2017-09

るっきー(中区幟町)


るっきー(外観)

店内の製麺機といそのとの因果関係が
今宵もまたバカ舌ヲタを苦しませる


るっきー(ラーメン)
(ラーメン)


るっきー(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
動物系がもたらす高粘度のトロトロ白湯スープに
キリッとした節系を効かせてシャープなキレを実現し、
表層に泡立ったド乳化ゼラチン層を張ってコクと厚みが加わっている。

いそのとジャッジした自家製とおぼしき麺は、
低加水でスープに馴染むと徐々にしなやかな麺線へとシフトし、
メンカタ指定でのコナのコチコチ感はガチでジャストなコンディション。

2枚のバラチャーシューには直前で炙りが入り、
半玉は中心が半熟状でマッタ~リとしたエロさを放っている。
全てが高いスキルで構築された擦れヲタ即勃ちモノのデキ。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たてしな(水戸市白梅)


たてしな(外観)

名門割烹料理店出身の
竹岡式のオリジナル麺


たてしな(ラーメン)
(中華そば)


たてしな(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
丼から直接飲ませる仕様のスープは、
芳醇な魚介と昆布出汁からなる優しい旨味エキスに、
チャーシューの煮汁を合わせて醤油の芳ばし風味と
スモーキーな要素もが吹き込まれている。

オイルや調味料の成分を極力排除し、
素材と醤油味を前面に打ち出した純和風テイスト。

非竹岡を物語る非乾麺の卵麺は、
甘い香りにキレのある醤油味が融合し、
刻み玉ねぎがたっぷり絡んでスッキリ啜らせる。

大判のチャーシューはしっとり瑞々しく、
高スペックな要素が詰め込まれて驚愕の400万円也。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

十八番・引野店(福山市引野町)


十八番・引野店(外観)

均整のとれたバランス感覚は
尖った本店を凌駕するデキ


十八番・引野店(ラーメン)
(ラーメン)


十八番・引野店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
表面に背脂を浮かべ透明感のあるスープには
鶏ガラを主体とした旨味エキスが詰まっており、
背脂のコクと風味がピッタリ融合している。
本店と比べて塩分濃度は抑え気味で、個人的にはジャストな構成。

小麦の密度感の高い自家製麺は、
麺肌にオイルを纏ってヌルリと滑り込み、
コツコツとした弾力と粉のすり潰し感が出色している。

デフォで3枚入りのふっくらチャーシューに、
塩味のコリコリメンマはシンプルながら隙のないデキ。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

小町(中区小町)


小町(外観)

東京帰りの美人姉妹による
地元食材に拘った鶏白湯系


小町(濃厚鶏白湯そば)
(濃厚鶏白湯そば)


小町(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
九州鶏に長州赤鶏を合わせたドロ状のコラーゲンスープには、
鶏さんの旨味を余すところなく抽出されており、
天一の一歩手前に位置するほどの高濃度&高粘度。

ザラつきをもたせた麺肌に特濃エキスがたっぷりと絡み付き、
中細麺の咀嚼に合わせて幾羽の鶏さん達が小麦に馴染む。

中盤から単調になったところでフレッシュな玉ネギが芳ばしく香り、
低温調理鶏チャーシューの瑞々しさが箸休め的存在になる。
くしゃくしゃの穂先メンマや糸唐辛子の使い方など、
非の打ち所がない都会派のデキ。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

いっ家(大田区蒲田)


いっ家(外観)

中国料理職人道二十数年
蒲田で独自に進化したイエ


いっ家(らーめん)
(ラーメン) ※カタ、コイ、スク


いっ家(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
国産豚&鶏をドロドロに煮詰めたド乳化スープに、
イエご用達・丸高製麺への特注太麺の掛け合わせ。

トッピングに国産生肉仕込みの極厚チャーシューに
レンソウの小山とうずらを添えたら王道の家系スタイルだが、
海苔をローリングしニンニク&一味を注入すれば、
蒲田で進化したイエへと昇華する。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ひろき(香美市土佐山田町旭町)


ひろき(外観)

