2017-03

来々軒(呉市中通)


来々軒・呉妹(外観)

妹さんの力作は
店外に及ぶ獣臭が味の保証済み


来々軒・呉妹(ラーメン)
(中華そば)


来々軒・呉妹(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
獣臭とすえた臭いが共生する店内は、
聖書で予習した焦げた塩化ビニールとは異なるスメル感。

スープには鶏さんの大群がブチ込まれているであろうと思われ、
強烈な鶏の旨味エキスが洪水となって押し寄せる。

予習の通りメンカタコールのおかげで、
コツコツの低加水が生きるコンディション。
塩味の赤身チャーシューもレトロな店舗を象徴したデキ。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

りゅう(呉市中央)


りゅう(外観)

呉名物・細うどん専門店において
バイトのチャンネーに全てを委ねるキワモノ系


りゅう(中華そば・魚介ベース醤油)
(中華そば・魚介ベース醤油)


りゅう(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
メニューに醤油・豚骨・魚介・和風らが共存する時点で、
寸胴の成り立ちを察してしまう悲しき擦れヲタ

スープには意外にも多めの油膜と脂粒子が浮かび、
薄いすき焼きを想起させる漆黒の甘辛醤油味。

緩い細麺は茹で置きうどんのようなコシ砕けで、
キクラゲの力強さとの共存にアンマッチ感を覚える。
一杯400万円であれば汎用スペックでも許容の範疇。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一番(呉市中通)


一番(外観)

小綺麗なカウンターに
深い年輪が刻まれた寡黙な店主


一番(中華そば)
(中華そば)


一番(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ配分多めの清湯系スープには、
オイルや調味料などに頼らない天然エキスが主体。

デフォ固めで提供される丸麺は
口当りと啜り上げの滑り込みは上々で、
千切るとパツンとした切れ込み感が心地よい。
味が染みた赤身チャーシューにもオリジナルな仕事っぷりが伺える。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

利根(呉市中通)


利根(外観)

ディープな路地裏に潜む
古典酒場の〆のラー


利根(鶏そば)
(鳥そば)


利根(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
由緒正しき呉の鳥屋系らしく、
鶏皮のトッピングをはじめとして
目にも鮮やかな金色のチー油が広がっている。

当然ながら丼内には鶏さんエキスが満載で、
更に鶏チャーシューを重ねるあたりにプライドが見て取れる。
ただし枯れたBBAのオペには、羽毛の温かさが欠落している。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

チャイナ・ビストロ広(呉市広本町)


チャイナビストロ広(外観)

聖書の教典に導かれるまま
広の高級中華店でラーの単品を…


チャイナビストロ広(ネギ醤油ラーメン)
(ネギ醤油ラーメン)


チャイナビストロ広(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
細切りチャーシューが花びら状に展開する丼は、
意外にも濁りのある中華屋スープに
ネギ&オイルによる芳ばしい風味が乗っている。

ゴワゴワ状の緩い縮れ麺は乱切りネギと良く絡み、
チャーシューから染み出た八角が中華屋らしさを主張している。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

みちくさ(呉市阿賀中央)


みちくさ(外観)

代替わりした店舗では

みちくさ(暖簾)

従前変わらぬ賑わいの中
おでんと熱燗が映える

みちくさ(熱燗)


みちくさ(ラーメン)
(ラーメン)


みちくさ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
デフォ砂掛けBBAと梅干しONのビジュアルは、
イニシエ・キラーの擦れヲタには悶絶の光景。

グツグツと粗炊き続ける寸胴は、
動物系の厚みと天然チー油が見事に融合し、
鶏さん風味が全開となって羽ばたき押し寄せる。

平ザルで上げられたメンカタ指定の細麺は、
コチコチの千切り感とムチッとした潰し感が共存するポテンシャル。

擦れヲタのように梅干しを仕留めるタイミングを逸したなら、
食後のアメちゃんとして代用することも可。



味の評価:S



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山来亭(呉市広本町)


山来亭(外観)

呉広域商工会とのコラボ麺は
“漁師風”がコンセプト


山来亭(豊島らーめん)
(豊島らーめん)


山来亭(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
“太刀魚スープの懐かしの味”と称されるスープには
表層に厚い太刀魚オイルが張ってあり、
含んだ瞬間から指5本・ドラゴンクラスの太刀魚が暴れ回る。

合わせる麺が緩くて凶暴な太刀魚に力負けしているが、
フレッシュなワカメや太刀魚の骨粉チップから
地元の恵みとギミックを感じ取れるオリジナル仕様。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東陽軒(呉市広本町)


