2017-05

2017新年初ラー@寿楽亭


もうすっかり
擦れヲタの初参として
粘着されて しまったねすみ江

2017寿楽亭_1

もうすっかり
オマエ無しでは
新年をスタート出来ない身体に
染められて しまったね、オレ

2017寿楽亭_2

年に一度の逢瀬を楽しむには
『12:19 麺切れ閉店』

あまりに短い密月と
指名の絶えない売れっ子昇格に
嫉妬で焦がれ狂いつつも

2017寿楽亭_3

今年のオマエは
いつもよりエンミの薄いおでんダシと
ラガーのビター感が良く似合い

2017寿楽亭_4

鶏さん配分多めで
ネギだくに変わりはないけれど

2017寿楽亭_5

新調された暖簾の下
肩ロースが幾何学的な三角だったり
原田がダマになって妖艶を放っていたりと

「発見&攻略」のサイクルが新鮮で
昼間の情事に昇天しっ放しだったよね、オレ

2017寿楽亭_6

新たなすみ江のテクで老体もが開発され
いつもと違う一年を俯瞰しつつ
いつもと同じこの場所から
“寿”と共にスタートさせるのでありました

2017寿楽亭_7


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

熊野岳、朝日連峰@Melody


訳もなくて なんだか妙に 心が弾む夜だ
通り過ぎる風に鼻歌がついて出る

熊野岳_1

熊野岳_2

夢のように 映画のように いかないと知りながら
恋の予感にも似た心躍るメロディー

熊野岳_4

熊野岳_3

熊野岳_5

きっとこんな風にすべてが素敵に響けば
僕らの明日は透き通ってくのに

朝日連峰_1

朝日連峰_2

見飽きたこの街が クリスマスみたいに光る
そんな瞬間 今日も僕は探してる
苛立ちの毎日 行き詰まった暮らしを
洗うような煌くハーモニー

朝日連峰_3

朝日連峰_4

頼りなくて 人恋しくて 心切ない夜は
時間なんて早く進んでしまえばいいのに

朝日連峰_14

きっと同じように夜空を見上げてる人が
どこかの町にきっといるはず

朝日連峰_7

突然の夕立に 木々が濡れて光る
そんな瞬間 運命を受け入れる
無駄なものは何も 無意味なものは何も
ありはしないと素直に思えてくる

朝日連峰_8

朝日連峰_9

朝日連峰_10

朝日連峰_11

朝日連峰_12

朝日連峰_13

もしも違う景色見てても 同じこの地球の上
必ずどこかで繋がっているはず

朝日連峰_5

朝日連峰_15

見飽きたこの街が クリスマスみたいに光る
そんな瞬間 今日も僕は探してる
涙を微笑みに 悲しみを喜びに
塗り替える そんなメロディー
苛立ちの毎日 行き詰まった暮らしを
バラ色に染めていくハーモニー

朝日連峰_16





JASRAC:205-4112-1

早池峰山@Starting Over


肥大したモンスターの頭を
隠し持った散弾銃で仕留める
今度こそ 躊躇などせずに
その引き金を引きたい

早池峰山_2

早池峰山_1

あいつの正体は虚栄心?
失敗を恐れる恐怖心?
持ち上げられ 浮き足立って
膨れ上がった自尊心?