兵庫ラーメン・正蔵ラーメンを渡り歩き
地元民から愛されるワンコインラーメン


ひろき(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


ひろき(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ご当地らしくクリアな清湯に背脂粒子を浮かべ、
柔らかな塩ダレと共に生姜の風味がキーンと乗っかる。
しっかりとした出汁が下支えしているため、
味付けや風味の要素に負けない軸がある。

ご当地らしくデフォでヤワの細麺は口当たり優しく、
ソフトな切り込みでプレスの抵抗感もない軽快さ。

甘い味付けのバラチャーシューに味の沁みた半玉と、
モヤシの山麓にメンマを添えてワンコインはもはや出色クラス。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

陽気・横川店(西区横川新町)


陽気・横川店(外観)

同族経営により
ノレンの味が守られ進化していく


陽気・横川店(中華そば)
(中華そば)


陽気・横川店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
ビジュアルこそ本店同様の湖面であるが、
濃い動物系エキスにオイルを張ってコクを増し、
遠くで香るニンニク風味がワイルド感を醸し出す。

合わせる原田の細ストレート麺は、
麺肌にオイルを纏いツルピカの滑り込みで、
丸麺特有の柔らかな口当たり。
千切るとザクザクッとした裁断の後に、
プレスで小麦の芳ばしい香りと共に甘味も抜けていく。

赤身のチャーシューにモヤシ小山は定番スタイルで、
クラシカルな伝統を守りつつも同店のオリジナリティが加わっている。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

陽気(中区江波南)


陽気(外観)

3代目・裕美氏による
守り継がれた広島ガンソの味


陽気(中華そば・ニンニク)
(中華そば・ニンニク)


陽気(麺・ニンニク)
(麺)



<ひとくちメモ>
これまで未食であった常連中毒メニューのニンニクをコール。
着丼してその絶対量の少なさに意表を突かれるも、
まずは端っこを溶かして豚骨醤油スープに馴染ませてみれば、
思いのほかストロング且つ下品ジャンキーなスープへと昇華する。

メンカタ指定の原田特注麺に追加ニンニクをアドオンし
麺肌ストレートに沿って啜り込めば、ニンニクの風味が鮮烈に抜け、
粉のベタナマ感覚とニンニクとの融合が食指を促進させる。

無償オプションに付き600万円据え置きのままで、
マンネリ打破によるワイルドボディを楽しむことができる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

江南・柳橋本店(名古屋市中村区名駅)


江南・柳橋本店(外観)

創業昭和34年4月
長屋から始まった名古屋喜びの味


江南・柳橋本店(柳麺)
(柳麺)


江南・柳橋本店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
幾度も丁寧な味見を重ねて均衡が保たれるスープは、
九州産の豚骨と新鮮な生の鶏ガラを掛け合わせ、
芳醇な旨味エキスに満ちた清湯系。

麺は最上級の小麦粉を使った無添加の細麺で、
緩~いウェ~ブがかかってフワフワとした啜り心地。
フレッシュなオイルを突き抜けて来るため、
麺肌の滑らかさが更に加速しチー油の風味も連れて来る。
シンプルながら非の打ち所がない名古屋喜びのデキ。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

さつき(中区東平塚町)


さつき2(外観)

午後から開きが悪いという扉に
朝から獣臭が漂う路地裏の名店


さつき2(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


さつき2(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
丼からは獰猛な獣たちによる風味が立ち昇り、
口内では軟弱な塩ダレを凌駕してツンツンに襲い掛かって来る。
デフォで大量の砂掛けBBAも猛獣の勢いに圧倒されて、
香辛風味が程良い塩梅に掻き消されている。

固茹での細ストレート麺は、
凛としたハリを伴ってシャープに啜り込ませ、
パキパキとした千切り感覚が心地良い。

ワンコインでも都度切りチャーシューが3枚入り、
モヤシのタワーが唯一獣に勝る風味の要素。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とんずりん(中区大手町)


とんずりん(外観)

ランチ時に群がる飢えたリーマン達も
女将の神対応によって癒しの泉となっている


とんずりん(中華そば・塩)
(中華そば・塩)


とんずりん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラの芳醇な旨味エキスと昆布のグルタミンが融合し、
塩ダレの繊細な味によって清湯を生かした輪郭が形成されている。

