2017-05

さつき(中区東平塚町)


さつき2(外観)

午後から開きが悪いという扉に
朝から獣臭が漂う路地裏の名店


さつき2(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


さつき2(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
丼からは獰猛な獣たちによる風味が立ち昇り、
口内では軟弱な塩ダレを凌駕してツンツンに襲い掛かって来る。
デフォで大量の砂掛けBBAも猛獣の勢いに圧倒されて、
香辛風味が程良い塩梅に掻き消されている。

固茹での細ストレート麺は、
凛としたハリを伴ってシャープに啜り込ませ、
パキパキとした千切り感覚が心地良い。

ワンコインでも都度切りチャーシューが3枚入り、
モヤシのタワーが唯一獣に勝る風味の要素。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とんずりん(中区大手町)


とんずりん(外観)

ランチ時に群がる飢えたリーマン達も
女将の神対応によって癒しの泉となっている


とんずりん(中華そば・塩)
(中華そば・塩)


とんずりん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラの芳醇な旨味エキスと昆布のグルタミンが融合し、
塩ダレの繊細な味によって清湯を生かした輪郭が形成されている。

細切りの青ネギと白髪ネギが極細麺にしっかり絡み、
スープの風味とセットで啜らせる戦略設計。

しっとりホロホロの赤身チャーシューは、
自身の主張を控えて清湯を支える名脇役っぷり。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

豚(中区舟入南)


豚(外観)

基本ラ店だが
塩サバからもろきゅうまで揃えて復活


豚(ラーメン)
(ラーメン)


豚(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
乳化層が覆う濃厚な豚骨エキスに
カラメのカエシでパンチを呼び込み、
揚げネギから発する芳ばし風味が食指を動かす。

メンカタ指定でコールしたうすいの細麺は、
最後までダレることなくガチムチの強さで存在感を誇る。
大判チャーシューにウェルダン仕様の味玉もボリューム十分で、
店の大半を占めるガテン客をも魅了する破壊力。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

我馬・紙屋町店(中区紙屋町)


我馬・紙屋町店(外観)

拡大一途を続ける経営と味は
巧みなギミックに満ちている


我馬・紙屋町店(白うま)
(白うま)


我馬・紙屋町店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
日々進化するというスープはマイルドな豚骨がベースになり、
表面に浮かぶ背脂塊は後乗せ的な仕事で出ておらず、
切立丼によって絶対量を削減された商業臭が沸いてくる。

コナオトシのコールも可能だが、
提供されたコナじゃないコンディションには
生麺のポテンシャルが伝わって来ない。

極薄チャーシューは食べやすいといえばそうだが、
擦れヲタ的には貧相としか感じられない。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



ぶぅ・白島店(中区白島北町)


ぶぅ(外観)

深夜にも啜れる
資本系のアッサリ豚骨


ぶぅ(ぶぅらーめん)
(ぶぅらーめん)


ぶぅ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
汎用っぽいクリ~ミ~スープはライトでシャバく、
途中で甲殻類の香ばしさと柚子の果実風味が昇ってくる。

コナオトシにも対応可能な細麺は、
生麺のベタつき感を失った乾麺のようなコナ感覚。
単調に飽きてきたことろで、青海苔の磯風味が良いアクセントになっている。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一龍(中区堺町)


一龍(外観)

「広島で愛されるように」と
研究と改良の末に辿り着いた現行スペック


一龍(中華そば)
(中華そば)


一龍(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨のみ8時間炊き込み、9割形完成した時点で野菜を投入して
目指すところのアッサリ豚骨が完成する。
表面には泡立ちを伴った乳化層で蓋をし、
熱々を保持したスープはライトでカエシの強さが全面に立っている。

平ザルによる麺上げで完璧に湯切りされた原田麺は、
メンカタでこそ生きるザクザクの裁断感覚と、
咀嚼と共に小麦の芳ばしい風味が豊かに膨らむ。

小口カットのペラチャーシューに多めのモヤシが乗っかり、
トッピングにおいてもライトな感覚が具現化されている。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

こがね食堂(中区袋町)


こがね食堂(外観)

飲兵衛のレバーを鷲掴みにする
大衆食堂で一杯やった〆のラー


こがね食堂(ラーメン)
(中華そば)


こがね食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
出汁感のある動物系清湯に和風要素が重なり合い、
カエシをキリッと効かせた漆黒スープ。

スープを吸い込んで小麦色に焼けた麺は、
モッチリとした切り込みと共にネットリ臼歯へ付着する。
一切のトレンドを排除した手作り感満載のレトロ麺。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