早池峰山_3

さぁ 乱れた呼吸を整え
指先に意識を集めていく

早池峰山_4

僕だけが行ける世界で銃声が轟く
眩い 儚い 閃光が駆けていった

「何かが終わり まだ何かが始まるんだ」
そう きっとその光は僕にそう叫んでる

早池峰山_5

早池峰山_6

早池峰山_7

追い詰めたモンスターの目の奥に
孤独と純粋さを見付ける
捨てられた子猫みたいに
身体を丸め怯えてる

早池峰山_8

あぁ このままロープで繋いで
飼い慣らしてくことが出来たなら

早池峰山_9

早池峰山_10

いくつもの選択肢と可能性に囲まれ
探してた 望んでた ものがぼやけていく

「何かが生まれ また何かが死んでいくんだ」
そう きっとそこからは逃げられはしないだろう

早池峰山_11

早池峰山_12

穏やか過ぎる夕暮れ
真夜中の静寂
またモンスターが暴れだす

僕はそうっと息を殺し
弾倉に弾を込める
この静かな殺気を感づかれちまわぬように

早池峰山_14

早池峰山_13

今日も 僕だけが行ける世界で銃声が轟く
眩い 儚い 閃光が駆けていった

「何かが終わり まだ何かが始まるんだ」
こうしてずっと この世界は廻ってる

「何かが終わり まだ何かが始まるんだ」
きっと きっと

早池峰山_15





JASRAC:501-1001-2

新年初ラーを俯瞰して@なか卯


凛とした
新年の空気が張りつめる中

律とした真のラヲタ
正月返上で連食ツアーに勤しむ中

20140102_001.jpg


暖かくて
穏やかで
どこもかしこもお休みで

20140102_002.jpg


今年こそは
同じ轍は踏まないつもりでいましたが
今年もまたドM的探究心に駆られて
キッチリと同じ道を歩んでいました、鳥唐を添えて・・・

20140102_003.jpg


意外な程にイケてる牛皿は
玉ネギで縛りを入れてみたり

20140102_004.jpg


抑揚のない乾いたコロモには
甘辛のおつゆを吸わせてみたり

20140102_005.jpg


貴重な糸コンを発見するやいなや
常用のムチを手操る如く
非ラーメン店で師匠のお家芸をキメてみたりと

20140102_006.jpg


楽しい、
楽し過ぎるセルフで昼飲み
罪悪感ゼロの白昼の公開情事

20140102_007.jpg


〆まで一気通貫できる
実用性且つ利便性と

20140102_008.jpg


〆でも飲ませる
名作トピの数、

20140102_009.jpg

20140102_010.jpg

数、

20140102_011.jpg


を備えて
お会計1140万円也

20140102_012.jpg


新年早々センベロ店舗(自称)にて
オレ的サティスファクション(公認)を
自己完結させるのでした


えーさて、
そろそろ初ラー詣でへと向かおうかと

20140102_013.jpg


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

日の出が大事大事@第4回きんどん夏キャンプ


やってきました
今年で4回目を数える
オレ的夏の風物詩

第4回_001

今回も総勢30名を越える猛者共は

バスでの酒宴に始まり
ビーチで蒸発させては給水活動を続け
生樽に辿り着いたらば小気味良くレバーを傾けては
小腹が空いたらA5を肖るオレ的夏の贅沢風物詩

第4回_002

ベテランの域に達すると
程好く酔っ払った段階で
危険な潮目を肌で感じ取り

やがて来る嵐に備えて、
・風邪菌を仕込んでやって来た者
・愛車に籠ってカーセをキメ込む者
・子供をダシに使って寝込みに入る者

第4回_003

それぞれのソリューションスタイルで襲撃から逃れ
無事に朝を迎えることが出来た者だけに許される
“高潔なる一杯”

第4回_004

それは
日の出と共に始動し
本能の赴くまま
生樽へと帰巣する勇者の行進

第4回_006

『旨い…』

この一言に全てが収斂され
阿吽のコミュニケーションが成立する
日の出の静寂

第4回_005

この一杯のためにこのキャンプがある
いや、この一杯のために1年を戦ってきた…

この場を共有する誰もが心に想い
己のレバーを熱く滾らせる平和に満ちた朝

第4回_007

ジリジリと照り付ける日差しにより
アノ男の屍がクッキリと浮がび上がる頃
一年の潮流をハッキリと描く朝からスッカリ酔っぱらい

第4回_008

やがて日が昇る頃
“夜明けに雑魚を釣ってきた”
などと壮大な武勇伝が流れる刹那

生樽の打ち止め…
という悲劇が現実へと引き戻し
4回目の非現実が終わりを告げたのでした

第4回_009



毎度毎度の鬼セッティング
主催の方々どうもありがとうございました
来年もヨロシクです

第4回_010


テーマ:日記 - ジャンル:日記

マッカリヌプリ@傘の下の君に告ぐ


限りなく理想に近い様に見える
この文明は日進月歩

20130809_001.jpg


20130809_002.jpg

凌ぎを削って企業は先を競う
一般市民よ 平凡な大衆よ
さぁコマーシャルに酔って踊ってくれ.....

20130809_003.jpg

あっぱれヒットパレード
うわっぱりのオンパレード
慰霊の歌を贈ろう

20130809_004.jpg


20130809_005.jpg

資本主義にのっとり
心をほっぽり
虚栄の我が日本です


20130809_006.jpg

数字次第でスポンサーは動き
古き良き時代を消去

20130809_007.jpg


20130809_008.jpg

時代錯誤だって寅次郎は謳う
人生って奴が何たるかを
愛情って奴が何たるかを

20130809_009.jpg

遠からず近からず
声からす旅がらす
見栄を切ってちょうだい

20130809_010.jpg

微笑みのその裏で
血と汗を流すから
生命の息吹感じるんだ


20130809_011.jpg

愛さえも手に入る自動販売機さ
屈折した欲望が溢れる街

20130809_012.jpg

とことんやってくれ
僕を飲み込んでくれ

20130809_013.jpg


20130809_014.jpg

でないとこんな歌
明日も作んだろう
夢も希望もありゃしないさ ah


20130809_015.jpg

あっぱれヒットパレード
うわっぱりのオンパレード
憂いの歌は売れない

20130809_016.jpg


20130809_017.jpg

がっぽり儲けて
死ぬまで生きても
栄光なんて言えない

資本主義にのっとり
心をほっぽり
虚栄の我が日本です

20130809_018.jpg


20130809_019.jpg


絶え間なく 啀み合ってみても
僕等は五十歩百歩

幸せ示す道標はない
いつの日にか その手で奪い取れ

20130809_020.jpg




JASRAC:048-9339-5

2013花見@過去と未来と交信する男


わかっています
皆が私を見る懐疑的な目
『虚言壁のある怪しい奴』とのレッテル

20130416_001.jpg


お金など頂きません
でも私を信じれることが
唯一必要になる条件

20130416_002.jpg

差し出すその手をにぎりしめたら
ゆっくり目を瞑って深く息を吸う

20130416_003.jpg

悲しい過去が見えます
傷付き疲れたあなたが
暗い道の上で立ち止まってる

でも心配はいらない
私にはわかります
それ以上を聞きたいなら また来週

20130416_004.jpg


すべてを知らない方が きっとあなたの為
「それでも...」って覚悟ならば話そう

20130416_005.jpg

大きな何かに守られています
お気付きですか?
あなたは幸運な御人

20130416_006.jpg

とても愛してくれた
その人に心当たりがあるんではないですか?
思い出せる?

