FC2ブログ

2018-11

まつや(松江市美保関町森山宇井)


まつや(外観)

蟹&魚貝の行列店に来てまで
ラー一択の擦れっぷり


まつや(ラーメン)
(ラーメン)


まつや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
マルタイラーメン・福島ラーメン・アベックラーメンらを
MIXしたようなゴマ油香る優しい塩ラーメンテイスト。
スープで豚の三枚肉を煮込んで、肉のエキスと薄い脂が広がる。

低加水の縮れ麺は棒麺ではなく生麺が使われ、
コチコチの歯応えの後に小麦風味が口内に充満する秀逸麺。

野焼きは後乗せトッピングであるため、
あごの出汁と風味はスープに移行することなく取り残されている。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

昇龍(呉市広大新開)


昇龍(外観)

neo広島ラーメンを掲げ
うどんにそばからトンカツまでアルヨ


昇龍(広島ラーメン)
(広島ラーメン)


昇龍(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
厚みのある動物系は背脂に骨粉まで織り込み、
甘~い元ダレでまったり感を醸成している。

メンカタ指定の自家製ストレート麺は、
細麺ならではのザクザクの千切り感と
小麦の風味が芳ばしく香る高スペック。

丼に鎮座するバラチャーシューに、
縦に並べられた幅広メンマが異彩のビジュアルを放つ。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

正木食堂(庄原市高野町新市)


正木食堂(外観)

先代から受け継がれた
直径40cmの巨大お好み焼がウリ


正木食堂(ラーメン)
(ラーメン)


正木食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏白湯と思しき白濁スープには、
動物系エキスに獣臭をも織り込んでおり、
極微量なゴマ油と鬼ショッパな塩味でまとめ上げている。

スープの中で茹で上げた豚の三枚肉と、
ブヨ ヤワヤワの汎用麺が家庭料理の延長上のようで、
500万円の値付けも相まって昔懐かしい郷愁を誘う味。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

楽珍亭(防府市新田)


楽珍亭(外観)

創業昭和62年
いつも防府競輪に寄り添って…


楽珍亭(ラーメン)
(ラーメン)


楽珍亭(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
表面に背脂粒子を散らした茶濁スープは、
ビジュアルに反してライトな醤油豚骨風情。

メンカタ指定での木嶋の細麺は、
ザラついた麺肌でスープを乗っける仕様で、
食感はズワッとした切込み感覚。

不揃いな部位の乱切りチャーシューは、
大小リッチに6枚乗って獣臭が残る塩豚仕立て。
他に類を見ない手作り感満載のデキ。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たこつぼ(安佐南区伴東)


たこつぼ(外観)

たこつぼの奥深くには
仲睦まじいJJとBBが絡み合う


たこつぼ(中華そば)
(ラーメン)


たこつぼ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
弱い動物系に抑揚のないカエシを合わせ、
店舗同様に主張を控えたレトロなタイプ。

パサパサと無機質なストレート麺に
僅かなモヤシと赤身のチャーシューを添えて、
お値段もレトロなまんまの400万円也。
可も不可もなく足し引きゼロのイニシエ スペック。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

風林(西区楠木町)


風林_4(外観)

某世界からの指令により
擦れヲタ的プロトタイプを店内連食


風林_4(広島風つけ麺)
(広島風つけ麺・並)


風林_4(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
メニューからは辛さのレベルをオーダー出来るが、
カラメをコールするも“初見は標準”を強いられるマニュアルオペ。

当然ながら 済みツーケーには灯火すら点灯せず、
カツオ出汁に擦りゴマを合わせた和風スープで穏やかに啜らせる。

3枚のしっとりチャーシューに茹キャベツ・キューリ・ネギを添え、
ココにもしっかり広島カルテルが根付く800万円。
大枚をはたいて汗すらかかないツーケーにも秋の気配が訪れる。



味の評価:★★★☆☆
以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

風林(西区楠木町)


風林_3(外観)

某世界からの指令により
擦れヲタ的プロトタイプを店内連食


風林(風林のとんこつラーメン)
(風林のとんこつらーめん)


風林_3(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
濃厚な豚骨出汁と魚介のハイブリッド系に、
深いオイルの沼と多数の背脂アイランドで形成されている。

