FC2ブログ

2019-10

太華(岡山市北区表町)


太華(外観)

西大寺商店街で半世紀
今日も年配のご常連が昼ビーを楽む


太華(ラーメン)
(ラーメン)


太華(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
古い街中華と侮ることなかれ、
専門店を凌駕する動物&魚介のバランス出汁に、
程良いエンミのカエシが優しく束ねている。

ストレートの角麺はキリッとしたエッジを残し、
切込みはソフトな千切り感覚。

2枚のバラチャーシューは、
肉繊維のしっかりとした歯応えがあり、
薄味でナチュラルな脂身の甘みが味わえる。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

電幸(岡山市南区内尾)


電幸(外観)

夜は屋台で各地を移動する
昔ながらの夜鳴きスタイル


電幸(ラーメン)
(ラーメン)


電幸(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨&鶏ガラの濃厚スープに野菜の甘味が融合し、
ご当地風の甘辛カエシでまとめ上げた優しい味。

冨士麺ず工房のストレート細麺は
瑞々しい麺肌で滑らかに啜り込み、
低加水特有のパツンとした裁断感覚。

並々スープの下には3枚のバラチャーシューが潜んでおり、
トロトロ状に煮込まれた脂身はジュワッと甘く、
甘辛スープを吸った赤身は肉繊維がサックリ裂ける質感。
中盤からヘビーに感じるも青ネギの小山が見事に中和してくれる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

咲(岡山市北区野田屋町)


咲(外観)

戦後の復興を食で支えた
不滅の金字塔・岡ビル市場


咲(咲豚ラーメン)
(咲豚ラーメン)


咲(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
髄から抽出した濃厚な豚骨エキスに獣臭をも織り込み、
トロみを帯びたコラーゲン質がまったり感を醸成する。
豚の分厚いコクを引き立てるようにエンミも強く効かされる。

バリカタ指定の極細麺はザクッとバリ硬い切込み食感で、
小麦匂が鼻腔を流れた後に粉のねっとり質感がまとわり付く。

バラチャーシューはジューシ~且つソフティ~な噛み応えで、
キクラゲはバキバキとしたハードな反発で応える。
濃厚民族には心安らぐ王道スペック。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山下商店(岡山市北区蕃山町)


山下商店(外観)

屋台時代から試行錯誤を重ね
ようやくたどり着いた師匠の味


山下商店(とんこつラーメン)
(ラーメン)


山下商店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
重厚な豚骨エキスとエンミがバランス良く交わり、
表層に泡立ちを帯びたド乳化層が厚く広がる。

コナオトシに対応できる極細ストレート麺は、
低加水のバキバキとした千切り感で、
トロミをのあるスープをたっぷり絡め取って
両者が最適に交わり合う。

バキバキのコナオトシ麺とゴリゴリのキクラゲは、
親和性のある歯応えで仲良くコラボし、
食後には丼底から骨粉のお見送りを受けた後、
唇ぺトぺトの貼り付き感がしばし余韻を楽しませてくれる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

又一・本店(倉敷市阿知)


又一・本店(外観)

ラーメン一筋50年
愛され続ける地元のsoul food


又一・本店(ラーメン)
(ラーメン)


又一・本店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ醤油のあっさりスープはシンプルなものだが、
卓上の名物激辛&ニンニク油を投入すると
ワイルド且つジャンキーなスープへと様変わりする。

調子に乗って名物激辛を連続投入すると、
とんでもない辛さへと昇華しツーケーは喜ぶばかり。

序盤はポキポキ食感のストレート麺にも
時間の経過と共に激辛スープが浸透しだし、
逃げ場のない激辛地獄にlock onされる。

名物激辛の投入で深夜の〆には危険なスペックになるが、
たったのワンコインで翌朝にはツーケーの大炎上が確約される。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

丸天・西店(岡山市北区伊福町)


丸天・西店(外観)

