fc2ブログ

2022-06

いつか(呉市中央)


いつか(外観)

己を律するため
自戒の屋号で挑戦が続く


いつか(つけそば)
(つけそば並)


いつか(麺)
(麺) ※あつもり


<ひとくちメモ>
茹で前200gの自家製麺は、国産小麦に全粒分を合わせ、
蒙古王かんすいと天外天塩を練り込んだスペック。
あつもりでもゴチゴチの高反発を備え、
潰し込むとモッチリとした弾力と共に小麦が芳ばしく広がる。

鶏コラーゲンでドロ状の動物系に鰹の大群を泳がせ、
カエシの強さとお酢&生タマネギによるキレも織り込んである。

広島熟成鶏のハムと国産豚肩ロースのコンフィは、
共に低温調理ならではのしっとりジュージー感覚。
卓上のブラックペッパー&黒煎り七味は高品質の味変要素。



味の評価:★★★★★



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大阪屋(宇部市新天町)


大阪屋(外観)

久留米系豚骨をルーツとし
宇部固有の進化を受継ぐ三代目


大阪屋(ラーメン)
(ラーメン)


大阪屋(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
クサウマ系と称されるスープには当地の定義のとおり
まろやかな豚骨エキスに獣臭とニンニクの芳ばしさを織り込み、
ギリギリのエンミで素材の旨味を引き立てたクラシカルスペック。

地元・木嶋製麺所のストレート麺を定義に反してカタでコールし、
コチッと歯切れた後にもっちり潰れる感覚が被さり、
素地の軽さで口溶け良く消えて行く。

デフォでロールチャーシューが3枚乗っかり、
赤身の断層に脂身の甘味を口内で融合させ、
味付けメンマから滲み出た芳ばしエキスと青ネギとの食い合わせが
驚きの相乗効果を発揮する。



味の評価:★★★★★



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ぷぅ(中区国泰寺町)


ぷぅ(外観)

バス運転手からお好み焼き店主へ
その偉才を詰め込んだ数量限定のラー


ぷぅ(中華そば)
(中華そば)


ぷぅ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
分厚い乳化層を湛えてトロミの付いたスープは、
濃厚な動物系エキスにサラサラとした骨粉をも織り込み、
引き際で消臭系のショーガがほんのり顔を出す。

メンカタで上げて頂いたストレート細麺は、
低加水の麺線にパツンとハードな歯応えで押し返し、
潰し込むと素地の粉感も残っている。

厚切りカットのチャーシューは自重で崩れるほどのソフト仕様で、
割けた赤身に脂身のトロトロ状が合わさって旨味の相乗効果を発揮する。

ドス黒いほどに味の染みたメンマは濃厚スープと同調し、
デフォでモヤシと青ネギの山はシャキシャキ食感が小気味よく、
重たいスープに爽快な要素を吹き込む。



味の評価:★★★★★



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

つるのおんがえし・本通り店(中区本通)


つるのおんがえし(外観)

ラーにおにぎり&餃子を添えても
単品880万円と同一価格だよ


つるのおんがえし(中華そば)
(中華そば)


つるのおんがえし(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
うどん屋がこだわり抜いた渾身の一杯は、
うどん屋よろしく節系和風出汁をキーンと効かせ、
国産大豆たまり醤油のカエシとオイルで厚みを持たせてある。

麺は道産小麦100%の平打ちストレートで、
薄い麺線によってシルキーな口当たりで滑り込み、
かん水OFFを思わせる小麦特有のソフトな千切れ食感。

瀬戸内産六穀豚は分厚いカットで提供され、
フカフカと柔らかな肉繊維質にスープを吸い込み、
円やかな口溶けで消えていく。
デフォの半熟玉子は卵黄のネットリ甘味が優しくマッチする。



味の評価:★★★★★



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

むろか(中区三川町)


むろか(外観)

こわもても
 細く長く たおやかに


むろか(中華そば)
(中華そば)


むろか(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
無化調で自然素材のみを使って作る丼内には、
それぞれに産地を記した拘わりの具材が詰め込まれている。
円やかな動物系の下支えに魚貝や乾物がガツンと効き、
イノシン・グルタミンを主張して滋味深く引いていく。