鳥尾製麺の#24~26あたりの細ストレート麺は、
カタの茹で加減で密度感と芯の強さが誇張された博多麺。
扁平形の麺肌にオイルを纏って滑らかに入り込む。

擦れヲタ的には厚切りヘタチャーシューに過剰な背脂と、
半玉・キクラゲ・ベニショに豆板醤らを排除して、
800万円から長浜あたりのシンプルスペックへの変貌を切望してしまう。



味の評価:★★★☆☆
以前の評価:


地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とんとん・倉敷店(倉敷市下庄)


とんとん倉敷店(外観)

福山の夜専人気店
セットメニューを従えてロードサイドへ


とんとん倉敷店(ラーメン)
(ラーメン)


とんとん倉敷店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
本店と比べて薄くてシャバいスープは、
豚骨のコクと乳化層の香りも希薄な仕上がり。

同店で最固クラスのハリガネ麺は、
しっかりと芯を残して本場由来のザクザク食感。
赤身の3枚チャーシューは、パッサパサのコッチコチ状で、
中でなくとも替え玉を躊躇させるに十分なスペック。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ごっつおらーめん(鳥取市末広温泉町)


ごっつおらーめん(外観)

均一な味を保証するため
一日100杯限定麺


ごっつおらーめん(ごっつおらーめん)
(ごっつおらーめん)


ごっつおらーめん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
牛骨をベースに大山若鶏を合わせるて10時間煮込み、
一晩寝かせて熟成が入れられている。
ヘッドの芳ばし風味とまったり感に包み込まれるが、
地元産の香味野菜をふんだんに使うことで中和されている。

本岡製麺@倉吉から仕入れる特注麺は、
表層のオイルを纏ってスムーズに滑り込み、
切り込みはソフトな口当たり。

しかしオイリー且つ重たい味付けにより、
中盤以降はやや飽き気味になるのは否めない。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

きたぎ(中区立町)


きたぎ(外観)

北木島からやって来た
大悟命名による笠岡式


きたぎ(中華そば)
(中華そば)


きたぎ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ清湯に甘辛のカエシを立たせ、
チー油を張り巡らせた所謂笠岡式

カタでコールした中細ストレート麺は、
序盤はビシッと立ったエッジでリズミカルな裁断感覚と、
スープを吸って褐色に焼けたあたりから粘りも出てくる。

親鳥のチャーシューは本場より柔らかな仕様で、
笠岡式には欠かせないマストコンテンツ。
呑ん兵衛には嬉しい飲ませるコンテンツ。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

帝釈亭(中区千田町)


帝釈亭(外観)

徳島が去ったあと
帝釈峡からやって来たcash on style


帝釈亭(尾道ラーメン)
(尾道ラーメン)


帝釈亭(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ダシ感希薄なガラ系醤油スープに、
後乗せの背脂はオブジェとしての尾道的な存在。

クラタっぽいストレートの潰れた細麺は、
スルリとした滑り込みとコツコツの千切り感で、
平打ち特有の潰し込みが尾道感を醸成している。

大判の肩ロースは紙のような薄切りで、
パサついた赤身がサッパリとした尾道仕様。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

くにまつ・中電前店(中区大手町)


くにまつ中電前店(外観)

汁なしブームの
火付け役は

くにまつ中電前店(KUNIMAX)
(KUNIMAX)

あれよあれよという間に
多店舗展開へ


くにまつ中電前店(天地返し)
(天地返し)


くにまつ中電前店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
セントラルキッチン制を採用し、自家製調味料・ななも製麺、
スチコンでの温玉・電解水を潜らせた青ネギに至るまで、
多店舗分を一括生産。

塩味・香り・甘味・苦味・痺れ・辛味・酸味の七味が詰まった丼には、
手挽きの山椒と五香辣油・芝麻醤・八丁味噌で作った甜麺醤に、
醤油を加えた特製ダレを鶏ガラスープでのばしてスタンバイ。

そこに自家製麺とジャージャン・青ネギが乗っかり、
天地返しでななも麺に味を染めて啜り込むと、
七味の重奏が鮮やかに抜けてサラリと完食。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とし太郎(中区宝町)


とし太郎(外観)

移ろいの 激しい 次のハコ
居酒屋兼用のホスピタリー店主


とし太郎(とし太郎ラーメン白)
(とし太郎ラーメン・白)