そして今もあなたを優しく導いてる
耳を澄ませばあなたにも聞こえるはずです

20130416_007.jpg


今日の依頼人は誰?
どんな迷いを抱えた人?
半年先まで予約はいっぱいだ

20130416_008.jpg


見たくも 知りたくも なくったって見える
そして今日も
目を瞑って深く息を吸う

20130416_009.jpg


安らいだ未来が見えます
暖かなひだまりの中にあるベンチに
あなたは座っている

20130416_010.jpg

だから心配はいらない
慌てずに行きなさい
あなたが今 歩くこの道を

20130416_011.jpg

とても愛してくれる誰かがあなたを待っている
それが今の私に言えるすべて

20130416_012.jpg


わかっています
皆が私を見る懐疑的な目
そう私こそ過去と未来が見える
この運命を少し呪う男

20130416_013.jpg




JASRAC:190-0575-0

テーマ:日記 - ジャンル:日記

よかたい博多@イミテーションの木


導火線の火が
シュって音を立てて砂浜を這う
その細く強い光


20130224_001.jpg


一瞬 静寂がふっと夜を包んで
浮かび上がる あの娘の横顔


20130224_002.jpg


風に乗って響いてく音 火薬の匂い
打ち上げられた花火に夢を重ね見上げていた


20130224_003.jpg


深く沈めた記憶
向こう岸に捨てた憧れ
青臭い恋のうた


20130224_004.jpg


時間は残酷
もう魔法は解けてしまった

過去ばかりが綺麗に見える
現在がまた散らかっていく


20130224_005.jpg


リニューアルしたビルの中
イミテーションの木が茂る
その永遠の緑をボーっと見ていた


20130224_006.jpg


世界中に起こってる悲劇と比べたら
僕の抱えたモヤモヤなど
戯言だってよく知っている


20130224_007.jpg


イミテーションの木の下を
少年が飛び跳ねている
それを見た誰かの顔がほころぶ


20130224_008.jpg


情熱も夢も持たない
張りぼての命だとしても
こんなふうに誰かをそっと癒せるなら


20130224_009.jpg


導火線が今
シュって音を立てて胸に点る

この確かな強い光


20130224_0010.jpg


無機質なそのビルの中
イミテーションの木は茂る
なにかの役割を持ってそこにある


20130224_011.jpg


イミテーションの
イミテーションの
張りぼての命でも人を癒せるなら

本物じゃなくても君を癒せるなら



20130224_012.jpg

SpecialThanks.HRNさん



JASRAC:190-0573-3

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013新年初ラー@寿楽亭


もちろん決めていました
昨年から…


ファーストロットの寸胴に肖り
一年の“寿”を授かるには
わたくしにとっては
十日えびすの本えびす


20130105_001.jpg


ぶら下がったニンジンに先走り
4時の起床はさておき
ヨーガ&ジョグ
汚れたレバーに塩を塗り込み

さてさて待ち焦がれた
口開けの朝10時


20130105_002.jpg


すっかり枯渇したレバーに
マンナンで下地を作ったところで
準本命たる良質グリコーゲンを注入


20130105_003.jpg


マタ~リと流れる
お屠蘇タイムを十分に満喫し

頃合を見計らっての
“ナミ・メンカタ・ネギオオメ”

きた本命コール


20130105_004.jpg


いいぞ!
フレッシュな動物系に乗っかるオイルとかえしの配分

いいぞ!
メンカタ指定でのベタナマ原田

いいぞ!
しっとり赤身に被さるザク切り観音葱の山


20130105_005.jpg


全ての素材が
渾然一体となって押し寄せる
ヲタ殺しの抑揚に
アドレナリンとセロトニンが
五臓六腑を突き抜ける
極上の寿タイム

一年の始まりを告げる寿タイム


20130105_006.jpg


ここから始まる一年を
広島家族の一員としては
ナチュラル且つバリシャキに
時にはうららかに

おもいっきり楽しみたいと
誓うわけであります


20130105_007.jpg


もれなく
チャポンチャポンの腹を揺すりながら…



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大阪の宝や~@Happy Song


少しだけ仕事をほっぽって
もうどっか遠くに行こう

20121216_001.jpg

軽井沢 ハワイ
いや エベレスト
世界中をひとりしきり空想

20121216_002.jpg

Wow... Oh Wow
自分にエールを!

20121216_003.jpg

Wow... Oh Wow
悩んだって始まりゃしねえぞ

20121216_004.jpg

目粉るくしく変わっていく世界に
ちょっと足がすくんでしまいそうな近頃

20121216_005.jpg

まるで 前へ倣えの 右へ倣えの
優等生モード

20121216_006.jpg

でもI believe
相も変わらずに
いつだってこの胸に流れる
悲しいほどにハイテンションな
Happy Songを歌おうよ

20121216_007.jpg


通りすがりの人が
憐憫の表情を浮かべるも

20121216_008.jpg

両手に掴んだポップコーンを頬張って
明日へ駆けて行こう

20121216_009.jpg

Wow... Oh Wow
君にエールを!

20121216_010.jpg

Wow... Oh Wow
立ち止ってないで先に進もう

20121216_011.jpg

もう のんびりと生きていきたいなんて
ちょっと口にしてみたりする近頃

20121216_012.jpg

まるで
吠えない犬 羽のない鳥
ちゃんと放送コード

20121216_013.jpg

でもI believe
ずっと忘られずに
今日だってこの胸に流れる
寂しい昨日と手を繋いで
Happy Songを歌おうよ

20121216_014.jpg


どういう未来が待っていようとも
向こうの景色を僕は見に行かなくちゃ

20121216_015.jpg

きっとウンザリ
したり凹んだり

20121216_016.jpg

新たな敵が道を塞いでても
さぁ!