万丈(中区富士見町)


万丈(外観)

お好み焼き店系列のラ店には
名門原田の血が流れる


万丈(広島ラーメン)
(広島ラーメン)


万丈(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
広島風醤油豚骨を地で行くスープには、
カエシのビターな風味がクッキリ立ち、
表面の薄いゼラチン層によってコクが補完されている。

名門原田の細ストレート麺は、
メンカタ指定でザクザクとした千切り感と
奥歯でのプレスで小麦の風味と甘味が感じられる。

錦糸卵とテク入りチャーシューは意外性があり、
完飲後の丼底からは骨粉粒子がお見送りしてくれる。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桂林(中区八丁堀)


桂林(外観)

街の中華屋シリーズ25
(たまには半チャンも入れるヨ)


桂林(中華そば)
(中華そば)


桂林(麺)
(麺)


<ひとくちメモ>
まっ、まさか、半チャンセットが・・・、土曜日のみだって!?

もはや半チャンセットといえば
中華屋が誇る鉄板メニューであることは言わずもがなだが、
何をどう血迷ったか“土曜日のみ提供”という信じ難い独自ルールによって
無残にもゴールデンコンビの夢が阻まれる。

“中華鍋を忘れても半チャンセットは忘れるな” と
若き修行時代に叩き込まれたはずであろうが、
こともあろうに基礎中の基礎がすっかり欠落してしまっている。

中華屋の看板を掲げるには痴がましい程の初歩的な失態であるだけに、
ガーリックオイルに依存した凡庸麺などにプロの姿を感じ得ない。
天変地異が起こる前に、一刻も早く目を覚ますべきであろう。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

唐人桜・八丁堀店(中区八丁堀)


唐人桜(外観)

街の中華屋シリーズ24
(たまには半チャンも入れるヨ)


唐人桜(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)


唐人桜(麺)
(麺)


唐人桜(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
ハコから厨房機材・どんぶりに至るまで、
節操を捨て居抜きを採用したカンコピ系。

軽い濁りを湛えた醤油スープには、
動物ダシとほのかな香草が効いて味付けはショッパめ。
緩く縮れた玉子麺からは甘い風味が立ち昇り、
抑揚のない平凡さがにじみ出ている。

ランチタイムの半チャンは作り置きがスタンバイされており、
多めのオイルを伴ったベタベタ状で提供される。
米が死に、味も風味も弱い半チャンであるが、
プラス150万円ならば暴動までは至らないレベル感。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

膳坊(中区堀川町)


膳坊(外観)

街の中華屋シリーズ23
(たまには半チャンも入れるヨ)


膳坊(野菜ラーメンプラスチャーハン)
(野菜ラーメンプラスチャーハン定食)


膳坊(麺)
(麺)


膳坊(半チャン)
(半チャン)


膳坊(杏仁豆腐・冷コー)
(杏仁豆腐・冷コー)



<ひとくちメモ>
医食同源を提唱する本格中華料理店のセットメニュー。
出て来た瞬間、エアーで立ち昇る悲しみのゴマ油を前に、
上澄みをすくって最大限の救済措置を試みるも徒労に終わる。

フレッシュなチャーハンを掻き込んで心を落ち着かせようとするも、
ついスープで流し込んでしまうと再度ゴマ油の悪夢に苛まれる。

杏仁豆腐に冷コーと満面の笑みまで付いて日替り設定550万円は嬉しいが、
ゴマ油さえ浮かべなければ薄気味悪いヲタにも笑みがこぼれたに違いない。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

長安(中区八丁堀)


長安(外観)

街の中華屋シリーズ22
(たまには半チャンも入れるヨ)


長安(チャーシュー麺セット)
(チャーシュー麺セット)


長安(麺)
(麺)


長安(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
本場中国で14年・日本に来て12年間、
ひたすら北京料理を作り続けた袁さんによるラーメンは、
なんと“チャーシュー麺が味噌ラーメン”という袁さんのデフォ設定。

味噌ラーメンとのコンビは本国では珍しく、
八角の効いたしっとりチャーシューからは本場感が漂う中華屋仕様。

薄い塩味のチャーハンはオイルでベタついているものの、
ラードの風味は昇って来ないライトなもの。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

もんごいらーめん・袋町店(中区袋町)


もんごいらーめん・袋町店(外観)

もんごい直系の3店舗目は
ウラブクロでシックに展開中


もんごいらーめん・袋町店(さかな塩)
(さかな塩)