とし太郎(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ライトな動物系に野菜のエキスが溶け込み、
ショーガが香るあっさり仕様。
表層には薄っすらとゼラチン層が広がり、
撮影時間の合間にすら幕張状態へ。

カタでコールしたストレートの細麺は、
ザクザクとした千切り感が残る及第レベル。

当地では珍しいキクラゲが多く入り、
2枚のバラチャーシューはスープで馴染ませると
脂身トロ~リ食感へと仕上がる。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

金太郎(中区光南)


金太郎(外観)

11時の開店と同時に
店内はガテン&お持帰り客で大賑わい


金太郎(ラーメン)
(ラーメン)


金太郎(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
抑揚のないライトなサラサラスープには
元ダレがショッパ目に効かされており、
胡椒をブチ込むことによって中華の輪郭が形成される。

黄みがかったストレートの細麺は、
不慣れなBBAによってメンカタオーダーに時間を要するも、
相応のハリが残ってゴワゴワとしたカタの口当り。

厚切りチャーシューが2枚も乗ってワンコインであれば、
界隈のランチ難民から重宝がられる存在も頷ける。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

がらく(中区富士見町)


がらく富士見町(外観)

お好み焼き屋さんの系列のラ店
居抜きのまんまのコンセプト店のラー


がらく富士見町(広島らーめん)
(広島らーめん)


がらく富士見町(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ライトなシャバ系要素が主体の広島風醤油豚骨。
スープには動物系由来の軽いコクがあり、
丼底には骨粉粒子が現認できる。

カタでコールした名門老舗・原田麺
口当たりしっとりとしたベタナマ感があり、
ザクザクの千切り食感と特級小麦の芳ばしい風味が相まっている。

バラチャーシューは箸で崩れる程トロ状のテク入りで、
一杯の丼に新旧要素を盛り込んでいる。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大嵐・広島駅前店(南区松原町)


大嵐(外観)

ビッグフロントの一等地に
資本の力で2号店をローンチ


大嵐(牛骨醤油ラーメン・白)
(牛骨醤油ラーメン・白)


大嵐(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
まずはレア状の山盛モヤシを即刻駆除し、プレーンな丼と対峙。
濃厚牛骨白湯とあっさり牛骨清湯のW仕立てに
A5ランク和牛サーロインの背脂を合わせてあるそうだが、
牛が立ち上がって来ないほど胡椒のスパイシー風味が専有している。
更にはカエシのもろみが味噌の風味を放ち、
ウリであるところの牛の歩みを阻んでいる。

原田の無添加細麺は、ストレートでのしなやかな啜り心地と、
コツコツとしたコナ感覚とが秀でている。
喉越しより、咀嚼でスープ浸透との交わりを楽しめる原田の麺力。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

健勝軒(習志野市津田沼)


健勝軒(外観)

山岸氏のDNAを受け継ぎつつ
こうじグループで夢と事業を拡大中


健勝軒(つけめん)
(つけめん)


健勝軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
大勝軒シャバさを求めて飛び込むも、
意外にも高粘度ドロドロ状の濃厚豚骨魚介醤油味。
甘味も強く効いており、ヘビーな重たさが残る。

麺は大勝軒らしく純白の中太ストレートだが、
デフォでアルデンテ仕様での提供のため、
多加水のモチモチ度が掻き消された喉越し重視タイプ。

つけ汁には短冊チャーシューにメンマ・柚子・ネギが沈み、
湖面には海苔のお舟に魚粉が乗っかりナルトが映える。
中盤で魚粉をドロ汁に転覆させると、魚介が鮮烈にアップする仕様。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

海松(南区大須賀町)


海松(外観)

静まりかえった昼間のエキニシに
静まりかえった飲専のカウンター


海松(広島ラーメン)
(広島ラーメン)


海松(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
明るい茶濁のスープにはライトな動物系エキスと、
強めの和風出汁が配合されている。
オイルの要素は皆無で、昔ながらのシンプルな構成。

メンカタ指定した純白の細麺は、
ザクザクとした小気味良い千切り感の後に、
プレスでのコチコチ食感と共にコナの風味が抜けて行く。

デフォ3枚乗せのバラチャーシューは凡庸で、
僅かなモヤシとメンマが乗っかるイニシエ的広島仕様。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