20121216_017.jpg


目粉くしく変わっていく世界に
ちょっと足がすくんでしまいそうな近頃

20121216_018.jpg

まるで 前へ倣えの 右へ倣えの
優等生モード

20121216_019.jpg

でもI believe
相も変わらずに
いつだってこの胸に流れる

20121216_020.jpg

悲しいほどに脳天気な
Happy Songを歌おうよ

20121216_021.jpg

寂しい昨日と手を繋いで
Happy Songを歌おうよ




JASRAC:185-2067-7


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

朝の恵み@第3回きんどん夏キャンプ


“朝がイイに決まってる”


深夜にA5
ほう、
それも一興であろう

第3回きんどん夏キャンプ_001


日の出にビー
うーむ、
これこそがツーであろう

第3回きんどん夏キャンプ_010


3度目にして
総勢30名を超える
勇士の面々は

質実の肉塊を貪り
剛健にして美酒を浴び続ける

第3回きんどん夏キャンプ_003


やがて
朝日に照らされて
転がる屍という
非日常と

ここだけ
2度の治外法権が息付く
尋常ではないアトモスフィア…

第3回きんどん夏キャンプ_004


いや、わたくしだって
だてに3年間
辛酸を嘗め続ける訳には行きませぬ

oyajiの説教を回避すべく
この一年間幾夜ものロープレを重ね
この夜のために演じきった“猿芝居”

第3回きんどん夏キャンプ_005


おかげさまで
充分な睡眠を確保し

眼前に広がる
屍の山脈を越えたなら
ドーンと鎮座する
過剰なまでの生樽の在庫

第3回きんどん夏キャンプ_006


日の出から
ここのウッドデッキには
罪悪感の欠片も存在せず

ただ
自然の摂理に応じて

ただただ
本能のままに
日の出の生ビールが許されるという

excellent&superiorな

非日常のひとコマ

第3回きんどん夏キャンプ_007


照りつける朝日を
全身に浴びながら

気の合う仲間と交わす
生ビールの旨いこと旨いこと

第3回きんどん夏キャンプ_008


一杯どころか
お代わり当然

朝酒で一日を潰す代償としては
痛んだレバーに
むしろ善行を処方するかのような
年に一度の臨海治療

第3回きんどん夏キャンプ_009


そこら中に転がっていた屍達も
やがてジョッキの泡音を
目覚まし替わりに
ワラワラと蘇生をはじめ

一同が
それぞれに感じる非日常を
本能のままに味わう
希望の朝

第3回きんどん夏キャンプ_002


朝ですら
己のテントを張れなくなった男の傍らで

試合に負けて勝負に分けた
果敢なタイの戦士に目をやり

“この一年間は引っ張られるな”


ヒャッヒャと耳に焼き付く高笑いに
己の身を案ずるも

“一年後もきっと来るぞ”