東陽軒(外観)

三代目が74年の歴史を継承する
広商店街入り口の老舗中華店 、のラー


東陽軒(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)


東陽軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
巨大な寸胴で仕込まれる中華屋万能スープは、
動物系や野菜類などリッチなダシ感の中に
香ばしいカエシと生姜の風味を乗っけた仕様。

デフォでコチコチの低加水麺は、
縮れた麺線でスープをたっぷり持ち上げて、
口内を暴れながら咀嚼の後に小麦と最適に融合する。

2枚のバラチャーシューは脂身が瑞々しい質感と、
赤身はソフトな食感を具えた老舗ならではの文化遺産モノ。




味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ムツゴロウ(呉市広駅前)


ムツゴロウ(外観)

広島人の口に合うように
札幌ラーメンからの大幅刷新


ムツゴロウ(ムツゴロウらーめん)
(ムツゴロウらーめん)


ムツゴロウ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚頭を数時間丁寧に炊き出し、
臭みや余分な脂を取り除いたとされるスープは、
マイルドな豚骨エキスにマー油を浮べたいわゆる熊本系。

棒状のストレート麺は低加水特有のコシがあり、
切り歯#20レベルを合わせるあたりに熊本の夜がフラッシュバックする。

ロールチャーシューに玉子とキクラゲが熊本風情を醸し出し、
スープ完飲後の丼底からはキッチリと骨粉が見送ってくれる。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ブラジル(呉市中央)


ブラジル(外観)

上下水道が整備された呉の赤ちょうちん通り
のラ⑧

N










ブラジル(和風らーめん)
(和風らーめん)


ブラジル(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
思いもよらぬレア酒までもが揃う
老舗喫茶店のブランドを背負った息子さん。

丼からは炒めた豚バラとキャベツが芳ばしく立ち昇り、
トロロ・天かす・ワカメ・モヤシらが丼内でまるで殷賑の様相。

麺からは小麦の甘みが感じられ、
ココでも屋台スペックのねっとり貼り着き感が心地よい。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

龍王(呉市中央)


龍王(外観)

上下水道が整備された呉の赤ちょうちん通り
のラ⑦

N










龍王(博多ラーメン)
(博多ラーメン)


龍王(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
蔵本通りでココだけ博多ワールドが形成された
親子で切り盛りされる人情屋台。

まずは生モヤシのタワーを即刻駆除し
プレーンを維持したスープを含んでみると、
ライトな豚をベースに、濃い目のカエシ&甘みが主張する。

最カタレベルで上げられた細麺は、
本場粉落としクラスのベタナマ食感。

バラチャーシューは厚切りトロトロ状で、
半玉・キクラゲまで乗ってお値段博多仕様のワンコイン。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

かさ(呉市中央)


かさ(外観)

上下水道が整備された呉の赤ちょうちん通り
のラ⑥

N










かさ(中華そば)
(中華そば)


かさ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
母から息子へと継がれた屋台魂は“バカに徹する”とされ、
その教え通り薄気味悪い擦れたヲタに対しても
常連客同様の居心地良さを提供してくれる。

〆の麺には鶏さんの旨味エキスが凝縮されており、
含んだ瞬間、大群の鶏さんが口内を豪快に飛び回る。

カタでもベチャついたストレート麺は、
これまでの屋台と同様なもっちり・しっとり食感。
都度切りのチャーシューは瑞々しく、
豚さんのフレッシュな肉汁がスープに更なる厚みを加えている。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

だるま(呉市中央)


だるま(外観)

上下水道が整備された呉の赤ちょうちん通り
のラ⑤

N










だるま(中華そば)
(中華そば)


だるま(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
音戸の瀬戸におでんを合わせるスタイルは、
兄弟ならではの共通スタイル。

ガラのエキスが効いた清湯系をベースに、
ココでは仄かな生姜で香り付けされている。

平ザルで完璧に湯切りされた麺はハリのある麺線を持ち、
時間の経過と共にしっとり麺へとシフトしていく。
ちょろりと盛られた戻しワカメが磯の要素としてココではマスト品。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



一ニ三(呉市中央)


一ニ三(外観)

上下水道が整備されている呉の赤ちょうちん通り
のラ④

N










一ニ三(中華そば)
(中華そば)


一ニ三(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
屋台一筋40年、愛娘想いの老夫婦が作るラーメン、
おでん・豚足・ジョッキ焼酎そのどれもが愛情詰まった特級品。

