行く。
バラチャーシューにはしっかり味が染み込んで鉄板の旨さを誇り、
あっ!と驚く派手さはないものの、松江スタンダードの王道を行く。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大翔(松江市殿町)


大翔(外観)

香川のラーメン学校を卒業し
とんてきを武器に地元松江で凱旋営業


大翔(大翔らーめん)
(大翔ラーメン)


大翔(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
大山鶏のガラに7種の魚介ダシ醤油を掛け合わせ、
表層に厚い香味油と背脂ミンチとでコクが加えられている。
其々の旨味エキスが奥深さを形成し、無化調でも納得の充足感。

手揉みの縮れ麺は不規則なうねりで特有の口当たりがあり、
乾麺に似た強いコシでワシワシと掻き込ませる仕様。

厚切りのバラ肉ロールチャーシューはふっくら柔らかく、
味玉は鉄板のデキで白髪ネギ&青ネギが異なる風味を放って箸を進める。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

トタン屋(松江市和多見町)


トタン屋(外観)

深夜営業の誘惑が
〆の連食という暴挙を招く


トタン屋(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


トタン屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
透明度が高いスープには鶏ガラエキスがきっちり詰まっており、
柔らかな塩ダレと最適に融合してく胃袋に染み渡る。

ややうねりのある麺は多加水でありながら
塩味スープを吸い込んで更に加水を高め、
ヤワの滑らかな啜り心地とモチッとしたソフト感。

粗挽き胡椒と胡麻が良いアクセントとなり、
小口ネギのシャキシャキ食感が連食の胃袋を再起させてくれる。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

isemiya527(松江市伊勢宮)


isemiya527(外観)

伊勢宮で酔い潰れたなら
千鳥足のまま527番地へ即直行


isemiya527(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


isemiya527(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラに野菜類を合わせ7時間炊き込んだスープは、
程良い濃度を伴った旨味エキスを湛えて、
沖縄とイタリア産の塩をブレンドした塩ダレが丸く包み込んでいる。

デフォで魚粉が降り掛り節系の要素を加えると共に、
ゴワゴワの縮れ麺にもダイレクトに絡み付いて
魚粉風味満載で啜らせる仕様。

自家製の厚切りチャーシューはテクの入ったトロトロ食感で、
独学で作り上げたという丼にはトレンドが入りまくった商業臭をも感じてしまう。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

長さん(松江市上乃木)


長さん(外観)

殿堂店が骨折で使えなくたって
朝9時から湖畔で啜れる幸せがある
(朝ラーもできるヨ)


長さん(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


長さん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
クリアなスープには鶏ガラ&豚骨による厚みと、
野菜類による爽やかさが見事なバランスで融合し、
塩ダレのあっさり加減が朝ラーの鏡の如く五臓六腑に染み渡る。

茹で上げた麺にスープを注ぐ所謂殿堂店方式が採用され、
米子特注の中太縮れ麺との相性はガチで松江スタイルの王道を誇る。

大判のバラチャーシューは箸で崩れるほどのホロホロ状で、
レンガのメンマはさっくりソフトな切り裂け感覚。
イニシエとトレンドが同居した丼には、朝から至高の幸せが一杯。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

つるつる亭(松江市寺町)


つるつる亭(外観)

東本で泥酔して伊勢宮に戻ったなら
〆の割子を〆るラーはマストの方向で…


つるつる亭(塩らーめん)
(塩らーめん)


つるつる亭(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
筆頭メニューの塩ラーメンは作り置きスープを手鍋で
温め直すタイプで、鶏ガラエキスが程よく効いている。
エンミは軽めであるため、出汁の旨味エキスがダイレクトに訴求してくる。
課長も常駐する松江風ながら、さほど気にならない程度の低配分。

多加水の縮れ麺はクネクネとした口当たりと
柔らかいモチモチ感でヨッパの咀嚼を助けてくれる。
伊勢宮で〆るなら、優先度高めのもはや老舗店。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

塩や(松江市菅田町)


塩や(外観)

魁龍とは真逆の路線にある
拘りづくめの塩系創作店


塩や(塩らー麺)
(塩らー麺)


塩や(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
マイナスイオン水を使って仕込まれるスープは、
滋味の動物要素に魚介とホタテの旨味エキスが乗っかって、
ムーの塩&モンゴル岩塩&粟国の塩をブレンドした丸いエンミと
数種の香味オイルが掛け合わされて琥珀色に輝く淡麗系。

パッツン・パッツンに張ったストレート麺は、
ツルピカの滑り込みで一気に口内へと達し、
サクッとした裁断の後に強い弾力を帯びたままプレスへと移行させる。

大判チャーシューに極厚メンマ、白髪ネギ・糸唐辛子が盛られ、
組み立て的にも洗練された都会派創作系を印象付ける。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天空(松江市学園)