美麗(南区松原町)


美麗(外観)

こんなところに来てまで
ラーの単品をコールしてしまう擦れっぷり


美麗(ラーメン)
(中華そば)


美麗(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ブイヨン系の旨味エキスが詰まった上湯に、
元ダレでほんのり甘味を持たせた上品路線。

デフォでアルデンテの細麺は、
潰すと小麦粉のネットリ感と共に甘味も広がる上質感。

味の沁みた赤身のチャーシューに
甘い味付けの幅広メンマ・茹でたてモヤシと
広島駅を俯瞰する展望がついてハコ代込みの780万円也。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

餃子大學(福山市霞町)


餃子大學(外観)

2Fには40名キャパの座敷を備え
今宵もカープファンご用達の大宴会


餃子大學(ラーメン)
(ラーメン)


餃子大學(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラベースの清湯に背脂塊を浮かべ、
醤油の立った味付けに生姜の風味が仄かに香る。

地元・馬屋原製麺の細麺はエッジが残った茹で上りで、
カンスイの仕事による程良い弾力を具えている。
奇をてらわぬ中華屋ラーメンの王道スペック。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

さん-いち(福山市三之丸町)


さんーいち

シャレオツ店舗には
焼鳥・鶏めし・鶏カラ・鶏ステーキと鶏ずくし


さん-いち(鶏白湯醤油らーめん)
(鶏白湯醤油らーめん)


さん-いち(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
非寸胴タイプの大鍋に鶏白湯スープが仕込まれ、
カツオ出汁のキーンとした風味と共に
カエシの甘~い成分が加わったマッタリ路線。
表層には規則的な背脂塊が浮かぶが、自身の仕事は希薄に思われる。

クラタの平打ち細麺は口当たり良く滑り込み、
コツコツとした千切り食感が心地よい。
擦れヲタ的にはクラタプロデュースを邪推させる及第スペック。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

めじろ(西区東観音町)


めじろ(外観)

今では醤油・味噌・尾道のバリエーションにチャーハンと
背脂・マー油・ニンニク・ネギ・モヤシの呪文まで…


めじろ(昔ながらの尾道ラーメン)
(昔ながらの尾道らーめん)


めじろ(昔ながらの尾道ラーメン麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ライトな動物出汁と仄かな魚介をブレンドしたスープに
背脂塊を浮かべた所謂尾道スタイル。
ただしカエシの弱さと、スープのぬるさは擦れヲタ的には残念仕様。

カタの平打ちストレートはオノラー鉄板の要素であり、
赤身のチャーシューは純正尾道だがワカメは非尾道且つ不適な存在。
スペックのお茶を濁すには、 “昔ながら” が最適な形容句か。



味の評価:★★★☆☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ふくみ大衆食堂(東区若草町)


ふくみ大衆食堂(外観)

焼酎一杯250万円にて
昼から酒飲みに優しいセンベロ食堂


ふくみ大衆食堂(とんこつラーメン)
(とんこつらーめん)


ふくみ大衆食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
おそらくは丸業と思しきスペックは、
人工的な旨味成分を中心に構成されている。
形容するならば、お土産で貰った箱入りラーメンを、
土曜の昼間に自宅で啜るような当たり障りの無いのんびり味。

こんな処に来てもメンカタでコールした細麺は、
コチコチのベタナマ感が残り、潰すと臼歯に貼り付くコナ感覚。

センベロの仕上げに450万円を追加して、
飲兵衛の擦れヲタには〆まで嬉しい1.5ベロ店。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

華々し(安芸郡府中町青崎南)


華々し(外観)

食って飲んで騒いで啜れる
労働者にも優しい万能店


華々し(中華そば)
(中華そば)


華々し(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
デフォで大量砂掛けBBA状態のビジュアルは、
古典的広島風ラーメンのド真ん中。
確かなダシ感はあるものの、如何せん胡椒の風味が強過ぎる。

平ザルを操る熟練技にヲタ的には惚れボレするが、
麺自体のクオリティが低いため小麦の風味が昇って来ない。
カット済みのチャーシューはカピカピ状で、擦れヲタ的には萎えてしまう。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

我馬・紙屋町店(中区紙屋町)


我馬・紙屋町店(外観)

