2017-04

さつま屋(三原市糸崎)


さつま屋(外観)

手羽先欠品という大惨事も
代替えのサービスおでんと

さつま屋(ビール)

店内を包み込むイキフンが
エアーで昼ビーを楽しませてくれる


さつま屋(ラーメン)
(ラーメン)


さつま屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
オイルOFFで薄い濁りを湛えたスープは、
ごくライトな動物系と野菜類がベースになり、
甘めの味付けが施されたオリジナル路線。

平打ち状のストレート細麺は、
艶やかな光沢を放つ麺肌を持ち、
デフォで強い張りが残ったコチコチの千切り感。

突出した旨味の要素は無いものの、
ご夫婦の愛情が特上のスパイスとなって丼内に詰まっている。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

太陽軒(周南市銀座)


太陽軒(外観)

夕暮れ時の徳山駅前に出現する
昔ながらの人情屋台


太陽軒(醤油ラーメン)
(醤油ラーメン)


太陽軒(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ご当地らしからぬ濁ったベーススープに、
甘めの元ダレとバリバリの課長で味を整え、
胡麻を散らして芳ばし風味を乗せている。

ご当地特有の平打ちストレート麺は
カタの指定でコツコツとした潰込みによる鉄板の旨さ。

脂身主体のチャーシューはスープで脂が馴染み、
しっかりした味付けでスープに負けない存在感を誇る。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

風龍・渋谷店(渋谷区道玄坂)


風龍(外観)

泥酔時の深夜に危険極まりない
2玉無料の鬼誘惑


風龍(とんこつラーメン)
(とんこつラーメン)


風龍(麺)
(麺)


風龍(替え玉)
(替え玉)



<ひとくちメモ>
国内工場からセントラル供給による純白スープは、
クリーミーな豚骨で臭味のないサラリとした飲み口。
適度なコクもあり、薄目のカエシを合わせて軽い仕上がり。

7秒指定というバリカタ麺は低加水のコツコツ感があり、
芯には粉感が残るジャストなコンディション。

2玉無料の替え玉を、辛子高菜・ベニショ・ゴマ・ニンニクで味変し、
それぞれの仕様を楽しみながら完食してワンコイン。
ボンビーな泥酔ヲタにも優しい鬼サービス



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

南州ラーメン(呉市中通)


南州ラーメン(外観)

奄美の郷土料理がベースになった
おもてなしココロ溢れる親子鷹


南州ラーメン(まろやかラーメン)
(まろやかラーメン)


南州ラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
キレイな塩豚骨スープに期待を膨らませガッつくと、
まさか・まさかのデフォでゴマ油IN…。
たまらずおろしニンニクをブチ込んで味変を試みるも焼け石にウォーター…。

合わせる麺はスープに勝る強靭なガチムチ系で、
薄切りのバラチャーシューはしっとりソフトな噛み応え。

ゴマ油さえ無ければ…
親子の神笑顔と塩豚骨の滋味系でイイ線行けてるだけに
ゴマ油さえ無ければ…
何とも悔やまれる。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一番(呉市中通)


一番(外観)

小綺麗なカウンターに
深い年輪が刻まれた寡黙な店主


一番(中華そば)
(中華そば)


一番(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ配分多めの清湯系スープには、
オイルや調味料などに頼らない天然エキスが主体。

デフォ固めで提供される丸麺は
口当りと啜り上げの滑り込みは上々で、
千切るとパツンとした切れ込み感が心地よい。
味が染みた赤身チャーシューにもオリジナルな仕事っぷりが伺える。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

利根(呉市中通)


利根(外観)

ディープな路地裏に潜む
古典酒場の〆のラー


利根(鶏そば)
(鳥そば)


利根(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
由緒正しき呉の鳥屋系らしく、
鶏皮のトッピングをはじめとして
目にも鮮やかな金色のチー油が広がっている。

当然ながら丼内には鶏さんエキスが満載で、
更に鶏チャーシューを重ねるあたりにプライドが見て取れる。
ただし枯れたBBAのオペには、羽毛の温かさが欠落している。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

チャイナ・ビストロ広(呉市広本町)


チャイナビストロ広(外観)