潰れた全粒粉麺は天然かん水のパツンとした張りと、
出汁を吸い込んでたおやかに移行した後には素地の甘みも伝わってくる。

ロイヤルポークの赤身・脂身からは肉汁がじっとり溢れ出し、
レンガのメンマはサクサク繊維質が一級品。
最上スペックにて非の打ちどころがない極上の仕上がり。



味の評価:★★★★★



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

彩蓮(安佐北区可部南)


彩蓮(外観)

跳びの激しいハコでは
研究熱心な大将が豊富な定食類を創出する


彩蓮(濃旨味噌ラーメン)
(濃旨味噌ラーメン)


彩蓮(天地返し)
(天地返し)


彩蓮(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
普段は味噌に手を出すことはないがココでは筆頭メニューをコール。
北海道白味噌をベースとして複数種の味噌をブレンドし、
香味野菜・果物を混ぜて独自のペーストを開発。

野菜の山を切り崩し、天地返しで炒めた挽肉やらと融合させれば
全ての具材が一体となってコク深くも円やかな旨味スープが完成する。

途中で卓上の「自家製辣椒(激辛唐辛子オイル)」を注入すれば、
狂暴な辛味要素が味噌と融合して次ランクの旨味スープへと昇華する。



味の評価:★★★★★



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一ノ口十ノ口(西区西観音町)


一ノ口十ノ口(外観)

カオリちゃんの元へと
小鳥が平和大通りを渡ってやって来た


一ノ口十ノ口(昔ながらの中華そば)
(昔ながらの中華そば)


一ノ口十ノ口(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨と少量の鶏ガラに野菜・海産物を合わせて抽出し、
濃いカエシをギュンと効かせたオールドスペック。
表層には分厚いコラーゲン層を形成し、
トロ~リ芳醇なストロング感を伴って胃袋へと染み渡る。

メンカタ指定で上がって来た原田麺
スープを突き抜けて明るい褐色に焼け、
きめ細かな麺肌の滑りは上々でザクッと千切れて落ちて行く。

赤身がしっとり瑞々しいロースチャーシューは、
ふっくらとした噛み心地と肉繊維がホロリと割ける感覚とを併せ持つ。
昔ながらを継承しつつも新しい要素を取り入れた広島系ソウルフード。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

喜楽(江津市江津町)


喜楽江津(外観)

旧店舗は豪雨災害で閉じたものの
常連客の熱い要望により駅前復活


喜楽江津(ラーメン)
(ラーメン)


喜楽江津(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
野豚がジワリと駆け抜けるライトなイニシエ系に、
鮮烈なオイニーを伴った油膜が野趣味を感じさせる。
非野菜系と聞くが、仄かな甘味は元ダレ由来のものか。

中太ストレート麺は丸い麺線で抵抗なく啜り上がり、
ゴチゴチとした千切り感でリズミカルに裁断した後、
プレスで小麦の芳ばし風味を鼻腔に抜かせて落ちて行く。

厚切りカットのチャーシューは脂身が甘くトロけ、
赤身の肉繊維がサックリ裂けるほど柔らかな仕上がり。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

むさし(米子市中町)


むさし(外観)

BBAのリードに身を委ね
次なるオススメを店内連食


むさし(ヤキブタラーメン)
(ヤキブタラーメン)


むさし(麺_2)
(麺)



<ひとくちメモ>
12枚乗せのヤキブタは赤身の部位が主体で、
シンプルな塩気がロースハムに似た熟成を感じさせ、
終盤は淡白な肉繊維に牛骨エキスを吸い込んで味の広がりをみせる。

当ロットは意外にも油膜が少ない仕上がりで、
適量なヘッドによるまったり甘香ばしい風味と、
遠くから押し寄せるニンニクのジャンキー臭とがジャストフィット。

緩い縮れ麺を啜り込むたびに、
ウシとニンニクによる最強コンビが押し寄せ、
合間で12枚のブタを処理するという興奮はまさに至極のひととき。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

むさし(米子市中町)


むさし(外観)

愛嬌溢れるBBAに押されるがまま
初手からいきなりキワモノ系へ


むさし(天然きのこラーメン)
(天然きのこラーメン)


