2017-08

こばやし(福山市延広町)


こばやし(外観)

以前とは明らかに異なる店内のイキフンに
擦れヲタ下半身 警戒心はビンビンに


こばやし_2(台湾ラーメン)
(台湾ラーメン)


こばやし_2(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
厨房からは中華鍋のカンカン・サウンドが消え、
レンジのチ~ンが響き渡って擦れヲタの恐怖心を倍増させる。

ビジュアルは連食を割り引いたって勃ち上がらない食指と、
軽~い醤油スープにチンしたミンチとニラを乗っけました的な
コテコテの日本人にだって分別がつく非台湾スペック。
一発目が良かっただけに、抜かずの連射は萎えまくり。



味の評価:★★☆☆☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天福楼(南区比治山町)


天福楼(外観)

街の中華屋シリーズ31
(たまには半チャンも入れるヨ)


天福楼(炒飯+ラーメン定食)
(炒飯+ラーメン定食)


天福楼(麺)
(麺)


天福楼(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
清湯に豚骨・台湾からベースをチョイスさせ、
数多の定食メニューが所狭しと並ぶそのどれもが
閉店セールなのにセールの恩恵を受けていないというラインナップ。

本場感の弱い新台湾料理系ラーメンは抑揚がなく、
炒めのスキルを伴わない半チャンは米と卵がセパレートタイプ。
しかしデザートの杏仁豆腐だけはトロトロ状でやたらと旨い。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

美味軒(東区若草町)


美味軒(外観)

メニューに清湯と豚骨が共存することから
寸胴のシステムを邪推してしまう擦れヲタ


美味軒(しょうゆラーメン)
(しょうゆラーメン)


美味軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ベーススープは鶏ガラに香味野菜を加えた清湯に、
カエシの濃い味付けと課長が常駐するコンソメ仕立て。

ダマになった細麺を丼内のスープでほぐすと
玉子麺特有の甘い香りが立ち昇り、
咀嚼で小麦とスープの濃い味とが口内で最適に調和する。

デフォ6枚入りの短冊チャーシューからは、
中華屋よろしく八角の風味が鼻孔をくすぐる本格派。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

すえひろ(福山市三之丸町)


すえひろ(外観)

基本焼き鳥屋のため
ラの単品でも付出しは自動添付


すえひろ(中華そば)
(中華そば)


すえひろ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
朝びき国産鶏のガラや手羽先から摂るスープは
フレッシュな鶏さんエキスが芳醇に溢れ、
笠岡尾道とのいいとこ取りだけあって豚背脂もONされる。

味付けには甘~いカエシと厚~い油膜のパーツが、
過剰な配分で注入されているためバランスを損ねている。

平打ちストレート麺は尾道方面を採用し、
コチコチの鶏チャーシューは笠岡式のド真ん中。

ただし、ボンビーな擦れヲタには、
付出し込みの970万円はイタ過ぎる高額出費。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たかくら(川崎市中原区小杉町)


たかくら(外観)

TETSU がコラボした
コンセプトだらけの自称博多豚骨


たかくら(二番釜)
(濃厚豚骨・二番釜)


たかくら(麺)
(麺)


たかくら(替え玉)
(替え玉)



<ひとくちメモ>
『一番釜:あっさり』、『二番釜:濃厚』、『三番釜:重厚』 から選べるが、
一番人気であるところの三番釜がsold outであり、
二番釜(濃厚)をコールすると一番釜(あっさり)かと思う程ライトで、
一番強く感じられるのが強烈な甘味の成分。

セルフで四番釜を作るべく高菜をブチ込むも甘味は改善されず、
二番煎じの如く現れるコンセプト店に擦れヲタ的に萎えまくり。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ぶぅ・白島店(中区白島北町)


ぶぅ(外観)

深夜にも啜れる
資本系のアッサリ豚骨


ぶぅ(ぶぅらーめん)
(ぶぅらーめん)


ぶぅ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
汎用っぽいクリ~ミ~スープはライトでシャバく、
途中で甲殻類の香ばしさと柚子の果実風味が昇ってくる。

