2017-05

【閉店】誠屋(竹原市中央)


誠家(外観)

シャッター街の一等地に
女・子供・老人、ヲタをも引き寄せる新進系


誠家(誠らぁーめん・白)
(誠らぁーめん・白)


誠家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
表面には分厚いコラーゲン質が層を成し、
軽いトロミも出ていてコクも十分。
下層の熱々スープには揚げネギの芳ばしい風味が乗っかり、
濃厚一辺倒に偏ることなくキラリと輝くセンスが見え隠れする。

自家製の麺はメンカタ指定でパッツンパッツンの張りがあり、
表層のコラーゲンをくぐって浮上することにより
たっぷりとスープが絡まって来る。

チャーシューには直前で焙りが入ることによって芳ばしさが加わり、
甘い味付けが重たさを感じさせる。
新店系を相対的に俯瞰してみるに、ココではトレンドに振れることなく、
手探りで自身の着地点を模索しているようで潔い。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

まるとく(竹原市中央)


まるとく(外観)

広島市内で開業されたが、
7年前バンブーへと移転された


まるとく(まるとくラーメン)
(まるとくラーメン)


まるとく(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
漆黒のスープには程好い鶏ガラのコクが効いており、
見た目ほどの醤油っぽさは感じない。
油分も微量で、どちらかと言うと大人しめに仕上がった感じ。

麺はチョイス不問の丸い細麺で、
パキパキとした低加水特有の食感を持っている。

山のように盛られたモヤシがフレッシュ感を高め、
大人しめのラーメンに瑞々しさを吹き込んでいる。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一富士食堂(竹原市中央)



一富士食堂(外観)


時が止まったかのような狭い店内で、穏やかな笑顔を浮かべた大将が
独自のペースを守って接客にあたられる

老練の所作はまさに客商売の鑑といったところ



一富士食堂(中華そば)
(中華そば)



一富士食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
薄い動物系のエキスに、少しの醤油ダレとわずかの化調で味が整えられている。
最初の一口目ではスープの薄さ・弱さを感じるが、以降旨味がじんわり広がっていく。
雑味が無いというより、ごく限られた材料だけで作られている感じ。

麺はオーソドックスな細ストレート。
トッピングのチャーシューはペロンとしてズワッとした口当たり。

昨今の材料をふんだんに使った創作系と対極にある昔ながらのラーメンだ。



味の評価:★★★☆☆







テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

喜楽軒(竹原市本町)




喜楽軒(外観)


近所のおじさん達が昼間からルービー片手に集まれる店

地元密着ってこういうことなのだろう








喜楽軒(中華そば)
(中華そば)



<ひとくちメモ>
コク弱めの動物ダシと、野菜エキスのブレンドを化調が丸く包み込んでいるようだ。
そしてほんのり香るショーガが全体的にアッサリ感を与えている。

中加水細ストレート麺・薄めのチャーシューとも特筆すべきものはないが、地元の方にとっては
ここで飲んでそのまま〆て帰れるのが嬉しいだろう。



味の評価:★★☆☆☆


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

太華園(竹原市中央)




太華園(外観)





太華園(ラーメン)
(ラーメン)




太華園(チャーハン)
(チャーハン)



<ひとくちメモ>
動物ダシのコクがしっかり出ており、それにベストマッチの平打ち麺。
文句なし旨い尾道ラーメンだ。

ただしカライ。塩分控えめになれば最高評価だな。



味の評価:★★★★☆



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-