むさし(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
大山山麓で大将自ら獲ってきたというキノコ類は、
確認出来ただけでもしいたけ・ひらたけ・まいたけ・なめこに、
こごみ・わらび・ふきのとうらがどっさり盛ってある。

牛骨ベースの重厚且つオイリーなベーススープに、
キノコのグアニル酸・グルタミン酸が見事に融合し、
大山の恵みが胃袋へと染み渡る崇高の極み。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

暁・小町店(中区小町)


暁・小町店(外観)

銘店パッケージ一号店の味とを
そのままに


暁・小町店(尾道らーめん)
(尾道らーめん)


暁・小町店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
漆黒のサラサラ系醤油スープに、
分厚い油膜と背脂塊を張り巡らせて、
熱々でパンチのある井上マジックが伺える。

井上製麺の純白平打ち麺は、
低加水のパツパツとした千切り感が軽快で、
中盤からはスープを吸って最適に一体化する。

デフォ3枚乗せバラチャーシューは、
赤身の肉繊維と脂身のトロトロ加減の相性が良い。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

○・久地店(安佐北区安佐町)


○・久地店_2(外観)

仙人は長期休養につき
OBCのワンオペ営業が続く


○・久地店_2(中華そば)
(中華そば)


○・久地店_2(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
鶏ガラ・豚骨のストロングな動物系エキスに、
たっぷりのチー油を表層に張り巡らせ、
芳ばしい風味とコクとが補完されている。

ご当地うすいの細ストレート麺は、
丸い麺線にオイルを纏ってツルリと滑り込み、
コツコツとしたコシとネットリ粘りを併せ持つ。

デフォ5枚乗せの厚切りバラチャーシューは、
噛み締めると適度な弾力と共に肉汁が溢れ出し、
思わず白飯を所望させるニクいデキ。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

XI’AN・銀座店(中央区銀座)


XIAN・銀座店(外観)

激辛マニアとしては
もち最上位の“特辣”コールでしょ


XIAN・銀座店(西安麻辣刀削麺・特辣)
(西安麻辣刀削麺・特辣)


XIAN・銀座店(天地返し)
(天地返し)


XIAN・銀座店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
伝統的な宮廷料理の流れを汲む西安系は、
唐辛子・西安山椒・孜然・香菜などの香辛料に加え、
特辣まで昇華した麻辣が強烈な辛味を伴って突き抜ける。

一級麺点師によりカットされた刀削麺は、
しっとり貼りつくような地肌で滑り込み、
密度感も柔らかくモチモチとした潰し感覚。
中盤以降で辛味汁を吸い込むとデロっとソフトな食感へと移行する。

辛味と旨味のハイブリッドを痺辛が上塗りし、
激しい痛みを伴っても箸は進ませるというマニア食。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

玉 超大吉(台東区上野)


超大吉(外観)

玉グループ新ブランドの厨房は
まさかまさかのALL Foreigner


超大吉(つけめん)
(つけめん)


超大吉(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨、鶏ガラ、魚介類によるマタオマ要素に、
カエシと昆布のグルタミンエキスを強烈に効かせ、
湖面にはキラキラと光る鰹粉を散りばめたスペック。

打ち立ての自家製麺は平麺ツルピカの滑りと、
多加水によるもっちりとした粘りとを持ち、
なめらかな喉越しで心地よく落ちていく。

つけ汁には分厚いバラチャーシューが3枚沈んでおり、
トロトロの脂身と肉身の層から旨味がじゅわっと押し寄せる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

風月庵(出雲市塩冶町)


風月庵(外観)

創業50余年、手打ち蕎麦の名店にて
意外にも常連客No1メニューのラ


風月庵(らーめん)
(らーめん)


風月庵(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
滋味系の旨味エキスを抽出した鶏ガラをベースに、
昆布・節系からグルタミン・イノシンを合わせ、
先祖代々受け継がれた秘伝の甘辛カエシでまとめ上げてある。
表層にはフレッシュなチー油を湛え、
ラーメンとしてのコクと風味とがアドオンされている。