軽い濁りのあるスープは、ライトな動物系が下支えし、
天然魚貝のエキスがしっかり旨味を主張してくる。

ここでも長く裁断された細ストレートが使われ、
若干デロデロの茹で加減によりしっとりとした切込み食感。
潰すとベチャッとした貼り着きがあって、しっかり吸い込んだ魚介スープと調和する。

500万円とは思えない唯一無二の手作り品で、
シンプルでありながら、ほっこり落ち着くレトロ麺。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

八起(呉市中央)


八起(外観)

上下水道が整備されている呉の赤ちょうちん通り
のラ③

N










八起(中華そば)
(中華そば)


八起(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
寡黙な強面店主おひとりで運営されるが、
繁忙時の重複オーダーも圧巻のスピードで処理されていく。

鶏ガラエキスが詰まったスープからは
微量のガーリックオイルが香り、
元ダレの柔らかなカエシが円く包み込んでいる。

平ザルでキッチリ湯切りされた麺は、
長めに裁断された細ストレート。
スープと馴染むに従ってモチモチ度を高め、
咀嚼でしっかりと小麦の旨みを感じさせる。
暫くの間、出汁を吸い込ませたくらいが頃合いか。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

富士さん(呉市中央)


富士さん(外観)

上下水道が整備されている呉の赤ちょうちん通り
のラ②

N










富士さん(中華そば)
(中華そば)


富士さん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
仕事の最中も子守りを欠かさない若き御夫婦。
二代目は平ザルを巧みに使いこなし、
天空湯切りの実演でもって酔客を魅了する。

明るい茶濁のスープに、ねっとり感のある細麺の組み合わせは、
昔ながらのシンプルな構成。
飲んだ〆には最適であるものの、同じ麺が使われる焼きそばに至っては
更なる酒をコールさせる。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

清龍軒(呉市中央)


清龍軒(外観)

上下水道が整備されている呉の赤ちょうちん通り
のラ①

N











清龍軒(中華そば)
(中華そば)


清龍軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
屋台にお香が香るのは娘さんの仕事であろか?
仲睦まじい親子鷹の連携プレイが目を見張る。

しっかりと厚みのある出汁には濁りがあり、
平ザルで上げられたパツパツの強麺にしっくり馴染む。
良質のロースチャーシューには、豚さんの瑞々しさが満載。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

来々軒(呉市広本町)


来々軒・広(外観)

外観→店内→従業員と続く絶景にもう
ノスタルジックなレバーはノックアウト寸前


来々軒・広(中華そば)
(中華そば)


来々軒・広(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
丼の表面には薄い乳化層と灰汁とが張り、
スープをひとくち含むと幾羽もの鶏さん達が口内を飛び回る。
ガラのエキス・コク・香りとも芳醇に広がり、
故郷の懐かしい母乳を思い巡らせる郷愁系。

メンカタ指定でコチコチの低加水麺は、
噛み潰す食感と共に丸麺の口当たりが心地良い。

味の沁みた赤身チャーシューにもレトロ感が乗っかり、
歴史といぶし銀の仕事が詰まった丼に故郷を重ねて啜らせる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山口山(呉市本町)


山口山(外観)

豊富なラインナップを揃えつつも、
チャンポン&皿うどん長崎ツートップ戦略と思いきや、
“博多風もつ鍋”もが推奨される九州スリートップ系


山口山(ラーメン)
(ラーメン)


山口山(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
筆頭メニューはチュワンポン ヲタの遠征で仕留めて頂くこととし、
シャッターしてまでまさかの店舗想定外&戦略外品をコール。

中華鍋に店内共通の豚骨スープを流し込み、
カエシは使わず塩・課長をはじめとする
複数種の顆粒によって味付けされる。

プレーンな豚骨ダシは弱くてシャバくてお湯っぽくて、
やはり炒めた野菜類と合わせてこそ完成する仕様になっている。

麺は意外にも多加水且つ#25あたりの細系が合わせられ、
口当たりや歯応えからはソーメンを連想させる。
筆頭メニューを外した結果は火を見るより明らかだが、
分かっちゃいるけどコールせずにいられないんだよねー、冒険好きなんだよねー。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

華桜璃・KARORI(呉市安浦町大字中切)


華桜璃(外観)

瀟洒な洋館で味わう
洋食チックな滋味派中華そば


華桜璃(中華そば)
(中華そば)


華桜璃(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
キレの良い鶏ガラがベースになったスープからは
まるでチキラーに似たブイヨンがKAORI、
後にショーガの風味が抜けて行くKARORI控え目なライト感。