と早々に来年の再会を誓い
すっかり止まらなくなったサーバーへと
希望の触手を伸ばすのでした

第3回きんどん夏キャンプ_011




テーマ:日記 - ジャンル:日記

20th anniv.@「1999年、夏、沖縄」


僕が初めて沖縄に行った時
何となく物悲しく思えたのは
それがまるで日本の縮図であるかのように
アメリカに囲まれていたからです

とはいえ94年、夏の沖縄は
Tシャツが体にへばりつくような暑さで
憂鬱なことは全部夜の海に脱ぎ捨てて
適当に二、三発の恋もしました

20thANV_001.jpg

ミンミン ミンミンと蝉が鳴いていたのは
歓喜の歌かそれとも嘆きのブルースか
もはや知るすべはないが
あの蝉の声に似たような
泣き笑いの歌を奏で僕らは進む


いろんな街を歩き
いろんな人に出会い
口にしたさようならは数しれず

そして今想うことは
大胆にも想うことは
あぁ もっともっと誰かを愛したい

20thANV_002.jpg

酒の味を覚え始めてからは
いろんなモノを飲み歩きもしました
そして世界一のお酒を見つけました
それは必死で働いた後の酒です

戦後の日本を支えた物の正体が
何となく透けて見えるこの頃は
平和とは自由とは何か
国家とは家族とは何か
柄にもなく考えたりもしています

生まれた場所を離れ
夢からも遠くそれて
あぁ僕はどこへ辿り着くのだろう

20thANV_003.jpg

今日も電車に揺られ
車窓に映る顔は
そうほんのちょっとくたびれているけれど

神は我等を救い賜うのでしょうか
それとも科学がそれに代わるのでしょうか
永遠でありたいと思うのは野暮でしょうか
全能でありたいと願うのはエゴでしょうか

20thANV_004.jpg

時の流れは速く
もう四十を超えたのだけれど
あぁ僕に何が残せると言うのだろう


変わっていったモノと
未だ変わらぬモノが
あぁ 良くも悪くもいっぱいあるけれど

そして2012年、春の福岡で
また新しい僕らの旅が始まります
愛する人たちと
愛してくれた人たちと
世界一の酒を飲み交わしたのです

20thANV_005.jpg

最後の曲が終わり
音が鳴り止んだ時
あぁ僕はそこで何を思ったのだろう

選んだ路とはいえ
時に険しくもあり
些細なことで僕らは泣き笑う

20thANV_006.jpg

いろんな街を歩き
いろんな人に出会う
これからだってそれはそうなんだけど


そして今想うことは
たった一つ想うことは
あぁ いつかまた福岡で歌いたい
あぁ きっとまたyahooドームでも歌いたい
あぁ そして君にこの歌を聞かせたい



JASRAC:078-1744-4
~Ver_2012.04.29~

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2012花見@「彩り」


ただ
目の前に並べられた
仕事を手際よくこなしてく
コーヒーを相棒にして

2012花見_001

いいさ
誰が褒めるでもないけど

小さなプライドをこの胸に
勲章みたいに付けて

2012花見_002

僕のした単純作業が
この世界を回り回って
まだ出会ったこともない人の
笑い声を作ってゆく

2012花見_003

そんな些細な生き甲斐が
日常に彩りを加える

モノクロの僕の毎日に 少ないけど
赤 黄色 緑

2012花見_004

いま
社会とか世界のどこかで
起きる大きな出来事を
取り上げて議論して

2012花見_005

少し
自分が高尚な人種に
なれた気がして夜が明けて
また小さな庶民

2012花見_006

憧れにはほど遠くって
手を伸ばしても届かなくて

カタログは付箋したまんま
ゴミ箱へと捨てるのがオチ

2012花見_007

そして些細な生き甲斐は
時に馬鹿馬鹿しく思える

2012花見_008

あわてて僕は彩を探す
にじんでいても
金 銀 紫

2012花見_009

ただいま
おかえり

2012花見_010

ただいま
おかえり

2012花見_011

なんてことのない作業が
この世界を回り回って

何処の誰かも知らない人の
笑い声を作ってゆく

2012花見_012

そんな些細な生き甲斐が
日常に彩りを加える

モノクロの僕の毎日に
増やしていく
水色 オレンジ

2012花見_013

なんてことのない作業が
回り回り回り回って

今僕の目の前の人の
笑い声を作ってゆく

2012花見_014

そんな確かな生き甲斐が
日常に彩りを加える

モノクロの僕の毎日に
頬が染まる 温かなピンク

2012花見_015

増やしていく
きれいな彩り

2012花見_016





JASRAC:132-1686-4

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

新年初ラーを俯瞰して@すき屋


ラヲタの皆様なら
きっと
”お食い納めの一杯”や
”お食い初めの一杯”て
自分だけのこだわりがありますよねー

かく言うわたくしも
ソチラ側に片足を突っ込む者として
自分だけのワガママニュアルを持っていたりします




~2012年1月2日月曜日~

源流から
一(はじま)り

すき家_001

すき家_002

上海から
MAXで
沖縄まで
スジを通してみて

すき家_003

すき家_004

すき家_005

順当にフラレ続けるM的所業の
小気味良いこと


コレも織込み済みの行程にて
新年の喜びに沸く本通り商店街を闊歩し

老舗の手製POPの発見に
思わずこうべを垂れてみたりして・・・

すき家_006

そんな正月特需に流されない銘店達を
横目で流しつつ

暖簾の掲出に
仄かな期待を寄せるも
ウォーターの泡・・・

すき家_007


そんな時だからこそ
安心したかったね、オレ

「24時間・365日」
(もちろん、安全性を加味した時間帯に訪問デス)

すき家_008

あぁ、
コイツをやってみたかった~


ボンビー学生時代に夢見た
”牛皿におしんこ添えて、シャリ代わりのルービー”

すき家_010

ひとり感動に震えるカウンターで
店内に溢れる老若男女+多国籍労働者からは
まるで奇人の扱いを受け

誰一人としてダブることないランチメニューは
まさに自己完結型サティスファクションの極み

すき家_011

シャリが入る隙あらば
ルービー ブチ込まんかい!

と、僅かばかりに貢献する客単価を免罪符に
カウンター2回転分を占有する繁忙ランチタイム

すき家_009

好きや~


瓶2本を消化しても1030万円という
もはや大人食いを逸脱して
学生にも手の届く範囲のデフレプライス

新年早々、積年の夢を現実のものとし
ニヤケ面にてバーゲン戦線へと乗り込んで行ったのでした・・・


えっ、初ラー?
フフッ




こんな擦れて腐り果てたラヲタも
2012年始動です



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

八甲田連山_岩木山_白神岳@かぞえうた


201108_000.jpg


かぞえうた
さぁ なにをかぞえよう

201108_001.jpg

なにもない
くらいやみから

201108_002.jpg

201108_003.jpg

ひとつふたつ
もうひとつと
かぞえて

201108_004.jpg

こころがさがしあてたのは
あなたのうた

201108_005.jpg

201108_006.jpg

201108_007.jpg

201108_008.jpg


たとえるなら
ねえ なんにたとえよう

201108_009.jpg

こえもない
かなしみなら

201108_ 010_01

201108_010.jpg

ひとつふたつ
もうひとつと
わすれて

201108_011.jpg

また ふりだしからはじめる
きぼうのうた

201108_012.jpg

201108_013.jpg

201108_014.jpg

201108_015.jpg


わらえるかい
きっと わらえるよ

201108_016.jpg

べつにむりなんか
しなくても

201108_017.jpg

ひとりふたり
もうひとりと
つられて

201108_018.jpg

いつか いっしょにうたいたいな
えがおのうた

201108_019.jpg

201108_020.jpg

201108_021.jpg

201108_022.jpg


僕らは思っていた以上に
脆くて 小さくて 弱い

でも風に揺れる稲穂のように
柔らかく たくましく 強い
そう信じて


201108_023.jpg


かぞえうた
さぁ なにをかぞえよう

201108_024.jpg

こごえそうな
くらいうみから

201108_025.jpg

201108_025_01.jpg

ひとつふたつ
もうひとつ
かぞえて

201108_026.jpg

あなたがさがしあてたのは
きぼうのうた

201108_027.jpg

201108_028.jpg

201108_029.jpg

201108_030.jpg

201108_031.jpg


ひとつふたつ
もうひとつと
ゆれてる

201108_032.jpg

ともしびににた
きえない
きぼうのうた

201108_033.jpg






JASRAC:702-1558-8

テーマ:日記 - ジャンル:日記

正味の話ゼロ泊フル一日@Prelude


Hey you 日が暮れる
今日はどんな一日だった?
全部が思い通りに行くはずないって
知ってて聞いてんだ

明日はどこに行こう?
ねぇ my friend. where do we go?
七色の光を放ってた夢が
しぼんじゃったとしても 顔を上げな


20110515_001.jpg


前奏曲が聞こえてくる
さぁ 耳を澄ませてごらん
停留場で僕は待ってる
君も一緒に乗らないか?

胸の高鳴りに その身をゆだねよう
燻りを わだかまりを 捨てに行こう
深く考えないことが 切符代わりだ


20110515_002.jpg


首を縦に振る
ただそれだけで 昨日が過ぎてしまった
そんな自分を嫌にならない為の 言い訳を
自分に繰り返し やり過ごしているのなら

夢幻を振りまいて 今その列車は走り出す
汽笛を轟かせて 躯体を震わせて 光の射す方へ

悩んでたことなんて 今はとりあえず棚の上へ
要らないぜ 荷物なんて
何も持たないで飛び乗れ


20110515_003.jpg


Hey you その昔は英雄になれると 勘違いしてた
テーブルでスタンバってたって 何も運ばれちゃ来ないのに

そこで何してるの?
ねぇ my friend. what's going on?
探し物は見つかったの?
それともニセモノをつかまされて 泣き寝入りかい?