合わせる中細麺はデフォで意外なほどコシが強く、
ツルピカの麺肌にはスープを乗っけて来ないため、
後追いでスープを掻き込み口内にて最適に一体化する。

秘伝のタレに漬け込んだバラチャーシューは
自重で崩れるほどのトロトロ仕様でヲタ悶絶品。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

唐朝刀削麺・赤坂見附店 (千代田区永田町)


唐朝刀削麺(外観)

西安から招聘された熟練工による
刺激ブツが進化した激辛メン


唐朝刀削麺(刀削麺)
(しびれる辛さの麻辣刀削麺・大辛・パクチー増し)


唐朝刀削麺(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豆板醤系の唐辛子と辣油の辛さが襲いかかり、
中国山椒の痺れが口内の感覚を麻痺させ、
最後にパクチーの爽やかな風味と酸味が引いていく。

くの字型の刀で削り出される麺は、
柳の葉の如く短い麺線と分厚い形状を作り出し、
表面はツルツルと滑らかに滑り込み、
肉厚部を押し潰すと超モチ状の特有食感。

狂暴な辛さと痺れに耐えて完食すれば、
じきにツーケーへの大着火が確約される。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

井手商店(和歌山市田中町)


井出商店(外観)

長~いDGRに接続し
全身に獣臭を浴び続ける悦楽のDGR


井出商店(中華そば)
(中華そば)


井出商店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨10:鶏ガラ1の配合で炊き込まれたスープは、
獣臭をも織り込んでドロリとした特濃豚骨エキスに、
キリリとストロングなカエシが効かされている。

バキバキ裁断の細麺は加水低のコナ感が残り、
中盤以降では濃厚エキスを吸い込んでしんなり馴染む。

大きなロース&バラチャーシューはジューシーな肉質で、
お花のナルトはペロンとした食感で見栄えも芸術的。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

まるしげ(和歌山市太田)


まるしげ(外観)

豚骨天国和歌山にあって
豚骨OFFの老舗店


まるしげ(中華そば)
(中華そば)


まるしげ(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
口に含んだ瞬間鶏さんの大群が飛び回り、
口内は鶏の旨味に満たされ甘辛のカエシがさらって行く。

メンカタ指定のストレート麺はコチコチの切込みで、
ザブザブと入ってくる啜り心地。

クシリと噛み応えのある赤身チャーシューは、
塩味主体のレトロなスペック。
ご当地仕様の紅白カマボコがしっくり溶け込んでいる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

くるめや(港区西新橋)


くるめや(外観)

都内ではまだ珍しい
久留米発祥の呼び戻しを再現


くるめや(ラーメン)
(ラーメン)


くるめや(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
店外まで広がる獣臭が示すとおり、
丼内には豚頭とゲンコツのみを焚き上げた凶暴な豚さんが支配する。
重厚なコクと旨味が詰まって、雑味がなくストレートな豚の味わい。

麺は久留米の製麺所から仕入れ、
バリカタ指定でザクザクの千切り感覚と、
啜るたびに豚さんが鼻腔を駆け抜けて行く。
都内で味わえる再現性の高い古き良き久留米の味。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

丸和(名古屋市中村区亀島)


丸和(外観)

大勝軒由来の丸長をルーツとし
名古屋人が好む濃度へと昇華


丸和(嘉六つけ麺)
(嘉六つけ麺・台湾ミンチ麺)


丸和(天地返し)
(天地返し)


丸和(麺)
(麺)


<ひとくちメモ>
熱々の石焼鍋でボコボコと煮えたぎるスープは、
ライトな動物系をベースにガツンと節を効かせ、
甘味・酸味・辛味が同居した御大の再現。

中でも茹で前300gという自家製麺は
北海道産の中力粉と強力粉をブレンドし、
関市の湧き水を使って伸ばすという拘わりっぷり。
平打ち形状でツルピカの滑りで入り込み、
潰すとゴチゴチの弾力でのど越し良く落ちて行く。

台湾ミンチはコーンの如くリフトが悪くて困難を極め、
丼底には切れ端チャーシューがゴロゴロ大量に沈んでいる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

しぇからしか・梅田店(大阪市北区曽根崎)


しぇからしか梅田店(外観)

生っ粋の博多っ子
屋台の味を広めるべく仁川に降臨


しぇからしか梅田店(ラーメン)
(ラーメン)