細切りの青ネギと白髪ネギが極細麺にしっかり絡み、
スープの風味とセットで啜らせる戦略設計。

しっとりホロホロの赤身チャーシューは、
自身の主張を控えて清湯を支える名脇役っぷり。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

古志原ラーメン あっ!らーめん(松江市古志原)


古志原ラーメン あっ!ラーメン(外観)

ランチタイムの大混雑も
端整な親子鷹によって円滑に捌かれる


古志原ラーメン あっ!ラーメン(塩ラーメン)
(塩ラーメン)


古志原ラーメン あっ!ラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
よく出た鶏ガラエキスに塩ダレが柔らかく融合し、
まるで殿堂店から若干名の課長を更迭した所謂松江系の象徴。

クネクネの中太麺は口当たりふっくら柔らかく、
潰し込むともっちりとした食感と共に小麦が鼻孔を抜けて行く。
バラチャーシューにはしっかり味が染み込んで鉄板の旨さを誇り、
あっ!と驚く派手さはないものの、松江スタンダードの王道を行く。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

菊地(杉並区上荻)


菊池(外観)

AMラジオの静かなBGMが
まったりとした時間の流れを告げる


菊池(らーめん白)
(らーめん白)


菊池(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
フレッシュな煮干しエキスと風味が重なり合い、
白醤油のカエシと僅かの調味料が優しく包み込む。
あっさりながらコクは十分で、素材の旨味がダイレクトに染み渡る。

大成食品への特注麺は加水率は高めで、
しっとりした滑りの後に優しく弾けてモッチリ潰れて行く。

ロース肉のチャーシューは自身がスープを吸い込んで、
ミシッとした噛み応えと共に芳醇な肉汁で口内を豊かに満たす。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

翔(新宿区西新宿)


翔(外観)

濃度の決め手は
90キロもの鶏ガラ・モミジ


翔(鶏白湯つけ麺)
(鶏白湯つけ麺)


翔(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
“2段階仕込み”という製法のスープは、
一番出汁を出し切った鶏ガラを二度目は使用せず、
新たな鶏ガラによって二度目の出汁を重ねて
鶏の濃厚な旨味だけを抽出した独自路線。
そこに魚介や甲殻類のエキスが合わされて芳ばしい風味が乗っている。

全粒粉の麺は冷水での揉み洗いにより完璧にヌメリが除去され、
素早く〆ることで強靭な弾力が生まれている。
噛み潰すと小麦の芳ばしい香りが鼻腔を抜けて行き、
適度な長さを残して溜飲するとのど越しは最高。

低温調理の鶏胸肉チャーシューとコンフィのうえに、
小量のワサビとセルフィーユを添えて爽やかな要素が吹き込まれている。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大芝食堂(西区楠木町)


大芝食堂(外観)

本格大衆食堂で味わえる
本格中華そばの極み


大芝食堂(中華そば)
(中華そば)


大芝食堂(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
想定外の明るい濁りを湛えたスープには、
厚みのある動物出汁に魚介の要素が合わされたもの。
表面に浮かぶ天然由来のオイルは芳ばしく、
風味とコクがアドオンされている。

合わせる細麺はデフォでもかなり固めに上げられて、
麺肌の滑りにオイルを纏ってスルスル入り込んで来る。

デフォで砂掛けBBA仕様もさほど影響はなく、
一杯420万円を考慮すればヲタ的至極のクオリティに思える。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東京煮干屋本舗(中野区新井)


東京煮干本舗(外観)

ここのところ中野界隈には
狂暴な煮干しの群れが増殖中③


東京煮干本舗(煮干らーめん・煮干しマシマシ)
(煮干らーめん・煮干しマシマシ)


東京煮干本舗(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
九州や瀬戸内海など産地を厳選した煮干しを煮出して、
大山鶏ベースのスープと合わせたバランス重視型と謳われるが、
煮干しマシマシコールにより丼内は煮干し一色に傾注される。