互いに袂を分かつ
戦後屋台から続く岡山の味


丸天・西店(中華そば)
(中華そば)


丸天・西店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨・鶏ガラを基調とした深みのある動物系に、
元ダレのカエシと甘みがじわり押し寄せる癒しのスープ。

当地で珍しい中太クラスのストレート麺は、
軟らかめ上げられて麺肌はヌラ~とくる滑り心地。
潰し込むと扁平形状のプレスが臼歯へとむっちり吸い付くよう。

デフォ5枚乗りのチャーシューは異なる部位で構成され、
それぞれの肉繊維による歯応えを楽しませてくれる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

にこいち(岡山市北区本町)


にこいち(外観)

博多の洗礼を受けた大将が
夫婦で営むにこいち屋台空間


にこいち(博多ラーメン)
(博多ラーメン)


にこいち(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
3時間の下茹でにより豚の臭みを抜き、
前日のスープから古い骨を加えて焼くように炊き続け、
更にひと晩寝かせて3日間を要して完成する重厚スープ。

麺は博多の老舗製麺所から毎日直送されるもので、
#28を3秒間の粉落としでねっとりとしたベタナマ感と、
ザラついた喉越しが楽しめる極上フレッシュ麺。

駅地下に咲いた飲める屋台風情で、
ドストロングな芳醇博多ラーメンが味わえる。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

若大将(赤磐市高屋)


若大将(外観)

拘りと薀蓄溢れる短冊には
若大将の健康への気配りが満載


若大将(ラーメン・中間)
(ラーメン・中間)


若大将(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨・鶏ガラ・丸鶏・牛骨・手羽先ら動物系要素を8時間煮出し、
そこにタイ・カニ・カツオ節・ハマグリらの魚介が加わる。
中間コールの濃度は最適で、丼底の鶏ミンチで濁りを調整しつつ、
生姜がふんわり香りながら無課長らしくライトに引いて行く。

純水仕込みの自家製麺はエッヂが立った中太クラスで、
潰し込むと玉子の甘~い香りが立ち込める。

トッピングには3枚チャーシューに茹でたレタスが珍しく、
モヤシ・コーン・メンマ・カマボコ・ワカメに半玉が乗って580万円。
拘りと薀蓄の通り、お客への愛が詰まった豪華盛り。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とんとん・倉敷店(倉敷市下庄)


とんとん倉敷店(外観)

福山の夜専人気店
セットメニューを従えてロードサイドへ


とんとん倉敷店(ラーメン)
(ラーメン)


とんとん倉敷店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
本店と比べて薄くてシャバいスープは、
豚骨のコクと乳化層の香りも希薄な仕上がり。

同店で最固クラスのハリガネ麺は、
しっかりと芯を残して本場由来のザクザク食感。
赤身の3枚チャーシューは、パッサパサのコッチコチ状で、
中でなくとも替え玉を躊躇させるに十分なスペック。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

劉備(倉敷市玉島勇崎)


劉備(外観)

田んぼの中にポツンとそびえ立つ
昔ながらをモットーとした中華そば専門店


劉備(中華そば)
(中華そば)


劉備(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ライトな鶏ガラ清湯に魚介オイルの香りが乗っかり、
カエシの醤油風味にじわりと甘みも押し寄せる。

地元・冨士麺ず工房のストレート麺は、
序盤はバサバサとした千切り食感で弾き返し、
時間の経過と共にスープが浸透して穏やかに落ち着く。

長時間煮詰めた2種のチャーシューは、
脂身にも味が染み込んでソフトな噛み応え。
ワンコインながらデフォ5枚乗せは連食ヲタには嬉しい誤算。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

餐休・高柳本店(岡山市北区高柳西町)


餐休高柳本店(外観)

岡山で生まれ育まれ愛される味を
FCが継承する伝説の支那そば


餐休高柳本店(支那そば)
(支那そば)