聖書の教典に導かれるまま
広の高級中華店でラーの単品を…


チャイナビストロ広(ネギ醤油ラーメン)
(ネギ醤油ラーメン)


チャイナビストロ広(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
細切りチャーシューが花びら状に展開する丼は、
意外にも濁りのある中華屋スープに
ネギ&オイルによる芳ばしい風味が乗っている。

ゴワゴワ状の緩い縮れ麺は乱切りネギと良く絡み、
チャーシューから染み出た八角が中華屋らしさを主張している。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山来亭(呉市広本町)


山来亭(外観)

呉広域商工会とのコラボ麺は
“漁師風”がコンセプト


山来亭(豊島らーめん)
(豊島らーめん)


山来亭(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
“太刀魚スープの懐かしの味”と称されるスープには
表層に厚い太刀魚オイルが張ってあり、
含んだ瞬間から指5本・ドラゴンクラスの太刀魚が暴れ回る。

合わせる麺が緩くて凶暴な太刀魚に力負けしているが、
フレッシュなワカメや太刀魚の骨粉チップから
地元の恵みとギミックを感じ取れるオリジナル仕様。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一矢(福岡市博多区中洲)


一矢(外観)

現場のビル奥深くに居を構え
“呑兵衛による呑兵衛の為のラーメン” がコンセプト


一矢(豚骨ラーメン)
(豚骨らーめん)


一矢(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
那珂川の名水を利用した自家製麺は、
意外にも非博多系の中太加水麺で、
保存状態が悪く乾燥気味のためナマの粉感覚が薄い。

“豚骨臭を最小限に抑え食べ易さを追求した”というスープは、
ライトな豚骨エキスにオイルを浮かべた汎用的仕様。
呑兵衛ヲタの〆としては、物足りなさを感じる凡庸スペック。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

さつまラーメン・円一店(三原市円一町)


さつまラーメン・円一店(外観)

街の中華屋シリーズ26
(たまには半チャンも入れるヨ)


さつまラーメン・円一店(さつまラーメン)
(さつまラーメン)


さつまラーメン・円一店(麺)
(麺)


さつまラーメン・円一店(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
ミルキーと書けば聞こえはよいが、
FC化によるセントラル供給のため
擦れヲタと化した今となってはすっかり萎えてしまう。

ただし、母乳変わりに育った懐かしエキスのため、
コチコチのストレート麺とのチープな組み合わせに郷愁すら感じる。

従前変らぬJJIの怒号と中華鍋を打ち付けるサウンドが心地よく、
全チャンクラスの大量チャーハンも我に返ると終焉を迎えている。

このイキフンに居心地の良さを感じられるには、
幼少からの長い下積みが必要であろうて。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

膳坊(中区堀川町)


膳坊(外観)

街の中華屋シリーズ23
(たまには半チャンも入れるヨ)


膳坊(野菜ラーメンプラスチャーハン)
(野菜ラーメンプラスチャーハン定食)


膳坊(麺)
(麺)


膳坊(半チャン)
(半チャン)


膳坊(杏仁豆腐・冷コー)
(杏仁豆腐・冷コー)



<ひとくちメモ>
医食同源を提唱する本格中華料理店のセットメニュー。
出て来た瞬間、エアーで立ち昇る悲しみのゴマ油を前に、
上澄みをすくって最大限の救済措置を試みるも徒労に終わる。

フレッシュなチャーハンを掻き込んで心を落ち着かせようとするも、
ついスープで流し込んでしまうと再度ゴマ油の悪夢に苛まれる。

杏仁豆腐に冷コーと満面の笑みまで付いて日替り設定550万円は嬉しいが、
ゴマ油さえ浮かべなければ薄気味悪いヲタにも笑みがこぼれたに違いない。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

長安(中区八丁堀)


長安(外観)

街の中華屋シリーズ22
(たまには半チャンも入れるヨ)


長安(チャーシュー麺セット)
(チャーシュー麺セット)


長安(麺)
(麺)


長安(半チャン)
(半チャン)



<ひとくちメモ>
本場中国で14年・日本に来て12年間、
ひたすら北京料理を作り続けた袁さんによるラーメンは、
なんと“チャーシュー麺が味噌ラーメン”という袁さんのデフォ設定。