煮干し粉でキラキラと輝きを放つスープは、
高濃度の動物系をベースに煮干しマシマシでも苦味・エグ味が抑えられて、
意外なほどピッタリとまとまっている。

ヤワでコールした大成食品の中太ストレート麺は、
ツルツルの滑り込みともっちりソフトな潰し込み感があり、
緩いウェーブのうねりで咀嚼を楽しませてくれる。

家系よろしく濃厚煮干しにホーレン草が生え、
上層にはシラスのタワーと丼底には大量の煮干し粉が沈んでいる。
煮干しマシマシでも意外なほど上品にまとまった構成。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

五丁目煮干し(中野区中野)


五丁目煮干し(外観)

ここのところ中野界隈には
狂暴な煮干しの群れが増殖中①


五丁目煮干し(ど煮干しらーめん白)
(ど煮干しらーめん 白)


五丁目煮干し(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
大量の豚骨・鶏モミジを7時間煮込んだ濃厚動物系に、
カタクチイワシ・アジ2種の煮干しを1杯あたり100gをも注入し、
強烈なインパクトを放つスープが完成する。

あえて煮干しの苦味・エグ味をも織り込んであり、
煮干しリミッターが吹っ切れた極限の煮干し感。

合わせる三河屋の中太麺は強靭なコシがありながら
ドロ状のスープを吸い込んでモチモチ食感も併せ持っており、
スープと同調したド級のインパクト麺。
煮干しヘビーが過ぎるため、まさにマニア向けの構成。



味の評価:★★★★★



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

九代目けいすけ(中央区銀座)


九代目けいすけ(外観)

革命児の9店目は
ザギンのド真ん中で鴨さんとな


九代目けいすけ(芳醇鴨そば)
(芳醇鴨そば)


九代目けいすけ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
丸鴨に昆布を重ねた宝玉のスープは
鴨の旨味エキスが芳醇に沸き立ち、
鴨オイルを効かせて体中を鴨さんが羽ばたき回る仕様。

千葉醤油の再仕込み千波は特有の大豆臭を放ち、
甘露のうま口を帯びて鴨の旨味が最大限に引き立たせてある。

自家製の平打ち中細ストレート麺はツルピカの麺肌で滑り込み、
モチモチの全粒粉を潰し込むと
小麦の風味に鴨が乗っかってバツグンの相性を誇る。

別皿で盛られた白ネギ・青ネギを散らし、
低温調理の鴨ロースで受け止めるとセルフで鴨ネギが完成。
終盤で原了郭の粉山椒を振り掛けると一気に和風仕様へと昇華する。

このクオリティであれば900万円の大枚をも安易に叩いてしまう。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

はせ川(西区東観音町)


はせ川(外観)

広島から福岡北海道が乱立する
ココはもうヲタ的パラダイスロードや~


はせ川(みそらーめん)
(みそらーめん)


はせ川(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
青葉出身の実力店主がひむろ分店の味を再現化。
注文の都度、鉄鍋で挽肉・野菜を炒め、
15時間煮込んだ濃厚スープをジュッと合わせる本場仕様。

味付けの味噌は3種の白味噌とゴマを独自ブレンドし、
豚骨・挽肉のコク・野菜の芳ばしさを融合させるマイルド風味。

北海道直送の小林麺は強く縮れた玉子麺で、
味噌ラーメンと王道のマッチングを誇る。

極厚メンマと大判チャーシューは食べ応えがあり、
山のように築かれた白ネギがシャキシャキッとフレッシュ感を吹き込む。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

金ちゃんラーメン(長井市舟場)


金ちゃん(外観)

老若男女が列を成す
地元民御用達のラ店


金ちゃん(ラーメン)
(ラーメン)


金ちゃん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラの清湯系に濃い醤油風味のカエシを合わせて
シンプルながら芳醇な醤油スープに仕立ててある。

自家製の手揉み麺は麺肌ふんわりで、
潰し込むとお餅のような粘りを伴ったモチモチ食感。
縮れ具合いも口当り良く、スープをしっかりと拾い上げる。

モモ肉チャーシューには醤油の味が染み染みで、
咀嚼と共にジューシーな肉汁との融合が楽しめる。
漬物が添付されての500万円はラーメン県ならではの優しい仕様。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

かさ(呉市中央)


かさ(外観)