メンカタでオーダーした麺は
終始バサバサとした食感のストレートで、
カタ故か小麦のKAORIは昇って来ない。

チャーシューはトロける程柔らかく仕上げてあり、
これだけ取ってもその道のスキルの高さが見て取れる。
ポテンシャルを秘めた純真たる滋味系であるだけに、
KARORIそのままで塩ダレあたりを開発してソフトに調教して欲しい。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

だるま食堂(呉市安浦町中央)


だるま食堂(外観)

仕込み役が変わった今でも
味の良さと愛想の良さは健在である


だるま食堂(中華そば)
(中華そば)


だるま食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
濃くもなければ薄くもなく、
先代からの教えに基づいて絶妙なダシの配合が保たれ、
レトロな店舗同様に味にも老舗特有の落ち着きが見て取れる。

課長は若干名常駐するも、まとめ役程度の最小限に留められ、
イリコ・昆布によるイノシン&グルタミンが旨味の余韻を残していく。

今は亡きリューオーのソフト麺とは異なり、
しっとり質感を持つ玉子麺はスープを乗せて風味良く抜けて行き、
完璧なまでのマッチングをみせている。
昭和の味と心とが凝縮された守り続けるべき丼がここにある。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

森田食堂(呉市中央)


森田食堂(外観)

駅に隣接した完全和風寄りな食堂系で
100年来愛され続ける老舗食堂系


森田食堂(中華そば)
(中華そば)


森田食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
うどんだし和風ベースのスープで豚の三枚肉を茹で、
白醤油で味付けしただけのようなシンプルな構成。
肉汁がスープに溶けて脂が広がり、
鮮肉がこのスープで唯一の動物系要素と思われる。

コチコチとした食感の中華麺は和風には馴染まず、
うどんよろしく一味を投下することで一気に据わりがよろしくなる。
基本、立ち食いうどんの中華麺Verと表現した方が理解が早い。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

寿食堂(呉市中通)


寿食堂(外観)

セルフ方式の食堂系で
朝酒もが楽しめる食堂系


寿食堂(中華そば)
(中華そば)


寿食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
課長の姿は伺えるものの、
汎用の姿は感じさせない手作り路線。

鶏ガラから抽出されたチー油が控えめに香り、
軽めのダシを補完するように実にイイ仕事をしている。
塩分濃度も最適で、古いタイプの優しいラーメンは
擦れたヲタに安堵を与えてくれる。

ホールのおば(あ)ちゃんに大きな声でメンカタコールを浴びせ、
ジャストな茹で上がりで提供される細麺は注文通りのコンディション。

チャーシューには軽い獣臭が残っているが、
逆に非業務という動かぬ証拠となって微笑ましくも思える。
使われる素材がキッチリと己の仕事をまっとうし、
それぞれの集合体が組織パワーとなって驚くほど旨い成果物となっている。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

五苑(呉市安浦町安登西)


五苑(外観)

昼時にはどこからともなく客が押し寄せ
広い駐車場は常に満車状態に


五苑(五苑ラーメン)
(ラーメン)

五苑(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
カウンターの隅に置かれたドス黒いおでん鍋が
期待と不安を抱かせるが、出てきたソレは前者のビジュアルを湛えている。
スープは軽めの動物系がベースになっており、
元ダレの醤油の香りに加えてほんのりとした甘味も伴っている。

メンカタでコールした麺はハリガネクラスで提供され、
この加減だとスープ乗りが弱い仕様であるためノーコールがオススメ。

シンプルでクラシカルな構成ながら、
軽さの中に余韻を残す後引き感がリピーターを引き込む要因であろう。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一村(呉市安浦町中央)


一村(外観)

こんなところにまで
またおま系トレンド系が派生していようとは。。


一村(らーめん)
(らーめん)


一村(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
コクのある動物系と芳醇な魚介系がブレンドされ、
表面には風味良い香味油が絶妙な配分で合わさっている。
中央あたりで味わえるトレンド路線ではあるが、
課長不在にも関わらず数多の素材がデキの良い仕事を伺わせる。

合わせる自家製麺は、噛み締めるとツーンとした小麦が抜けて行き、
表面のツルピカ状と力強さとが喉越しをも楽しませてくれる。
麺の中には小麦の粒子も確認でき、良質な小麦が強い風味を発している。

ロールチャーシューや味玉のトピに至っても
確かなスキルに裏付けされた高いクオリティを感じさせ、
全ての素材が一体となってハイレベルなトレンド系が完成されている。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山村食堂(呉市光町)


山村食堂(外観)

呉魚市場に構える
大衆食堂のメーラン
(朝ラーもできるよ)