コナオトシにも対応可能な細麺は、
生麺のベタつき感を失った乾麺のようなコナ感覚。
単調に飽きてきたことろで、青海苔の磯風味が良いアクセントになっている。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

平和園・呉店(呉市中央)


平和園(外観)

店内すべての客が飲んでいるという
居酒屋利用的中華屋FC店


平和園(ラーメン)
(ラーメン)


平和園(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
シンプルな塩豚骨と思しきスープは
酔客をメインターゲットに据えるだけあって、
シャバ系ライトのあっさりド真ん中。

カンスイによる黄色っぽい細麺は、
呂律が回らない酔客にも優しいヤワ状態で、
少しの咀嚼だけで泡の如く消えて行く。

バラチャーシューにはしっかり味が沁みており、
〆であるのに酔客へのアテとして更なる酒を注入させる。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東郷さんの肉じゃが亭(呉市中通)


東郷さん(外観)

めじろが巣立ったとされる
直系のFC本丸店


東郷さん(中華そば)
(中華そば)


東郷さん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
素人目に見てもド素人と判別がつく厨房内では、
非寸胴系の作り置きスープの中に
非職人的な麺上げによる細麺が合わされている。

やたらと醤油が立ったスープにコクは薄く、
カタのコールでもヤワのコシ砕け麺が頼りなく据わる。
不思議な形をしたチャーシューとクズからは悲壮感すら漂っている。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

りゅう(呉市中央)


りゅう(外観)

呉名物・細うどん専門店において
バイトのチャンネーに全てを委ねるキワモノ系


りゅう(中華そば・魚介ベース醤油)
(中華そば・魚介ベース醤油)


りゅう(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
メニューに醤油・豚骨・魚介・和風らが共存する時点で、
寸胴の成り立ちを察してしまう悲しき擦れヲタ

スープには意外にも多めの油膜と脂粒子が浮かび、
薄いすき焼きを想起させる漆黒の甘辛醤油味。

緩い細麺は茹で置きうどんのようなコシ砕けで、
キクラゲの力強さとの共存にアンマッチ感を覚える。
一杯400万円であれば汎用スペックでも許容の範疇。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ニ男坊・博多本店(福岡市博多区博多駅前)


二男坊(外観)

“福岡ラーメン総選挙第一位”を冠に
巨大商業施設を中心に多店舗展開中


二男坊(ラーメン)
(ラーメン)


二男坊(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨の臭みを徹底的に抑えたという純豚骨スープは、
口当たりマイルドで甘~い味付け。
出汁の旨味を楽しむより甘さが全面に立ち、
豚骨聖地の激戦区においてこの甘さは新感覚。

同店での最硬クラス・ハリガネでコールした細麺は、
パツパツとした歯切れがリズミカルで、
潰し込むと小麦の風味が昇って来る。

直前で炙りが入るロースチャーシューは、
しっとり感が瑞々しく仕込みのスキルが伺える。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東来福 (東区光町)


東来福(外観)

街の中華屋シリーズ27
(たまには半チャンも入れるヨ)


東来福(ラーメンセット)
(ラーメンセット)


東来福(麺)
(麺)


東来福(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
300万円のキャッシュオンデリバリーでセット化可能な裏メニュー。
ただし300万円の半チャンにしては盛りが淋しく、
皿底に油が溜まるほどオイリーで具材はチープ。

ラーに至っては、
なぜに中華屋スープで濁る必要があるのか?
なぜにゴマ油で風味を専有する必要があるのか?
カンスイ臭バリバリの汎用麺を啜りつつ
880万円の大枚を惜しむのでありました。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桂林(中区八丁堀)


桂林(外観)

街の中華屋シリーズ25
(たまには半チャンも入れるヨ)


桂林(中華そば)
(中華そば)


桂林(麺)
(麺)


<ひとくちメモ>
まっ、まさか、半チャンセットが・・・、土曜日のみだって!?