天空(外観)

茶髪若夫婦による
丁寧且つテキパキなオペが眩しい


天空(つけ麺・塩)
(つけ麺・塩)


天空(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
筆頭メニューの塩をつけでポチッと。
厨房内では茹で上がった麺を幾度も丁寧にもみ洗いし、
しっかりと〆られた中太麺はコシ十分。

圧力寸胴鍋で5時間炊き出すというベーススープは、
梅をはじめとする酸味の要素があまりに強過ぎて、
動物&魚介等々全ての素材が〆られてしまった残念仕様。
乱切りのキューブチャーシューだけは自身の味を保持して、食べ応えアリ。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

太平楽(松江市朝日町)


太平楽_2(外観)

金之助氏不在も
若手(!?)の娘さん達によって歴史は継承される
(朝ラーもできるヨ)


太平楽_2(ら~めん)
(ら~めん)


太平楽_2(めん)
(麺)



<ひとくちメモ>
複数ロットで上げた麺に直接完成スープを注ぐ独自製法。
鶏ガラエキスの効いたダシにショッパめの薄口醤油と、
以前よりは影を潜めた課長の融合は従前変わらぬクラシカルなデキ。

中隆の黄色い縮れ麺は最初ボソボソとした食感であり、
大きなうねりで持ち上げたスープと調和してムチッと潰し込ませる。

赤身チャーシューに塩味メンマ・よく茹でモヤシのレトロな脇役達が揃い、
丼内で芸術的なマッチングを見せる350万円の文化遺産品。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

善ちゃんラーメン(松江市御手船場町)


善ちゃんラーメン(外観)

屋台で提供される
超絶ぶっきらぼう店主のラー


善ちゃんラーメン(善ちゃんラーメン)
(善ちゃんラーメン)


善ちゃんラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
和歌山風と称されるスペックは、
豚骨と鶏のモミジを8時間以上~と謳われるが
擦れヲタ的には非和歌山的汎用豚骨醤油かと邪念がよぎる。

チリチリのうねりが強い麺は、
少しの咀嚼でスーッと口溶けの良い出色麺。
ワンコインのラーならば許容の範疇でしょ。



味の評価:★★☆☆☆




地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

奨・伊勢宮店(松江市伊勢宮町)


奨(外観)

“東京で生まれ地元で育てられた”
某工務店が提唱する島根の味


奨(切立深口丼)

奨(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)


奨(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
白い切立深口丼にトレンドを詰め込んだルックスは、
中央あたりで量産される輸入Ver。

動物系が下支えするスープにショーガを香らせ、
表面に香味油を張って完成するコンサルスペックそのもの。

メンカタ指定の麺は、ゴリゴリ状のプラスチック麺で非メンカタがオヌヌメか。
極厚チャーシューにはふっくら柔らかのテクが入りまくり、
中央仕様の長ーい穂先メンマにおいても素直に旨い。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

かつみ(松江市学園)


かつみ(外観)

五反田で体得した秘技を
Uターンの地で花びら展開


かつみ(肉ワンタン麺・白)
(肉ワンタン麺3ケ入・白)


かつみ(肉ワンタン)
(ワンタン)


かつみ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ・豚骨・魚介に昆布らが融合したクリアな出汁に、
白醤油の妙技が映える穏やかなスープ。
動物系のコクの上に魚介がフレッシュ風味を注ぎ込み、
白醤油のカエシが上質感をもって纏め上げている。

平ザルで丁寧に湯切りされた麺は、
熱々スープに浸っても最後までダレることなく、
シャキッとしたコシと風味を放つ中細ストレート。
目を凝らすと、微細なふすまも確認できる。

こちらでのウリのワンタンは意外にも固めの羽衣で、
生姜や香辛料の香る餡をコンプリートに包み込んでいる。
スープ・麺・ワンタン全てが丼の中で融和した都会派路線。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】きらく食堂(江津市江津町)


きらく食堂(外観)

江津に息付く
久留米の新ジャンルⅡ


きらく食堂(ラーメン)
(ラーメン)


きらく食堂(麺)
(麺)


<ひとくちメモ>
五十年来の時を経て呼び戻されたイニシエの豚さんたちは、
クリーミーな口当たりで滑り込むと同時に力強い獣臭が鼻腔を抜け、
トロみを帯びた豚さん由来の甘みも後口に広がる。

麺は意外にもチャンポンクラスの太麺で、
低加水によるゴツゴツ感と丸麺特有のツルリとした滑り込みが心地良い。

本ロットでのチャーシューは脂身が大半を占め、
芯までしっかり味が沁みているが故にアブラーのアニマル感は皆無。

こんな辺境の片田舎にこれほど凶暴な豚さんが潜んでいようとは、
クルメも驚愕のド豚骨っぷり。
もちろんのこと完飲後の丼底には、お約束の髄&骨粉が顔を出す。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