20110515_004.jpg


信じていれば夢は叶うだなんて 口が裂けても言えない
だけど信じていれば成し得ないことが
きっと何処かで 僕らの訪れを待っている


20110515_005.jpg


悲しみを追い越して なおもその列車は走ってく
暗闇を切り裂いて 風をおこして 目指したその向こうへ

良識やモラルなんて 今はとりあえず棚の上へ
要らないぜ 客観視なんて
息絶えるまで止まらないで


20110515_006.jpg


長いこと続いてた 自分探しの旅も
この辺で終わりにしようか

明日こそ 誰かに必要とされる
自分を見つけたい


20110515_007.jpg


Hey you 日が暮れる
明日はどんな一日にしようか?
前奏曲が聞こえてる
さぁ 耳を澄ませてごらん


20110515_008.jpg


憧れを連れ回して 今日もその列車は走ってる
汽笛を轟かせて 躯体を震わせて 光の射す方へ

悩んでいたことなんて 今はとりあえず棚の上へ
要らないぜ 荷物なんて
何も手にしないで飛び回れ


20110515_009.jpg
~JASRAC:173-8510-5~




atkさん>
この度のご恩に感謝感激雨霰です。
THKSでございました。

20110515_010.jpg




テーマ:日記 - ジャンル:日記

粛々と解かれていく@ハル


UFOに似た星
物憂げな夜を
流れていった

またひとつ
またひとつ
しばらく時間が止まった


0001.jpg


カーテンが揺れてる
背負い込んだものが少し
宙に浮かんだ


0002.jpg


誰のために
生きているのかなんて
考える気もしなくなる

思い惑う
胸をくすぐるように
風が流れていく


0003.jpg


信号機は
誰もいない道にも
合図をくれる

愛想などない
でも律儀で
誰かに似てる気がした


0004.jpg


春の風に
世界は素晴らしいなって
少し思えた

それを知らせる
サインだったんじゃないかって
考えたりもしてる


0005.jpg


行き詰ってた
日々に束の間の
ご褒美をくれる


0006.jpg


遠い街まで
見渡せそうな
場所に登ったら

イメージの翼で
この空を 大空を
飛んでく


0007.jpg


帰っていく星
明け方の空に
姿隠した

少しずつ
少しずつ
夢が覚めていくみたいに


0008.jpg


春の風に
世界は素晴らしいなって
少し思えた

旅路の果てに
何があるのかなんて
もうどうなったっていい


0009.jpg


優しく頬を
撫でるように
風が流れていく


0010.jpg


緩やかに
解かれていく





~JASRAC:173-8507-5~


テーマ:日記 - ジャンル:日記

本質を知ってこそ@全国Walker誌


”ホンモノを知らない”
ということは
薄っぺらで
悲しいことです


ただし、
”知っている”
ということも

それは それで
自虐的に
不幸を迎合してしまう訳で

チョッピリと
悲しいことです


【本物】プレモル小瓶


ギョーカイに見る
凛と
おっ勃った
ビジネスモデル


裏筋の局所までをも
敏感に感知してしまう
擦れたイチモツに
ドM的憂いを覚えつつも



どんなに
薄っぺらであろうとも
表1、チラ見だけで

自動的に
880万円を
差し出してしまう
現実・・・

知ってても
止められない 止まらない
またも繰り返される
この事実・・・


【本物】青森農家直送ふじ・王林


あぁ、いったい
全国でどれくらいのヲタ達が
辛酸を嘗めていることだろうか・・・



テーマ:日記 - ジャンル:日記

凸凹珍道中'10夏@ポケットカスタネット



001_20100814085748.jpg

ポケットに
君のメロディー

002_20100814085747.jpg

いつも持ち歩いている
生き物

003_20100814085747.jpg

それが僕です
そっと祈るように響かせる

体中に

004_20100814085746.jpg

例えば
カスタネットで

005_20100814085746.jpg

簡単なリズム
奏でている

006_20100814085745.jpg

それが君です
気まぐれに生真面目に僕を

導いてゆく

007_20100814085938.jpg

つないだ手が
語りかける

008_20100814085937.jpg

声になる前の
優しい言葉

009_20100814085936.jpg

裏表のない
次元でゆっくりと今
呼吸している

010.jpg



お天気が
すぐれない日は

011.jpg

君の心にある
雨雲を

012.jpg

取り除いて
太陽を差し出せる存在

そうありたい

013.jpg

靴を汚し
踵減らし
歩いてゆく長い凸凹道

014.jpg

季節ごとに
咲いた花の香りを僕ら
踏みしめてく

015.jpg



つないだ手が
語りかける

016.jpg

声になる前の
優しい言葉

017.jpg

裏表のない
次元でゆっくりと今
呼吸している

018.jpg


靴を汚し
踵減らし
歩いてゆく長い凸凹道

019.jpg

季節ごとに
咲いた花の香りを僕ら
踏みしめてく

020.jpg





JASRAC:138-8368-2


アルコールはレバーとココロに沁み渡っていく@口笛



頼りなく
二つ並んだ
不揃いの影が

北風に揺れながら
延びてゆく

10花見_1

凸凹の
まま膨らんだ
君への想いは

この胸の
ほころびから
顔を出した

10花見_2

口笛を遠く
永遠に祈る様に 遠く
響かせるよ

言葉より確かなものに
ほら
届きそうな気がしてんだ

10花見_3

さあ
手を繋いで
僕らの現在が
途切れない様に

その香り
その身体
その全てで僕は生き返る

10花見_4

夢を摘むんで帰る畦道
立ち止まったまま

そしてどんな場面でも
二人なら笑えますように

10花見_5

無造作に
さげた鞄に
タネが詰まっていて

手品の様
ひねた僕を
笑わせるよ

10花見_6

形ある
ものは次第に
姿を消すけれど

君がくれた
この温もりは
消せないさ

10花見_7

いつもは素通りしてた
ベンチに座り
見渡せば

よどんだ街の景色さえ
ごらん
愛しさに
満ちてる

10花見_8

ああ
雨上がりの