もはや半チャンセットといえば
中華屋が誇る鉄板メニューであることは言わずもがなだが、
何をどう血迷ったか“土曜日のみ提供”という信じ難い独自ルールによって
無残にもゴールデンコンビの夢が阻まれる。

“中華鍋を忘れても半チャンセットは忘れるな” と
若き修行時代に叩き込まれたはずであろうが、
こともあろうに基礎中の基礎がすっかり欠落してしまっている。

中華屋の看板を掲げるには痴がましい程の初歩的な失態であるだけに、
ガーリックオイルに依存した凡庸麺などにプロの姿を感じ得ない。
天変地異が起こる前に、一刻も早く目を覚ますべきであろう。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】唐人桜・八丁堀店(中区八丁堀)


唐人桜(外観)

街の中華屋シリーズ24
(たまには半チャンも入れるヨ)


唐人桜(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)


唐人桜(麺)
(麺)


唐人桜(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
ハコから厨房機材・どんぶりに至るまで、
節操を捨て居抜きを採用したカンコピ系。

軽い濁りを湛えた醤油スープには、
動物ダシとほのかな香草が効いて味付けはショッパめ。
緩く縮れた玉子麺からは甘い風味が立ち昇り、
抑揚のない平凡さがにじみ出ている。

ランチタイムの半チャンは作り置きがスタンバイされており、
多めのオイルを伴ったベタベタ状で提供される。
米が死に、味も風味も弱い半チャンであるが、
プラス150万円ならば暴動までは至らないレベル感。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

餃子センター・三篠店(西区三篠町)


餃子センター・三篠店(外観)

オーナー夫婦と常連酔客らで
大盛り上がりの店内にポツンと擦れヲタ


餃子センター・三篠店(ラーメン)
(ラーメン)


餃子センター・三篠店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
平ザルを巧みに使って麺上げを行う背中は
まさに年季の入った熟練工。
ただしヤワヤワに茹でられたソフト麺のため、
コレではせっかく身に付けたスキルもトレジャーの持ち腐れ。

出汁感のない醤油風味のザ・中華屋スープは、
幾度も味見を重ねたうえでサーブされるが、
やたらと甘いチャーシューによって着丼後の味変は計算されていない。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

黄龍(西区上天満町)


黄龍(外観)

着座するやいなや
ノレンを取り込みーの、ガチャンと置き去りーの、
さっさと帰ーれの、かな (´Д`;)


黄龍(ラーメン)
(ラーメン)


黄龍(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ビジュアルこそは茶濁の広島風に思えるが、
サラッサラのシャバッシャバで明らかに出ていない。

エッジのあるストレート麺は存外加水率が高く、
潰し込みはモッチリ食感。
焼き目の入ったモモチャーシューはサッパリ軽めで、
全般的にライトな仕様で統一されている。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

きむらや(南区稲荷町)


きむらや(外観)

つけ麺居酒屋をコンセプトに
焼肉店が提唱する醤油とんこつ系


きむらや(ラーメン)
(醤油とんこつラーメン)


きむらや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
700万円の代償として無料のゆで卵をセルフでON。
“醤油とんこつ”と称される清湯系は、
ライトな動物系要素にほんのり甘みを持たせた構成。

麺は広島風つけ麺特有の密度感と強いコシがあり、
ザクッとした千切り感覚が心地よい。
チャーシューも甘めの味付けでスープに同調している。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

吉吉(品川区東大井)


吉吉(外観)

ラーメン不毛の地 立会川に
待望のエキチカ店が登場


吉吉(とんこつ塩ラーメン)
(とんこつ塩ラーメン)


吉吉(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨をベースとして、醤油・塩・味噌がフルラインナップ。
でいつも以上にイカれたバカ舌のため
本来のポテンシャルを感知すべく塩でコールした丼は、
無機質なシャバ系豚さんに多くの課長さんが常駐した白い家系スタイル。

平打ちの黄色い麺は小麦の香りは無いものの、
ツルツル食感でストレスフリーで啜らせる。
場末酒場のゾンビ向けに開発されたに違いないライトな汎用系。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺対軒(京都市下京区四条堀川東入る柏屋町)


麺対軒(外観)

有栖川・大嘉に始まり
新福菜館路線を色濃く踏襲


麺対軒(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)


麺対軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラと豚骨による動物系はライトな傾向で、
背油塊とオイルをリッチに張ってコクが加えられている。
そこに新福菜館特有の芳ばしいカエシでカラメに仕立ててあり、
後口で味醂によるほんのりとした甘味も押し寄せる。