もんごいらーめん・袋町店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
圧力寸胴で骨の髄まで抽出した鶏&豚エキスと、
数種の魚介節を合わせて炊き出した魚介エキスとを
絶妙なバランスで融合したという“超魚介系トリプルスープ”と謳われる。

厚いオイルの層を突き破って出て来た麺は、
ツルリとした滑り込みと三田製麺特有の密度感がある。
真空低温調理のレアチャーシューを添えるなど、随所にテクが詰まっている。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

めん鯉(中区本通)


めん鯉(外観)

本通一等地のハコとガワに
擦れヲタ的に商業の香りが


めん鯉(尾道ラーメン)
(尾道ラーメン)


めん鯉(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
井上プロデュースを想起させる
鶏ガラ醤油にトロける背脂塊の構成。
仕込み水に大和町の天然湧水が使われるが、
当然のことながらバカ舌ヲタには感知不能。

井上の平打ちはメンカタ指定で鉄板のクオリティ。
薄切りの大判モモ肉チャーシューも本場同様の仕様。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺喰 RENREN 奥野製麺所(中区西平塚町)


RENREN 奥野製麺所(外観)

広島風お好焼きのれんれんグループ
非広島風つけ麺の新ジャンル「麺喰」を提唱


RENREN 奥野製麺所(麺喰)
(麺喰・並)


RENREN 奥野製麺所(麺)
(麺)


RENREN 奥野製麺所(ビール・キムチ)



<ひとくちメモ>
セルフの自家製キムチに原了郭黒七味を投入し、
ルービーで流し込みながら茹で上がり12分間を楽しめる。

全粒粉の太麺は“非流水締めのアツ”で提供されるため、
風味は昇るが麺肌のヌメリと切込みズワッと感があり、
麺本来のポテンシャルが低減されている。

魚粉満載のつけ汁は節系の魚介要素が強く、
シャバいがザラつきによって麺に絡まる構成。
デフォで830万円は差別化が象徴された独自路線。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

春晴(中区流川町)


春晴(外観)

BARやカフェを展開する春陽堂
ラの世界で親孝行を


春晴(濃厚煮干しつけ麺)
(濃厚煮干しつけ麺)


春晴(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
季節で産地を変えるという片口鰯の煮干しエキスと、
鶏ガラの掛け合わせは存外シャバくてライトなものだが、
表面に背脂塊を浮かべて濃度が追加された構成。

海苔のお舟に魚粉が乗っかるスタイルで、
多加水太麺を合わせた所謂マタオマ仕様のド真ん中。

神石高原豚と桜島鶏の2種のチャーシューは
つけ汁で戻すとしっとり柔らか。
擦れヲタ的所感は商業の香りが色濃く反映された汎用スペック。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

nob(中区舟入幸町)


nob(外観)

広島にくまごり系という
新たなジャンルが誕生②


nob(あっさりnob)
(あっさりnob)


nob(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
くまごりプロデュースのフレッシュな動物出汁をベースに、
あっさりでも表層にオイルを張ってパンチを持たせてある。
笹切りネギにカイワレ・キクラゲが清涼感を吹き込み、
あっさり路線が具現化された感じ。

うすいの細ウェーブ麺を啜り込むと
小麦の芳醇な香りが鼻孔を抜け、
ザクザクとした固麺の千切り感が小気味良い。

ココでも同様にデフォで半タマ乗っけて700万円は、
くまごりブランドが反映されたもの。



味の評価:★★★+☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

千の風・広島店(中区立町)


千の風(外観)

千年の都京都から
千もの風に乗せて広島で自然派らーめんを


千の風(京の塩)
(京の塩)


千の風(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
その日使う天然素材の産地が明記され、安心感が訴求されている。
純豚骨でさっぱりでもコクがあり、クセがないのにクセになる味・・・
という結論に難しいコンセプトで、使われる形容詞ははんなり。

実態はシャバくてライトなサッパリ豚骨エキスに、
丼底に魚粉が溜まるほどのカツオ出汁を合わせたもの。
カリカリに炙ったバラチャーシューからは
芳ばしい風味がスープに乗って食指を刺激する。

極めて残念なのがズワズワのブヨ麺であり、
拍子抜けするほど意外なアンマッチ仕様。
そして一杯830万円は、広島ではハードルの高い都プライス。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

しゅん(中区十日市町)


しゅん(外観)

ルーキー離れした髙山を彷彿させる
居酒屋離れした本格手仕込み中華そば


しゅん(中華そば)
(中華そば)