上下水道が整備された呉の赤ちょうちん通り
のラ⑥

N










かさ(中華そば)
(中華そば)


かさ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
母から息子へと継がれた屋台魂は“バカに徹する”とされ、
その教え通り薄気味悪い擦れたヲタに対しても
常連客同様の居心地良さを提供してくれる。

〆の麺には鶏さんの旨味エキスが凝縮されており、
含んだ瞬間、大群の鶏さんが口内を豪快に飛び回る。

カタでもベチャついたストレート麺は、
これまでの屋台と同様なもっちり・しっとり食感。
都度切りのチャーシューは瑞々しく、
豚さんのフレッシュな肉汁がスープに更なる厚みを加えている。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一ニ三(呉市中央)


一ニ三(外観)

上下水道が整備されている呉の赤ちょうちん通り
のラ④

N










一ニ三(中華そば)
(中華そば)


一ニ三(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
屋台一筋40年、愛娘想いの老夫婦が作るラーメン、
おでん・豚足・ジョッキ焼酎そのどれもが愛情詰まった特級品。

軽い濁りのあるスープは、ライトな動物系が下支えし、
天然魚貝のエキスがしっかり旨味を主張してくる。

ここでも長く裁断された細ストレートが使われ、
若干デロデロの茹で加減によりしっとりとした切込み食感。
潰すとベチャッとした貼り着きがあって、しっかり吸い込んだ魚介スープと調和する。

500万円とは思えない唯一無二の手作り品で、
シンプルでありながら、ほっこり落ち着くレトロ麺。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

すごい!煮干ラーメン凪・新宿ゴールデン街店別館(新宿区歌舞伎町)


すごい!煮干ラーメン凪(外観)

特級豚王→すごい煮干へとブランドチェンジし
「わが煮干に一片の悔いなし」を刷新し続ける
(朝ラーもできるヨ)


すごい!煮干ラーメン凪(すごい煮干ラーメン)
(すごい煮干しラーメン)


すごい!煮干ラーメン凪(麺)
(麺)


すごい!煮干ラーメン凪(いったんも麺)
(いったんも麺)


<ひとくちメモ>
全国各地から厳選した20種類以上の煮干をブレンドし、
一杯に60グラム以上が注入されたすごい!煮干エキス。
濃厚な動物系スープと掛け合わされてあるが、
煮干の大群が豚・鶏をも飲み込むほど鮮烈に効いている。

凪製麺は手揉みによる強い縮れがついた平打ちで、
咀嚼と共に口内を暴れ回り潰し込みはモッチリ。
時間の経過と共に煮干エキスを吸い込み、
更なるモチモチ度を促進していく。

いったんも麺には煮干で炊いた海の幸銀ダレが浸透し、
ピロピロ感に唐辛子のピリカラが最適にマッチする。
この突き抜け感、まさに我が煮干に一片の悔いはなし!



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

朧月(中央区銀座)


朧月(外観)

ザギンの一等地に
朝から並んでP.Pゲツ


朧月(濃厚つけ麺)
(濃厚つけ麺)


朧月(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
三河屋特注の極太麺は見た目にも綺麗なルックスを湛え、
ツルリとしっとり滑らかな麺肌と意外なほど固い弾力を持ち、
潰し込めばモッチリとした感触と同時に小麦の香りが抜けていく。

都度手鍋で煮沸されるつけ汁は、
動物&魚介系がブレンドされた濃厚なダシ感と、
鰹から抽出したポークオイルによって魚介がアドオンされている。

ドロリと粘度の高いつけ汁が極太麺にたっぷりと絡み付き、
濃厚路線によって重たく感じられた頃を見計らって
原了郭の黒七味を合わせると爽やかで豊かな辛味要素が更なる食指を動かせる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

浜屋(品川区東五反田)


浜屋(外観)

五反田産・花ビラ回転で酷使したあとは
茨城産・濃厚つけを全身が所望する


浜屋(つけ麺)
(つけめん)


浜屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ配分多めと豚骨の動物系要素をベースとし、
4種の節系と煮干しによるイノシンを加え、
日高昆布のグルタミンと椎茸のグアニルをバランス良く配分した
計算高きマイルド且つクリーミーなつけ汁。