黄色い中太ストレート麺はスープを吸って褐色に焼け、
裁断するとゴチゴチとした棒麺の食感ではね返って来る。

脂身に味が染みたチャーシューは瑞々しく、
大量に盛られた青ネギがフレッシュ感を注ぎ込む。
ただし大勢の課長が常駐するため、口内は終始フワフワ感に占有される。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

蓬莱・並木通り店(中区新天地)


蓬莱・本通店(外観)

職人肌の大将なきあと
ユル~い感じで分店が派生する


蓬莱・本通店(しおラーメン)
(しおラーメン)


蓬莱・本通店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
若いチャンニーによる衝撃的なゴマ油を目の当たりにしたため、
疑念を検証すべく分店へと梯子麺。

しかしあっけなく裏切られたソレは、
母店よりリッチに盛られたゴマ油&ゴマにより
出前一丁を忠実にコンプリートした仕様。
厨房陣も母店と同様にユル~いチャンニーで編成されている。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

蓬莱(中区紙屋町)


蓬莱_2(外観)

職人肌の大将なきあと
ユル~い感じで爆盛りが継承される


蓬莱_2(しおラーメン)
(しおラーメン)


蓬莱_2(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
中華屋清湯スープに、まさかまさかのゴマ油…。
なぜに入れるのか?清湯をブチ壊すどころか
根本から全否定のゴマ油IN!!

加水率の低い細麺はザクザク食感で迎合だが、
ゴマ油層を突き抜けて来ただけにスペックダウンは否めない。



味の評価:★★☆☆☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

上海軒(三原市港町)


上海軒(外観)

盛りの聖地・上海軒においては
デフォのラーが野菜のてんこ盛り


上海軒(野菜ラーメン)
(野菜ラーメン)


上海軒(天地返し)
(天地返し)


上海軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
丼内に茹で野菜の山が築かれた一杯は、
ノーコールでも危惧したとおりの上海軒的ジロー

スープはキレイに澄み渡った中華屋汎用タイプがベースになり、
非オイル系で和風の要素が強く効かされている。
中盤で辣油を大量投入のうえラ的な要素を吹き込んで箸が進む。

ゴツゴツとした低加水の縮れ麺はやたらと旨く、
麺量は言わずもがなの上海軒仕様。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ブラジル(呉市中央)


ブラジル(外観)

上下水道が整備された呉の赤ちょうちん通り
のラ⑧

N










ブラジル(和風らーめん)
(和風らーめん)


ブラジル(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
思いもよらぬレア酒までもが揃う
老舗喫茶店のブランドを背負った息子さん。

丼からは炒めた豚バラとキャベツが芳ばしく立ち昇り、
トロロ・天かす・ワカメ・モヤシらが丼内でまるで殷賑の様相。

麺からは小麦の甘みが感じられ、
ココでも屋台スペックのねっとり貼り着き感が心地よい。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

こぶた屋本店(岩国市平田)


こぶた屋本店(外観)


撮影禁止
(とんこつラーメン)


<ひとくちメモ>
よほど怪しく映った汚客だったようで、
カメラを見つけるなり“常連以外は撮影禁止”の明らかな『即席ルール』

それなりにググって走って連食の腹を抱えて
ようやく対峙できた先でまさかの『ヲタ殺しルール』

やれ某銀行の宴会が多いやら
やれ外国人客が2倍になったやら
やれ各所の書き込みが気になるやら
くだらん御託を並べる前にさっさと作りやがれ!などと思いつつ、
ようやく出て来たラは安易にガーリックオイルに依存したシャバ出汁豚骨。

ランニングスタイルのハゲ面がそんなに怪しく見えましたか、
そこまでして隠すほどのラですか。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

逢来軒(尾道市西則末町)


逢来軒(外観)

創業36年の中堅クラスも
ランチ時には目を覆いたくなるようなドタバタオペ


逢来軒(ラーメン)
(ラーメン)


逢来軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
尾道系と称されるスペックの実態は、
饐えた感のある特有の風味と酸味を持ち、
そこにブツ切りの脂身を一緒に煮込んだオリジナル尾道路線。