餐休高柳本店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ・豚骨がバランス良く配合された動物出汁に、
秘伝の醤油ダレによって煮込まれる肩ロースの肉汁が
スープ全体に厚みを加えている。

平ザルを使って伝承の麺上げが施された細麺は、
デフォで固めのザクザク裁断感覚。

バランス良くサシが入ったチャーシューには
秘伝の醤油ダレが染み込んで、肉質はしっとり柔らか。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ツナさん家(津山市中之町)


ツナさん家(外観)

作州城東屋敷のすぐ脇に
夜は居酒屋の二毛作店


ツナさん家(城東中華そば)
(城東中華そば)


ツナさん家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
クリア鶏ガラを下地に鮮魚系の魚介出汁が効いて、
カエシ醤油が淡く香る構成。
余計なモノが何もないクラシカルな安寧系のスープ。

着丼時に既にスープを吸ったソフト麺は、
反発感のないふっくらとした優しいプレス感。

味が沁み沁みのバラチャーシューはデフォで3枚入り、
赤身の噛み応えと脂身は甘くトロける仕様。
ナルトの存在が町並み保存同様に丼内でレトロ感を醸成している。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

隠岐の島ラーメン(岡山市北区本町)


隠岐の島ラーメン(外観)

小豆島の隣に流れ着いた
島ラーメンストリート


隠岐の島ラーメン(環流ラーメン)
(環流ラーメン)


隠岐の島ラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
『隠岐流』と称される独自スペックは、
非動物系で飛魚の旨味エキスが主体となり、
中央にアゴの干物が鎮座している。
ひとくち含むとアゴ特有の芳ばしさの中に
青物特有の要素までをも織り込み、
藻塩のミネラルが円くまとめて上げている。

麺はパツンパツンの細ストレートで、
プレーンではザクザクとした裁断感が強く、
途中で白髪ネギを絡めたシャキシャキ食感を加えて
実にリズミカルに啜らせる。

厚切りチャーシューはさっくりソフトな噛み応えで、
各パーツの随所に細かなテクが入り込んでいる。




味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

酒乱(倉敷市水島北瑞穂町)


酒乱(外観)

呼ばれた気がしたので
酒でテンションを保ちつつ水島くんだりまで


酒乱(ラーメン)
(中華そば)


酒乱(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
極道とアバズレが詰まった阿鼻叫喚の丼と思いきや、
心優しきBBAが淡く炊き出した鶏ガラスープに
厳格なるJJIが熟成を重ねたカエシでビシッと〆ている。

パツンパツンの中細麺はスルリと吸い込み易く、
コチコチの潰し込みの後にのど越し良く落ちて行く。

4枚入りのバラチャーシューからは酒を所望させ、
山のネギが枯れたレバーをフレッシュに再起させる。
一杯400万円の酒とワンコインの丼は乱れた擦れヲタの味方。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

まるしげ(新見市高尾)


まるしげ(外観)

先代しげさん夫婦が30年間
頑固に守ってきた新見の味


まるしげ(ラーメン並)
(ラーメン並)


まるしげ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
“昔ながらの懐かしい味”と称されるとおり、
アッサリと優しいスープに生姜の風味が乗っかり、
ノスタルジックな気分へと誘ってくれる。

コナではない特有の香りを放つ角麺を合わせ、
たっぷりのモヤシとメンマ・分厚いチャーシューに
紅白のカマボコの存在がイニシエ感を醸し出している。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

博多一番(岡山市北区津島新野)


博多一番(外観)


博多一番(長浜ラーメン)
(長浜ラーメン)


博多一番(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
シャバいながらしっかり厚みのある豚骨エキスに、
表層にはびっしりオイルを張って香ばしい風味が補完されている。

粉落としでコールした細麺は、
小麦のナマ感覚を楽しめるベタつき加減。
ガンソを旨くしたような長浜系。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】平田食事センター本店(岡山市南区箕島)