山村食堂(ラーメン)
(ラーメン)


山村食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
表面にはたっぷりと脂層が広がり
見た目にオイリー感を想起させるが、
存外動物系のダシは軽めで、野菜や昆布・椎茸といった和風エキスが満載。
そして、時折コンソメに似た香ばしい風味をも顔を出す。

麺は原田製麺所から調達されており、
メンカタ指定ではお馴染みのザクザク感が健在。

トッピング類は凡庸ながらキッチリとラインナップされており、
市場の大衆食堂らしからぬ力の入った完成度。
おばちゃん達のキビキビとした働きっぷりも隠れたスパイスだ。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ホームラン(呉市中央)



ホームラン(外観)

言われてみれば、“ザ・”があります


ホームラン(ラーメン)
(ラーメン)


ホームラン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
幾多の呼び戻しを繰り返し、長期間炊き続けられるスープは
骨の髄が砕けて撒布するほどに重厚な動物系エキスが抽出されている。
動物系以外の細かな要素など感じられない程の真っ直ぐな味で、
女将の心意気が投影されたかのような実に力強いスープ。(私見)

これに合わせる中太ストレート麺は、
体に沁み付いたメンカタのタイミングと
平たい湯ザルでの湯切りを必須とする女将の職人芸。

呉の屋台文化から派生した実直でド級のイニシエ感を味わえる貴重な名店だ。
(おみやもあるヨ)



味の評価:★★★★☆
(過去の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

晴れる家(呉市広本町)


晴れる家(外観)

翁@阿賀」の味を受け継ぐ冷麺、
ではなくラにチャレンジ


晴れる家(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)



晴れる家(麺)
(麺)


<ひとくちメモ>
複数の節系が使われるというスープは芳醇な魚介風味に満ちている。
和風ご出身というだけあって、動物系との掛け合わせにおいても
素材が持つ繊細な軸を上手く引き出されているといった感じを受ける。
更に魚介の醤油ダレや黄色い粘液など、複数の要素をバランス良くまとめられている。

入念過ぎる程の湯切りによって上げられた細麺は、
スープ乗りも良くメンカタでのコシの強さも適当。

チャーシューには直前に炙りが入り、肉質もトロトロ柔らかで旨いのだが、
複雑に絡められた香辛料が繊細なスープを汚してしまっている。

オペレーションと”味見”が改善されれば、もっともっといいラーメンになるはず。
(ヲタには最後までレモンの使い方が分かりませんでした…)



味の評価:★★★+☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

味龍(呉市中通)


味龍(外観)



味龍(味龍ラーメン)
(味龍ラーメン)


味龍(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
小魚から摂られた爽やかな魚介エキスと、
背脂の芳ばしい風味とコクとが合わさって
香り豊かでバランスの良いスープに仕上がっている。
そこに醤油のかえしがキリリと立っており、
端麗的な要素をも加えられているのがまた憎い。

硬めに上げられた尾道直送の平打ち麺は、
最初はコチコチとした食感で次第にふんわりソフトな口当たりへと変化して行く。

厚めのバラチャーシューは脂身がプリプリと弾けるような弾力があり、
デフォで乗っかるトロ~リ半熟の味玉が濃厚な一杯へと演出している。

それぞれの素材がキチンと的確な仕事をしており、
全体の満足度を高めているようだ。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

だし道楽・警固屋店(呉市警固屋)


だし道楽(外観)

「二反田醤油@江田島」が経営母体となった”呉の細うどん”
ココで狙うは、店舗筆頭メニューであるかすうどんの”ラVer”


だし道楽(かすラーメン)
(かすラーメン)


だし道楽(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ベーススープはうどんダシと共通の純和風スープ。
塩分と甘味が立った和風ダシに、通称かす(=放るモンを素揚げした”油かす”)が投入され、
牛肉の濃厚な油分が和風スープに混ざり合っている。
肉汁の美味さだけでなく、油で揚がった芳ばしさも加わって、
食べ進む過程において和風ダシから複雑な旨味を持つ肉系スープへと変化していく。

かすは始めこそカリカリ状態だが、
スープで戻されるとホルモン本来のコリコリとした食感が出て、
更に多めに附着した脂がプルプルと口の中で溶けていく。

ラーメン用の麺は、ネットリと口内に吸い付くようなしっとり感があり、
噛み潰すと小麦の豊かな香りが鼻を抜ける。
改めて呉の製麺レベルの高さを再認識させらされる。

かす・うどんダシ・小麦、それぞれ異なる特徴を持つものが、
丼の中で相性良く一体化している。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-