遠くの空に
虹が架かったなら

戸惑いや
不安など
簡単に
吹き飛ばせそうなのに

10花見_9

乾いた風に
口笛は
澄み渡ってゆく

まるで世界中を
優しく包み込むように

10花見_10

子供の頃に
夢中で探してたものが

ほら
今 目の前で
手を広げている

恐がらないで
踏み出しておいで

10花見_11

さあ
手を繋いで僕らの現在が
途切れない様に

その香り
その身体
その全てで僕は生き返る

10花見_12

夢を摘むんで帰る畦道
立ち止まったまま


そしてどんな場面も
二人で笑いながら

優しく
響く
あの口笛の
ように


10花見_13



JASRAC:071-4131-9



神様仏様&TjH様@【閉店】金十字



今年もまた
クーポンの誘惑によるスケベ心が騒ぎ出し

新年早々
キッチリとオトクして参りました


金十字(味玉)


Tj Hiroshima様、
今年もまた素晴らしい企画をどうもありがとうございました
ターゲット・ド真ん中の私は、今年もまたチャッカリとお世話になっております


金十字(麺)


これぞヲタと慢性ボンビーが泣いて喜ぶ

鉄板(^▽^)コラボ!!


金十字(味玉塩ラーメン)


願わくば半期に一度…
いや、言い過ぎました
新年早々ではありますが、来年もより一層のバージョンアップを熱く期待しておりまする


Tj Hiroshima



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

支え合ってこそ@福岡



そりゃね、
人生の折り返し地点にも立つと悩みは尽きないものです


薬院六つ角


6本の選択肢があって
ラな実力店がひしめき合って
同業を迎合するかのチキンなフレーバーまでもがあって

酷とも思えるヲタな環境の中
迷って悩んで徘徊し続けるマイ・チキンハート

そんなときB級KINGの支えがあってなんとか予習を完了
そう、支え合ってこそ…

当たり前の如くやり過ごしている日常の営みの中

”探してたものは こんなシンプルなものだったんだ”


雛皮


時代は混乱し続け その代償を探す
人はつじつまを合わす様に 形にはまってく
誰の真似もすんな 君は君でいい
生きる為のレシピなんてない ないさ

息を切らしてさ 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ
ただ未来へと夢を乗せて

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
きっときっとって 君を動かしてる
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしよう
もっと素晴らしいはずの自分を探して

胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように
いつも今日だって僕らは動いてる
嫌な事ばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう
もっと大きなはずの自分を探す終わりなき旅
終わりなき旅

~JASRAC:061-3189-1~


supermarket fantasy


容赦なき強行スケジュールの福岡入り
気付きと感動に溢れた実り多き福岡の旅

もれなく
雛皮と焼酎と豚骨に溢れた終わりなき欲望の旅
でもありました


テーマ:日記 - ジャンル:日記

平和の礎の先に@Image




どれくらい目をつぶっていたろう?
君を思い浮かべながら

その笑顔が その全てが 僕だけの楽園

1_20090808074210.jpg


楽しく生きて行くImageを
膨らまして暮らそうよ

さぁ目に映る 全てのことを 抱きしめながら

2_20090808074216.jpg


静かにうねる海

カーテンを揺らす風

何処までも続く青空


3_20090808074222.jpg


子供の笑い声

君の手の温もり

死と再生を繰り返す命 愛


4_20090808074229.jpg


大切なものはいつだって
目の前に転がってる

踏んずけないように
蹴飛ばさないように

歩いて行けるなら


5_20090808074755.jpg 6_20090808074801.jpg

7_20090808074808.jpg 8_20090808074814.jpg




揺れ動く心の狭間で
一筋の光に手をかざすけど

9_20090808075354.jpg


時はいつでも急ぎ足で
生き行くことの意味は

争い合う事にいつか すり変わってく


10_20090808075115.jpg 11_20090808075122.jpg

12_20090808075128.jpg 13_20090808075134.jpg



飛び込み台の上
僕等は否応なく
背中を押され落ちてくんだ

溺れそうな魂
水しぶきをあげて
息絶え絶え水面をかく

けれど


14_20090808083623.jpg


楽しく生きてゆくImageを
膨らまして暮らそうよ

この目に映る 全てのことを 抱きしめながら

15_20090808075749.jpg





JASRAC:063-8106-5


新たな導線の末に@新球場




ステキなスローガンがあって

いいんじゃない(^∇^)


球場3







800m歩いたって
オモニが客引きしたって
中坊並みの持ち物検査だって


球場7

いいんじゃない(^∇^)





雨でも寝そべったって
砂かぶりで網目見たって
500円で30分縛りだって


球場4

いいんじゃない(^∇^)





ドックとバーガーだらけだって
やたらめったらキャラメルポップコーンに香られたって
うどんが違ってたって


球場5

いいんじゃない(^∇^)





売り子が待ち受け商売だって
一杯700円だって
枝豆数粒だって


球場2

いいんじゃない(^∇^)





風船飛ばなくたって
パフォーマンスにブチ込まれたって
ここだけ過密だって


球場8

いいんじゃない(^∇^)






ビュー角悪くたって…
異常に高過ぎたって…
西日が直撃したって…
仮に届いても全てファールだって…
凡フライが見えなくたって


球場6



いいわけないだろ |;゚ロ゚| ゴラッ!