店内の製麺室で打たれる自家製麺は、
保存料・着色料OFFによる瑞々しさと、
平打ちで麺肌ツルピカの滑り込みを備えた秀逸麺。

濃厚でありながら酸味の要素でスルスル啜らせ、
スープ割りは鮮烈魚介と刻みネギによる和へのシフト感など、
さらりと完食させる巧妙なテクニックが冴え渡る。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

いっぽん(尾道市高須町)


いっぽん(外観)

尾道で生まれ育った店主による
幼少時代のオノラーを再現化


いっぽん(ラーメン)
(らーめん)


いっぽん(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
“鶏ガラ・豚ガラ・人柄が詰まった”とインフォされるスープは、
国産の煮干し・干し椎茸をふんだんに使った“いっぽん炊き”がベースになる。
そこにトロトロの背油塊がアドオンされ、コッテリ感・芳ばし風味と共に、
ほんのり甘味を帯びた元ダレが絶妙なまとまりを見せる。

井上の細ストレート麺は、滑らかな麺肌による啜り心地と、
薄く潰れながらパリッとした固さで裁断を楽しませてくれる。

大判の赤身チャーシューは、イニシエ尾道スタイルの鉄板的存在。
すっかり激戦区となった界隈は、もはやヲタ的連食街道。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

永楽(北九州市小倉北区京町)


永楽(外観)

創業昭和46年
レトロなドヤ街で生き続ける老舗の味


永楽(ラーメン)
(ラーメン)


永楽(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
丼に獣臭が常駐するシャバ系スープの正体は、
豚さんのコクがしっかりと抽出された呼び戻し系。
表層にはフレッシュなオイルが薄く広がり、
香ばしい風味も乗っかってくる。

自家製のバリカタ指定麺は、バリバリとした切り込み感と
潰し込むとネットリしたナマ感覚が共存する。
一杯480万円はボンビーなヲタにも優しいご当地基準。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

喜八屋(中区舟入南)


喜八屋(外観)

はんつ氏も認めた
和食仕込みの技と味


喜八屋(中華そば)
(中華そば)


喜八屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
着丼後、まずはタワーのモヤシを即刻駆除し、
ほぼプレーンを維持したままの丼面と対峙。

重厚な鶏ダシが下支えとなり、昔ながらのコンセプト通り
雑味のない元ダレを使って数多の素材が最大限に活かされている。

平ザルを使って小気味良く湯切りされた麺は、
扁平細ストレートの形状でガチで好みのド真ん中。
小さな赤身チャーシューはあっさり味の脇役に徹しており、
一杯の完成度を引き上げている。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

長浜ラーメン(中区流川町)


長浜ラーメン(外観)

ヨッパのアンテナが導くまま
ヲタ感動モノの豚さんとの出会い


長浜ラーメン(長浜ラーメン)
(長浜ラーメン)


長浜ラーメン(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
元ダレによる褐色帯びた豚骨スープには、
シャバいのに濃い豚さんのエキスとスメルが織り込まれた仕様。
オイルや香辛料に頼らない豚さんのピュアな旨味に満ちており、
場末でのストレート勝負に潔さと好感が感じられる。

“一番固いの”で出てきた細麺は、
本場の粉っぽさベチャつきを伴ったベタナマ仕様。
総じて広島の中では、最も本場に近い仕様と思われる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ソライロ(高知市追手筋)


ソライロ(外観)

本場の酒処だけに
夜専の深夜店舗には次々とゾンビどもが・・・


ソライロ(つけめん)
(つけめん)


ソライロ(麺_あつもり)
(麺) ※あつもり



<ひとくちメモ>
ド級のベジポタ濃度でありながら、
フレッシュな手作り感満載の地域発レンド仕様。

あつでパンパンの極太麺を
麺が沈まないドロ沼に押し込んで絡み着け、
ドロドロと啜り上げる重量感とモチモチの潰し込み食感が
ジャンキーなインパクトを印象付ける。

せっかくの全粒粉であるものの、
言わずもがなベジポタに染まって殻の風味は消えている。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見・苦情・エロコメ等ございましたら下段のメールフォームよりダイレクトにお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見・苦情・エロコメ等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-