しゅん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
まずはモヤシの山を即刻駆除し
プレーンな状態のスープを含んでみると、
若干のトロミを帯びた深みのある豚骨出汁に
濃いカエシと酸味も加わったまるで髙山のようなバランス感。

カタでオーダーした細麺は、
当初はバサバサとしたストロング系であるが、
スープに馴染むと髙山並みのしなやか系にシフトする。

箸でも崩れるバラチャーシューは、
髙山のような柔らかさも兼ね備えている。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

蓬莱・並木通り店(中区新天地)


蓬莱・本通店(外観)

職人肌の大将なきあと
ユル~い感じで分店が派生する


蓬莱・本通店(しおラーメン)
(しおラーメン)


蓬莱・本通店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
若いチャンニーによる衝撃的なゴマ油を目の当たりにしたため、
疑念を検証すべく分店へと梯子麺。

しかしあっけなく裏切られたソレは、
母店よりリッチに盛られたゴマ油&ゴマにより
出前一丁を忠実にコンプリートした仕様。
厨房陣も母店と同様にユル~いチャンニーで編成されている。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

蓬莱(中区紙屋町)


蓬莱_2(外観)

職人肌の大将なきあと
ユル~い感じで爆盛りが継承される


蓬莱_2(しおラーメン)
(しおラーメン)


蓬莱_2(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
中華屋清湯スープに、まさかまさかのゴマ油…。
なぜに入れるのか?清湯をブチ壊すどころか
根本から全否定のゴマ油IN!!

加水率の低い細麺はザクザク食感で迎合だが、
ゴマ油層を突き抜けて来ただけにスペックダウンは否めない。



味の評価:★★☆☆☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

喜八屋(中区舟入南)


喜八屋(外観)

はんつ氏も認めた
和食仕込みの技と味


喜八屋(中華そば)
(中華そば)


喜八屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
着丼後、まずはタワーのモヤシを即刻駆除し、
ほぼプレーンを維持したままの丼面と対峙。

重厚な鶏ダシが下支えとなり、昔ながらのコンセプト通り
雑味のない元ダレを使って数多の素材が最大限に活かされている。

平ザルを使って小気味良く湯切りされた麺は、
扁平細ストレートの形状でガチで好みのド真ん中。
小さな赤身チャーシューはあっさり味の脇役に徹しており、
一杯の完成度を引き上げている。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

YAMANE(中区立町)


YAMANE(外観)

七福神から中の棚へ
汁なし推しのトレンド店


YAMANE(尾道ラーメン)
(尾道ラーメン)


YAMANE(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
汁あり部門では濃厚豚骨と並列で尾道が存在することから、
寸胴のシステムが激しく恐怖心を掻き立てる。

“醤油の風味と背脂のコクを全面に~”とインフォされるスープは、
“醤油のショッパさとグミのオイニーだけが残る“といった
インフォの通りの○業仕事か。

平たく潰れた細麺はメンカタ指定で強いコシがあり、
はせべや井上などとは異なる独自尾道仕様。
二兎どころか三兎を追うモノは尾道をも得ず・・・。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

長浜ラーメン(中区流川町)


長浜ラーメン(外観)

ヨッパのアンテナが導くまま
ヲタ感動モノの豚さんとの出会い


長浜ラーメン(長浜ラーメン)
(長浜ラーメン)


長浜ラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
元ダレによる褐色帯びた豚骨スープには、
シャバいのに濃い豚さんのエキスとスメルが織り込まれた仕様。
オイルや香辛料に頼らない豚さんのピュアな旨味に満ちており、
場末でのストレート勝負に潔さと好感が感じられる。

“一番固いの”で出てきた細麺は、
本場の粉っぽさベチャつきを伴ったベタナマ仕様。
総じて広島の中では、最も本場に近い仕様と思われる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Nurse(中区榎町)


Nurse(しあわせの鶏塩らぁ麺)

擦れたヲタも
たまには女子力注入するヨ!!
(朝ラーもできるヨ)


Nurse(中区榎町)
(しあわせの鶏塩らぁ麺)


Nurse(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
女子力UPのため“食べて体の中からキレイに”をコンセプトに掲げ、
かの変態店主をも虜にする元ナース姉妹のオリジナル麺。