味噌ラーメンとのコンビは本国では珍しく、
八角の効いたしっとりチャーシューからは本場感が漂う中華屋仕様。

薄い塩味のチャーハンはオイルでベタついているものの、
ラードの風味は昇って来ないライトなもの。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

うれしや(西区三篠町)


うれしや(外観)

トキさんの鬼ツマミで酔いしれたら
〆のラーはマストの方向で


うれしや(ラーメン)
(ラーメン)


うれしや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
冷蔵庫から取り出す汎用系をベースとし、
トキさんの確かな調理スキルによって
和風テイストへとカスタマイズが加えられている。

卵麺のフワッとした素軽さが啜り上げ易く、
泥酔ヲタの〆としては最適なスペック。

デフォ3枚乗せチャーシューとたっぷりメンマは、
〆なのに更なる酒を呼び込むツマミとしても利活用できる。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

もんごいらーめん・袋町店(中区袋町)


もんごいらーめん・袋町店(外観)

もんごい直系の3店舗目は
ウラブクロでシックに展開中


もんごいらーめん・袋町店(さかな塩)
(さかな塩)


もんごいらーめん・袋町店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
圧力寸胴で骨の髄まで抽出した鶏&豚エキスと、
数種の魚介節を合わせて炊き出した魚介エキスとを
絶妙なバランスで融合したという“超魚介系トリプルスープ”と謳われる。

厚いオイルの層を突き破って出て来た麺は、
ツルリとした滑り込みと三田製麺特有の密度感がある。
真空低温調理のレアチャーシューを添えるなど、随所にテクが詰まっている。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

なんきち(三原市宗郷)


なんきち(外観)

25人前50羽の鶏さんを引き連れて
宗郷から西早稲田の新天地へ


なんきち(鶏そば)
(鶏そば) ※味玉は誤投入によるサービス品


なんきち(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ出汁に鶏節をプラスした鶏系のWスープ仕様。
地元産実広醤油は無添加を貫き、
淡麗スープに柔らかな醤油の風味と甘味が重なり合う。

自家製の卵麺は多加水によるモチモチ感と、
うねりを伴った喉越しが楽しめる。

2種の熟成鶏チャーシューにホーレン草は迎合だが、
無機質なキクラゲは若干アンマッチに映る。
鶏そぼろとブラックペッパーが丼底に沈んでいるため、
序盤から天地返しでしっかり馴染ませたい。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

華楽飯店(南区的場町)


華楽飯店(外観)

油が飛ぶからという理由で
お宝グッズは2階の貯蔵庫に


華楽飯店(ラーメン)
(ラーメン)


華楽飯店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
カープを全力で応援する中華屋ラーメンは、
鮮度を捨てて獣臭を織り込んだ動物系スープに
オイルOFFで酸味を含んだライトな構成。

合わせる細ストーレート麺は凡庸ながら啜りやすく、
バラチャーシューには脂身まで濃い味が染みてオリジナルな質感。
レアなカープグッズを背景にワンコインで味わえる貴重な中華店。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

河童(南区猿猴橋町)


河童(外観)

屋台村風情の駅前横丁入口で
ランパスも可能なココだけランチ営業店


河童(豚骨醤油ラーメン)
(豚骨醤油ラーメン)


河童(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
シャバくて出ていない稀薄なスープに、
カエシの風味と甘い味付けの炙りチャーシューが融合する。

にゅうめん並みの摩擦係数を誇る細麺は、
ツルピカの滑り込みと角麺のパツパツ感を伴って啜らせる。
全般的にライトな構成のため、気付けばアッサリと完食。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

闌苑飯店(港区新橋)


闌苑飯店(外観)

創業昭和28年
都内に数多く派生する本店格


闌苑飯店(拉麺)
(拉麺)


闌苑飯店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
大連から呼び寄せた本国スタッフによって
日本人に合う中華料理をモットーに味が構築される。
中華屋汎用スープよろしくライトな清湯系に、
香草のフレッシュな風味と目にも鮮やかな青菜とネギが本国らしさを訴求する。

麺には特別のこだわりが無いようで、
汎用品を添えた仕様は残念なところ。
ただしこの軽さは泥酔時には持って来いの仕様でもある。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

めん鯉(中区本通)