平田食事センター(外観)

ドライバーさんも号泣
34年の歴史に幕を閉じる日が…
(朝ラーもできるヨ)


平田食事センター(ラーメン)
(ラーメン)


平田食事センター(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
軽い濁りのあるライトな汎用系スープに、
デフォでソフトなブヨ麺の組み合わせ。
パンチの弱さを克服するには、一味の援助がマスト仕様。

ワンコイン麺であっても立派なバラチャーシューが2枚に、
メンマ・カマボコ・半玉らがきっちり添えられる。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

仲屋(勝田郡奈義町滝本)


仲屋(外観)

こんな大雪の中
最果てのラ店にまで来てしまう擦れたヲタ


仲屋(とんこつ)
(とんこつ)


仲屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
シャバ系豚骨スープにオイルはほとんど無く、
仄かなゴマ油とガーリック油が唯一オイルの要素。

緩いうねりのある低加水麺は、
潰し込むと小麦の香りが抜けるクオリティ。

一枚乗せのバラチャーシューは脂身トロリとして
490万円なら最果てまでのガソリン代もペイできたと信じたい。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

宝島(岡山市北区表町)


宝島(外観)


宝島(ラーメン)
(ラーメン)


宝島(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨ベースの動物系スープにオイルを散らし、
カエシの甘辛がまったり主張する岡山風。

中細ストレート麺はデフォ柔らかめで、
多加水特有のもっちり潰れるソフト感。

チャーシューは脂身と筋の部位まで柔らかく、
褐色に焼けた長~いメンマには濃い味が沁み沁み。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

廣華楼・本店(岡山市北区岩田町)


廣華楼(外観)


廣華楼(柳麺)
(柳麺)


廣華楼(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
広東風を地で行くスープはアッサリ清湯で、
ゴマ油の風味が芳ばしく立ち昇る。

微量のフスマが点在する麺は、
ツルピカの滑りとグミ感覚の弾力を持つ。

甘~い味付けのチャーシューは、
このスペックにアンマッチな存在。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ごんべえ(倉敷市真備町川辺)


ごんべえ(外観)


ごんべえ(ラーメン)
(ラーメン)


ごんべえ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨配分多めで鶏ガラを加えたスープは、
厚みのある動物系にカエシを合わせた明るい茶濁色。
表層には薄い乳化層を形成し、まったりした甘味も広がる。

ザラつきのあるストレート麺は麺肌でスープを乗せ、
啜り込むと玉子の優しい香りを連れて来る。

デフォ3枚乗せチャーシューは柔らかで、
赤身と脂身の断層がさっくり崩れて咀嚼を楽しめる。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

風来坊(倉敷市真備町川辺)


風来坊(外観)


風来坊(風来坊ラーメン)
(風来坊ラーメン)


風来坊(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
サラリとした軽い動物出汁にちょろりとしたオイルを散らし、
カエシ醤油がシャープに主張する構成。

平ザルで湯切りされた麺は、
ヌルリと滑り込むパツンパツンのストレート形状。

四角くカットされた薄切りチャーシュー4枚に、
均一メンマと長方形の海苔が行儀良く添えられている。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

琥家・奥田店(岡山市北区奥田南町)


琥家(外観)

資本が営む博多スペックは
ハコからシロアカまで・・・


琥家(シロ)
(シロ)


琥家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
クリーミーな豚骨出汁はあっさりした飲み口で、
クセがなく万人受け仕様。

博多直送という極細麺は、
バリカタ指定でザクッとした裁断感覚で麺量少なめ。

2枚のバラチャーシューにキクラゲ・青ネギを盛り、
処理に苦慮する海苔が入るのは非博多的資本スペック



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

まるや(岡山市北区表町)


まるや(外観)


まるや(素めん)
(素めん)