しぇからしか梅田店(麺)
(麺)


しぇからしか梅田店(替え玉)
(替え玉)



<ひとくちメモ>
鹿児島産黒豚の頭骨・丸骨・背骨を強火で2日間炊き込み、
冷やして寝かせて熟成をいれた特濃豚骨エキス。
深いオイルの沼とツンとした獣臭をも織り込んで、
ド・ストロングな厚みが詰まっている。

親族経営の製麺所から調達する麺は、
バリのコールで超低加水麺特有のバキバキ食感が残り、
1/4に抑えたかん水によって無臭感を作り出す。
替え玉ではそれらの傾向が顕著に表れてガツガツ啜らせる。

鹿児島産バラチャーシューは関西特有のペラペラカットで、
丼底からはたっぷりの骨粉がお見送り。


味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメンたろう・本店(神戸市中央区中山手通)


らーめんたろう(外観)

コの字カウンターでは
一人一缶のキムチがお出迎え


らーめんたろう(並らあめん)
(並らぁめん)


らーめんたろう(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚さんのコラーゲンを豊富に湛えたスープは、
乳化を織り込んだトロトロの飲み口で、
関西特有の丸いカエシが結びついている。

麺はスープが浸透しやすいスペックで、
ヤワの麺線がポタージュスープをたっぷり絡めて連れて来る。

薄切りカットのロースチャーシューは、
トロトロの脂身としっとりジューシーな肉質がバランス良く、
トロみを帯びたスープを吸い込んで統一的な感覚に同調する。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

まほろ芭(大田区蒲田)


まほろ芭(外観)

ねむ瑠の二号店は
ワンオペでも手際良い捌きっぷり


まほろ芭(バカニボ)
(泥煮干中華そば・バカニボ)


まほろ芭(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
セメント系のビジュアルを放つバカニボは、
鶏白湯のベースに3種の鬼煮干しをブレンドし、
国産赤鶏のチー油を散らして香ばしさを加えた構成。

おなじみ菅野の細ストレート麺は、
低加水のスペックによってパッツンパツンの歯応えで弾き返し、
最後までスープの浸透を許さない強靭な地粉感覚を発揮する。

肩ロースの低温調理チャーシューは、
スープで3分戻すとしっとりレアな肉繊維に進化し、
生タマネギと青ネギが細麺と一緒にシャリシャリ潰れて
セメントの中でフレッシュ効果を放ちながら存外サラリと啜らせる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

龍の眼 ~第二章~(千代田区外神田)


龍の眼(外観)

ミシュラン1つ星店のセカンドブランドは
鶏or鴨の択一式


龍の眼(鴨中華)
(ワンタン鴨中華)


龍の眼(麺)
(麺)


龍の眼(ワンタン)
(ワンタン)



<ひとくちメモ>
大山鶏・丸鶏をベースに、煮干・サバ節・焼きアゴに
昆布やら15種の素材が使われる上湯系。
鶏ガラ由来の旨味と乾物系のグアニル酸が渾然一体となっている。

カエシには2種の醤油をブレンドし、
節を加えて低温加熱して醤油のコクと魚介がふわりと香る。

自家製麺は縦に伸びる弾力が強く、
薄い麺幅に淡麗スープがきっちり乗っかる仕様。

低温ローストの鴨チャーシューは野趣あふれる肉質で、
ワンタンはゴチゴチの強い皮に大粒挽肉がみっちり詰まっている。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

電幸(岡山市南区内尾)


電幸(外観)

夜は屋台で各地を移動する
昔ながらの夜鳴きスタイル


電幸(ラーメン)
(ラーメン)


電幸(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨&鶏ガラの濃厚スープに野菜の甘味が融合し、
ご当地風の甘辛カエシでまとめ上げた優しい味。

冨士麺ず工房のストレート細麺は
瑞々しい麺肌で滑らかに啜り込み、
低加水特有のパツンとした裁断感覚。

並々スープの下には3枚のバラチャーシューが潜んでおり、
トロトロ状に煮込まれた脂身はジュワッと甘く、
甘辛スープを吸った赤身は肉繊維がサックリ裂ける質感。
中盤からヘビーに感じるも青ネギの小山が見事に中和してくれる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山下商店(岡山市北区蕃山町)