めん鯉(外観)

本通一等地のハコとガワに
擦れヲタ的に商業の香りが


めん鯉(尾道ラーメン)
(尾道ラーメン)


めん鯉(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
井上プロデュースを想起させる
鶏ガラ醤油にトロける背脂塊の構成。
仕込み水に大和町の天然湧水が使われるが、
当然のことながらバカ舌ヲタには感知不能。

井上の平打ちはメンカタ指定で鉄板のクオリティ。
薄切りの大判モモ肉チャーシューも本場同様の仕様。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

壱世(南区南蟹屋)


壱世(外観)

球場前のハコとガワに
擦れヲタ的に商業の香りが


壱世(尾道ラーメン)
(尾道ラーメン)


壱世(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラと豚骨をじっくり煮込んだスープに
瀬戸内の魚介や和風の旨味をブレンドしたとインフォされるが、
擦れヲタ的にはライトな醤油スープをベースに、
風味の枯れた背脂塊を浮かべました的な構成と感じてしまう。

尾道スタイルよろしく平打ち麺が合わされ、
メンカタ指定でのコツコツ感は鉄板の組み合わせ。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

スター&プラチナ(安佐南区祇園)


スター&プラチナ(外観)

塩元帥卒業生は
強烈なジョジョマニア


スター&プラチナ(白金プラチナ)
(白金・プラチナ)


スター&プラチナ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏節という珍しい素材から摂られるスープは、
乾物特有の深みを伴った優しい鶏清湯。
そこにキノコの香味油が乗っかり特有の風味を放っている。

塩ダレは藻塩・岩塩など3種のブレンドで、
スープの旨味を柔らかくサポートしている。

鶴見の細麺は手揉みによって軽いウェーブがつき、
潰し込むと小麦の風味が抜けて行く。

花かつおに似せた極薄切りの鶏節に、
エノキ・青菜・白髪ネギに糸唐辛子らが
丼を華やかに彩っている。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺喰 RENREN 奥野製麺所(中区西平塚町)


RENREN 奥野製麺所(外観)

広島風お好焼きのれんれんグループ
非広島風つけ麺の新ジャンル「麺喰」を提唱


RENREN 奥野製麺所(麺喰)
(麺喰・並)


RENREN 奥野製麺所(麺)
(麺)


RENREN 奥野製麺所(ビール・キムチ)



<ひとくちメモ>
セルフの自家製キムチに原了郭黒七味を投入し、
ルービーで流し込みながら茹で上がり12分間を楽しめる。

全粒粉の太麺は“非流水締めのアツ”で提供されるため、
風味は昇るが麺肌のヌメリと切込みズワッと感があり、
麺本来のポテンシャルが低減されている。

魚粉満載のつけ汁は節系の魚介要素が強く、
シャバいがザラつきによって麺に絡まる構成。
デフォで830万円は差別化が象徴された独自路線。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

春晴(中区流川町)


春晴(外観)

BARやカフェを展開する春陽堂
ラの世界で親孝行を


春晴(濃厚煮干しつけ麺)
(濃厚煮干しつけ麺)


春晴(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
季節で産地を変えるという片口鰯の煮干しエキスと、
鶏ガラの掛け合わせは存外シャバくてライトなものだが、
表面に背脂塊を浮かべて濃度が追加された構成。

海苔のお舟に魚粉が乗っかるスタイルで、
多加水太麺を合わせた所謂マタオマ仕様のド真ん中。

神石高原豚と桜島鶏の2種のチャーシューは
つけ汁で戻すとしっとり柔らか。
擦れヲタ的所感は商業の香りが色濃く反映された汎用スペック。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

千の風・広島店(中区立町)


千の風(外観)

千年の都京都から
千もの風に乗せて広島で自然派らーめんを


千の風(京の塩)
(京の塩)


千の風(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
その日使う天然素材の産地が明記され、安心感が訴求されている。
純豚骨でさっぱりでもコクがあり、クセがないのにクセになる味・・・
という結論に難しいコンセプトで、使われる形容詞ははんなり。

実態はシャバくてライトなサッパリ豚骨エキスに、
丼底に魚粉が溜まるほどのカツオ出汁を合わせたもの。
カリカリに炙ったバラチャーシューからは
芳ばしい風味がスープに乗って食指を刺激する。

極めて残念なのがズワズワのブヨ麺であり、
拍子抜けするほど意外なアンマッチ仕様。
そして一杯830万円は、広島ではハードルの高い都プライス。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

美和(南区宇品御幸)


美和(外観)

ギョーザの名店というより
むしろ大衆酒場のノリじゃね!?