シャレオツな切立丼にクリアな鶏ミネラルスープを湛え、
「ひじき」を散らせて美肌効果を演出している。

「おから」を練り込んだオリジナル麺は、
表面にザラつきを持たせてスープを拾い上げ、
噛み潰すと口溶け良く消えていく。

炒めたモヤシ、エノキ、パプリカがヘルシー感を醸成し、
「伊勢のあおさ」がフレッシュ要素を注ぎ込む。

チャーシュー変わりの鶏肉は薄い味付けで
繊細スープを崩さないよう線の細さが踏襲されている。
擦れヲタ的には、女子力の代償に900万円の散財は痛過ぎる。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

五味八珍(中区吉島新町)


五味八珍(外観)

地域密着のお食事処で
客の大半が注文する本格派醤油ラーメン


五味八珍(ラーメン)
(ラーメン)


五味八珍(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
澄んだ動物出汁にカエシが強く効かされ、
表面にフレッシュなオイルでコクと風味とがアドオンされたもの。
最初こそショッパく感じるが、徐々に舌がパンチを受け止めて行く。

中太のストレート麺を極限までヤワのコンディションで茹で上げ、
多加水のモチモチ感&もっちり感をMAXまで引き上げられたソフト麺。
ここまでヤワが活きる麺は珍しい。

極厚の手作りチャーシューはしっとりとした噛み応えで、
肉質の良さがこの一杯のクオリティを引き上げる。



味の評価:★★★★☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

寿々女(中区舟入幸町)


寿々女(外観)

旧店舗での麺上げスキルが
また また 増殖した小鳥系で羽ばたく


寿々女(中華そば)
(中華そば)


寿々女(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
リズミカルな平ザルスタイルはそのままに、
メンカタ指定で僅か数分レベルで上げられる原田麺。
中心に芯の残る麺からは小麦の香りが立ち昇り、
しっとりとした潰し込み感覚を伴ってザクザクと裁断できる。

若干のトロミを帯びたスープには確かな出汁感があり、
オイルの要素は弱めでカエシの風味が引き立つ小鳥系仕様。

コンビネーションに若干の難が感じられたものの、
時間の経過と共に往年の羽ばたきが蘇ると想定される。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

錦(中区千田町)


錦(外観)

neo徳島発
久保田イズムを汲む鶏清湯系


錦(鶏塩らーめん)
(鶏塩らーめん)


錦(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
白い切立丼で登場した鶏塩は、中央寄りのシャレオツっぷり。
鶏モモ肉だけで抽出したという鶏清湯スープは、
ライトなベース出汁をオリジナルの塩ダレで味付けされ、
柚子とチー油・ネギ油によって風味が加えられたモノ。

メンマやキクラゲ、カイワレ・白髪ネギ・糸唐辛子など
あれやこれや盛ってる間にすっかりヤワへと移行した袋麺は、
緩いウェーブを伴って滑り込みは良く、ズワっとした千切り感の後に
ボソボソとした噛み潰し食感。

蒸し鶏チャーシューは良質の塊状で、
終盤すだち片による味変でサッパリ口を直して〆ることができる。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

骨々亭(中区大手町)


骨々亭_3(外観)

9:45のシャッターで
余裕のP.Pをゲット


骨々亭_3(ラーメン)
(ラーメン)


骨々亭_3(天地返し)
(天地返し)


骨々亭_3(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
濃厚な動物系スープの上段には
ド乳化層と背脂塊で更なるコクをアドオンし、
ノーコールでマー油の風味付けも加わったオイル過多な構成。

トピに野菜の小山を築いて大判のブタを並べたら、
まるで小二郎の様相を呈する。

天地返しで全てを潤滑させ、
剛麺系の自家製平打ちをワシワシとかき込むと
思いのほかすんなりと完食できる。



味の評価:★★★★☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】うぐいす・赤(中区流川町)


うぐいす_2(外観)

2015年12月30日
67年の歴史に終止符が打たれる


うぐいす_2(中華そば)
(中華そば)


うぐいす_2(麺)
(麺)


うぐいす_2(閉店)



<ひとくちメモ>
茶濁の豚骨醤油系はまさに広島風路線の鉄板。
深夜まで流川を徘徊するヨッパ達を相手に、
ゾンビどもの胃袋を鎮め続けてきた老舗終焉の時。

熟練の平ザルテクを観ながら酒をあおり、
デフォ4枚の赤身チャーシューと茹モヤシらのトピが
最良の肴となって次々に酒を消費させる。

飲んで来たばかりなのに更なる酒を所望させ、
気付けばサラリと完食させているといった匠の業と歴史の味。
積年の功を賞すると共に、
ヲタ的文化遺産としてバカ舌の中でいつまでも生き続けることでしょう。



味の評価:★★★+☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-