まるや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ふすまの入った自家製麺は、
全粒分をはじめ5種の小麦粉を配合し、
#28番クラスに仕立てた極細形状。
啜り込むと小麦の芳ばしい香りが広がり、
潰し込んで甘み、喉越しでザラつきが感じられる。

獣匂を織り込んだ鶏ガラスープはスッキリしており、
オイルや調味料をOFFによって麺を引き立てる。
なお、玉子焼きは大将からのサービス品。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ドライブイン旭川(岡山市北区建部町吉田)


ドライブイン旭川(外観)

昔ながらのドライブインでは
お舟に乗ったラーがどんぶらこ~


ドライブイン旭川(中華そば)
(中華そば)


ドライブイン旭川(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラエキスをベースとして、
元ダレがまったり主張しつつもあっさりテイスト。

平ザルで湯切りされたストレート麺は、
デフォ固めでエッジを感じながら啜らせ、
潰し込むと玉子の甘~い香りが広がる。

ドライブインとは思えない程の本格仕様で、
昔ながらを地で行く中華そばを形成している。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

くわん屋(岡山市中区雄町)


くわん屋(外観)

岡山豚骨ラーメン界における
草分け的な実力店


くわん屋(くわん屋ラーメン)
(くわん屋ラーメン)


くわん屋(麺)
(麺)


くわん屋(替え玉)



<ひとくちメモ>
トロ~リ濃厚な豚骨エキスに骨粉まで織り込み、
豚骨の旨味・香り・甘味全てを凝縮し、
表面の乳化層によって仕上げのコクが補完されている。

当店で最も固いレベルのハリガネ麺は、
豚骨ラーメンには珍しい切り歯#20番の太さで、
ザクザクの裁断感覚が強く残る。
思わず替え玉をコールさせる完成度の高いデキ。



味の評価:★★★★★



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桃一番(倉敷市堀南)


桃一番(外観)

特産市場の延長上に
本格的な特製ラーメン店


桃一番(醤油らーめん)
(醤油らーめん)


桃一番(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
店内には醤油ダレとスモーキーな香りに加え、
オーケストラのリズムが充満する。

スープはカツオのエグみまで抽出されたエキスに、
ショーガがツンツンに効かされ、
表面の油膜と胡麻が軽い風味を添えている。

固い大判のチャーシュー4枚に花びらナルトと
清潔・安全・美味しいをモットーにてワンコイン。
これはもう立派な特産品。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

明宴・津山支店(津山市昭和町)


明宴(外観)


明宴(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


明宴(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
台湾料理専門店の塩ラーメンは、
サラッサラの中華屋汎用スープに
優しい塩っ気が効いたもの。

チリチリの細麺は、かん水によるコシが強く、
縮れ麺線にスープを乗せて滑り込んで来る。

ロールチャーシューにモヤシとメンマを乗っけ、
バラけるコーンはその処理に難儀する。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

美津葉(岡山市北区御津金川)


美津葉(外観)


美津葉(ラーメン)
(ラーメン)


美津葉(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
自慢の自家製麺は箸で束ねるのも困難なほど強靭で、
麺肌はツルピカで多加水ならではのモチモチ感。

オイルのない茶濁スープは豚骨醤油風味で、
十分なコクと厚みを伴っている。

バラ肉チャーシューには脂身にまでしっかり味が染みており、
全てが高いクオリティながらお値段ワンコインとは驚きモノ。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東姫桜(津山市京町)


東姫桜(外観)

津山の城下町で
地域密着型の老舗中華店


東姫桜(中華そば)
(中華そば)


東姫桜(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
柔らかな滋味系要素が広がる中華スープに
カエシの絶妙な塩梅のエンミが効かされ、
フレッシュなオイルによって芳ばしい香り付けが施されてある。

コシの強い極細麺はスープの浸透が早く、
コチコチからヤワまでを一杯の中で楽しむことが出来る。

焼き目のついたロースチャーシューが、
レトロな仕様で店舗同様にしっくりと溶け込んでいる。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-