美和(ラーメン)
(ラーメン)


美和(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
まさかココで出会うとは思ってもみなかったワカメを速攻駆除し、
想定外の濁系シャバ出汁を含んでみれば、
ライトの中に甘味の要素が効いて不思議な組み立て。

メンカタ指定の極細麺は粉感と風味がない無機質なモノで、
網焼きされた厚切りチャーシューは酒のアテとしても最適なモノ。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

竹の家(南区宇品東)


竹の家(外観)

創業1951年
駄菓子屋経営からパン屋を経て現食堂へ


竹の家(中華そば)
(中華そば)


竹の家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
意外にも深い濁りのあるスープは
汎用系にオリジナル要素を加えたような仕様をベースとし、
そこに多くの課長さん達の旨味が過多に溶け込んでいる。

麺はかん水臭を伴ったプラスチック食感であり、
チャーシューには味が染みに染みたトレンド的トロトロ仕様。
新旧のテクを上手く融合させて一杯400万円が実現されている。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店】十万石・尾道店(尾道市土堂)


十万石・尾道店(外観)

沼隈方面は失火からリバイバルし
尾道では平成元年から研鑽を積んだ元気さん


十万石・尾道店(中華そば)
(中華そば)


十万石・尾道店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
母店の味がベースと聞き及ぶが、
動物系の出汁感は弱く、昆布が強く主張する和風路線。
カエシの醤油味が前面に出ており、
別鍋の背脂をアドオンして尾道風に仕立ててある。

加水高めの中細麺は角ばったエッジ感があり、
切り込みはソフトでコシ弱め。
バタつくBBAのオペと共にインプルーブはマストか。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

神田食堂(三原市港町)


神田食堂_2(外観)

昭和のPOPに魅せられたなら
上海のダメージもどこ吹く風


神田食堂_2(昭和のラーメン)
(昭和のラーメン)


神田食堂_2(麺)
(麺)


<ひとくちメモ>
アイドルタイムに嵌ったこともあり、
ド素人のパートBBAによる平ザル所業をくらってしまう。
湯切りもそこそこに丼へとブチ込まれ、
やや薄まった感のあるスープはショーガ満載のオリジナリティ。

純白の低加水麺には緩い縮れがつき、
コチッとした反発の後に臼歯で潰し込むと
粉の密度感を残したままムニュッと砕けていく。
固い肉質の塩味チャーシューからは昭和イニシエ風情が漂う。



味の評価:★★★☆☆
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

龍王(呉市中央)


龍王(外観)

上下水道が整備された呉の赤ちょうちん通り
のラ⑦

N










龍王(博多ラーメン)
(博多ラーメン)


龍王(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
蔵本通りでココだけ博多ワールドが形成された
親子で切り盛りされる人情屋台。

まずは生モヤシのタワーを即刻駆除し
プレーンを維持したスープを含んでみると、
ライトな豚をベースに、濃い目のカエシ&甘みが主張する。

最カタレベルで上げられた細麺は、
本場粉落としクラスのベタナマ食感。

バラチャーシューは厚切りトロトロ状で、
半玉・キクラゲまで乗ってお値段博多仕様のワンコイン。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

まるじゅう(岩国市平田)


まるじゅう(外観)

豊富なセットメニューを揃え
昼時は岡持ちもフル稼働


まるじゅう(ラーメン)
(ラーメン)


まるじゅう(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
表面には粒子状の脂が点在し、
出汁自体はコクと香りの弱いサッパリ系豚骨。
予習のとおり、元ダレの鬼ショッパな味付けが舌を刺激する。

中細の低加水麺は麺肌ツルピカだが、
若干のウェーブでスープを拾って持ち上げる。
豚骨の組み立てとしては珍しいモヤシのトピは、県東部たる所以か。



味の評価:★★★☆☆



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-