拡大一途を続ける経営と味は
巧みなギミックに満ちている


我馬・紙屋町店(白うま)
(白うま)


我馬・紙屋町店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
日々進化するというスープはマイルドな豚骨がベースになり、
表面に浮かぶ背脂塊は後乗せ的な仕事で出ておらず、
切立丼によって絶対量を削減された商業臭が沸いてくる。

コナオトシのコールも可能だが、
提供されたコナじゃないコンディションには
生麺のポテンシャルが伝わって来ない。

極薄チャーシューは食べやすいといえばそうだが、
擦れヲタ的には貧相としか感じられない。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



喜楽(松江市東朝日町)


喜楽(外観)

セットメニューが豊富な
近隣リーマンご用達店


喜楽(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


喜楽(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
松江らしく筆頭メニューであるところの塩ラーメンは、
弱い動物出汁をショッパいエンミで掛け合わせ、
多くの課長達によって丸く抑え込まれたクラシカルなデキ。

デフォでヤワの縮れた中太麺はふっくらとした切り込みで、
玉子麺特有の甘い香りも登ってくる。
分厚いチャーシューに半玉・メンマにモヤシを添えて、
お値段もクラシカルなままの450万円也。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

為セバ成ル。KAKERU。(松江市朝日町)


為セバ成ル。(外観)

資本の力が提唱する
スタイリッシュなエキナカ・ダイニング


為セバ成ル。(成ル麺。基味)
(成ル麺。基味)


為セバ成ル。(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
クセの無い軽やかなシャバ系豚骨スープをベースとし、
沖縄天然塩の塩ダレを掛け合わせた塩豚骨系。
遠くから甲殻類のような魚介風味も香るが、
表層に降り積もった背脂粒子の粉雪が甘味の要素も吹き込む。

バリカタでコールした麺は、意外にも多加水の中細麺縮れで、
ザクザクを捨ててプリプリを重視した弾力麺。

丼内に鎮座する巨大なバラチャーシューは脂身がトロけ、
食後のカリカリ梅で口内がリセットされる仕組み。
全般的に山頭火から牙を抜いたようなアッサリ構成。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

さつま屋(三原市糸崎)


さつま屋(外観)

手羽先欠品という大惨事も
代替えのサービスおでんと

さつま屋(ビール)

店内を包み込むイキフンが
エアーで昼ビーを楽しませてくれる


さつま屋(ラーメン)
(ラーメン)


さつま屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
オイルOFFで薄い濁りを湛えたスープは、
ごくライトな動物系と野菜類がベースになり、
甘めの味付けが施されたオリジナル路線。

平打ち状のストレート細麺は、
艶やかな光沢を放つ麺肌を持ち、
デフォで強い張りが残ったコチコチの千切り感。

突出した旨味の要素は無いものの、
ご夫婦の愛情が特上のスパイスとなって丼内に詰まっている。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

太陽軒(周南市銀座)


太陽軒(外観)

夕暮れ時の徳山駅前に出現する
昔ながらの人情屋台


太陽軒(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)


太陽軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ご当地らしからぬ濁ったベーススープに、
甘めの元ダレとバリバリの課長で味を整え、
胡麻を散らして芳ばし風味を乗せている。

ご当地特有の平打ちストレート麺は
カタの指定でコツコツとした潰込みによる鉄板の旨さ。

脂身主体のチャーシューはスープで脂が馴染み、
しっかりした味付けでスープに負けない存在感を誇る。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

風龍・渋谷店(渋谷区道玄坂)


風龍(外観)

泥酔時の深夜に危険極まりない
2玉無料の鬼誘惑


風龍(とんこつラーメン)
(とんこつラーメン)


風龍(麺)
(麺)


風龍(替え玉)
(替え玉)



<ひとくちメモ>
国内工場からセントラル供給による純白スープは、
クリーミーな豚骨で臭味のないサラリとした飲み口。
適度なコクもあり、薄目のカエシを合わせて軽い仕上がり。

7秒指定というバリカタ麺は低加水のコツコツ感があり、
芯には粉感が残るジャストなコンディション。

2玉無料の替え玉を、辛子高菜・ベニショ・ゴマ・ニンニクで味変し、
それぞれの仕様を楽しみながら完食してワンコイン。
ボンビーな泥酔ヲタにも優しい鬼サービス



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-