はせべの平打ち麺はメンカタ指定でのザクザク裁断感と、
薄い麺肌による啜り心地は純正尾道の王道。
赤身主体の塩味チャーシューは、古き良き尾道系の象徴でもある。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

味の蔵・尾道店(尾道市栗原町)


味の蔵(外観)

松永に本社を構え
国内外に手広くFC展開


味の蔵(尾道ラーメン)
(尾道ラーメン)


味の蔵(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
“鶏ガラと豚骨でじっくり煮込んだスープに
瀬戸内の魚介・昆布・鰹ダシをブレンド~”と謳われるが、
「博多とんこつラーメン」・「北海道味噌ラーメン」もが共存するため
ヲタ的見地では軽いパニック障害を発症してしまう。

自家製の平打ち麺は尾道に適合しているものの、
スープに浮かぶ背脂を“瀬戸内の島々”と形容するあたり、
キャプション戦略としては苦しいか。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

高田屋(姫路市塩町)


高田屋(外観)

播磨の盛り場で
〆に使われる深夜型営業店


高田屋(あっさり塩ラーメン)
(あっさり塩ラーメン)


高田屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
老鶏のガラから摂られるベーススープは
ダシとカエシが共に希薄なため、
線の細さと物足りなさを感じさせるぼやけた滋味系。

緩いウェーブがついた多加水麺はツルピカの麺肌でスープを弾き、
うねりの利を使ってもスープ乗りはいまひとつ。

終盤には大判チャーシューの存在がやたらと重たく、
泥酔ヲタの胃袋とマインドをズシリと刺激する。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ニュー一平(北九州市小倉北区京町)


ニュー一平(外観)

“ナマは腹壊すっちゃ”
本場の大将がまさかの非コナ宣言


ニュー一平(ラーメン)
(ラーメン)


ニュー一平(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
地元・高砂商会の麺はココでは非ナマ対応で扱われ、
カタの指定でもコシを砕かれた残念仕様。

茶濁のスープは豚骨出汁・香りとも弱く、
カエシのカドが立った鬼ショッパを多くの課長達によって
軌道修正が試みられている。

中盤でベニショをブチ込むと、
これが思いのほか好相性であり完食の一助となる。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

YAMANE(中区立町)


YAMANE(外観)

七福神から中の棚へ
汁なし推しのトレンド店


YAMANE(尾道ラーメン)
(尾道ラーメン)


YAMANE(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
汁あり部門では濃厚豚骨と並列で尾道が存在することから、
寸胴のシステムが激しく恐怖心を掻き立てる。

“醤油の風味と背脂のコクを全面に~”とインフォされるスープは、
“醤油のショッパさとグミのオイニーだけが残る“といった
インフォの通りの○業仕事か。

平たく潰れた細麺はメンカタ指定で強いコシがあり、
はせべや井上などとは異なる独自尾道仕様。
二兎どころか三兎を追うモノは尾道をも得ず・・・。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

菊寿し本店(高知市帯屋町)


菊寿し本店(外観)

老舗高級寿司店に飛び込み
弱小ヲタがまさかのラの一択・・・


菊寿し本店(ラーメン)
(中華そば)


菊寿し本店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
昔ながらを謳う高級寿司店のソレは、
おそらくは板さんの志に反した汎用スペックと想定され、
丼の中で化学の力が遺憾無く発揮されている。

萎れた麺や厚切りチャーシューらも
マル業の技が見事に反映されたクオリティ。
鮮魚の和風路線を期待した痛恨のムダ麺。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

おかん(西区横川町)


おかん(外観)

擦れたBBAによる
擦れヲタ退治の汎用アタック


おかん(ラーメン)
(ラーメン)


おかん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
作り置きのスープを都度手鍋で温める方式で、
茹で上がった麺玉の上から熱々スープが流し込まれる製法。

甘~い醤油豚骨スープに厚~いオイルが合わさり、
重たさだけが後味に尾を引く汎用らしいスペック。

BBA独自の麺上げ作法によって上げられた麺玉は、
凡庸らしさがスープと良くマッチングしている。



味の評価:★★☆☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-