九州ラーメン久留米(江津市和木町)


九州ラーメン久留米(外観)

江津に息付く
久留米の新ジャンルⅠ


九州ラーメン久留米(ラーメン)
(ラーメン)


九州ラーメン久留米(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
クルメはクルメでも“非呼び戻し系クルメ”よろしく、
サラリとシャバくてケモノもいなければスメルも皆無。

デフォで乗っかるベニショだけが勝ちすぎていて、
クルメの思い出を瞬時にして忘却の彼方へと誘ってくれる。
CP的にもクルメであれば1.8杯はいけるだろうて。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天水・長沢店(浜田市長沢町)


天水(外観)

国道脇にポツンと立つドライブイン的な店構え
昼食時には一見の観光客より意外にもご近所の方々で満席状態に


天水(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)



天水(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
クリアなスープからは動物系のコクや油分が感じられない醤油風味。
パンチに欠けるものの、昆布等の和風要素に元ダレのかえしがマッチしており、
アッサリと食べ進めることが出来る。

かるいウェーブのかかった麺は、
手もみ風の食感とムニュッとした弾力があって食べ応え十分。

厚手のバラチャーシューにザク切りネギ、
風味の弱いワカメにお飾り的なカマボコなど特筆すべき要素はないが、
店内に溢れるホスピタリティをもってすれば何でも許せてしまう。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

きんぐ(島根県出雲市大社町)



きんぐ(外観)

店側インフォによると、
出雲大社界隈では最も古い軽食屋としてラーメンを提供し続けておられる。
スープは50年間継ぎ足しで作られているというから驚きだ。

ここでは塩焼きそばにウスターソースをかけてる食べる『大社焼きそば』が味わえることで有名のよう。



きんぐ(ラーメン)
(ラーメン)



きんぐ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
透明度の高いアッサリスープは、鶏が中心となったコンソメ風味の中に生姜の香りが広がる。
塩味以外に余計な調味料・香辛料はなく、昔ながらの素朴なラーメンといった印象。

麺は地元の製麺所から仕入れる軽くウェーブのかかった中太タイプ。
表面のツルツル加減が口当たり良い。

トッピングには、大社地方ならではのカマボコ入り。
特別な旨味こそないが、これが大社スタイルだ。
シャーシューは小ぶりなペラペラで、シンプルな味付けがこのラーメンの味に溶け込んでいる。

サーブまで約20分強…
老舗の食堂らしからぬバタバタのオペレーションは痛かった。



味の評価:★★☆☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

太平楽(松江市朝日町)



太平楽(外観)

松江ラーメン界における老舗名門店
開店時間の10時には既にこの行列である


太平楽(メニュー)

そして、
ここだけ時が止まったかのような信じられない価格設定

大将とは実に十数年ぶりの再会となった



太平楽(ラーメン)
(ら~めん)


太平楽(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏配分多めの動物系スープと、醤油ベースの元ダレをあらかじめ寸胴の中で合わせてあるタイプ。
ベーシックなスープながら、独特の風味がたまらない。
化調が効いているのは松江ラーメンの特徴でもある。

麺はやや太めのウェーブ麺で、スープを乗せたモチモチ食感が実に良い。
最終の茹で汁ロットに当ってしまったのが残念だった。。

この価格でもきちんとチャーシュー・メンマのトッピングが乗っかるのは嬉しい。
ともに及第点のデキである。

#大将、長生きして旨いラーメンを守り続けて下さい



味の評価:★★★★☆




※地図ソフトではややズレて表示される



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

太平楽(島根県松江市朝日町)




太平楽(松江市朝日町)
(ら~めん)



<ひとくちメモ>
松江ラーメンの老舗中の老舗店。
朝早くからオープンしており、お昼のピーク帯には早々にスープ切れ(閉店)のこともしばしば。
スープは濃厚な鶏ガラ塩味がまろやかで旨い。ただし化調が多いなあ。。

中太麺は柔らかめで提供されるので、普通で食べるにはメンカタ必須だ。

※ご高齢の店主のご活躍を願って止まない


味の評価:★★★★☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

遊食空海(島根県出雲市)




空海出雲(外観)





空海出雲(ラーメン)
(ラーメン)





空海出雲(きのこチーズ)
(きのことチーズのラーメン・季節限定創作ラーメン)





空海出雲(チャーハン)
(焼きめし)



<ひとくちメモ>
ラーメンはマグロだしの効いたスッキリ&コクのWスープ。
洋食出身の店主は確かなスキルを持っている。



味の評価:★★★★☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-