山下商店(外観)

屋台時代から試行錯誤を重ね
ようやくたどり着いた師匠の味


山下商店(とんこつラーメン)
(ラーメン)


山下商店(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
重厚な豚骨エキスとエンミがバランス良く交わり、
表層に泡立ちを帯びたド乳化層が厚く広がる。

コナオトシに対応できる極細ストレート麺は、
低加水のバキバキとした千切り感で、
トロミをのあるスープをたっぷり絡め取って
両者が最適に交わり合う。

バキバキのコナオトシ麺とゴリゴリのキクラゲは、
親和性のある歯応えで仲良くコラボし、
食後には丼底から骨粉のお見送りを受けた後、
唇ぺトぺトの貼り付き感がしばし余韻を楽しませてくれる。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

わいず(千代田区内神田)


わいず(外観)

家を名乗らない店舗で
家部門のラー賞を数々受賞


わいず(ラーメン)
(ラーメン) ※ヤワ、ウス、スク


わいず(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
豚骨・鶏ガラ・昆布のみを高火力で炊き上げ、
素材の固形物が砕けてドロドロ粒子のスープは、
天然由来の特濃エキスに深い乳化層を湛えている。

短めに裁断されたゴワゴワの太麺は、
ヤワの茹で上がりで小麦がパンパンに膨張し、
プレスでモッチリ潰れるソフトな感覚。

家では珍しいレアチャーシューは瑞々しい肉質で、
レンソウの小山は濃い家では安らぎのアイランド。



味の評価:★★★★★



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

藤参(港区三田)


藤参(外観)

家を名乗らない店舗で
呪文と味は家のド真ん中


藤参(ラーメン)
(ラーメン並) ※ヤワ、ウス、スク


藤参(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
家での擦れヲタ仕様に呪文を唱えてみたものの、
ヤワでも強く、ウスでも濃く、スクでも厚いド乳化で構成し、
小麦とカエシと獣がヘビーにぶつかり合う。

厚切りカットの肩ロースチャーシューはフカフカの肉繊維食感で、
下層には巨大なブロック肉がゴロゴロと潜んでいる。
レンソウ代わりの小松菜が唯一の免罪符として清涼感を添えている。



味の評価:★★★★★



地図はこちら


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

丸忠商店(福山市元町)


丸忠商店_4(外観)

期間限定の季節ラーメンは
数量限定の牡蠣味噌味


丸忠商店_4(牡蠣味噌ラーメン)
(牡蠣ラーメン)


丸忠商店_4(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
絶妙の火入れによりプリプリ状の牡蠣をメインに据え、
味噌仕立てのコッテリとしたド濃厚加減に、
唐辛子由来のピリ辛も重ね合わせた構成。

麺は味噌ダレをたっぷり絡め取り、
汁の浸透と同時に渾然一体となって啜らせる。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

國松(中区八丁堀)


國松_4(外観)

松本から広島へ入り
汁なし激辛文化を着火させた仕掛店


國松_4(中華そば)
(中華そば)


國松_4(麺)
(麺)



<ひとくちメモ>
動物エキスが程よく効いた清湯系スープに、
カエシをビンと立たせてインパクトを高め、
香味油によって風味とコクとが補完された構成。

緩いウェーブ麺はツルツルの麺肌で滑り込み、
潰し込みはもっちりとした弾力を伴って喉越しも上々。

デフォ5枚のバラチャーシューは赤身の肉繊維感と、
脂身のジュワーとした肉汁が噛み締める度に最良の調和をみせる。
レトロでシンプルながら細部にまで計算ずくの新鋭スペック。



味の評価:★★★★★
(以前の評価:



地図はこちら



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

サイトポリシー

sin

Author:sin
広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと感動を与えてくれたウマ~ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかいε=ε=┏(;゚□゚)ノ

※無責任でデタラメだらけのサイトに付き、内容に対する御意見等ございましたら下段のメールフォームよりお届け下さい。

カテゴリ

味の評価

★★★+☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ Level-S ★☆☆☆☆ 

ブログ内検索

御意見等はこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-