パフォーマンス席から飲食において
総じて高め一貫の強気配球

これではいつかガツンと一発喰らう気配もプンプン♪

球場1





わずか数試合で得た溢れる程のCSを決め球に
『アウトコース低め!!』

プロの仕事で魅了させてくれ!

球場9


迅速且つ大胆なジャッジを下したって

いいんじゃない(^∇^)



いのちの喜び@花の匂い




届けたい
届けたい
届くはずのない声だとしても
あなたに届けたい


「ありがとう」
「さよなら」
言葉では言い尽くせないけど
この胸に溢れてる

001.jpg




花の匂いに導かれて
淡い木漏れ日に手を伸ばしたら

その温もりに
あなたが手を繋いでいてくれているような気がした

002.jpg





信じたい
信じたい
人の心にある温かな
奇跡を信じたい


信じたい
信じたい
誰の命もまた誰かを輝かすための光

003.jpg


”永遠のさよなら”をしても
あなたの呼吸が私には聞こえる

別の姿で
同じで微笑みであなたは

きっとまた会いに来てくれる

004.jpg






どんな悲劇に埋もれた場所にでも

幸せの種は必ず植わってる


005.jpg


こぼれ落ちた涙が如雨露一杯になったら

その種に水を撒こう


006.jpg






人恋しさをメロディにした
口笛が風を運んでいったら

遠いどこかで
あなたがその目を細めて聞いている

007.jpg


”本当のさよなら”をしても

温かい呼吸が私には聞こえてる


008.jpg


別の姿で
同じ眼差しであなたは


きっとまた会いに来てくれる



009.jpg
(JASRAC:153-3244-6)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

ラヲタ、吠える



抱かれて 磨かれて
輝くことで また抱かれて
君と僕が
そんなメビウスの輪の上を歩けたなら

時流の早さ 命の重さ
確かめるようにほら一歩ずつ
疲れたら青空に心を泳がせて
風の唄でも聴こうか
聴こうよ



広島(090222)



時流の早さ 命の重さ
確かめるように
人の弱さ 心の脆さ
かばいあうように また一歩ずつ
暗闇に迷うなら
心に光ってる星を頼りに進もうか

愛されて 優しくなれて
その優しさが故に愛されて
君と僕が
そんなメビウスの輪の上を笑いながら
寄り添って歩けたなら

#JASRAC:151-0833-3




広島(090222_2)


Childrenさん>
 感謝感激雨あられの大洪水です
 もしもラーメンと酒にお困まりの際は、微力ながらご支援させて頂きます!!



DNAの旅路の果てに聞こえるボレロ



まるで病 もう神も仏もない

紛れもなく これが恋っていうもんです



海霧2


心なんてもんの実体は知らんけど

身体中が君を求めてんだよ


海霧1



君しかいない 君こそ未来

言葉はみな空虚 宙に舞うんです


海霧3


悩める世界全体の一大事も 無関心でいられちゃうこの想いを

知って

ねぇ、知って


海霧4






いつだって年中無休で 君を愛してゆく



海霧5



七転八倒の人生も 笑い飛ばしてゆく



海霧6



感情をむき出しにして

朝から晩まで 裸のまんまで暮らしたい





海霧7










今度こそ本物なんだって 君が言うのなら

小便臭い十代の恋を 笑い飛ばしてくれ




海霧9



本能のまんま自由にして

夜のベランダで 裸のまんまで暮らしたい




海霧10



ひるむことのない 想いは明日へと

続いてく

続いてく








(JASRAC 048-9342-5)


師匠と紀州





ああ、再びこんな日が訪れようとは



紀州1


まさに(゚∀゚)夢のようです







衰えるどころか精彩さを増すそのGod Handっぷり

紀州






門下生は格闘の日々でございます

紀州2



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

高山植物たち




ちっぽけな縁起かついで 右足から家を出る

1.jpg

電車はいつもの街へ 疲れた身体を運ぶ

2.jpg

昨日と違う世界あったっていいのに 僕も欲しいのに

3.jpg

簡単そうに見えてややこしく 困難そうに見えてたやすい

4.jpg

そんなラララ そんなラララ 探してる

5.jpg

探してる








”ぶどう酒が身体にいいぞ”と並ぶ週刊誌の見出し

6.jpg

長生きはしたくもないけど 何気に酒屋をのぞく

7.jpg

いろんな情報が行き交う 要りもしないのに手を出してみたり

8.jpg

参考書よりも正しく マンガ本よりも楽しい

9.jpg

そんなラララ そんなラララ 探してる

10.jpg

探して

11.jpg

lalalalalalalalalalalalalalalalala…

14.jpg











ニュースは連日のように 崖っぷちの時代を写す

12.jpg

悲しみ怒り憎しみ 無造作に切り替えて行く

13.jpg

明日を生きる子供に 何を与えりゃいい? 僕に出来るだろうか?

15.jpg

太陽系より果てしなく コンビニより身近な

16.jpg

そんなラララ そんなラララ 探してる

17.jpg

探してる








無くてはならぬものなど あんまり見当たらないけど

18.jpg

愛する人も同じように 今日も元気で暮らしてる

19.jpg

一人じゃない喜び 何はなくともそれで良しとしようか

20.jpg

簡単そうに見えてややこしく 困難そうに思えてたやすい

21.jpg

そんなラララ そんなラララ 探してる

22.jpg

探してる

23.jpg



赤い夕日が燃えて沈んで 長い夜を越えて昇る

24.jpg

今日もラララ

25.jpg

明日もラララ

26.jpg

探してく

27.jpg

探してく


~JASRAC 063-8104-9~


«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-